ワイモバイル 変更 プラン。 ワイモバイルのプラン変更手順まとめ!プラン変更でダメなら乗り換えもアリ!?

5分で解決!ワイモバイルの料金プランを変更したらいつから適用?手数料は?

ワイモバイル 変更 プラン

【2020年7月版】Y! mobile ワイモバイル の新料金プランを解説!新プランや料金確認、プラン変更方法 公開日時 : 2020-06-27 16:38 更新日時 : 2020-06-27 19:13 ソフトバンク回線が利用でき、安定した速度で通信ができるワイモバイル。 テレビのCMやインターネット広告でもよく見かけるので、ご存知の方も多いと思います。 そんなワイモバイルですが、 2020年の7月から料金プランが変更になるのをご存じでしょうか? この記事では2020年7月から変更になる部分を踏まえて、ワイモバイルのプランについて解説していくので、ワイモバイルを検討している方は参考にしてみてください。 現在、 スマホベーシックプランMをご利用の方でも1GBの増量は自動的に適用になります。 ワイモバイルのプランと料金を解説 大人気のワイモバイルですが、新規で契約しようと思っている方の中には「ワイモバイルのプランが多すぎてよく分からない」と思っている方もいるかもしれませんね。 そこで、契約できる各プランをそれぞれ詳細に解説していくので、ワイモバイルの新規契約・乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。 現在契約できるプランをご紹介します 最初に現在契約できる全てのプランを紹介していきます。 それぞれの使用用途によってお得に契約できるプランが異なるので、自分の当てはまるプランを確認してみてください。 それぞれプランが料金、高速データ容量によって異なり、「 スマホベーシックプランS」「 スマホベーシックプランM」「 スマホベーシックプランR」の3種類に分けられています。 スマホベーシックプランS 「スマホベーシックプランS」はスマホベーシックプランの中で一番試しやすいプランになります。 高速データ容量は月々3GB、データ増量オプション利用時で月々4GBを使用可能です。 料金に関しても通常では月々3GBで2,680円、 新規割が適用されて月々1,980円となります。 気軽に試せるプランとなっているので、 初めて格安SIMサービスを使う方にもオススメですよ。 スマホベーシックプランM 「スマホベーシックプランM」は3つあるスマホベーシックプランの中で真ん中に位置するミドルクラスのプランになります。 月々の高速データ通信量は10GB、データ増量オプション利用時で月々13GBの高速データ通信が可能です。 料金は月々3,680円、 新規割の適用時は月々2,980円となっています。 スマホベーシックプランSと比較すると、月に使用できる高速データ通信量が増えているので、 通信量が比較的多い方にオススメのプランです。 スマホベーシックプランR スマホベーシックプランの中で一番、高速データ通信量が多いのが「スマホベーシックプランR」です。 月々の高速データ通信量は14GB、データ増量オプション利用時で17GBの高速データ通信が可能です。 料金は月々4,680円、 新規割の適用で月々3,980円になります。 スマートフォンで SNSやゲーム、動画視聴などデータ通信を良く利用する方にオススメのプランになります。 新規割とデータ増量オプションについて ここまでスマホベーシックプランについて解説してきましたが、「新規割とデータ増量オプションって何?」と思った方もいるかもしれないので、それぞれ解説していきます。 新規割 新規割はワイモバイルを新規加入・乗り換えで契約した方が対象のキャンペーンで、 契約月の翌月から6ヶ月間、月額料金が700円割引になるキャンペーンになります。 割引後の料金については上記の解説を参考にしてみてください。 データ増量オプション データ増量オプションはスマホベーシックプランに付けることができるオプションで、 月々の高速データ通信量を増やすことができるオプションです。 データ増量無料キャンペーン2は新規加入・他社から乗り換えの場合はデータ増量オプションが1年間無料となるため、かなりお得に利用できます。 1年たった後でも月額500円で加入することができるので、ワイモバイルを使っている方はデータ増量オプションを利用している人も多いですよ。 スマホベーシックプランの通話料について スマホベーシックプランは 全てのプランで国内通話が10分間無料で利用できます。 そのため、スマートフォンで通話をよくする方にもワイモバイルのスマホベーシックプランはオススメですよ。 料金や月に使用できるデータ容量を簡単に比較できるので、ぜひ利用してください。 データベーシックプランはデータ通信のみとなっているので、通話をしたい方はスマホベーシックプランを検討してみてください。 データベーシックプランS 「データベーシックプランS」は 月々の料金が1,980円で1GBの高速データ通信を行うことができるプランです。 気軽に試すことができるので、タブレット等の端末でデータ通信を少しだけする方にオススメのプランになります。 データベーシックプランL 「データベーシックプランL」は「データベーシックプランS」より高速データ通信量が増えているプランで 月々3,696円、7GBまで高速通信が可能なプランになります。 タブレット等でのデータ使用量が多い場合は「データベーシックプランL」がオススメです。 データベーシックプランM データベーシックプランL データ容量 1GB 7GB 料金 1,980円 3,696円 Pocket WiFi プラン2 ポケットWi-Fiを使いたいなら「 Pocket WiFi プラン2」がオススメ。 「Pocket WiFi プラン2」は2つのプランがあり、1つ目は 月々3,696円で高速データ通信が7GBまでのプラン、2つ目はアドバンスプランに加入したプランで 月々4,380円、高速データ通信が無制限で利用できるプランになります。 動画視聴やビデオ通話などデータ通信をよく使う方は、アドバンスプランに加入するのがオススメになります。 Pocket WiFi海外データ定額 海外でポケットWi-Fiを使用するなら「 Pocket WiFi 海外データ定額」がオススメのプランになります。 月々の料金が3,980円で海外利用料が別途1日90円必要になります。 使用できる高速データ通信容量は月々7GBとなっています。 「Pocket WiFi海外データ定額」が利用できる国は全部100カ国となっており、かなりの国が対象になっていますが、対象となっている国が気になる方はに記載されているので、確認してみてください。 Pocket WiFiプランの比較表 ポケットWi-Fiを契約するプランもそれぞれ比較できる表を作成しました。 比較の際にはぜひ利用してください。 ケータイベーシックプランSS 「 ケータイベーシックプランSS」 は、スマートフォンではなくガラパゴスケータイを利用する方を対象としたプランで、 月々の料金は934円、通話のみのプランとなっています。 インターネット検索などで利用するパケット通信は別途料金が必要になるので、注意が必要です。 パケット通信をよく使う方は、月額300円で定額になるオプションもあるので、確認してみてください。 シェアプラン 子回線用プラン について ワイモバイルのプランの中にはシェアプランというプランがあります。 このプランは他のプランと異なり少し内容が異なるので、詳しく解説していきます。 シェアプランとは? 引用: シェアプランとはスマホベーシックプランまたはデータベーシックプランに加入している方が対象になるプランで、契約しているデータ通信量を分け合うことができるプランになります。 シェアプランに加入すると、 最大3枚までSIMカードを発行できるので、メインの端末と合わせて合計4台の端末でデータ通信をすることができます。 スマホベーシックプランMを契約している場合、月々で9GBの高速データ通信が可能ですが、スマホベーシックプランを契約している端末で5GBを使用、他の端末で4GB使用するといったデータのシェアができるということですね。 まとめると、スマホベーシックプランまたはデータベーシックプランに加入している場合、他の端末でもデータをシェアできるプランがシェアプランということになります。 シェアプランの料金 シェアプランを利用する場合、基本料金にオプション料金を追加することで契約することができます。 「スマホベーシックプランS」「データベーシックプランS」は月額料金に980円のオプション料金が必要で、「スマホベーシックプランM」「スマホベーシックプランR」は490円のオプション料金、「データベーシックプランL」はオプション料金が無料で使用することができます。 メインの端末でデータ容量があまっている場合で、他の端末で高速データ通信をしたい方はシェアプランがオススメですよ。 シェアプランの比較表 シェアプランについても簡単に比較できる表を作成しました。 各プランのシェアプラン料金を比較したい方は確認してみてください。 プラン名 月々のデータ通信量 オプション料金 スマホベーシックプランS 3GB 980円 スマホベーシックプランM 10GB 490円 スマホベーシックプランR 14GB 490円 データベーシックプランS 1GB 980円 データベーシックプランL 7GB 無料 契約前にどのプランが適しているかの診断をすることもできます! 「契約したいけど、どのプランが良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 そんな方に試してほしいのが、スマホプラン診断。 ワイモバイルでは契約前にどのプランが適しているかをシミュレートできるサービスを提供しています。 これからワイモバイルでの契約を検討している方はスマホプラン診断を行って、契約後のギャップを無くしていきましょう。 スマホプラン診断とは? スマホプラン診断とは、ワイモバイルの公式サイトで利用できるサービスで、契約前にどのプランが適しているかをシミュレーションすることができるサービスになります。 スマホプラン診断は2分ぐらいできるので、契約を検討している方は、ぜひ行ってみてください。 ホームページ上部にある、「目安になるプランを選ぼう!」から自分に当てはまる使用用途を選んで、クリックします。 「どれくらい使うのか分からない」以外を選択した場合はここで、適したプランがページ下部に出てきます。 「どれくらい使うのか分からない」を選択した場合は、「1日あたりどれくらい使うのかチェック」を行います。 1日あたりにアクセスするWEBページ数や1日あたりの動画視聴時間を確認して、チェックします。 無料・短時間で行えるので、ぜひ契約前に適したプランを確認してみてください。 支払い方法・プランの変更方法を解説 既にワイモバイルを契約して使っている方で「支払い方法・プランを変更したい」という方もいるかもしれませんね。 ワイモバイルでは、スマートフォン・パソコンを使って簡単に支払い方法・プランをすることができます。 変更方法についてスマートフォン・パソコンそれぞれ解説していくので、ぜひ参考にしてください。 スマートフォンでの変更方法を解説 最初にスマートフォンでの変更方法を解説します。 mobile」にログインする 現在使っているスマートフォンから「My Y! mobile」にログインします。 ログイン方法が分からない方はを参考にしてください。 現在契約している料金プランの確認もここで行えます。 変更したい料金プランを選択したら、お手続き内容をあとで確認したい方法をタップして選択します。 お手続き内容をあとで確認したい方法は「My Y! mobile」で確認する方法と書面を自宅に送付する方法のどちらか1つを選択します。 内容を選択したら「変更内容を確認する」をタップして続けます。 変更内容が間違っていた場合は、「戻る」をタップして再度変更したい部分を修正します。 問題なければ、「申し込み」タップして、変更内容の適用日を確認します。 以上がスマートフォンでの支払い方法・プランの変更になります。 やり方がよく分からない場合はを参考にするか、カスタマーセンターに問い合わせてみてください。 パソコンでの変更方法を解説 次にパソコンでの変更方法を解説します。 mobile」にログインする まず、使っているパソコンから「My Y! mobile」にログインします。 パソコンでのログイン方法が分からない方はを確認してみてください。 mobile」にログイン後、トップページの下部にある「ご契約内容の確認」をクリックします。 各項目の横には「変更」ボタンがあるため、「変更」ボタンを押して変更したい内容を選んで、変更します。 ここまでがパソコンで変更する場合の手順です。 パソコンから支払い方法・プランを変更する場合でも分からないことがあれば、またはカスタマーセンターに問い合わせることで疑問を解決できますよ。 ワイモバイル店舗でも支払い方法・プランを変更できます ここまでスマートフォンとパソコンの2つの方法を解説してきました。 どちらも簡単に利用できますが、店舗でも支払い方法・プランを変更することができます。 店舗に足を運んで、変更内容を伝えるだけで変更することができるので、近くに店舗がある方は店舗での変更でもいいかもしれませんね。 それぞれ適したプランを契約することでお得に利用できるので、スマホプラン診断を行って、自分に適したプランを探してみてください。 ワイモバイルはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。

次の

ワイモバイルの「スマホベーシックプラン」と「スマホプラン」との違いは?

ワイモバイル 変更 プラン

プラン 基本容量 増量後 (1年間) S 3GB 4GB M 9GB 10GB 12GB 13GB R 14GB 17GB 容量超過後も最大1Mbps また、 プランM・Rは速度制限時の速度が最大1Mbpsとなりました。 これまでワイモバイルでは契約容量を使い切ると最大128kbps(0. 128Mbps)に速度が制限されていました。 128kbpsは他社に比べても遅かったのですが、最大1Mbpsならかなり快適です。 速度制限後も、WEBサイトやSNS閲覧は全く問題ないでしょう。 Youtubeの動画も480pなら快適に視聴できますので、スマホで動画を見るのも可能です。 最大1Mbpsの速度で使い放題ですし、時間帯による制限などもないのでかなりお得です。 スマホーシックプランの料金表 あらためて、7月1日以降の料金表をまとめると以下のとおりです。 しかし、 プランSは対象外です。 プランSで容量を使い切った場合、速度は最大128kbps(0. 128Mbps)に制限されますので注意してください。 プランSを契約中の方で、毎月容量が足りなくて2回以上データチャージしている方は、プランMに乗り換えたほうがお得です。 最大13GBと使える容量が一気に増えますし、速度制限後の速度も最大1Mbpsになります。 シェアSIMは最大128kbps ワイモバイルでは、契約している音声SIMに対し追加でSIMカードを発行し、契約容量を複数のSIM間で分け合う「シェアプラン」という仕組みがあります。 プランM・Rの場合、月額490円/枚でSIMを追加発行できます。 詳細: しかし、速度制限時の最大速度は親回線と子回線で異なります。 親回線がプランM・Rの場合、 容量を使い切っても親回線は最大1Mbpsで通信できますが、子回線は最大128kbpsです。 子回線は最大1Mbps使い放題の対象外なので注意してください。 プラン変更は手数料無料 現在スマホベーシックプランS・M・Rに契約中の方が、S・M・Rの中でプラン変更(契約容量変更)する場合は、 毎月1回無料で変更できます。 プランSで毎月2回以上データチャージしている方は、プランMに変更したほうがお得です。 またこれまでプランRを契約していた方も、制限後の最大1Mbpsで我慢できるのであればプランMに乗り換えるのもおすすめです。 スマホプランから変更時の違約金 2019年9月末まで、ワイモバイルでは「スマホプラン」がメインプランでした。 現在スマホプランを契約中の方は、プラン変更しない限りスマホプランのままです。 最低利用期間も契約解除料も発生します。 また、次章の条件を満たさずにスマホベーシックプランに変更する場合も契約解除料・違約金が発生します。 プラン変更で違約金免除の場合 ただし、 スマホプランからスマホベーシックプランにプラン変更する場合に、契約解除料が免除される場合があります。 以下の2つのうち、いずれかを満たしていればプラン変更時に契約解除料がかかりません。 特に 14GB(1年間は17GB)まで使える大容量プランを選べるのがワイモバイルのメリットですね。 また、ややこしいですが、UQモバイルのプランRは10GB(1年間は12GB)です。 対してワイモバイルはプランMが10GB(1年間は13GB)です。 同じ10GBプランでも 増量中はワイモバイルのほうが1GB多いです。 UQは節約モード時も1Mbps 両者の大きな違いの一つに節約モードの有無があります。 UQモバイルには、節約モードというサービスがあります。 これは、アプリやマイページから節約モードに切り替えると、 速度が低速に制限されるか わりにデータ容量が消費されない仕組みです。 UQモバイルの プランRは節約モード設定時でも最大1Mbpsの速度で使えます。 よって、普段から節約モードをONにしていればデータ容量を節約できるのです。 一方、ワイモバイルに節約モードはありませんので、最大1Mbpsで使い放題になるのは容量を使い切ってからのみです。 普段から節約モードを利用して高速通信容量を温存できるUQモバイルの方が活用の幅が広いですね。 よって、月によってデータ使用量に差がある場合もデータ繰り越しにより吸収できます。 一方、 ワイモバイルに繰越はありません。 余ったデータは没収されますので、データの節約においてはUQモバイルの方がお得です。 他にも違いあり ここまで読むと、選べるプランは少ないものの、データ使用に関してはUQモバイルの方がお得のように見えます。 ただし、 ワイモバイルとUQモバイルには他にも違いがあります。 例えば ワイモバイルは留守電が無料ですが、UQモバイルは有料オプションです。 また、店舗数はワイモバイルが圧倒的に多いので、店舗でのサポートが必要な方はワイモバイルのほうが安心でしょう。 他にも ワイモバイルはデータ容量をシェアする仕組みもありますし、契約回線数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いです。 データ使用においてはUQモバイルの方がお得ですが、他のポイントもみて検討しましょう。 ワイモバイルとUQモバイルの違いはこちらにまとめています。

次の

ワイモバイルのプラン変更手順まとめ!プラン変更でダメなら乗り換えもアリ!?

ワイモバイル 変更 プラン

目次 CLOSE• ワイモバイルで変更できるプランと適用タイミング ワイモバイルのプラン変更は、My Y! mobileで手続きができます。 手数料や回数制限もないので、気軽に変更できます。 ただし、どんなプランにでも変更ができるわけではありません。 変更できるプランは、下記の通りになります。 月末の21:00までにMy Y! mobileから変更手続きを行えば、翌月から変更手続きしたプランになります。 21:00以降に手続きをした場合は翌々月にプラン変更されます。 手続きの時間には注意しましょう。 プラン変更をする際の注意点3つ プラン変更をする時には、注意すべき点が3つあるので紹介していきます。 これらのプランから、2年経過前にベーシックプランへプラン変更する場合、違約金 契約解除料 が発生します。 ただし下記のどちらかを満たしている場合は、違約金は発生しません。 ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること• 機種変更と同時にスマホベーシックプランにプラン変更すること ちなみに私はスマホプランSでSIMカードのみ契約をしており、機種変更をした際にスマホベーシックプランSへプラン変更しました。 2番目の条件となる「機種変更と同時にスマホベーシックプランにプラン変更すること」に該当したため、違約金は無しでプラン変更できました。 これらの旧プランからプラン変更をした場合、月額割引は減額されます。 月額割引で割引される金額は、プランごとに違いがあります。 データ容量が多いプラン程、割引金額は大きいです。 データ容量が高いプランから低いプランに変更した場合は、割引金額が減額されてしまう可能性があるので気を付けてください。 あわせて注意したいのは、プランを元に戻した場合でも割引金額は戻らないということです。 例えば最初にスマホプランMを契約してスマホプランSに変更した際に、月額割引の割引金額が減ったとします。 その後、スマホプランSからスマホプランMに変更しても、月額割引の割引金額はスマホプランSでの割引金額のままになります。 最初に契約したプランの割引金額は増えないのですが、減ることはあるので十分に気を付けてください。 ワイモバイルでは、500円で500MBの高速データ通信容量を買い足すことができるのですが、 その料金がプランのデータ容量に応じて無料になります。 特に快適モードを使っている方は注意が必要です。 データ容量の自動追加をするように設定している場合は、無料回数が変わってくるので気を付けてください。 まとめ プラン変更をする場合、契約しているプランや変更タイミングによっては違約金が発生したり、機種代金が高くなってしまうケースがあります。 My Y! mobileを利用すれば簡単にプラン変更できますが、損をしないように気を付けた方がいいです。 本記事で紹介した内容にて、関係のあるところがないかプラン変更前にご確認ください。

次の