認知 症 が 進む と どうなる。 認知症末期の人には、どう対応すればいいのか。アルツハイマーの対処法を見てみよう!

認知症の進行はどうなってるの?遅らせることはできるの?

認知 症 が 進む と どうなる

認知症について、ネガティブなイメージがありますか? 認知症という言葉が広く知られるようになりました。 ニュースや新聞など、様々なメディアで、この言葉を見ない日はないくらいです。 ただ、その実態についての理解は、まだまだ深まっているとは言えないように思います。 ニュースも、興味をひきつけるために、大げさになる傾向があります。 しかし、認知症に対するネガティブなイメージや、間違った情報をそのまま知識としてしまうのは危険でしょう。 とはいえ、なにごとも正しい理解というのは難しいものです。 少しずつでもよいので、認知症についての偏見をなくし、理解を深めていきましょう。 ところで、認知症は、2025年には700万人を超えると言われています。 誰にとっても、いつかは関係してくる話であり、当然、不安も大きいと思います。 認知症についての理解を深めれば、こうした不安の一部は、きっと解消するはずです(全部ではありませんが)。 認知症とは、いったいなんだろうか? ICD(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)によると、認知症は「 一度正常に達した認知機能が、後天的な脳の障害によって持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態。 通常、慢性あるいは進行性の脳疾患によって生じ、記憶、思考、見当識、理解、計算、学習、言語、判断など多数の高次脳機能の障害からなる症候群」と定義されています(注:筆者が簡略化しています)。 人間は、その成長過程において、日常生活や社会生活を営む上で支障がない程度の、様々な知能を獲得します。 その後、脳に「なんらかの疾患や障害を負う」ことで、そうした日常生活や社会生活を営む上で必要な知能を失ってしまうことがあります。 脳の機能が正常ではなくなることで、せっかく獲得した知能を活かして生活することができなくなる場合があるのです。 認知症とは、こうして正常ではなくなった脳の機能が回復することなく、逆に、悪い方向に慢性的に進行していく状態を指しています。 よく「認知症は病気」という言葉を聞きますが、上記の定義で言うと、これは正確ではありません。 認知症はあくまでも状態であり、その状態になる原因として、なんらかの疾患や障害(病気など)がある、ということなのです。 専門家によって見解は様々ですが、脳の機能が正常ではなくなってしまう原因は、数十種類から百数十種類もあると言われています。 ただ、その中の大多数をアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)がしめているため、認知症=アルツハイマー病というイメージが定着しているのです。 酔っ払うことと、認知症の違いについて考えてみる お酒を飲んで、酔っ払った経験を思い出してみてください。 飲み会の途中までは記憶があったものの、気がついたら、ぐちゃぐちゃに散らかった家で寝ていたということもあるでしょう(ありませんか?)。 このときは、アルコールという原因により、脳の機能(記憶等)が一時的に正常ではない状態になっています。 日常生活も乱れてしまっているため、仮に、これが継続すれば、認知症と診断される可能性もあります。 脳の機能が正常ではなくなる原因は、本当に様々なのです。 ただ、記憶が飛ぶほどに酔っ払うことと認知症が違うのは、前者はこの状態がずっと続くものではないということです。 二日酔いが覚めれば、またもとの日常生活を営めます。 酔っ払って記憶が飛ぶ状態がずっと続くような状態が認知症だとすると、認知症に苦しむ人は、本当に大変な状態にあるということが想像できるでしょう。 アルツハイマー病と診断されたとしても・・・ とにかく、認知症のような状態になる原因は、多岐に渡ります。 たとえ「アルツハイマー型認知症」と診断されていても、別の認知症の原因(疾患)によって、認知症の状態が進んだり強くなることもあります。 よく、介護者(家族)から「急に、認知症が進んだんです」「最近、認知症が進んで・・・」と言われることがあります。 一般的に、アルツハイマー型認知症であれば、その進行は止まりませんが、急激に進むということはあまりありません。 緩やかに進行していくのがアルツハイマー型認知症の特徴だからです。 そうすると、認知症が「急に」進んだ原因が、別にあるかもしれないということです。 思いつくものだけでも(1)脳梗塞などの脳の血管に何らかの病気があった場合(2)ビタミンB12欠乏により栄養素が足りなくなっている場合(3)薬の変更などが有りその副作用の場合(4)脱水症状の場合(5)転倒などで頭を打って脳内に血の塊などが出来てしまっている場合、などなどです。 繰り返しになりますが、突然、脳の機能が正常でなくなる原因は様々です。 ですから、認知症と診断されている高齢者の介護の中で「急に、認知症が進んだ」と感じられることがあれば、できるだけ早いうちに、介護職や医療職に相談してください。 もしかしたら、重篤な病気が隠れているかもしれませんし、症状がおさまることも十分にありえます。 「急に、認知症が進んだ」という感じは、高齢者本人だけでなく、介護をする家族の生活を守るための重要なサインだと思ってください。 , 『ICD-10精神および行動の障害』, 医学書院, 2008年03月•

次の

認知症の一歩手前、「軽度認知障害(MCI)」とは?:一から学ぶ、認知症:日経Gooday(グッデイ)

認知 症 が 進む と どうなる

Contents• 認知症の末期とは 末期において 三大認知症と言われるアルツハイマー型、脳血管型。 レビー小体型、それぞれの認知症も終末期になると、比較的介護は楽になると言われています。 認知症で家族や介助者がもっとも疲弊するのは初期から中期ではないでしょうか? 性格が変化すると言われるアルツハイマー型やレビー小体型を例に取っても、末期は徘徊や暴力などの問題行動も少なくなる方が多いです。 (身体的な衰えや気力がなくなっているので当然と言えば当然ですが) 終末ケア 認知症の末期と言っても大半の方は認知症が原因で無くなるというよりは、体調の変化や持病の悪化で亡くなる方が多いと思います。 その段階での治療は困難なものになるかもしれません。 なぜなら本人は治療と認識していないのですから、抵抗もあり、時には自ら点滴や尿道のカテーテルを抜いてしまうなんて事もあります。 黙って何も話さなくなり、目だけは開け表情の変化も見せずに、家族の面会にも無反応の状態で、ただただ衰弱していく方もいます。 食事も自力摂取が困難になる方も多いです。 日常生活においても異常行動で身体への負担もかかり衰弱していく方も多いです。 そのような状況を目の当たりにし、家族はようやく長い介護生活の終わりを感じ、末期を受け止める時期になるかもしれません。 本人も認知症とはいえ、自分の置かれた状況を感じ取っている方も多いと思います。 認知症の末期の症状 1 食事 認知症の方は食事や水分の摂取が困難になります。 食事へ対する意欲も無くなります。 特に水分摂取が上手くいかなくなります。 自発的に「喉が渇いたから水分を取ろう」と思ってもらう事は期待出来ません。 介助をするにしても、水分を飲むという事は大変な負担ですので避けられる事が多くなります。 また、食事への意欲がある方でも上手く咀嚼と嚥下が出来なくなる場合もあり、誤飲性肺炎などで体調を崩してしまう方もいます。 もちろん喉つまりの危険性も十分にあります。 2 縟瘡 食事量が減り、体力が衰えると、皮膚トラブルが起こりやすくなります。 寝たきりを避ける為にも日中はなるべく椅子に座る時間を多くし、ベッド上でも座位を取ってもらうなど、工夫をしても認知の方は「お尻が痛いから向きを変えよう」と自分で動いてもらう事は期待出来ません。 体力の低下も伴い縟瘡のステージの進行も早く、座位を取るのも困難になってしまう方もいます。 3 寝たきり 認知症の方は睡眠時間が多くなります。 ベッド上にいたとしても、予測不能の行動により知らない間に骨折や身体のどこかに怪我をしてしまう場合もあります。 自ら動いてベッドから転落するケースも考えなければなりません。 脳血管型認知症の場合は身体の硬直が進みますが、意識レベルは比較的保たれます。 しかし、末期はやはり座位を取るのも苦しく傾きが強くなり、ベッド上での生活時間が多くなります。 会話も少なくなり、問題行動も目立たなくなり安定期に入る方もいます。 この段階からターミナルケアを意識した介護が始まることが多いです。 認知症の末期に出来る事 認知症の末期は生活の場を変える事も多いです。 家族がそのまま家庭で介護を継続するか、施設へ移るのか、又は認知症対応型共同生介護(グループホーム)などの施設から他の末期へ適した施設へ移るなど、本人と家族にとって最善の方法を考える時期になります。 1 在宅の場合 訪問介護、訪問看護サービスはもちろんですが、中でも近年は、緊急時訪問看護、特別訪問看護(医師の指示により月14日の訪問看護が受けられる。 容態によっては最大月28日まで延長可) など、在宅でのターミナルケアへ制度も整ってきました。 2 施設への移動 末期の認知症の方は 介護老人保健施設 介護老人福祉施設 介護療養型医療施設(2017年度で廃止) へ移動がメインになると思います。 いずれの施設も在宅生活復帰の場としての役割がありますが、所謂「終の棲家」と呼ばれるようにターミナルケアの場としての側面もあり 認知症のケア、軽減のための訓練というよりは、安息の場になります。 いずれにしても末期の認知症の方へ最善の方法を取れているケースを、私はほとんど見た事がありません。 家庭で過ごされる方にも介助者には仕事があり、施設で過ごされる方にも認知症の方専用に介助者がひとりいるわけでもありません。 現状では、家族にとって最善の方法を考えるのが精いっぱいの状態ではないのか?と私は感じています。 認知症の末期の注意点 1 本人へのケア 排泄、入浴、食事、衣類着脱などの介助や医療的処置へ抵抗を示す事も多くなると思います。 そのような状況では、否定や叱咤激励はあまり効果がありません。 不安がっている方へ、安易に大丈夫と説明をしても逆に「子ども扱いされた」とプライドを傷つけてしまうかもしれません。 認知症の方への適切な距離と接し方が非常に重要になってきます。 それが上手くなされていなければ精神的ケアはおろか身体介助にも入れません。 2 家族へのケア 認知症の末期において、家族の精神状況への配慮は欠かせません。 徘徊や暴力などの問題行動の多かった方の場合は困難な時期を超えて、介助者にとっては安定期にあるかもしれませんが、遠方から駆け付けた疎遠だった家族の方には久しぶりにみる姿にショックを受けるかもしれません。 食事のシーンにしても、エプロンをして汚しながら食べている姿(もちろん自力摂取を尊重するためにやっているのですが)又は胃瘻へチューブから食事摂取している姿。 久しぶりに見る家族にとっては、やはりその変化へショックを受けると思います。 誰が来たのかもわからず会話も成り立たない状況へ困惑するかもしれません。 その過程の中で介助者は利用者へ尊厳をもって接し、家族へ状況の説明をしっかり行う必要があります。 認知症末期の食欲はどうなる? アルツハイマー型認知症末期の食欲 アルツハイマー型認知症はだんだんと脳が萎縮していきます。 問題がなくアルツハイマー型認知症が末期まで進行すると、いわゆる「ぼけ」と言われる症状は落ち着き身体的な異常が顕著になってきます。 体が動かない、喋れない、認識できない、飲み込めないなどです。 食欲の中枢も影響を受けて食欲がなくなるか、苦痛で食べたくなくなるか、いずれにしても食欲は落ちて口から栄養を取ることが難しくなります。 レビー小体型認知症末期の食欲 レビー小体型認知症はパーキンソン様症状と呼ばれるパーキンソン病に似た運動障害が起きます。 レビー招待型認知症末期の食欲の特徴としては運動機能障害のために飲み込めなくなるということがおきやすくなります。 アルツハイマー型との大きな違いとして、その症状が比較的早い段階から見られるようになってきます。 飲み込むのが辛く苦しいとなれば自然と食事を嫌がるようになり、食欲は落ちていきます。 脳血管性認知症末期の食欲 脳血管性認知症は小さな脳梗塞を繰り返していった場合や大きな脳梗塞、脳出血を起こした場合に症状が進行することが多くなります。 この場合血液が行き届かなくなった場所の脳が壊死し、その部分の機能を失っていきます。 食欲に関する部分の機能を失えば食欲がなくなります。 食べる機能に障害を受ければ食べることが難しくなり、苦痛を避けるために食べることを嫌がるようになります。 まとめ 認知症末期の方にも社交性はあります。 言葉にならない声で独り言を続けていたかと思えば、就寝介助を終えて電気を消すと不意に「はい。 ありがとう。 おやすみなさい。 」と言ってくる方もいます。 また、体力が有った頃は気が強く問題行動ばかりで介助者泣かせだった認知症の方も、すっかり角が取れていつも笑顔で、昔を知らない新人の介護職員からは人気者になる様な方もいます。 しかし、その姿は久しぶりに見る家族の方にとっては信じられない悲しい光景になるかもしれません。 認知症とは、本人にとって、介護へ携わる家族にとって、介護へ全く携わっていない家族にとって、それぞれ感じる事が異なり、援助者はその事を理解し様々な配慮が必要になります。 介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス? 会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】 そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します! 空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら! LINEからのご登録はこちら! 関連記事.

次の

認知症の進行はどうなってるの?遅らせることはできるの?

認知 症 が 進む と どうなる

平均6~7年というデータはありますが、個人差が大きいです 認知症介護をする家族が抱える辛さの一つに「先が見えないこと」が挙げられます。 現在のところ、圧倒的に患者数の多いなど大半の認知症は、ある程度進行を遅らせることはできても、治すことはできません。 家族は「認知症でも少しでも長生きしてほしい」という思いで介護に取り組んでいても、症状のコントロールができていたとしても、長い期間続けば心身ともにストレスがたまり、「いったいいつまで介護が続くのだろう」と考えてしまうのはごく自然なことです。 あるいは「長い期間介護をしなければならないなら、とても自宅で看るのは無理だ」と考える人もいるでしょう。 認知症が進行していくスピードは、認知症のタイプや年齢などによって個人差が大きいもの。 公益社団法人「」の調査では、認知症の介護年数は平均で6〜7年となっています。 10年以上という人も3人に1人強ですから、介護する側は初めから長期戦になることを想定して準備を進める必要があります。 そこで、介護する家族は、孤立しないようにすることが大切です。 介護の負担を一人で背負い込まないように、関係者で少しずつ分業すること。 グチを聞いてくれたり、認知症の人に代わってねぎらいの言葉をかけてくれたりする友人を確保しましょう。 自宅で介護する場合は、の介護保険サービスを上手に使って、息抜きの時間を意識的に作り、自らリフレッシュするように心がけてください。 また全国各地の、認知症介護を経験した人たちで作る「認知症の人と家族の会」では、電話相談に応じたり、集まりを開催したりしています。 最近は、など、介護家族が交流する場も増えています。 同じ境遇の人同士でおしゃべりをするだけで、気持ちが楽になることもあります。 各地域のではこうしたさまざまな支援の情報が得られるだけでなく、相談も受け付けています。 行政、医療、介護、経験者、地域の人などに、積極的に助けを求めてください。 また「どうしても最期まで自宅で看なければ」と思い詰めると、介護家族が壊れてしまいがちです。 「やはり自宅で看るのは難しい」と思ったら、施設への入居も考えてみましょう。

次の