週刊現代。 楽天ブックス: 週刊現代別冊 おとなの週刊現代 2020 vol.2 死後の手続き 2020年改訂新版

週刊新潮

週刊現代

刊行趣旨) 講談社ブルーバックスで大ヒット中の『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』がDVD付きビジュアルムックとして、「週刊現代プレミアム」から登場。 ブルーバックスと共同編集でオールカラー連続写真をふんだんに使い、見るだけで最高のスイングが学べます。 おもな目次) 1 「まーるく振る」世界標準のスイングとは何か 2 「裏面ダウン」「ノーリストターン」G1メソッドの肝 3 グリップとアドレスから始まる「打つ前の準備」 4 なぜ、トップをつくってはダメなのか 打ち始めから打ち終わりまで20のドリル 5 G1メソッド・コース実践編 「まっすぐ、遠くへ飛ばすドライバー」ほか 特別付録 飛距離と精度を同時にアップ G1メソッドDVD120分 監: 板橋 繁 いたばし・しげる Gold One Golf School ディレクターオブゴルフ 全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 USGTF JAPAN 主席試験官。 日本体育大学大学院体育学修士課程修了。 専門はトレーニング論と身体動作学。 日本体育大学ゴルフ部時代は、同期の伊澤利光プロとともに活躍。 卒業後は、日本体育大学ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務。 オリンピック選手とプロゴルファーのトレーニング指導を担当。 日体大ゴルフ部男子部コーチ・女子部監督に就任。 細川和彦プロや平塚哲二プロを指導する。 95年に渡豪。 ジェイソン・デイの母校・ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。 ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。 02年からは豪州のトップチームを指導するA Game Golf Academy日本人担当コーチに就任。 運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当。 著書に『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』(講談社ブルーバックス)。

次の

週刊現代 2020年7月18日号(最新号)

週刊現代

最新の広告 HeHO(ヒーホー)です。 週刊現代 10月28日号(1028) 10. 22総選挙 全選挙区当落 最新調査(自民が54議席減 さよなら、安倍総理 あなたは長く居座りすぎた) これまで当サイトでサンデー毎日()と週刊文春()の当落予想を掲載してきたが、最新で週刊現代の予想が出ていたので要旨を伝えます。 政党別の議席数予測は、週刊現代編集部が集計しているらしい。 各候補者の当落を編集部、政治ジャーナリストの泉氏、選挙プランナーの松田氏が予測しており、この上の議席数予測に2氏の予想が加味されているかは不明。 めぐるましく動向が変わるので、まだまだ変動はあると思うので、まあ、そのつもりで読んでください。 反対に伸びているのが立憲民主党、文春28の予測が今回は40議席。 一番筋を通しているように有権者にはうつるのか、リベラル受け皿としての評価は高まっているようである。 肝心の与党、自民党は、希望の党の不人気のおかげで、セーフティーゾーンに入ってきたといえる。 しかし、公明党の当落予想が全くぶれないのもスゴイですね。 鉄板の34議席です。 記事中の目立った小見出しとしては以下• 東京で「希望」が失速も石原宏高はアウト。 野田佳彦、岡田克也、江田憲司ほか「強い無所属」が自民を蹴散らす• 共産党が付いた山尾志桜里、辻元清美は当選• 自民の牙城・東北で「希望」が9議席獲得• 逃げ回る石原兄弟と下村博文 毎日いろいろ変わっていきますが、そろそろちょっと落ち着いたかな? 最後に希望の党のネタを1つ すでにご存じだと思いますが、都民ファイースト代表の父、荒木章博氏が東京から出馬するが、彼は女性から強姦で訴えられている。 女性側が大事にしたくなかったためか、刑事では無く民事で訴えたようだが、熊本地裁から300万円の損害賠償命令を受けた。 ここまではボクも知っていたのだが、その際の判決文の一部が掲載されていたので引用してみたい。 (判決文より) 無理矢理ホテルに連れ込み、原告の意に反して性行為に及んだのであって、この被告の行為は、刑法上の強姦、又はこれに準じる行為と言うべきものである 荒木被告は、この判決後、控訴をし、その間に和解をしているが、世間の印象をごまかすためのなんちゃって和解であり、判決の金額そのまま払うことで罪を認めている。 驚くのが判決でハッキリと、「強姦、又はこれに準じる行為」と言い切っていることでその悪質性が表れている。 また金額の300万円というのも、この手の犯罪の金額としてもかなり大きい額である。 一度強姦した後も、何度も何度もホテルに呼び出して「選手を続けたいんだろう」と脅して姦通を繰返していた悪質な行為のため、判例の上限一杯ぐらいの金額が認められたと考えるのが相当だと思う。 ボクが「??」と思うのが、次の2つ。 この犯罪歴を希望の党は知らなかったのか?この程度の身体検査も出来ないのか?• 都民ファースト代表の荒木千陽は、この強姦魔の父親を臆面も無く希望の党に推薦したのか?この種の事件に対する嫌悪感は無いのか? 荒木千陽が父親の公認に対して笑顔の写真があり、この娘の神経も疑う。 都民ファーストについては野田数も、アントニオ猪木の秘書時代のことが横領で訴えられており、本当に小池周りはとんでもない人であふれかえっているようである。 レイプファースト、犯罪ファーストの希望の党である。 (追記)10月12日現在の情勢 10月10日が公示日で、その後の最速の予想を各全国紙が12日に掲載した。 各社の見出しは以下の通り。 「自民単独過半数の勢い=希望伸び悩み、立憲民主は躍進公算=」(読売)• 「与党300議席に迫る勢い=自民単独安定多数も、希望選挙区で苦戦=」(日経)• 「自公300議席うかがう=立憲民主倍増も、希望伸び悩み=」(産経)• 「自民堅調 希望伸びず=立憲に勢い=」(朝日)• 「自公300超うかがう=希望伸び悩み、立憲に勢い=」(毎日) 当初劣勢とみられていた自民党は、希望の党の急失速でかなり息を吹き返しましたね。 少し抑え気味のトーンではあるけれども、与党で300議席も視野に入っているようです。 当初、臨時国会冒頭での解散情報を早く流しすぎて、小池氏に準備期間を与えてしまった、と失策を嘆く自民党関係者の声が多かった。 そして、小池氏が完璧な言葉遣いとタイミングで「希望の党」を進行させていたら実際に与党での過半数割れもあったかもしれない。 しかし、皮肉なもので、今度は小池氏の「排除」宣言が早すぎたために、枝野氏に立憲民主党の立ち上げ時間を与えてしまった。 そして、野党は「希望の党」「立憲民主党」「無所属」と3極に分裂し、反自民の受け皿とはなり得なくなってしまったのだ。 もし、最初に安倍首相の解散情報をギリギリまで秘密にしていたら、「希望の党」だけが準備できて、「立憲民主党」は時間切れで立ち上がっていなかった可能性が高い。 本当に、政治の一瞬先は闇であり、全く見通せないときがある。 結局、小池百合子の責任 そして現在の希望の党の失速は、小池氏のこれまで取ってきたドライな人間関係によるところも大きいと思う。 細川、小沢、安倍(1次内閣)と、利用価値が無いと思えば自己保身のためだけにポイ捨てしてきた人間関係を当然周りの人たちは見ている。 落ち目の小池氏はドライに他の政治家から切り捨てられ始めている。 「排除の論理」を振りかざしたことで、細川元首相から切り捨てられ• 小泉元首相を「希望の党代表」で切り抜けようとしては「息子に投票するに決まっているだろ」と足蹴にされ• 「三都物語」約束したはずの愛知県の大村秀章知事からは、衆院選では距離を置かれ• 都民ファースト都議二人からは悪口言われたまま離党され これはまだまだ一例で、今後希望の党の人気下落と共に小池氏から離れていく政治家は多いはずである。 なぜなら、これがこれまで小池氏がとってきた、やってきたやり方だから。 細野氏や若狭氏に対する仕打ちからしても、尽しがいのない人物であることは明らかであろう。 ボクは、近い将来、都議会の公明党も小池氏を裏切ることになると予想している。 【10. センターは私です」 ・北朝鮮 次のトップは、あの金正男の長男22歳[キム・ハンソル] ・カズオ・イシグロ いとこが本誌に明かした「一雄くんのこと」 ・年利10%、20%は当たり前 この投信で儲けた! 実名全11商品 ・【LOOK! 】菅官房長官もビックリ 神奈川2区の刺客はあの「天敵」と瓜二つ/元検事・若狭が綴っていた『嘘の見抜き方』 ・【LOOK! 】なぜだ? 三越伊勢丹「社員向け」セールに中国人が大量ご来店 ほか ・【LOOK! 】新体制はスパルタ式? 選手が震え上がるヤクルト「新コーチ」陣 ほか ・【LOOK! 】ドクターZは知っている ・【LOOK! 】4年前の記者過労死 NHK「今頃発表」の訳 ほか ・今週の「へぇ〜そうなんだ」 ・伊集院静「それがどうした」 ・東海林さだお 「サラリーマン専科」 ・中沢新一「アースダイバー 東京下町編」 ・私の地図 西田敏行 ・また楽しからずや 高杉亘 ・酒井順子「気付くのが遅すぎて、」 ・社長の風景 助川龍二「共栄火災海上保険」社長 ・サウダージ—あの日を旅する ・五木寛之 「新 青春の門」漂流篇 ・美鳳の週間運気予報 ・「銀行渉外担当 竹中治夫」作画/こしのりょう 原案/高杉良 ・日本一の書評 ・佐藤優「名著、再び」 ・藤島大 「ラグビー 男たちの肖像」 ・ポテチ次郎「アー・ユー・ハッピー?」 ・ゴルフが好き!定岡正二 ・イッツ脳タイム! ・井筒和幸の「今週の映画監督」 ・福田雄一「妻の目を盗んでテレビかよ」ほか ・数独にチャレンジ ・岩瀬達哉 「ジャーナリストの目」 ・『熱討スタジアム』杏里『オリビアを聴きながら』を語ろう ・[女子ゴルフ]畑岡奈紗18歳 茨城から世界さ、狙うっぺ! ・河合美智子 脳出血から生還して ・これが広島カープの強さ「清宮はウチのチームに合わない」大英断 ・美熟女セクシー女優・北条麻妃の告白 私のプライベート・セックス ・NHK朝ドラ 『わろてんか』のモデルたち ホンマにおもろい話 ・巨人トヨタが倒れたら、日本経済はここまでヒドいことになる ・その「しびれ」、大丈夫? ・読者です、編集部です ・人生の相棒 渡辺美奈代 ・上林誠知 「拝啓 イチローさん」 ・[珍]いきもの、集まれ! ・玉城ティナ 「二十歳の決意」 ・オール新撮! 壇蜜のすべて ・鉄道の「記憶」 ・私のベスト3 中田喜子(1).

次の

『週刊現代別冊 週刊現代プレミアム 2019Vol.2 見るだけでスコアが上がる 科学的ゴルフ上達法ビジュアル版』(週刊現代,板橋 繁)|講談社BOOK倶楽部

週刊現代

が、石原プ口解散の際には、残された約25億円の行方が火種になる可能性も。 さらに、そこには「まき子未亡人」の甥っ子も登場し……。 「連日200人超え」に重大疑義! 「小池都知事」は感染者数を操作している 50人超えの次は100人超えが続き、ついには200人超えの連続。 東京都の新規感染者数はまさに指数関数的に増えているかのようで、これでは不安になるというものだ。 ところがこれらの数字、自然の確率からはかけ離れ、操作されていた可能性が濃厚という。 株主にひた隠し! 「大戸屋」買収「コロワイド」暴君会長の「32億円M資金詐欺」 昭和の時代から「GHQの接収資産」などと称して融資話を売り歩く輩は後を絶たなかった。 芥川龍之介の『 侏儒 ( しゅじゅ )の言葉』の一節がこれほど似合う人生も珍しい。 3歳の娘を死に追いやった 梯 ( かけはし ) 沙希 ( さき )(24)は、自身も凄絶な虐待の被害者だった。 なぜ彼女は「悲劇の連鎖」を断ち切れなかったのか。 〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。 辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。 ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。 シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。 それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。 偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。 今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

次の