弥彦 神社。 【新潟】越後國一之宮 彌彦神社奥宮 [御神廟] 弥彦山ロープウェイ ★★★★

彌彦神社

弥彦 神社

0 種類 神社 アクセス JR弥彦線弥彦駅から徒歩10分。 駐車場あり。 概要 弥彦神社は新潟県西蒲原郡弥彦村にある神社。 正確な創建年代は不明だが越後国の開拓神を祀り万葉集にも登場する古社であり、927年(延長五年)成立の延喜式神名帳には名神大社として記載されている。 また越後国一宮とされ、中世以降当地の武家の崇敬も篤く、奉納された太刀などが現在も多数のこされている。 明治維新後に作られた近代社格制度のもとでは1871年(明治四年)に国幣中社に列せられている。 主な行事には、歳旦祭(1月1日)、神幸神事 (2月1-4日)、例祭 (2月2日)、春季大祭 (5月14日)、水無月大祓式 (6月30日)、燈籠神事 (7月25日)、年越大祓(12月31日)がある。 見どころ 、、、、、、 拝観時間 9時~16時。 拝観料 境内自由。 宝物殿は大人300円、高大生200円、小中生100円。 サイト なし 住所 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898 弥彦神社の見どころ 大鳥居 県道29号線上に建つ「弥彦神社」の扁額が掲げられた両部鳥居のこと。 上越新幹線の開通を記念して1982年(昭和五十七年)に建てられたもので、高さ30メートルと巨大。 火の玉石 境内入口の一の鳥居から本殿へ向かう途中にある石のこと。 重軽石とも呼ばれ、願い事を心に思い描いてからこの石を持ち上げ、想定より軽く感じれば成就し、重く感じれば叶わないとされる。 石油蒸留釜 境内には日本石油加工㈱から奉納された石油蒸留釜が置かれている。 1884年(明治十七年)に新潟県出身の田代虎次郎によって考案された日本初の石油精製装置で、現在は2基しか残っていないという。 十柱神社 末社のひとつで、大己貴神など10柱の神を祀る。 当初は大己貴神のみを祀った神社だったが、後に長岡藩牧野家ゆかりの4神が合祀され五所宮と称するようになり、1873年(明治六年)に県令楠木正隆の命でこの4神を廃して代わりに国土に関する神を祀り十柱神社となった。 社殿は1694年(元禄七年)に長岡藩第三代藩主牧野忠辰の寄進で建てられたものであり、国の重要文化財に指定されている。 本殿 現存する本殿、拝殿などは1916年(大正五年)の再建(かつての本殿は現在の宝物殿の辺りにあったが1912年(明治四十五年)に焼失した)。 祭神・天香山命 (あめのかごやまのみこと)は天照大御神の曾孫神で、神武天皇の命を受けて野積浜(現長岡市寺泊)に上陸し越後国を開拓したと伝えられている。 宝物殿 弥彦神社に伝わる文化財を収蔵、展示するための施設。 主な収蔵品には、1326年(嘉暦元年)に奥山荘(現胎内市)の豪族相次郎考基が奉納した大鉄鉢(重文)、後醍醐天皇の勅額、1415年(応永二十二年)に古志郡夏戸(現長岡市寺泊夏戸)の豪族志田定重が寄進した太刀(重文)、上杉輝虎(謙信)祈願文、1612年(慶長十七年)に越後高田藩主松平忠輝が奉納した南宋の青磁香炉などがある。 御神廟(奥宮) 弥彦神社背後の弥彦山(標高634年)山頂にある建造物。 天香山命と妃神である熟穂屋姫命を祀り、縁結びにご利益があるとされる。 麓からはロープウェイで近くまで行くことができる。 値段 1件300円 オリジナル御朱印帳 社殿が描かれた御朱印帳があります。

次の

彌彦神社

弥彦 神社

越後一宮として古くから信仰を集めてきた彌彦神社。 「おやひこさま」として人々に親しまれ、初詣には毎年20万人以上の参拝者が訪れます。 御祭神は天照大神の曾孫の天香山命(あめのかごやまのみこと)。 創建から2400年以上の歴史を有するとされる神社で、日本最古の万葉集にも詠われています。 アクセスも良く、JR弥彦駅から徒歩圏内にあり、車では三条燕ICより行くことができます。 近くに無料駐車場もあります。 彌彦神社には見事な鎮守の森があり、樹林に覆われた境内には神聖な空気が漂います。 紅葉スポットとして特に有名ですが、年間を通して美しい自然と森林浴を楽しむことができます。 火の玉石(重軽の石)は持った時の重さの感じ方により、願いが叶うかどうかを占うものです。 ぜひ試してみては。 新潟県内でも特に人気のスポットなので、厳かな雰囲気を堪能したい方は早朝の人の少ない時間帯での参拝がおすすめです。 弥彦山山頂には奥宮の彌彦神社御神廟があり、こちらも参拝することをおすすめします。 神社から10分ほど歩いたところに、弥彦山ロープウェーの山麓駅があり、そこから山頂駅まで行くことができます。 神社から駅までの無料シャトルバスも利用できます。 お車をご利用の方は弥彦山スカイラインでもアクセス可。

次の

新潟県のパワースポット弥彦神社!行くなら事前に抑えたい3つのポイント!!

弥彦 神社

弥彦神社は有名ですが、家族や友達に連れて行ってもらっていたので、実は正確な場所や行き方がよく分からない、という方もいるのではないでしょうか?何はともあれ、まずはアクセス方法が分からないと始まりませんので、以下でご紹介します。 東京方面から来ると仮定して、電車の場合は、上越新幹線・燕三条駅を下車、徒歩で在来線・燕三条駅に移動し、JR弥彦線で吉田方面に乗車すれば、そのまま終点の弥彦駅まで黙っていても着きます。 駅を降りれば目の前が神社なので迷うことはないでしょう。 車の場合は、北陸自動車道・三条燕インターで高速を降り、国道289号を吉田方向に進み、国道116号との交差点で県道29号を進めば到着します。 ただ、各種イベント時は駐車場が満車の場合がありますので、公共交通機関の利用をお勧めします。 かくいう私もその一人です(笑) で、その弥彦名物カレー豆が何かと言うと、油で揚げたソラマメにカレー風味の甘ダレを絡めて少し乾燥させたお菓子で、弥彦神社近くの成沢商店さんで販売している、弥彦神社参拝の名物かつ定番お土産です。 お菓子とはいうものの、おやつにもツマミにもなる不思議な美味しさです。 弥彦に来たなら必ず食べるべき味です。 成沢商店さんには他にも色々豆菓子がありますので、是非足を運んでください。 ・新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1298 ・最寄駅はJR弥彦駅 弥彦神社で催されるイベント・お祭りは沢山あり、例えば、11月の「弥彦菊まつり」は有名なので知っている人も多いと思いますが、その他大小のイベント・お祭りについては、地元の人か、よほど熱心な参拝客でなければ全て把握できないのではないでしょうか?私も全部は知りません(笑) メジャーなものとしては以下です。 ・6月 芽の輪まつり ・7月 弥彦燈籠まつり ・11月 弥彦菊まつり また、年間スケジュールが掲載されたサイトのリンクを貼りますので参考にしてください。 逆に、イベントの時期を外して静かに参拝したいという場合にも役立つかと思います。 「東京スカイツリーと同じじゃないか」と思われた方、半分合っていますが、半分違います。 歴史が違うのです。 スカイツリーが弥彦山を参考にしたのです(笑) とまあ、冗談ですが、この2つが同じ高さだということを覚えておけば、山頂から見える光景が少し違ってくるのではないでしょうか。 ちなみに弥彦山の山頂は行政区分的には長岡市になっています。 天照大神のひ孫にあたる神様とのこと。 大まかには農業神、開発神といった性格の神様であり、越後国(新潟県)、尾張国(愛知県)に縁の深い神様のようです。 新潟県が農業県として栄えているのも天香山命のおかげかもしれません。 そんな思いとともにいただく日本酒はまた格別です。 弥彦山は、弥彦神社の御神体であり、神様そのものであるとも言えます。 やはり神様そのものを感じるために、登山するのもお勧めします。 前述の「弥彦山の標高」でもご紹介しましたが、634メートルという登山にはお手頃な標高ということで、登山前の登頂祈願、あるいは下山後の御礼参りで登山客も神社に多数参拝しています。 登山にお手頃とは言っても、多少きつい坂もありますので、ウォーキングなどで最低限の体力をつけておけば、登山を楽しめるのではないでしょうか。 その創建はなんと。。。 時期不明(byウィキペディア)だそうです。 一説には1300年前創建ともいわれます。 要するにいつできたのか分からないくらいとんでもなく古く歴史がある、ということです。 戦国時代の時点でも古い歴史と由緒の正しさから、かの上杉謙信も崇敬したと言われています。 一宮とは、特定の国・地域で一番格式の高い神社とされており、新潟県には弥彦神社も含めて3社ほどあるようです。 余談ですが、北海道・札幌には弥彦(伊夜日子)神社という、この越後の弥彦神社を本社とする神社があります。 この神社は、新潟県出身の開拓移住者により設営された御宮を起源としており、越後の弥彦神社がいかに厚い信仰の対象となっていたのかが分かります。

次の