エアバス 株価。 ボーイング・エアバスは投資対象として魅力的か(1): 航空機業界の分析

赤字のボーイングは投資対象として魅力的か: 決算・株価の分析

エアバス 株価

80 69. 84 61. 27 66. 18 3,544,477 -6. 92 -10. 38 85. 08 56. 70 70. 14 4,859,944 2. 50 4. 56 85. 08 48. 21 62. 09 3,954,054 11. 32 22. 48 139. 40 48. 12 74. 49 3,252,766 -71. 60 -53. 00 139. 40 48. 12 88. 05 2,201,083 -63. 12 -50. 98 139. 40 48. 12 91. 66 1,789,885 -14. 10 -18. 40 139. 40 48. 07 77. 14 1,961,586 0. 48 0.

次の

航空機銘柄比較:ボーイングとエアバス

エアバス 株価

2017年1月にエアバス・グループは子会社のエアバスと合併、存続会社の社名はエアバスとなったため、社名としては消滅しているが、コーポレートサイトでは民間航空機製造部門と区別する意味でエアバス・グループの名称も併用されている。 会社としてのエアバス・グループの法的所在地はのであったが、メインオフィスは南部のにあった。 沿革 [ ] エアバス・グループの前身は、に、以下の会社が合併して誕生した EADS( European Aeronautic Defence and Space Company)である。 ・アエロスペース DASA (・; 以前の社)• CASA () 合併によりEADSはに次ぐ世界第2の航空宇宙企業となった。 また、に次ぐヨーロッパ第2の製造会社となった。 民間、軍用に加え、・宇宙・関連システムの開発、販売を行うようになった。 EADSは ISS の主要な貢献企業となり、EADSの一部門であるEADSスペーストランスポテーションにより設計・組立を行ったが2008年より運用を開始した。 シャトルの運用の問題もあり、計画は数年間の遅れを伴ったが、にからへにて輸送された後、2008年にスペースシャトルのにて打ち上げられた。 に、EADSはエアバス・グループに名称を変更することが発表された。 それまでは4部門制を採ってきたが、これを 1 商用機に特化したエアバス、 2 防衛・宇宙関連のエアバス・ディフェンス&スペース、 3 エアバス・ヘリコプターズの大きく3部門へと改めた。 、EADSから社名が変更され、同年に、旧EADSからの社名変更を含む定款の改訂が株主総会で承認され、同年付で法的にも社名が「エアバス・グループ」になると発表された。 エアバス・グループは当初オランダの公開会社としてN. の法的形態を採ったが、にに基づき、SEへと移行した。 1月に、子会社のと合併し、社名をエアバスに変更した。 フランス政府と、ドイツのエアバス・グループ専門管理機構である Gesellschaft zur Beteiligungsverwaltungが、エアバス・グループのそれぞれ11%の株を保有している。 部門 [ ] 民航機(旅客機) [ ]• - 1993年にDASAに完全子会社化されたが小型機部門は不振であったため1996年に倒産した。 現在はサポート業務を引き継いでいる。 ヘリコプター [ ]• 防衛・宇宙・セキュリティ [ ]• : ハーキュリーズと競合しているターボプロップ4発• (参考 )• (参考 ) 宇宙産業 [ ] EADSの宇宙関連産業との関わりは以下のとおり:• 、などを製造。 この企業は、パラダイムセキュアコミュニケーションズLtdという、運用会社が前身。 の防衛省のために「スカイネット5」システムを運用している。 これは私企業の中では最大の割合。 防衛・安全保障システム [ ] アビオニクス [ ]• ディフェンスエレクトロニクス:EADSにとアビオニクスを供給。 軍用航空機 [ ] 以下の企業の株を保有する:• :輸送、戦闘、哨戒等軍用のヘリコプターを生産。 ミサイル [ ]• LFK 脚注 [ ]• 4 ()• 7 ()• 8 ()• 9 ()• 10 ()• 11 ()• 12 ()• 15 ()• 17 ()• 19 ()• 20 ()• 22 ()• 25 ()• 26 ()• 27 ()• 30 ()• 31 ()• 32 ()• 33 ()• 34 ()• 35 ()• 36 ()• 37 ()• 38 ()• 40 ()• 41 ()• 42 ()• 44 ()• 45 ()• 46 ()• 48 ()• 50 ()• 52 ()• 54 ()• 56 ()• 57 ()• 58 ()• 59 ()• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄.

次の

ボーイング・エアバスは投資対象として魅力的か(1): 航空機業界の分析

エアバス 株価

これはもちろんエアバスを狙い撃ちにしたものです。 この背景にはEUがエアバスに補助金を与え不公平な競争環境にしていることがあります。 イメージとしては中国が中国企業を補助金や制度面で優遇するのと似ています。 具体的にはエアバスはEUから政府ローンという形で低金利ローンの優遇を受けており、そのおかげでエアバスがボーイングの脅威になっていると米国は考えています。 一方EUも米政府がボーイングに補助金を与えていると主張していますが、こちらはまだWTOに認定されていません。 エアバスはプレスリリースでこの関税引き上げについてとても残念だと述べており、2020年5-6月頃にWTOがEUが米国に報復関税を課すことを認定し、現在の状況が変化することを望むとしています。 はたしてEUの米国政府がボーイングに補助金を与えているという主張は認められるのでしょうか? ちなみにエアバスはその創立自体がボーイング1強をなんとかするためにと創られたもので、特にドイツ政府とフランス政府の手厚い援助によって成長してきました。 それが未だに続いているのであればWTOが米国に関税を課すこと認めるのは当然とも言えます。 ボーイングの737MAX運航停止はボーイングの努力次第で解決できる問題であり、運航再開も今年の中頃と見通しが立っていますが、エアバスに対する関税は政治的なものなのでどうなるか分かりません。 いよいよ復活が見えてきたボーイングと、構造的な重荷を背負ってしまったエアバス、これからの株価パフォーマンスではボーイングに分があると私は考えています。 なおこのままボーイング株の上昇が続けば、以前魅力的と判断したタイミングがまさに買い場だったことになりそうです。

次の