勝間 和 代。 勝間和代が生産性イノベーションで到達したロジカル家事とは

勝間和代「発達障害でも挫折しなかった」ワケ

勝間 和 代

・世界の一流スポーツ選手に共通する、ある「幸運」とは? ・ビートルズやゲイツ、ジョブズが生まれた本当の理由は? ・「ユダヤ人」「移民」「服飾業」が成功する弁護士の条件だった? ・頻発した大韓航空機事故。 ・アジア人の「数学的才能」は水田から生まれた? アメリカ人気No. 1ビジネス書著者が挑む「新時代の成功論」 勝間和代さん激賞! 「成功の方法・天才になる法則がつかめる本」! 『ティッピング・ポイント』『ブリンク』でお馴染み、 あのマルコム・グラッドウェルの最新刊『アウトライアーズ』が勝間和代さんの翻訳で早くも登場します。 全米では発売3ヵ月で100万部を突破した超ベストセラーを日本屈指のカリスマ経済評論家が丁寧に、わかりやすく翻訳したこの本。 本書には多くのフレームワーク 考え方の枠組み が出てきます。 「アメリカでは知的なビジネス・パーソンは必ずこの本を読んでいる」と言われるほど、ちょっとした社会現象にもなっています。 また同国では、子育てに関心のある、若いお父さん、お母さんにも広く読まれているようです。 アメリカのビジネス・パーソンと接する機会の多い方、自分のお子さんに、より多くの「機会」を与えたい、成長してほしいと考えておいでの方に特に読んでいただきたい本です!! 解説 勝間和代 マルコム・グラッドウェル 1963年イギリス生まれ。 カナダ・トロント大学トリニティカレッジ卒。 『ワシントン・ポスト』紙のビジネス、サイエンス担当記者を経て、現在は雑誌『ニューヨーカー』のスタッフライターとして活躍中。 ある製品やメッセージが突然、爆発的に売れたり広まったりする仕組みを膨大な調査とユニークなフレームワークによって解き明かした最初の著書『ティッピング・ポイント』 邦題『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』 、人間は、長時間考えてたどり着いた結論よりも、最初の直感やひらめきによって、物事の本質を見抜くという仮説を検証した2冊めの著書『ブリンク』 邦題『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 は、いずれも世界で200万部を超える大ベストセラーになっている。 いま世界でもっとも人気のあるビジネス書著者。 ニューヨーク市在住 勝間和代 1968年東京生まれ。 経済評論家、公認会計士。 早稲田大学ファイナンスMBA。 中央大学ビジネススクール客員教授。 慶應義塾大学在学中から監査法人に勤め、アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。 三女の母。 近著に『断る力』『会社に人生を預けるな』『勝間和代 脳力UP』などがある。 ブログ『私的なことがらを記録しよう! 』も日々更新中。 金持ちがもっとも減税の恩恵を受ける。 できのいい生徒ほどほどよい教育を受け、注目を集める。 そして、体格のいい九歳と一〇歳の少年がもっともたくさんの指導を受け、練習する機会を与えられる。 ・調査は、一流の音楽学校に入る実力を持つ学生がトップになれるかなれないかを分けるのは、「熱心に努力するかどうか」によることを示していた。 彼らを分けるのは、ただそれだけ。 さらに重要なことに、頂点に立つ人物は他の人より少しか、ときどき熱心に取り組んできたのではない。 圧倒的にたくさんの努力を重ねている。 ・知能と成功との間には完璧な相関関係があるというにはほど遠い ・実社会で役立つ機知は知識である。 習得すべき技術なのだ ・「世界的な成功を得る」という大それた望みもなしに、まずは世間からよく知られていない分野で努力を重ねた。 そしてあるとき、ドッカーン! とパソコン革命が起き、彼ら(ビル・ジョイやビル・ゲイツ)はすでに一万時間を突破していた。 準備ができていた ・逆境を克服したのではない。 逆境が好機に変わったのだ。 長年、ある技能に磨きをかけてきたところ、それが、とつぜんとてつもなく重要になったというわけだ ・第一のポイントは、フリードマンが勤勉を厭わず、自分の人生に責任を持ち、働きながら大学を卒業したことにある。 だが、第二のさらに重要なポイントは、フリードマンが勤勉を厭わなければ、人生に責任が持て、働きながら大学を卒業できる時代に生まれた点 ・もっとも頭のいい人間が成功するのではない。 成功とはまた、人間が自分のために行う決断や努力の単純な総和でもない。 それはむしろ、贈物である。 ・成功者は歴史と社会、好機と遺産の産物である。 その成功は、異例のものでも謎に満ちたものでもない。 それらは、複雑に編み込まれた、優位性と彼らが受け継いだ遺産から生まれる。 みずから勝ち取った分もあれば、単なる幸運で手に入れた分もある。 つまり、アウトライアーは最初からアウトライアーだったわけではないのだ。 ・本人の努力はもちろん必要だが、「ティッピング・ポイント(臨界点)」が起こるには周囲の力が重要であったように、環境要因が後押ししなければ、なかなか成功することはできない。 ・「長時間にわたってトレーニングを積める機会」こそが「並外れた好機」なのである ・知能は必ずしも成功の要因ではない。 人間とは、周囲の他者の協力を上手に得ることができないかぎり、どんなに高い能力を備えていても、成功はおぼつかない ・成功した一部の人々は、当時うまくいっていた人々の仲間に加われなかった、あるいはあえて加わらなかったからこそ、成功できた。 なぜなら、時代環境が変わる中で、既存の権益がない人間ほど、リスクをとることができたからだ。 個人の偉業を理解するためには、努力や才能などの個人の視点から抜け出して、社会の文化や環境が与える影響を考慮する必要がある。 (遺伝子も環境要因ととらえることができる。 ) 例えば環境要因の具体例として、マタイ効果がある。 マタイ効果とは「成功者には同年代の間で早く生まれた人々に多い」というもので、この効果が働く理由は「累積するアドバンテージ」である。 累積するアドバンテージは、以下のようなストーリーで説明できる。 まず、幼いころはどれだけ成熟しているか?でその能力を判断される。 次に成熟しているものは特進クラスなどに代表されるようなクラブに選抜され、その中で特別な訓練に励む。 そしてさらにその中で、特筆すべき成果を残す人々が選抜され、さらなる訓練を受けて世界最高峰の成果を残すような存在にななる。 このマタイ効果や累積するアドバンテージという考えは、成功者の選別には社会が大きく関与している、という事実を突きつける。 また、成功者はもちろん類まれなる努力をしているが、それ以上に特筆すべき点がある。 それは、類まれなる努力を継続できるような好機に恵まれていたこと、である。 類まれなる努力を約10年、一万時間以上の時間をささげて、やっと一人の人間は天才になれる。 そしてそのための努力をするには、家庭環境や偶然のチャンス、生まれた時代などの要素が関与してくる。 もし継続した努力をしても報われず、生きていけず、大学に進学できないような社会であれば、きっと成功者は生まれなかっただろう。 実際、成功者には1930年代のアメリカで生まれた人物が多い。 さらに、天才の特徴としてIQの高さが挙げられることがあるが、一定以上のIQは意味をなさないことも明らかになっている。 成功のためにはIQのような知識のための知能(分析的知能)ではなく、実生活で対人関係を円滑に行うようにする知能(実践的知能)や、創造性の発揮などの要素が必要不可欠であるからだ。 そして、実践的知能や創造性の発揮は、生まれた家庭でどのような教育を受けたかで左右される。 貧困家庭ではなく、中流家庭以上で生まれて、社会と関わり合いながら積極的な教育を受けた子供は、「自分には主張すべき権利がある」という「権利の意識」を持つようになる。 そして権利の意識こそが、実践的知能をはぐくむ。 そう、つまるところ天才となり得るかどうかは、生まれた家庭環境にも左右されるのだ。 また、文化や主義の違いも累積するアドバンテージとなりうる。 ホフステッドの次元と呼ばれる、異なる文化や社会規範の違いが与える影響や、生まれた文化の中で数字の概念が扱いやすいかどうか、さらに生まれた文化が稲作文化から生まれた勤勉性、などの要素が天才の誕生には大きく関わっている。 ここまでをまとめてみると、生まれた時代、社会、家庭、文化などの外的な要因に左右され、さらにその中で好機を与えられ、その好機を生かしてひたすらに努力できた人々のみが、天才と呼ばれるようになる、ということだ。 しかしこの社会に存在する成功者は、環境が与える影響を考慮せず、ただ自分の努力や勤勉性を前に押し出す。 これが現代社会が抱える問題点である。 ならばこの問題をどのように解決するのか?これがこの本を読んだ人々に与えられる問いである。 そんな事調べなくても当たり前に受け入れてるよってことをしっかりとした数字を根拠に述べてくれています。 ただ、めちゃくちゃ面白かったのは「文化による相違」 なぜ大韓航空で墜落事故が圧倒的に多かったのか・・・それは儒教思想による縦の序列によるコミュニケーションミスから生まれているものだった、という発見を伝えているところでは鳥肌立ちました。 「最初の小さな優位点はなくならない」 「成功者とそうでないものを決めるにあたり私たちつまり社会が大きな影響を及ぼしているという事実を皆見落としている」 「モーツァルトは神童といわれていたが実際に評価される協奏曲を書くようになったのは21歳の時から」 「貧しい家庭の子は権威を前に委縮する。 消極的に反応し引っ込んでしまう」 「貧困家庭の親は自然な成長の結果を待つ戦略傾向にある」 「ユダヤ人の優位点とは実践的な知能であり自分の父親がエプロンを売り歩くのをその目で見て身に着けた機知だった」 「機長自身が操縦桿を握っているときのほうが遥かに墜落事故は起きやすい。 副操縦士が操縦桿を握っているとき機長は示唆をしたりしない。 命令するからだ」 「自分とパイロットの間になんら序列意識を持たない彼らにとってパイロットの緩和された話し方は敬意を払っているという意味ではなく差し迫った問題がない、と捉える」 「数学は能力ではなく態度である。 試みることを厭わなければ数学が得意になる」 「よく考えなければいけないアンケートの回答数と数学のランキング順位は全く同じ」 「貧困家庭の子供は授業のない間は何も学んでいない。 その学び方の差が大きな差となる。 」 そして、結局のところ 「ガッツのあるものが勝つ」 といわれているようで励みになりましたね。

次の

勝間和代さん 女性パートナーと破局「涙が止まらない」 「次の恋愛も…」前向き心境も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

勝間 和 代

Contents• facebook. com) 勝間和代さんには過去に二度の結婚歴を持っていて 3 人の子供 娘 がいます。 最初の夫は大学時代に付き合って出来婚した相手です。 慶應義塾大学出身の勝間和代さんに対して、元旦那は東京大学を中退したそうです。 離婚の理由は「旦那が黙って貯金を使い果たした」からといわれています。 二度目の結婚は一年ぐらいで離婚しています。 3 人の子供の父親は最初の夫です。 勝間和代さんは今回、両性愛者である事をカミングアウトする上で、家族にも相談したそうです。 3 人の娘さんに相談した上で、最終的に母親の勝間和代さんが笑顔で幸せでいるならば、それがいいと賛成してくれたそうです。 心無い言葉をかける人がいない事を願うばかりですね。 勝間和代の娘の名前は『文香』?大学を調査! 2度の結婚歴がある勝間和代さんには、文香さんという名前の娘がいるようですが、真相は謎のままです。 勝間和代さんの生年月日は1968年の12月14日ですから、今年で50歳です。 学生結婚して21歳の時に産んだので 2018 年現在、長女28歳次女23歳三女18歳となりますね。 長女 文香さん? は大学生ではなさそうな年齢ですが、あとの二人は大学に通っている可能性ありですね。 長女 文香さん? のブログは残念ながら、今は閉鎖されて見れませんが、自分の心の闇や家庭について書いていたそうです。 どうも、勝間和代さんと長女 文香さん? との折り合いが悪いようです。 長女 文香さん? のブログには勝間さんに対する嫌悪感があふれる文面が綴られていたようです。 「お母さんと下の妹と近所の神社に初詣に行った。 母さんが肩に触れてきたのを、なんとなく身をよじったら、お母さんに泣かれた。 」しかも、このことを記者に言われた勝間和代さんは、号泣したようです。 長女 文香さん? は、ブログを書いたあと母親の元を離れ、一人暮らしを始めますが、 3 か月ほどして父親の元に身を寄せています。 最初の旦那さんとの結婚生活は旦那さんがお金を勝手に使い込んでしまい、離婚したと勝間さんはテレビでも答えていますが、これは実際のところの理由は、二人にしかわからないですよね。 かなり前に勝間さんの長女のブログが、女性週刊誌に引用されて、その心の闇や崩壊した家庭についていろいろと言われていました。 ブログは現在閉鎖されていますが、著名な母親を持ったために、かまわれずに育てられ心に大きな傷ができてしまっているようですね。 勝間さんは現在は三人の娘さんのうち一番下の娘さん生活と一緒に生活しているそうです。 yahoo. jp) さて、禁断の ? 愛お相手の増原裕子さんは、「株式会社トロワ・クルール」の代表取締役です。 LGBT に関する情報を発信する企業の代表である増原さん自身も LGBT であり、過去には元タカラジェンヌの東小雪さんと事実上の婚姻関係にありました。 お奇麗な方ですね。 同性同士の結婚が認められていない日本ですが、増原裕子さんと東小雪さんは渋谷でパートナーシップ証明書の第 1 号となり、同性婚の可能性について大きな話題を提供しました。 現在の東さんとはビジネスパートナーという関係を続ける増原さんですが、新たなパートナーの存在が発覚したのが、勝間さんという訳です。 同性愛であれ異性愛であれ、途切れない人は途切れないのですね~勝間和代さんと増原裕子さんの馴れ初めやきっかけについては、友人がフェイスブックにあげた写真に、増原さんが写っているのを見つけ、勝間和代さんはこの人知ってる、高校の後輩だよ、と何の気なしに書き込みその友人のつてで、勝間さんは増原さんと知り合いになったそうです。 偶然ですよね。 『LGBT』の由来は? LGBTというのは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字が組み合わさった用語で、性的マイノリティーを指します。 近年は世界中でLGBTの権利を求めたり、多様性を受け入れようとする動きが広がっていす。 世界に目を向けますと、イギリスのミュージシャンのエルトン・ジョンさんは、2014年に男性映画監督と結婚しました。 ハリウッド女優のジョディ・フォスターさんも、2014年に女性写真家と入籍しています。 一方日本では、2015年11月に渋谷区と世田谷区で同性パートナーシップ制度が始まり、三重県伊賀市や北海道札幌市、沖縄県那覇市などにも拡大して、現在では全国で130組を超えるカップルがパートナーとなっています。 そして日本人のLGBTの割合は約8%、13人に1人とされています。 決して少ない訳ではないのですね。 勝間和代と増原裕子は高校の先輩後輩 増原さんにとって勝間さんは、働き方について学んできた尊敬の対象。 勝間さんの著書なども読んでるそうです。 元パートナーの東さんと一緒に勝間さんの家の食事会に招待され、勝間さんが運営のサロン「勝間塾」にも参加するようになったそうです。 実は、2度の結婚歴のある勝間さんにとっては、興味はあったもののほとんど知らなかった LGBT の世界。 増原さんに誘われ、日本最大の LGBT イベント「東京レインボープライド」の見学をいっしょにしました。 「東京レインボープライド」は、 LGBT のその存在を理解し支え合う仲間たちが集う祭典で、渋谷の街を行進するパレードにも参加し、2度の結婚歴ある勝馬さん、多様性の素晴らしさを訴える列に加わったそうです。 「綺麗な女性だと思っていた」隣にいた世田谷区議の上川あやさんから「もともとは男性だった」と言われて驚いたり、実際パレードに参加した勝間さんは「日本も随分変わったと、驚きました。 開放的で、みんな、楽しそうで」と、コメントしてました。 勝間さんは、最初は、 LGBT に興味があることを隠さないといけない、と思っていた思いが増原さんに出会った事で、少しづつ変わっていったそうです。 そして、勝間塾でも LGBT に関するセミナーを開くと、メンバーの中から「実は私も」とカミングアウトする人が出てきたりしました。 勝間さんはついに増原さんに自分の気持ちを打ち明けたそうです。 そして 2 人は一緒に暮らし始め、家事の分担をしているそうです。 LGBTへの家族の理解は? 増原さんと一緒に暮らし始める際、同居中の三女には話さないと物理的にも一緒に住めず、ほかの2人娘たちも度々家に来るので、伝えないという選択肢はなかったと、勝間さんは話しています。 勝間さんは家族に受け入れられた訳ですが、LGBTにとってそれは簡単なことではありません。 博報堂DYグループである「LGBT総合研究所」の2017年2月の調査によりますと、仕事や生活に支障がないのならばLGBTをカミングアウトしたいと考える人は41. 5%いるのに対し、家族に打ち明けられた人は約10%しかいないという結果があります。 友人へのカミングアウト(13%)より少ないことを考えると、「家族の理解」はハードルが高いといえますね。 今後のLGBTを考える課題の1つとなりそうです。 2019年に破局 増原裕子さんは2019年11月11日、自身のSNS上で勝間和代さんとのパートナーシップを解消したことを報告しました。 そこでは『原因は自分にある事』『夏の選挙後に別の人と生きていきたいと思うようになった事』から、勝間さんに別れを切り出したとコメントてしいます。 その上で『大切な相手を傷つけてしまった』『添い遂げられなかったのは私の未熟さ』と綴りました。 増原さんは2019年7月の参院選に立憲民主党京都選挙区から立候補しましたが、落選しています。 com) 勝間和代さんは1968 年東京生まれ、経済評論家・公認会計士です。 早稲田大学ファイナンス MBA 、慶応大学商学部を卒業、現在早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程在学中。 当時としては最年少の 19 歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。 アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、 JP モルガンを経て独立します。 内閣府男女共同参画会議議員であり、。 ウォール・ストリート・ジャーナルの「世界の最も注目すべき女性 50 人」に選ばれました。 エイボン女性大賞を史上最年少で受賞、第一回ベストマザー賞(経済部門)を受賞しています。 2度の結婚歴を凌駕するほどの、すごい経歴です!テレビでの歯切れのいい説明もうなずけますよね。 勝間和代と断捨離・節約術、発達障害 ADHD の関係は? 勝間和代さんは、毎日2、3時間断捨離して家の中を綺麗に保っているそうです。 また、電気代の節約に『冷風扇』がオススメだそうで、クーラーと違い自分の場所だけを冷やすので、電気代が1ヶ月300円程度、本体の値段もエアコンの10分の1らしいです! また勝間和代さんは、自分がADHDであることを告白しています。 とにかく忘れ物がひどいそうで、家の鍵や財布、保険証もなくします。 同窓会の打ち合わせを忘れていて、友人たちから鬼メールが届いたり、予約したネイルに行くことさえ忘れたりしてしまうそう。 しかしこういった事は、自分の障害をうまく受け入れ、事前に対処するなどの工夫で、乗り越えていっているようです。

次の

勝間和代の結婚歴は?娘・文香の大学を調査!

勝間 和 代

君は、脱パソコンできるか? タブレット端末の登場以来、たびたび話題となるのが「 タブレットでパソコンがいらなくなる?」という問い。 数々のガジェット猛者たちが挑戦しては挫折して行った道ではありますが、徐々にタブレットの高性能化やアプリの充実によって現実味を増してきています。 Photo: 照沼健太 そんなある日、ギズ編集部の吉岡が衝撃の情報を発見。 Source:勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ 見つけたのは、かの 勝間和代さんのブログに掲載された「」というエントリ。 経済評論家にしてワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上についても情報発信を行っている勝間和代さんが、 脱パソコンしたというのです。 しかも Android2台とKindle1台でトリプルディスプレイ環境を構築しているのだとか。 Photo: 照沼健太 「パソコンをやめて、タブレット3台? どういうこと?」 ガジェットと同じくらい、その活用術に興味があるギズとしては、これはぜひインタビューしなければと、勝間さんにお話を伺いに行きました! 勝間和代さんが脱パソコンをした理由「キーボードを使いたくない」!? Photo: 照沼健太 快適な仕事環境を求めて日々アップデートを繰り返している勝間和代さんだけあり、なんと取材当日はすでにシステム構成が変わっていました! 最新のシステムは、約10. 8インチの「」、約8. 4インチの「」。 という、タブレット2台+スマートフォン1台という合計3台体制に。 ずっとパソコンの音声入力ソフトを使ってきたのですが、あるときからiOSやAndroidの音声入力の方がはるかに優秀になったんです。 しばらくはiOSやAndroidで音声入力してWindowsにテキストデータを飛ばしていたんですけど、そのうちiOSやAndroidで完結した方が速いと気づいたんです。 コントロールキーやシフトキーの押しすぎですよね。 今も病院に通っているのですが、そうした理由からキーボードを使うと指が疲れてしまうので、音声入力を始めました。 勝間:そうです。 初めはSiriの音声入力が便利だと感じてiOSで使っていたんですけど、音声入力をWindowsに飛ばすアプリがバージョンアップしてからキー入力の動作が増えてしまい、Android版に乗り換えました。 そこから「Androidで入力ソフトを使うならSimeji」が良いということを教えてもらって今に至ります。 ずっとiOSを使っていたので一週間くらいは戸惑いましたけど、すぐに慣れましたね。 そこでAndroidが良いと気づき、最新機種に乗り換えました。 勝間:これは私の持論なんですけど、一社で作っているものと何十社が競争して作っているものでは後者が勝つに決まっているんですよ。 だから「もう追いついて、追い越したんだな」と感じました。 開発のスピード感が違いますよね。 トリプルレンズを搭載した「HUAWEI Mate 20 Pro」なんてまさにそんな製品じゃないですか。 勝間:やはり巨大なシェアを持つ企業になってしまうと、みんなが使っているので大衆に配慮しないといけなくなるので、リスクが取れなくなるんだと思います。 シェア1位じゃないからこそできることは結構あるんだなと感じますね。 20万円のパソコンよりも、5万円のAndroidの方が速い。 Photo: 照沼健太 こちらがインタビュー後に勝間さんのご自宅で見せてもらった、2月中旬現在のセットアップ。 左からスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」、そして「HUAWEI MediaPad M5 Pro」「HUAWEI MediaPad M5 8. 4」と続きます。 一度は脱パソコンした勝間さんですが、キーボードが必要な作業はどうしても存在するとのことで、やはりラップトップPCも横に設置することに。 パソコンで行うのはMP3タグの編集やエクセル作業で「Androidでもできないことはないけど、無理してAndroidで完結する必要はないと思いました」とのこと。 やはり完全な脱パソコンはまだ難しいようですが、それでもあくまでサブ的役割にまでPCの出番は減ったそうです。 8インチの「HUAWEI MediaPad M5 Pro」は、画面が大きく前後の文章が確認しやすいので文書を書く時、そしてブラウジングに使っています。 右側の「HUAWEI MediaPad M5 8. 4」は、Spotifyの再生用やネットに繋がっている自宅のAV機器を操作するリモコンとして使っています。 左側のスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」はLINEとインスタ専用ですね。 外出するときは小さい端末の方がいいので、格安SIMを入れた「HUAWEI MediaPad M5 8. 4」を持ち出すようにしています。 勝間: 単純にタブレットの方が速いんですよ。 しかもOSが軽いですからね。 同じことをやらせようとして久しぶりにパソコンを立ち上げると、ノロノロと起動し、ブラウザ上でいろんなサービスが動くわけですけど、まあAndroidのネイティブアプリ使った方が速いに決まってるんですよ。 勝間:変わりました。 用途にもよりますが、12万円くらいのノートパソコンを買ってしばらく使うくらいなら、4万円のタブレットを3回買い換えていった方が良いと思いますね。 タブレットの場合はアプリ次第で何にでもなるから、古くなっても使えますし。 これらのタブレットは1台使って調子が良かったので、それぞれ3台ずつ揃えました。 勝間:自宅の各部屋に置いているんですよ(笑) 勝間和代さんが追い求める「スピード」を今実現するなら、Androidタブレット複数使い Photo: 照沼健太 今回勝間さんにお話を伺って印象的だったのは、音声入力アプリを軸とした乗り換えに始まり、とにかく「スピード」を重視しているということ。 それは利用スタイルでも一貫していて、タブレットを持ち歩くときも開ける手間がかかるのでカバーはつけない、そして画面ロック解除の手間も省略するためオプションで特定の条件でロックをスキップできるように設定していると教えてくれました。 そんな勝間さんが今選ぶのはAndroidタブレットであるということは、ごく自然な流れなのかもしれません。 Photo: 照沼健太 早速影響を受けた編集部吉岡は、勝間さんがタブレットを選ぶ基準である「Androidとネイティブアプリを高速に動かせるCPU」「美しい画面」の2点を考慮し「」を選ぶことに。 約10. 1インチ 1920 x 1200 ディスプレイ、そしてオクタコアの高速CPUを搭載し、カバーとペンまで付属して3万円台後半で購入できる、コストパーフォマンスに優れたタブレットです。 世界的なオーディオブランドであるハーマンカードンがチューニングを施したクアッドスピーカーを搭載しているのも、音楽好きな吉岡としては嬉しいところ。 急速充電と大容量7500 mAhバッテリーとの組み合わせにより、自宅はもちろんのこと旅行先でも、気軽にハイクオリティーな視聴環境を構築できます。 Photo: 照沼健太 「これで僕も勝間さんみたいに仕事をこなせるようになりますかね?」 付属スタイラスペンHUAWEI M-Pen liteは2048段階もの筆圧感知にも対応。 取材やミーティング時の手書きメモ、PDFへの直接書き込みまでスラスラとこなせます。 そう、オクタコアの3台のタブレットを使えば、3つの記事を同時に編集することだって… Photo: 照沼健太 「できるはずです!」 Photo: 照沼健太 さながら2台のターンテーブルと1台のミキサーを操っていくDJのように…! Photo: 照沼健太 「できるはずです!」 Source:• Tags :•

次の