別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞。 別に君を求めてないけどの歌詞は?曲名についても!

【瑛人】『香水』歌詞解説!TikTokでバズった話題の曲

別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞

どうも!あぽー🍎です!! 『君のドルチェアンッパーナの香水のせいだよ』 サビの一番最後の歌詞なんですけど、めちゃくちゃ個性に溢れている感じしませんか!? 実はこの曲2019年4月にリリースされた曲なんですけど、どういうわけか2020年現在爆伸びしてるんですよね! とても不思議な現象が起こっています。 この記事では、• なんでこの曲が流行ったのか?• 瑛人さんって何者!? について解説してきたいと思います!!• (スポンサードリンク) 瑛人『香水』 聞いたことない方はまず一度聞いてみてください。 どうですか? ギター一本の伴奏に爽やかな瑛人さんの歌声 ギターと声の二つの楽器だけでここまで完成した音楽になるって究極じゃないですか? コード進行も一曲を通してほとんど変わらない。 とてもシンプルな曲なのに、こんなに多くの人の心を打つってとても恐ろしいです。。。 瑛人さんって何者? 瑛人さんについてわかっていることは• 2019年「香水」でデビュー• チャンネルの動画は4つ• レーベルには所属していない• 本名は高橋瑛人 以上です。 なんで流行ったの? この曲『香水』が のBGMとしてたくさん使われ、オンで数週間にわたって一位を独占している状態です。 最近はからブレイクする曲がとても増えていますね! 歌詞 夜中に いきなりさ いつ空いてるのってライン 君とはもう3年くらい会ってないのにどうしたの あの頃 僕達はさなんでもできる気がした ふたりで海に行ってはたくさん写真撮ったね でもみてよ今の僕を クズになった僕を 人を傷つけてまた泣かせても 何も感じ取れなくてさ 別に君を求めてないけど 横にいられると思い出す 君のドルチェ&ガッパーナの その香水のせいだよ 今更君に会ってさ 僕は何を言ったらいい かわいくなったね 口先でしか言えないよ どうしたの、いきなりさあ タバコなんかくわえだして 悲しくないよ悲しくないよ 君が変わっただけだから でもみてよ今の僕を 空っぽの僕を 人に嘘ついて軽蔑されて 涙ひとつもでなくてさ 別に君を求めてないけど 横にいられると思い出す 君のドルチェ&ガッパーナの その香水のせいだよ 別に君をまた好きになる ことなんてありえないけど 君のドルチェ&ガッパーナの 香水が思い出させる 何もなくても 楽しかった頃に 戻りたいとかは思わないけど 君の目を見ると思う 別に君を求めてないけど 横にいられると思い出す 君のドルチェ&ガッパーナの その香水のせいだよ 別に君をまた好きになる くらい君は素敵な人だよ でもまた同じことの繰り返してって 僕がふられるんだ (スポンサードリンク) 歌詞の解説 この曲は、 「久しぶりにあった元カノからいきなり連絡が来て、もう好きでもなんでもないけど、香水の匂いを嗅ぐと当時の気持ちが思い出される」 そんな情景を描いた曲になっています。 Aメロ 夜中に いきなりさ いつ空いてるのってライン 君とはもう3年くらい会ってないのにどうしたの あの頃 僕達はさなんでもできる気がした ふたりで海に行ってはたくさん写真撮ったね 夜中にいきなり元カノから来た連絡 三年もあってないのに、その1通のラインだけで当時のことを思い出せてしまう。 それくらい好きだったんだ ということがわかります。 Aメロで状況説明をすることで、これから主人公がどんな状況にいるのかをリスナーに伝えることができ、この後の感情の揺れ動きをリスナーに感じてもらいやすくなる効果があります。 Bメロ でもみてよ今の僕を クズになった僕を 人を傷つけてまた泣かせても 何も感じ取れなくてさ この後の歌詞でわかるのですが、この主人公と元カノの別れた理由は「彼女に振られた」ことです。 彼女と一緒にいた時、振られた時 その時の感情の起伏がどうしても忘れられないのだと解釈することができます。 また、もしかしたら、この主人公は「元カノ」と別れてから何人かの人と付き合ったのかもしれません。 その時に、「元カノ」にされたのと同じように、その新しい彼女たちを振ったのかもしれません。 そう考えると、当時より「恋愛的に経験をつんだこと」を「クズになった」と表現しているのでしょう。 Bメロでは、Aメロの状態にいる主人公の気持ちを書くことが多いです。 Aメロで状況説明がされてるので、Bメロの主人公の気持ちがリスナーにより理解されるのです。 (スポンサードリンク) サビ サビはここまでの歌詞を受けて作者が一番言いたいことが詰め込まれます。 見てみましょう 別に君を求めてないけど 横にいられると思い出す 君のドルチェ&ガッパーナの その香水のせいだよ もしかしたらこの歌詞は瑛人さん自身のことを歌った曲なのかもしれませんね。 「別に君を求めてないけど、横にいられると思い出す」 思い出したくないのに、付き合っていた当時のことを思い出してしまうのです。 なぜか? 三年前付き合っていた香水と今の香水が変わっていないからです。 一番では、「変わってしまった自分」と「変わっていない元カノ」の対比がされていて、もう交わり合うことがないということも表現してるのかもしれません。 このサビで1番のポイントはやはり『ドルチェ&ガッパーナ』です。 「3年間離れていても思い出してしまう香り」をリスナーにも感じ取ってもらえます。 感覚を固有名詞に落とし込むのはとても効果的だと思います。 2番以降 2番以降の歌詞では、「変わってしまった彼女」を表現しています。 2番Aメロの「タバコ」 いや、もっと大きく変わったものがあります。 それは、「当時主人公をふった彼女」です。 なんで三年ぶりに連絡をしてきたのか? それは 彼女が変わってしまったから けど、主人公も感じているのです 「自分も変わってしまったのだ」と 当時の主人公から何も変わっていなければ、彼女に「よりを戻そう」と言われたら戻っていたのかもしれません。 でも、それはできない 「 僕も変わってしまったから」 それでも変わっていないものもあるのです。 それが彼女が三年前から使っている「 ドルチェ&ガッパーナの香水の香り」なのです。 (スポンサードリンク) まとめ この曲の基点は「香水の香り」です。 この香水の香りがあるからどれだけ変わっても当時の気持ちを思い出すことができるのです。 どれだけ彼女が変わっても、どれだけ自分が変わっても また「ふられる」のです。 それは「 ドルチェ&ガッパーナ」の香水の香りがずっと変わらないから。 この記事を読んだ後にもう一度聞いてみてください。 より深くこの曲の儚さが胸に染みてくると思います。 是非私の にも遊びに来てくださいね! 読者登録も是非お願いします!! ringoapo90.

次の

「香水」の瑛人は誰?読み方は?顔画像や歌詞の意味も考察!TikTokでバズりまくり

別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞

忘れたいのに、思い出すから。 街中で香りがしてハッてなって振り返ったってもう近くに居ないのに。 ==================== どんだけ写真とか消しても、LINE消しても、匂いだけ消せん。 ほんまに急に鼻の奥?で匂うねん。 ほんまはそんな匂いせんのに。 なんなんやろなぁ。 ==================== 自分が元カレからドルガバの 香水 貰って使っとるけど、これ聞いてるんかなって思うと。 なんか。 歌詞も『三年くらい会ってないのに』とかあるけど、別れてもまだお互いすきやって3年後もっかい出会って付き合おってゆわれたなぁ。 わかりみが深い。 「別に君を求めてないけど」の曲名は香水で作詞作曲は高橋瑛人さんでした。 最後まで見ていただきありがとうございました。

次の

香水 / 瑛人 (Official Music Video)

別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞

瑛人「香水」と似てる曲が判明!? とくに「香水」曲を聴いていて印象的なフレーズといえば サビの部分ではないでしょうか? 『君のドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ』のフレーズは一番印象的で、一度聴くと頭から離れませんけど、何かの曲に似てるなぁ〜といつも感じる部分はそこじゃなくて、 「別に君を求めてないけど 横にいるとなぜか思い出す」 この部分なんですよね〜 何かの曲に似ているけど…なかなか思い出せない、という方もきっと多いはずです。 なんか三木道三とか尾崎豊っぽいかなぁーとか考えつつ、やっぱり違うよなーとかまた考えたり。 結局わからなくなります。 そこで、この「香水」に似てる曲を全力で探したんですけど… いくつかガチで似てる曲を発見しました。 まず、フジファブリックというグループが歌う 「パッション・フルー」という曲の曲調がめちゃくちゃサビの部分に似てることが判明しました。 フジファブリック :パッション・フルー 全体のトーンがこれまた絶妙に似てると思いませんか!? で、瑛人の「香水」ってもしかしてパクってる!?とかちょっと考えちゃいましたけど、それはちょっと違います。 まず作詞作曲家はそれこそ尋常じゃなぐらい膨大な量の曲をこれまで聴いてきたわけなので、必然的に脳内にさまざまな歌詞がインプットされます。 なので、歌詞をそのままパクるというより、インプットした歌詞が作詞中にところどころ頭からふと落ちてきた、という感覚ではないでしょうか。 いろんな本を読んでいると知らない漢字を自ずと覚えてきて、気づけばごく自然に言葉に文章に活かせるようになったというか、そのような感覚です。 「パッション・フルー」なんかは昔からよく聴いていたかもですが、その真相もよくわかりません。 また似てる曲を発見しましたら、随時更新していきますね〜.

次の