エルス ポール。 ポール・サミュエル=スミス

ポール・エルスタック

エルス ポール

経歴 [編集 ] ジャズ・ミュージシャンであった祖父の Nedley Elstakが、にのからオランダへ移住してきた。 オランダにおけるエルスタック家の音楽活動は、ここが事実上のスタートであった。 更に、ポールの父親もロック歌手のをしており、ポールは小さい頃から音楽に囲まれた環境で育つ事ができた。 からでDJを始めるようになり、のアルバイトをして稼いだお金でレコードを買っていた。 当時は主にの曲をプレイしていた。 DJによる活動を行って行く中、にはの「Blue Tiek」のメインDJとして選出されるようになる、ポールは次第に地元の有名DJとなっていった。 には、 とのユニット Timedrillersでレコードをリリースした。 更に Peter Slaghuisとは、ホリー・ノイズとしても活動を行う事となり、" James Brown Is Still Alive!! "などのヒットを出す事となる。 この時期からは、オランダのハウスアーティストとして海外にも有名となっていく。 には、 Midtown Recordsの傘下としてレコードレーベルのを立ち上げ、そこからハードコアテクノを中心とした数々のレコードをリリースするようになる。 1993年にはのアルバム『Flash PaPa MENTHOL』のカフェ・ド・鬼 かなりおもしろい顔MIX をプロデュースしたことでテクノに慣れていなかった日本のファンにも名前が知られるようになっていった。 からは次第にの色合いが濃くなり、リリースした曲がオランダの音楽チャートで上位に入るようになる。 には、ロッテルダムレコードの運営を離れて Offensive Recordsを設立し、以後はそちらでのリリースがメイン活動となっていく。 現在では、最盛期にリリースの多かったハッピーハードコアはもう作成しておらず、それよりパワフルな路線でのハードコアテクノを作成・リリースしている。 所属ユニット [編集 ] 下記の通り、過去から現在において所属したユニットは多岐に渡る。 更に、オランダのハードコアの中心的存在だったロッテルダムレコードのオーナーだった事もあり、最盛期においては「のボス」「ロッテルダムのドン」などと形容された事もある。 Bald Terror メンバー構成:ポール・エルスタック、Richard van Naamen• Da Tekno Warriors メンバー構成:ポール・エルスタック、Jeroen Streunding• DJ Paul vs. DJ Panic メンバー構成:ポール・エルスタック、• E-Wax メンバー構成:ポール・エルスタック、Short Circuit• Euromasters メンバー構成:ポール・エルスタック、ロブ・ファブリー、ハーム・レフバー、ホーイハウス 変則的な構成のため、詳細はリンク先記事を参照。 Evil Maniax メンバー構成:ポール・エルスタック、Maurice Steenbergen、Rob Christensen• Forze DJ Team メンバー構成:ポール・エルスタック、Darrien Kelly、Dennis Copier、Jeroen Streunding、Lars Tindal• Hard Attack メンバー構成:ポール・エルスタック、• Hardcore Fundamentalists メンバー構成:ポール・エルスタック、Infamous• The Hitmen メンバー構成:ポール・エルスタック、M. Grunder• ホリー・ノイズ Holy Noise メンバー構成:ポール・エルスタック、ホーイ・ハウス、Richard van Naamen、• The House Shaggers メンバー構成:ポール・エルスタック、Maurice van Duuren• Men Of Steel メンバー構成:ポール・エルスタック、Jeroen Streunding Da Tekno Warriorszの別名義で、主にロッテルダムレコードからリリースする際にこの名義を使用している。 Paul Elstak vs. The Headbanger メンバー構成:ポール・エルスタック、ロブ・ファブリー• メンバー構成:ポール・エルスタック、DJ Distortion、MC Raw、DJ Reanimator、DJ Petrov、ロブ・ファブリー 流動的な構成のため、詳細はリンク先記事を参照。 The Sound Of Rotterdam メンバー構成:ポール・エルスタック、ホーイ・ハウス、Richard van Naamen、ロブ・ファブリー ホリー・ノイズの別名義。 ハードな曲をリリースする際に、ホリー・ノイズの所属レーベルである ARS ProductionsからNGが出たために、別途この名義を使用している。 Timedrillers メンバー構成:ポール・エルスタック、Peter Slaghuis " Somebody In The House Say Yeah! " が唯一のリリース。 ポールが最も初期にリリースした曲であり、当時はまだハードコアテクノではなく、ハウス調の曲となっている。 Too Fast For Mellow メンバー構成:ポール・エルスタック、クーン・グレネヴェルド• Too Hostile メンバー構成:ポール・エルスタック、オマー・サンタナ• Two Terrorists メンバー構成:ポール・エルスタック、 作成した曲も2人別々のため、ユニットというよりも競作であり、リリースした曲も現在までにシングル一枚のみ。 United Gabbers Of Rotterdam メンバー構成:ポール・エルスタック、George Ruseler、Jeroen Streunding、Ricky Peroti• The Unknown メンバー構成:ポール・エルスタック、Richard van Naamen、ロブ・ファブリー 脚注 [編集 ].

次の

ポール・エルスタックとは

エルス ポール

経歴 [ ] 出身。 では、そのほとんどの曲のプロデュースを担当した。 ヒット曲も出すことができた。 他のメンバーの活動に対して真剣さが感じられないと不満を持ったことと、ツアーの長時間移動にストレスを溜めたことが原因で、彼は1966年5月にバンドを脱退した。 、ヤードバーズのオリジナル・メンバー(ただし、 はに他界したため、ボーカルはジョン・フィドラーが参加)による「」では、久し振りにベースを演奏した。 脱退後、彼はとして成功し、その中でものアルバムが最も成功したアルバムとなった。 その他にも、、元ヤードバーズのメンバーだったやらによるバンドの、、、、、をプロデュースした。 また、でのファースト及びセカンド・アルバムを、での2枚のアルバムをプロデュースした。 その他にはの「」をサイモンと共同プロデュースした。 サミュエル=スミスは1971年の映画『』で作曲担当のキャット・スティーヴンスと共に音楽プロデュースを担当した。 1990年には『』の音楽録音および録音監督を担当した。 関連項目 [ ]•

次の

ポール・エルスタック を 英語

エルス ポール

経歴 [ ] 出身。 では、そのほとんどの曲のプロデュースを担当した。 ヒット曲も出すことができた。 他のメンバーの活動に対して真剣さが感じられないと不満を持ったことと、ツアーの長時間移動にストレスを溜めたことが原因で、彼は1966年5月にバンドを脱退した。 、ヤードバーズのオリジナル・メンバー(ただし、 はに他界したため、ボーカルはジョン・フィドラーが参加)による「」では、久し振りにベースを演奏した。 脱退後、彼はとして成功し、その中でものアルバムが最も成功したアルバムとなった。 その他にも、、元ヤードバーズのメンバーだったやらによるバンドの、、、、、をプロデュースした。 また、でのファースト及びセカンド・アルバムを、での2枚のアルバムをプロデュースした。 その他にはの「」をサイモンと共同プロデュースした。 サミュエル=スミスは1971年の映画『』で作曲担当のキャット・スティーヴンスと共に音楽プロデュースを担当した。 1990年には『』の音楽録音および録音監督を担当した。 関連項目 [ ]•

次の