いちご 飴 作り方。 【ヒルナンデス】「いちご飴」の失敗しない作り方・レシピ!おうちカフェメニュー人気No.1|素敵なグルメ

いちご飴が固まらない原因は?作り方や水飴の温度、屋台のカロリーは?

いちご 飴 作り方

いちご飴作り方をご紹介!SNSで人気のスイーツ 今、SNSでは、韓国の屋台風の 「いちご飴」が大流行中! いちご飴とは、簡単に言うと、昔ながらのりんご飴のりんごをイチゴで作ったもののことです。 また、その一方、自分で作るいちご飴も流行っていて、インスタグラムやYouTubeなどでは、作り方もたくさん紹介されています。 今回は、そんないちご飴の作り方を解説しています。 下記は、鍋で作る場合にあると便利な「料理用のデジタル温度計」ですので、あわせてチェックしてくださいね。 ・いちご飴のレシピ• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に刺す。 鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。 沸騰してきたら、弱火にする。 150~160度程度まで加熱し、薄い黄色になるまで煮詰める。 火からおろし、いちごにまんべんなく絡めていく。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 そのまま常温で冷やし固めれば、出来上がり! いちごは、3個~5個程度つなげて刺すと、屋台やお店のものみたいで、可愛く作れます。 あっという間に完成するので、とても楽しいですよ。 ・いちご飴のレシピ(電子レンジを使う場合)• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に指す。 マグカップに砂糖・水を入れて混ぜる。 電子レンジで加熱(500Wで約8分)し、薄い黄色になったら取り出す。 竹串に刺しておいたいちごをマグカップに入れて、飴を絡ませる。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 固めるまで常温で冷やせば、出来上がり! 電子レンジから出した後は、すぐに固まってきてしまうので、スピーディに作るのがポイントです。 深めのマグカップを使うと、飴を絡ませやすいですよ。 いちご飴の作り方:砂糖と水は4:1がポイント いちご飴をうまく作るポイントは、 砂糖4:水1という割合を、必ず守ることです。 この分量を間違えると、砂糖がしっかりと固まらずに失敗してしまいます。 全体の量があまり少ないと作りにくいので、 砂糖200g:水50㏄もしくは、砂糖400g:水100㏄がおすすめです。 いちごを1パック使う場合、砂糖200gで、十分な量ですよ。 ちなみに、計量カップがない場合は、大さじを使って測ってくださいね。 また、砂糖は上白糖ではなく、グラニュー糖が1番作りやすいです。 屋台のいちご飴のように色を付けたい場合は、鍋やレンジで加熱する際に、食紅を少々入れてください。 いちご飴の作り方で失敗する原因とは? 砂糖と水の割合以外にも、いちご飴を作る際に失敗する(固まらない)原因として考えられることは、いくつかあります。

次の

いちご飴作り方は簡単!電子レンジなら失敗知らずで屋台のような味が楽しめる!

いちご 飴 作り方

Contents• 【ヒルナンデス】「いちご飴」の失敗しない作り方・レシピ! おうちカフェメニュー人気No. 失敗しないポイント! いちごの水滴や水分がついていると飴が固まりにくくなります。 必ずキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。 失敗しないポイント! いちごのヘタを取る際、芯は残すようにとるとヘタの部分から水分が出にくくなります。 (目安10~15分) 失敗しないポイント! 煮詰め始めたら絶対混ぜない。 飴が結晶化してしまう事があります。 失敗しないポイント! 飴は常温ですぐに固まるので2度づけせずに一回でつける• それでも失敗した場合 実は私、失敗しました。 煮詰める時触らないようにしていたのに、結晶化してしまったんです。 たくさんの砂糖が無駄になる、どうしよう・・・と思った時、もっと煮詰めてべっこうあめにしちゃおうと思いつきました。 火を強めてうっすら黄色になったら火から外して下さい。 鍋を揺すれば余熱で色がどんどん濃くなります。 そのべっこうあめに残っていた2本のフルーツ串をからめました。 残った飴はクッキングシートに広げてべっこうあめに。 子供と食べてみると、失敗して べっこう飴にしたものはちゃんとパリッとした飴になっていましたよ。 もし飴が結晶化してザラついてしまった人はこの方法がオススメです。 他のフルーツでもできる みかん、ぶどうでもフルーツ飴が作れます。 水分が出ないよう、皮をむかずに竹串をさしましょう。 あとはいちご飴と同じ様に作ります。

次の

いちご飴作り方は簡単!電子レンジなら失敗知らずで屋台のような味が楽しめる!

いちご 飴 作り方

いちご飴の作り方 1.いちごを買いに行きましたが、スーパーに売っていなかったので代わりにイチゴジャムを買いました。 これをラップに包んでいちごの形に整えて、冷凍庫で凍らせます。 中々イチゴジャムが固まらず、この作業で1日が経過。 翌日いちごが完成しました。 2.いちご味の飴を用意しました。 水を少し加えて電子レンジで温めて溶かします。 ちなみに、この飴は美味しいから好きです。 いちごそのものやイチゴジャムは酸っぱくてあまり好きではありませんが、果肉を使っていない、甘いだけの「いちご味」は好きです。 そんな話をしていたら少し焦げてしまいました。 3.溶けた飴をいちごにかけ、再びラップに包んで冷凍庫に入れます。 固まるまでもう1日費やしました。 4.いちごのヘタを作ります。 5.いちごにヘタを取り付けたらいちご飴の完成です。 シャリシャリとした歯ごたえに、表面は甘くて中は酸っぱいいちご、そしてヘタの独特な風味が組み合わさって複雑なお味に。 簡単に言うと不味い! 今までの料理の中で見た目は間違いなく1位ですが、味は文句なしの最下位。 いちご自体そんなに好きじゃないから仕方ないね。 さて、これを作るためだけに買った残りのイチゴジャムはどうしましょう? 今回使った材料.

次の