精密 機器 と は。 精密機械(セイミツキカイ)とは

【業界研究】精密機器メーカーを分析して、業界研究をしよう!

精密 機器 と は

精密機器業界の特徴とビジネスモデルを理解しよう• 精密機器業界の現状と課題・未来• 精密機器・事務機器業界にはどんな仕事があるのか、職種の情報• 精密機器・事務機器業界に向く人、向かない人はどんな人か• 精密機器・事務機器業界メーカー上位企業の特徴と業績 この記事では 精密機器・事務機器メーカーの仕事の内容、そこで働く人の代表的なモチベーションや「やりがい」、精密機器メーカーに向いている人はどんな人なのか、向いていない人はどういう人なのかを中心に解説しています。 就活初期に、業界を素早く俯瞰して、精密機器業界を志望するかどうかのイメージを固めていきましょう。 開発・設計: 開発・設計業務は機械・電子機器設計、制御設計、ソフト設計に分かれています。 精密機械の機械・電子機器設計は、機械や電子機器の開発や改良を行う際に剛性や熱変異などさまざまな条件を考慮した構造設計を行う仕事です。 CAD(二次元や三次元)を駆使しての図面設計から製図を行い、解析ツールを使用してシミュレーションを行います。 制御設計は電気回路や電子回路、電装盤、シーケンスソフトの開発・改良などを担当します。 ソフト設計は機械の操作性や動作に関わるソフトウェアの開発・改良を行う役割を担います。 実際の機械の開発・設計は3者がお互いに協力・連携して、他部門との調整を図りつつ開発を進めていくことになります。 営業職: 精密機器メーカーの営業は個人、一般家庭向けのBtoC製品の営業と、法人向けのBtoB製品の営業に分かれます。 BtoC商品は家電量販店や卸売企業に対する営業を行い、自社製品の販売を促進します。 法人営業は大企業アカウント等の場合は直接セールスを行う場合と、大手OA機器商社、機械・卸商社、リース会社、中小のOA機器販売会社への営業が中心になります。 新規開拓営業と既存顧客に対する営業を行い自社製品やサービスの販売によって直接的に売上、利益に責任を持つ部門になります。 精密機器の法人営業の場合は文系・理系両方からの採用になります。 また 精密機器メーカーの場合、製造と国内販売を分け、国内販売会社を別会社としている場合が多いです。 例えばキヤノン製品の販売会社はキヤノンマーケティングジャパン、リコー製品の場合はリコージャパン、オリンパスの場合はオリンパスメディカルサイエンス販売株式会社等になります。 志望の際は注意してください。 開発という仕事は誰もやったことがないことを自分自身がカタチにしていくもので、 日々常に新しい技術を開発すべく、様々なことを学習しながら改善していくことが最大の「やりがい」です• 製品が規格・仕様を満たすことはもちろん、 意図した機能が正確に再現されること、操作性、メンテナンス性、コスト面、生産性、安全性、環境対応性等様々な要求を考慮した設計を行う必要があり、プレッシャーがあると同時に「モノづくり」の大きな「やりがい」を」感じることができます• 自分が設計したものが 世の中に出た時の感動は格別なものがあります。 また製品を完成さえるために、 多くの人やチームが関わり、試行錯誤して開発していくところに大きな達成感が生まれます• 自分たちが作った製品が世界で使用され、評価も高いと大きな喜びを感じます• 開発職は自分の学んできた専門分野を活かせる機会が比較的大きい業界だと思います。 その意味で 「好きなこと」が仕事になっている実感はあります• 競合・競争が激しい業界なので、 調査に基づいたマーケティング計画や商品企画、新しい販売方法や広告宣言が機能して、競合のシェアを奪うことができたときは、大きな達成感があります• 実際に 自社商品を使用しているユーザーに出会ったり、使用シーンに遭遇したときは喜びがあり、モチベーションにもつながっています• ユーザーが 自社機器の活用を評価し、満足していただいていることを知ることが「やりがい」に通じています。 またトラブルが発生した時でも迅速に、誠実に対応することで「 信頼してもらっている」と感じることはモチベーションになってます。 海外拠点が多いので、 海外出張する機会や現地法人とやりとりする機会がそれなりにあり、勉強になることが多いことはモチベーションになっています• グローバルに事業を動かしていることが実感できる点が「やりがい」になっています• 「どうしたら求められる性能、品質、コストを実現できるか」を必死になって考え、やり切ったときにようやく実現できるというのが実感です。 まさに 「モノづくり」の面白さはありますし、 関わった部門・スタッフとの人間関係も築くことができます。 上記の例は一部ではありますが、 精密機器メーカーに勤めるモチベーションや醍醐味の代表的なコメントでもあります。 自分にあてはまるかもしれないと思える方は、資質という側面で精密機器メーカーに向く人、向かない人はどんな人なのか、「適性」についてもチェックしてみましょう。 精密機器メーカーに向く人、向かない人はどんな人か ここでは資質や性格という観点を中心に、精密機器メーカーに向いている人、向いていない人を解説します。 機械や工業製品に興味が薄い人、関心が薄い人• モノづくりに対して興味がない人。 薄い人• 新しい技術に特に興味・関心がない人、薄い人。 積極的に情報を収集したり、学んだりする意欲が低い人• 専攻に対して学習意欲が低く、学生時代に専門分野に努力した自覚や実績がない人。 専門知識に自信が持てない人• 新しいものを発見したり、新しい組み合わせを考えることに喜びを感じず、そういう発想をしないタイプ• 何かを創り出す事、作ることに興味が薄い人。 問題意識も薄い人。 新しい発想がなかなかできず、「今のままでいい」と妥協してしまいがちな人• 目標を立てたりすることをあまりしない人。 目標を立てても、達成意識が弱く、途中でやめたり、諦めたりすることが多い人。 粘れない人。 集中力が欠けていて、執着心も弱い人• 主体的に行動できず、常に受け身な性格の人• 計数計算が苦手・嫌いな人。 データを見たり、分析することが好きではない人。 データより感性を重視するタイプの人• 人の話を聞くのが苦手な人、自分勝手な人、表層的な人間関係しか築けないタイプの人• 不真面目な人。 誠実さに欠ける人。 チームワークで仕事をするのが苦手な人。 協調性に欠け、自分勝手な人• 責任感に欠けるタイプ、いい加減で不真面目なタイプ、「適当でもいいや」と思いがちな人、雑な性格の人• グローバルビジネス、海外での仕事に興味がなく、むしろ避けたいと思っている人• 英語や語学に対し興味がなく、チャレンジする気もない人 以上、精密機器メーカーの仕事内容と、そこで働く人のモチベーションや「やりがい」、そして機械メーカーに向く人、向かない人の資質をまとめてみました。 もちろん 個々人は全て違いますし、あくまで公約数的なものでしかありません。 もちろん現在勤めている社員も全部満たしているいないですし、向いていないと思える人でも、入社後の努力と研鑽により、立派に仕事をされている方は沢山いると思います。 どうしても精密機器メーカーに就きたいと考えている方は、 選考までに意識改革もできるでしょう。 日本を代表する重要な産業であり、ビジネスのチャンスは世界に広がっています。 特に理工系学生にとってはチャレンジしがいのある業界であることは間違いないので、ぜひ積極的に研究を深めていってください。 この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

次の

業種別銘柄一覧:精密機器

精密 機器 と は

精密機器業界の仕組みを把握しよう 「精密機器業界」とは一体どのような業界なのでしょうか。 ビジネスモデルや業界構造を解説していきます。 精密機器業界は、あらゆる業界と関連する業界となっています。 自動車や家電、医療機器、航空機、ロボットなど高い技術力が必要とされる業界であれば、精密機器は必ず求められます。 <一般的な精密機器業界の構造> 基本的に精密機器メーカーはありとあらゆる業界向けに製品を作っているため、クライアントの業界は非常に幅広いことが特徴です。 一方で、近年ではクライアント業界ごとに独自の製品を開発していく例が多くなっています。 そのため、精密機器メーカーも社内の体制を顧客の業界ごとにセグメント化している例が増えています。 例えば、「モーター」に特化している大手の「日本電産」の場合、自動車向けのモーターは独自に開発しており、他の家電などのモーターとは区別して研究開発を行なっています。 <精密機器のビジネスモデルの変革> 精密機器メーカーが設計、開発を行い、完成品メーカーへ収めているパターンが一般的となっています。 従来はその精密機器の設計も精密機器メーカーが単独で行っており、研究開発なども自社で行っていました。 そして、生産された部品などは、様々な会社が共通して使っていました。 このような共通の製品を「汎用品」と言います。 汎用品の最大のメリットはコストにあります。 多くの完成品メーカーが同じ汎用品を使うことで量産効果が得られますので、性能の良いものが安くで完成品メーカーは手に入るようになります。 しかし、ものづくりの業界の競争が激化していく中で完成品メーカーは差別化が求められるようになります。 そのため、汎用品では競合企業との差別化がうまくいかないため、少々コストが高くなっても高機能であったり、デザイン性に優れた専用品を作成していくニーズが高まっていきます。 それがまさに、今の精密機器のトレンドとなっています。 実際に現在では、精密機器メーカーと完成品メーカーが共同で研究を行うなどが増えてきています。 しかしこのような場合、完成品メーカー1社でかなりのボリュームの精密機器や部品を購入しないといけなくなるため、このような手法を取れるのは一部の企業のみのとなっています。 そして、その一部の企業が専用設計を行うことで、商品がますます魅力的になり差別化に成功していくのです。 精密機器メーカーの代表的な企業のポイント! 精密機器業界は部品の原価が低いことから、比較的参入障壁が低いとされており、数多くの企業がひしめいています。 しかし、高い技術力が求められる精密機器や安定した生産量が必要な精密機器もあり、ニーズに合う形で製品を供給できる精密機器メーカーは非常に限られています。 以下で、代表的な精密機器メーカーの概要を紹介します。 キーエンス 国内最大手、高年収企業ランキングの最上位企業であるキーエンス。 製品の7割が世界初の技術もしくは世界一の精度を誇る、精密機器メーカーです。 特徴としては、研究開発力と営業力が高いことが有名。 キーエンスとしては対外的には研究開発に力を入れていると説明していますが、外部の証券アナリストなどの専門家からは営業力が評価されています。 村田製作所 京都に本社を置く、精密機器メーカー。 部品メーカーのトップ企業です。 電子部品の中でも最も大きな分野の一つである「コンデンサ」において世界トップシェアの企業となっています。 基本的には個人向けのビジネスは行なっていないものの、知名度向上のため、CMを行うことが増えてきています。 また、海外売上の比率が9割を超えるなど、海外展開に力を入れています。 ニコン 1917年の設立された精密機器メーカー。 デジタルカメラなど個人向けの製品開発も行う会社となっています。 高性能なスマートフォンの台頭によって、デジタルカメラの市場規模は縮小していますが、顕微鏡・医療機械・半導体・計測機器部門は順調に売上を確保しています。 精密機器業界のトレンドのキーワードをチェック それでは、最後に精密機器業界注目のキーワードを解説します。 自動化〜工場の自動化、自動車の自動運転 工場における自動化(FA=ファクトリーオートメーション)や自動車の自動運転が精密機器メーカーの業界でもホットなトレンドとなっています。 自動運転の技術は、精密機器メーカーが研究・開発するセンサーや部品によって左右されます。 自動運転の分野で差別化できるかどうかが、今後の部品メーカーの生き残りにおいて重要とされています。 〜具体例〜 ・自動運転に不可欠とされる、高周波インダクタ(無線通信技術)は国内外問わず、多くの自動車メーカーから採用されている。 (村田製作所 高周波インダクタの事例) ・FAや自動運転などで用いられるカメラ画像認識のセンサー(CMOS センサ)ではソニーのCMOSセンサが世界シェア1位となっている。 (ソニーセミコンダクタソリューションズの事例) ロボット・IoT ロボットやIoT技術への応用は、精密機器メーカーの重要なポイントとなります。 ロボットに用いられるセンサー類や制御する部品の多くは精密機器メーカーが研究開発した製品です。 ロボットやIoTの技術革新のベースが精密機器分野の重要なトレンドとなっています。 〜具体例〜 工場の自動化において必要不可欠な産業用ロボットは日本の精密機器メーカーが世界シェアに上位にランクインしています。 今後も世界的には人口が増加に伴って製品の需要は高まっていき、さらなる効率化を求めて工場の自動化が進められています。 (世界シェア1位安川電機、世界シェア3位ファナック) この他にも新しい技術分野は、その多くが精密機器メーカーによって実現されるものが増えてきています。 まとめ 今回の記事では、精密機器業界の解説を行いました。 各社それぞれのポイントがありますので、それぞれの個別企業の分析もしていますので、どちらの記事もチェックして、業界研究を行なっていきましょう。

次の

【就活の業界研究】:精密機器、事務機器メーカーの仕事、「やりがい」と「適正」をチェックしよう

精密 機器 と は

精密機械(せいみつきかい)とは微細な()で構成されたのこと。 精密機械の定義は曖昧である。 古くは、、など複雑精妙な機械装置全般を指したが、機械装置と電子工学的な装置を融合・発展させる学問・技術分野としては(との合成語)があり、また高度化された精密な電子機器など分野のも精密機械の一種である。 比喩表現 [ ] 人間でも極めて高度で正確な運動能力や処理能力を持つ者を指して「精密機械」と形容する。 野球界の例として、優れた絶妙な投球コントロールを見せる(、、、、など)が精密機械と呼ばれる。 また、高度な技術を見せるなどは、その正確な動作から精密機械に擬えられる。 精密機械工業 [ ] 精密機械を生産する工業を、精密機械工業という。 例えば、自動車、船、電気製品、カメラ・時計など。 精密機械の製造に当たっては高度な加工技術と高質な材料(水質が良い所)を必要とする。 においては、などで盛んである。 においては、周辺の都市で盛んである。 諏訪地方は東洋のスイスとも呼ばれ、次世代産業を支える『供給基地』と位置付けられている。 脚注 [ ].

次の