犬 ペロペロ 止まら ない。 犬が舌を出す理由!ちょっと出す、出っぱなし、震えたり息が荒いのは?

止まらないペロペロ…「柴犬ヨーグルト部」みなさんの活動風景。

犬 ペロペロ 止まら ない

体温調節(パンティング)のため 【息が荒い】• リラックス、期待、興奮/不安な気持ち 【息が荒い、ちょっとだけ舌を出す場合アリ】• 心臓病、肺疾患などの病気 【息が荒い、震える場合アリ】• 苦痛を感じている 【息が荒い、震える場合アリ】• 不安や恐怖などのストレスを感じている 【息が荒い、震える場合アリ】• 短頭種だから 【ちょっとだけ舌を出す、出っぱなしの場合アリ】• 歯並び、噛み合わせ、抜歯の影響 【ちょっとだけ舌を出す、出っぱなしの場合アリ】 それでは詳しく解説します。 体温調節(パンティング)のため【息が荒い】 犬は暑いときや激しい運動の後に、 舌を出してハァハァと荒い息づかいをすることがあります。 舌を出してハァハァとあえぐのは体温を調整するための動作で 「パンティング」といいます。 犬には体温調整するための汗線が肉球や鼻などにしかないので(人間には全身にある)、犬は体温調整することが苦手です。 もし激しい運動をしていないにもかかわらずパンティングをしているときは、犬が暑がっているかもしれないので、温度・湿度調整をしてあげましょう。 (熱中症に注意!) 暑さに弱くパンティングしやすい犬種• 短頭種 (パグ、フレンチブルドッグ、シーズー、ボストンテリア、ボクサー、チャウチャウ、イングリッシュブルドッグ、 狆、ペキニーズ、ブリュッセルグリフォン、キングチャールズスパニエル、チワワ、ヨークシャーテリア、マルチーズ、キャバリアなど)• 寒い国が原産の犬種 (アラスカンマラミュート、オールドイングリッシュシープドッグ、グレートピレニーズ、サモエド、シベリアンハスキーなど)• 大型犬 (ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバーなど) 短頭種とよばれるいわゆる「鼻ぺちゃ犬」は、特に熱中症に注意が必要です。 というのも、短頭種はマズル(口から鼻先にかけての部分)が短いので、マズルの中で空気を十分に冷却できず暑い空気がそのまま体内に入ってくるなどの理由で体温調節が苦手だからです。 寒い国が原産の犬は寒さに耐えられるように、豊富な被毛に覆われている反面暑さに弱いです。 スポンサーリンク 3. 心臓病、肺疾患などの病気【息が荒い、震える場合アリ】 基本的に、健康な犬が舌を出してハァハァとあえぐ(パンティング)のは、気温が高いとき、運動したとき、興奮したときに体温調節をするためです。 しかし、犬は 心臓病や肺疾患などの病気の場合も、舌を出してハァハァとあえぐことがあります。 (異常なパンティング) 以下は、異常なパンティングの原因となる主な病気や体調不良です。 心臓疾患、肺疾患• 喉頭麻痺• クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)• ステロイドの副作用 基本的にこれらに共通するのは、体内の酸素が欠乏するために酸素を補おうとして呼吸が早くなるという点です。 こういった異常なパンティング(病気や体調不良)の見分け方は次のとおりです。 気温が特に高いわけでもなく、運動も興奮もしていないのにハァハァと息が荒い• ハァハァが全然治まらない• 普段するハアハアよりも早く激しく苦しそう(健康な犬の呼吸は1分間で15~30回)• ハアハア音にこすれるような雑音が混ざっている• ハアハアと一緒に震えている• 舌の色が紫色または白っぽい(ピンク色が正常) このような症状がみられたら、ためらわず獣医師に相談しましょう。 スポンサーリンク 4. 苦痛を感じている【息が荒い、震える場合アリ】 犬は 痛みや不快感を感じているときに、舌を出してハァハァとあえぐをすることがあります。 (異常なパンティング) このような異常なパンティングをしているときは、次のような症状がみられることがあります。 震えている• 息が荒く苦しそう• 落ち着きがない• クンクンなどの鳴き声を出す• 不自然な体勢をしている• いつもと違って遊びの誘いに乗ってこない• 食欲がない このような症状がみられたら、犬が ケガをしていないか、注意深く体を触るなどして体をチェックしてあげてください。 ケガでなくとも、 何らかの痛みを伴う病気にかかっている可能性もあります。 何の原因も見当たらないのにパンティングが続くようなら、獣医師に相談してください。 不安や恐怖などのストレスを感じている【息が荒い、震える場合アリ】 犬は、 不安や恐怖などの強いストレスを感じたり 分離不安症(飼い主に依存しすぎてなる心の病気)になったりすると、舌を出してハァハァとあえぐ(異常なパンティング)をすることがあります。 こういった「ストレス・心の病気」が原因の異常なパンティングの見分け方は次のとおりです。 ずっと鳴き続ける• 震えている• 尻尾を下げて丸める• 耳を垂らす• 体を小さくかがめる• 下痢や嘔吐をする• 食欲がない• いつもと違う場所でおしっこやウンチをしています• 物を壊す パンティングと同時にこのようなことがみられたら、 犬が強いストレスを受けていないか見直してみましょう。 分離不安症の治療には、「行動療法」や「動物行動学」に力を入れている獣医師やドッグトレーナーの手を借りることが解決の早道です。 短頭種だから【ちょっとだけ舌を出す、出っぱなしの場合アリ】 あなたのワンちゃんは、パグやフレンチブルドッグなどの 短頭種(いわゆる鼻ペチャ犬)ではないですか? 短頭種の犬は、マズル(口から鼻先にかけての部分)が短く口の中も小さいため、舌を収めることができずに舌がちょっと出てしまい、舌が出しっぱなしになることもあります。 犬が ちょっとだけ舌を出している、出っぱなしなのは、「歯並びや噛み合わせ」のせいかもしれません。 歯の影響で舌が出やすくなる原因は、おもに次のとおりです。 歯並びが悪い• 噛み合わせが悪い(不正咬合)• 歯周病治療などで抜歯をした ちなみに、下顎の犬歯を抜歯すると舌が出っぱなしになることが多いですが、抜歯後の処置で舌が出ないようにできます。 一般的に歯周病などで下顎の犬歯を抜歯する場合、舌が変位・下垂して出っぱなしになることが多いです。 これは獣医学的にも、仕方のないこととされていますが、少しの工夫でこれは避けることができます。 抜歯した付近の口腔粘膜を切開・整形・縫合することで、元通りの外観を保つことができます。 出典:.

次の

トイプードルのペロペロが止まらない件について

犬 ペロペロ 止まら ない

犬は舐めることでしかごまかせないので、その技を最大限駆使しているわけです。 美味しそうな匂いがする 人間が何かを食べた後、 その口の周りに付いている匂いに反応してペロペロしてくることも多いです。 何せ犬は、ニオイにかなり敏感ですから。 特に伝えたい気持ちなどはなく、 これに関してはただ本能で動いているだけですね^^; やめて欲しい 子犬の頃は、何かをやめて欲しい時には甘噛みをすることが多いです。 しかし正しくしつけをしていれば、成犬になる頃には「人間を噛むのは良くない事」と理解しているので、 噛む代わりに舐めることで 「それやめて!」とアピールします。 歯磨きや ブラッシングが嫌いなワンちゃんは、飼い主の手を舐めて「もうやめて!」とお願いしてくるわけです。 いつもと違う忙(せわ)しない舐め方をしているような時は、特にその可能性が高いですね。 注意を引きたい 飼い主がテレビや本などに夢中になって犬を放って置くと、 遊んで~!かまって~! という意味を込めてペロペロしてきます。 かわいいので、そこでつい相手をすることが多いですよね? すると、 犬としてはそれが成功体験としてインプットされ、遊んで欲しい時にはさらにしつこいペロペロが発動したりもします^^; 不安や体調不良 お腹の調子が悪かったり、胃がムカムカしてたり、不安な環境だったりすると、 飼い主さんを舐めて落ち着こうとします。 犬にとって、飼い主は安心の対象。 そんな飼い主をペロペロすることで、自然と心が落ち着き、不快な症状も緩和されやすくなります。 人間の子供が「痛いの痛いの飛んでけ~」とされると気が紛れるのと同じですね。 不安を和らげるためのペロペロは特に心配することもありませんし、犬ならばしょっちゅうやること。 しかし、 苦しそうなのにしつこくペロペロしている場合は要注意。 何らかの体調不良を抱えているかもしれません。 それが何なのかを確かめようとしているわけですね。 犬は、 わからないことや興味があることに対して、口を使って確かめることが多いので。 眠い時 服や毛布などのフワフワしたものを舐める時は、大抵眠い時です。 柔らかいものを舐めて安心しようとしているのでしょう。 人間も、柔らかいものってなんだかホッとしますもんね。 舐めないまでも^^; 特に犬の場合は、子犬の頃に母犬のおっぱいを飲んでいた頃の記憶があるのかもしれません。 おっぱいを飲む時、母犬の毛が顔に当たりますよね。 服や毛布を舐めると、母犬の毛のフワフワとした感触を思い出すことができて安心するのではないかと考えられます。 人間の食べこぼしやエサの香りなどが付いていれば別ですが、 通常は、何もない床や柵をペロペロと舐め続けることは考えにくいです。 こういう行動が目に付いた場合は、 後述する 「しつこくペロペロと舐め続けるのをやめさせる方法」を実践してください。 犬が自分の体を舐める時 落ち着こうとしている ストレスを感じていたり、不安な環境にいる時に、 不安な気持ちを落ち着かせようと自分の体を舐めることがあります。 幼い頃、母犬に舐められて安心した記憶が蘇ってくるのでしょう。 また、自分だけでなく相手を落ち着かせるためにペロペロと舐めることもあります。 例えば、赤ちゃんが泣いている時や、興奮している犬を落ち着かせようとしたりする時など。 毛づくろい 動物全般に見られる行為ですね。 自分の体を舐めて綺麗にしようとする行為です。 当然ですが、毛づくろい目的であれば何も問題はありません。 しかし、 通常の毛づくろいならば執拗に自分の体を舐めたりはしません。 あまりにしつこく舐めるようならば、それはただの毛づくろいではないと考えるべきでしょう。 皮膚に問題がある 通常の毛づくろいではない場合、異常なまでにしつこく自分の体をペロペロと舐め続けることがあります。 何かしらの理由で皮膚病を発症したのか、ストレスなどで舐めすぎて皮膚が荒れたのか。 それは分かりませんが、とにかく皮膚自体に問題が生じている可能性があります。 しつこいペロペロをやめさせる方法 愛犬による可愛いペロペロですが、短時間ならば通常の行為とはいえ、あまりにしつこいとちょっと困ってしまいますよね。 甘え癖が付いてしまい何かと支障が出る場合がありますし、やめて欲しい時にペロペロが延々と止まらないというのも厳しいものがあります。 「最近全然遊んでなかった」・「犬に持病がある」など、理由がはっきり分かっている場合は、その問題を解決するよう動けばいいだけです。 しかし、 特に理由も分からないのに長時間何かを舐め続けるような場合は、やめさせるようにしつけるべきです。 淡々とコマンドを出す 普段のしつけで、落ち着かせるためのコマンドをいくつか教えていると思います。 「おすわり」・「待て」など。 そういったコマンドを 無表情で淡々と出し続けることで、 こういう時に舐めるのをやめれば褒められるんだ! と理解するようになります。 もちろんすぐに出来るようにはならないかもしれませんが、根気よく続けることで段々理解してくれるはずです。 なおこの際に、 決して大声で叱るように言わないでください。 飼い主の手や顔を舐める時の多くは、ただの愛情表現だったりするわけですから、それに対して怒るのはおかしいです。 無表情で無視 普段のしつけでも、悪い事をしたら一旦ケージに連れて行ってしばらく無視をしたりしますよね? これを繰り返すことで、やってはいけないことを理解させるわけです。 無視は、犬にとってかなりきつい罰。 叱られるのと同じか、下手したらそれ以上に。 なので、どれだけ舐められても一切反応せず、目も合わせず、ひたすら無視を続ければ、大抵の犬は心が折れます。 可愛い愛犬の心を折るのは可哀そうですが、 その先の生活のことを考えると「しつこいペロペロはよくないこと」と早めに理解させる方が ワンちゃんにとっても幸せです。 なお、無視の結果一旦ワンちゃんが落ち着いたら、褒めるのを忘れずに。 どんなしつけもそうですが、 「できたら褒める」は基本です。 一旦遊んであげる これは、 犬が自分の体を執拗に舐めている場合限定です。 皮膚病ならば、目視で確認すればある程度判断できると思います。 明らかな異常があれば、すぐに獣医師に診せてください。 しかし皮膚に異常がない場合は、強いストレスを感じている可能性があります。 飼い主に遊んでもらえない、散歩に連れて行ってもらえていない、など。 ワンちゃんからのこうしたサインを感じた時は、出来る限り一緒に遊んであげるようにしてください。 日々の生活で大変な部分もあるかもしれませんが、 かけがえのない愛犬のためなので。 獣医師に相談する 上記のような しつこいペロペロをやめさせるための行動を数か月繰り返しても改善しないようならば、 最終手段として、獣医師に相談に行ってみてください。 皮膚病など身体的な病気がある場合は、どんなにしつけても意味がありませんので。 心の問題の場合でも、獣医師ならばヒアリングからそれを見抜いて指摘してくれることもあるはずです。 口の周りを舐めさせる場合は要注意 濃厚接触は極力控える 可愛い愛犬の可愛いペロペロ。 できれば、全力で受け止めてあげたいところですが・・・ どんなに可愛くても、 犬は人間とは別の生き物。 やはり、最低限気を付けるべきことがあります。 それは、 口を舐めさせるのはできるだけ避けるということ。 場合によっては、 犬が持っている菌に感染してしまうことがあります。 この菌は犬にとっては常在菌で、何か症状を起こすことはほぼありません。 パスツレラ症の症状は 風邪のようなもので、「のどの痛み」・「咳」・「鼻水」などがメイン。 なお、噛まれて発症した場合は、患部が赤く腫れることもあります。 過度の心配は無用 ただ、前述の通り 健康な人ならば発症することはありませんし、仮に発症したとしても重症化することはあまり多くありません。 だからと言って警戒しなくていいわけではありませんが、過度に心配する必要はないでしょう。 犬とのスキンシップも、ワンちゃんと生活する上での大きな楽しみなわけですし。 ただし、念のため口の周りをしつこくペロペロさせたり、ましてや口移しでご飯をあげたりするのは避けましょう。 気付かないうちに免疫が低下していることもあるでしょうし。 ペロペロされるとしても、顎(あご)や頬(ほほ)くらいまでにしておくべきです。 ・・・とわかっていつつも、つい口周りを舐めさせてしまうこともある僕ですが^^;.

次の

止まらないペロペロ…「柴犬ヨーグルト部」みなさんの活動風景。

犬 ペロペロ 止まら ない

起床時• 就寝時• 仕事中• ポメラニアン達と一緒に遊んでいる時 この他にも、スマホをいじっている時や書物を読んでいる時、ゴロゴロとしている時など、私が〝何かしらの物事に夢中になっている〝時にペロペロと私の口の周りや鼻を舐めてくる事が多い様に感じます。 つまり、何かしらの物事に飼い主が夢中になっている時のペロペロ攻撃は、犬の『僕達と遊んでよ!!』と言った訴えたい表現として捉えるべきでしょうね。 また、飼い主が食事をした後に犬が私達の口の周りを舐めてくる止まらないペロペロは、『なんかこの辺り(口の周り)から、いい匂いがする』といった理由から、私達の口の周りを舐めてくる様に感じます。 この他にも犬が飼い主をペロペロと舐める理由には、以下の様な捉え方があります。 飼い主がイライラしている時• 『僕は敵じゃないよ?落ち着いて・・・』といった、飼い主を落ち着かせる為• 敵対する意思がない表現とも言われていますね• 犬に対して『コレはダメだよ』と何か言い聞かせた時(怒った時)• 『ごめんね』といった、許して欲しい為• 散歩に連れて行って欲しい時• 『早くお散歩に行こうよ〜!』といった欲求の為• ただただ、ペロペロと舐めている時• 『大好きだよ!』といった、愛情表現を表す為• 犬が辛い、しんどいと感じる時• 『痛いよ、苦しいよ・・・』といった、助けを求めている為• お腹が空いた時• 『ご飯を寄越せー!お腹減ったー!』といった、欲求の為• 抱っこして欲しい時• 『そろそろ僕を抱っこしたいんじゃない?』といった、甘えの為 この様に犬がペロペロし続けるのには、ちゃんとした理由があり、飼い主の顔などを舐めるのは愛情表現意外にも様々な理由があります。 犬がペロペロと舐めてくる際に、尻尾や表情なども合わせて確認していると『犬が何を伝えようとしているのか?』を、より一層判断できる様になりますね。 また犬個々の性格によって、ペロペロと舐める理由や、尻尾と表情の組み合わせから導き出される、犬が伝えたい〝意思〝が多少異なります。 その為、日頃から犬とのコミュニケーションを取り『犬が私達に何を伝えたいのか?』を判断できる様に、その子独自の性格や行動を把握できる様になっておくと良いですね。 ポメラニアン達が止まらない!口の周りや鼻をペロペロし続ける!? ポメラニアン達のペロペロ攻撃でダメージを受ける飼い主 ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に顔を舐められるのは、至福のひと時でもあるのですが、油断すると苦痛を味わう時もあります。 〝そら〝は基本的に私の顔全体を舐めまわすのですが、たまに目にペロペロ攻撃が集中する事もあります。 なんとポメラニアンの〝そら〝は、私が横になっている時、必ず 私の首に前足を乗せて、体重を首に掛けてくるからガチで苦しいぃ・・・ わんちゃんに首を絞められるとは、思いにも寄らなかった・・・ そして、なんといっても我が家のポメラニアン達の中で、特に危険なペロペロ犬は〝あめ〝なんです。 ポメラニアンの〝あめ〝は、〝そら〝と違って、基本的に私の顔全体を舐めまわすことはありません。 その代わりに、一部集中特化型です。 どこを集中的に舐めまわすのか・・それは〝鼻の穴〟 ポメラニアンの〝あめ〝は兎に角、私の『鼻の穴しか舐めたくない』と、言わんばかりに集中して〝鼻〝を舐めてきます。 しかも〝あめ〝のペロペロ攻撃は、たまに鼻の奥へ入ることがあって、その時の一瞬の痛みは皆さんも一度は経験があるであろう『インフルエンザ検査で鼻の奥に綿棒を突っ込まれる』あの時の痛みと同等か、それ以上の痛みが一瞬、私を襲います。 また私が寝ている時は〝あめ〝にとって、ペロペロ攻撃をする最大のチャンスな訳で、当然逃したりはせず、しっかりと鼻の奥を攻撃してきます。 この同時攻撃も結構厄介でして・・・ 〝そら〝単体、〝あめ〝単体なら、ペロペロ攻撃を止めるのも簡単なんですよ。 飼い主が他の物事に集中している時• 『僕と遊んでよ!』といった、飼い主へ自身をアピールする為• 飼い主の口の周りをひたすら舐め回す時• 『この辺りから美味しそうな匂いがする』といった、食べ物の匂いに吊られた為• 飼い主がイライラしている時• 『僕は敵じゃないよ?落ち着いて・・・』といった、飼い主を落ち着かせる為• 敵対する意思がない表現とも言われていますね• 犬に対して『コレはダメだよ』と何か言い聞かせた時(怒った時)• 『ごめんね』といった、許して欲しい為• 散歩に連れて行って欲しい時• 『早くお散歩に行こうよ〜!』といった欲求の為• ただただ、ペロペロと舐めている時• 『大好きだよ!』といった、愛情表現を表す為• 犬が辛い、しんどいと感じる時• 『痛いよ、苦しいよ・・・』といった、助けを求めている為• お腹が空いた時• 『ご飯を寄越せー!お腹減ったー!』といった、欲求の為• 抱っこして欲しい時•

次の