スナップ オン キャビネット。 工具男子新聞 スナップオン工具箱30選|ロールキャブ・トップチェストなど人気ツールキャビネットを一挙公開!

「スナップ・オンの移動販売車」吉川慎太郎のブログ | 乗りたかったクルマがベストチョイスな男(^^)

スナップ オン キャビネット

— 2017 10月 3 6:13午前 PDT スナップオンの工具箱(ツールストレージ)の最高峰シリーズで、整備のための工具箱というよりは、自動車メーカーなどの技術者が、研究所内で各種研究開発作業を行うためのツールストレージというコンセプトで作られています。 各引出しの取っ手部分は、1枚のメタルシートを10ヶ所も折り曲げて作る一体成型となっており、抜群の強度を誇ります。 更に取っ手部分は、前面フレームと同じ高さに統一されており、デザイン性と機能性を併せ持つ美しいツールストレージシリーズです。 また人間工学に基づいて設計された専用ハンドルや、EQUIPシリーズ専用の7インチホイールキャスターなど、各部に最高峰モデルだけに搭載されている機能も充実しています。 2:MASTERシリーズ (7種類) — 2017 2月 2 4:53午前 PST スナップオンの最高峰ツールストレージ、EPIQシリーズは7機種がリリースされており、其々に特徴的な形状をしており、デザインの美しさと機能性を兼ね備えたモデルとなっていますので、ご紹介します。 1:KERN682 Power Bankを装備していないタイプのツールストレージで、スナップオンらしい、シンプルかつ美しいデザインが特徴的なスタンダードモデルです。 全高は約1. 2mあり、工具類の取り出しも楽に出来るようになっています。 また耐荷重も3. 6tあり、ハンドツールやパワーツールなど、数多くの工具類を収納しても十分に耐えれる設計になっており、安心して長く愛用できます。 5:KJRP843 スナップオンがリリースしているツールストレージの最上位モデルで、14個の引出しを備えており、ラチェットレンチなどのハンドツールをはじめ、エアーツールやパワーツールまでスッキリと収納することが出来るPower Bankを備えています。 またPower Bank内にはコンセントを備えていますので、充電器を設置してバッテリーなどの充電も可能になっています。 6:KJRP842 Power Bankとエクストラワイドドロワーが7段装備されたツールストレージで、内部を広く、大きく使えるようになっているのが特徴です。 インパクトレンチやインパクトドライバーなどのパワーツールは正面左のPower Bank内に収納し、レンチやラチェットレンチなどのハンドツールを、エクストラワイド仕様の引出し内に収納するといった使い分けが可能になっています。 カラーリングも12色と多く、ご自身の好みにあったカラーを選んでも楽しいのではないでしょうか。 7:KJRP763 先にご紹介したEPIQシリーズ最高峰のKJRP843とほぼ同様のデザインです。 引出し数は14個でPower Bankも備えていますが、全長が約1. 9mと少しコンパクトになったモデルです。 1枚のメタルシートを10ヶ所を折り曲げて作られた引出しは、Inpulseと呼ばれ高い剛性と強度を誇ります。 EPIQシリーズ専用の7インチ、大径ホイールを採用することで、ストレージの移動もスムーズに行うことが出来るようになっています。 スナップオンの工具箱以外のアイテムをご紹介 — 2017 2月 19 10:49午後 PST スナップオンの上位モデルであるマスターシリーズは、大きな収納スペースを保有しているモデルが多く、全7機種がリリースされています。 最上位モデルであるEPIQシリーズのISO-RideやPower Bank機能を継承しているモデルもありますので、簡単にご紹介します。 1:KRL1163 引出し数16段を有し、ツールストレージ単体としてはトップクラスの収納スペースを誇ります。 右下のストレージにはパワーツールやエアーツールを収納可能なPower Bankを備えており、更に中央ストレージ下段には、ケース入りの工具セット類をそのまま収納できるだけのスペースを有しています。 — 2017 7月 30 2:13午前 PDT このTUVシリーズの最大の特徴は、10インチアルミホイールにエアタイヤを装備して機械式ディスクブレーキを標準装備していることです。 何処にでも移動させて使用することが可能で、自動車レースなどのメカニックの方に最適なモデルです。 1:TUV KRP1023 センターストレージにはトリプルバンク形式を採用し、引き出し数は22個あり、それに加えて左右のロッカードア内部には其々2個、合計26個のドロワーを備え、数多くのツール類を収納することが可能です。 またセンターストレージ上部にワークステーションを装備することで、場所を気にせず作業環境を整えることが出来るツールストレージです。 — 2014 6月 20 9:32午後 PDT CLASSICシリーズは、その名の通りスナップオンの初期に作られていたツールストレージの、シンプルで美しいデザインを踏襲したモデルですが、その小さめなボディからは想像できない程の収納性を誇ります。 現在は、2機種がリリースされていますのでご紹介します。 1:KRA2422 最上段に深さの異なるエクステンデットドロワーを2段装備することで、図面や大形ノギス、内径マイクロメーターなど、大型検査機器も収納することが可能です。 また左下にはPower Bankを装備していますので、煩雑になりがちなエアーツールや電動工具などを立てたまま収納が可能で、欲しいツールを気軽に使えるようになっているのも特徴の一つです。 天板はブラックコートトップで、耐荷重は約1. 08tを有しており、天板上での作業も可能です。 — 2017 10月 3 3:29午前 PDT スナップオンの中でもシングルバンクとダブルバンクを中心としたリリースが多く、シンプルで収納性が高く、更にトップチェストを追加することで、大きく収納性を拡張出来るのがHERITAGEシリーズです。 エクストラワイドドロワーやディープドロワーなど、深くも、浅くも使用可能なツールストレージです。 1:KRH4210K ダブルバンク仕様のツールストレージで、最上段から2段目までエクストラワイドドロワーを装備し、長尺ラチェットレンチや大型ノギスなど、通常のストレージでは収納が難しい検査器具まで 簡単に収納が可能になっています。 左下の最下段には深さ254mmのディープドロワーを備え、電動工具にバッテリーを搭載したまま、立てて収納することが出来るモデルです。

次の

工具男子新聞 スナップオン工具箱30選|ロールキャブ・トップチェストなど人気ツールキャビネットを一挙公開!

スナップ オン キャビネット

スナップボタンとは スナップボタンとは ボタンホールを開けないボタンで、 パチンと指で押しつけて留めるタイプのボタンのことを言います。 大きく分けて、糸で縫い付ける「 手付けタイプ」と打ち具を使った「 カシメタイプ」があります。 手付けタイプ 「手付けタイプ」は、凸凹がある2種類のパーツから出来ており、 カシメタイプに比べて強度は弱いです。 その半面 弱い力でも簡単に止めることができるので、ボタンホールを開けられないデザインのレディース製品によく使われます。 手付けタイプのスナップボタン シルクスナップ 糸が緩んで取れてしまった場合は、縫い付けなので家庭でも簡単にお直しをすることが可能です。 赤ちゃんの肌着から、レディースのアウター、ニット・カットソー製品、小物(バック)などにも使用されます。 カシメタイプ 打ち具を使ったカシメタイプは、 専用の『打ち具』と『駒』を使用して、カシメていきます(生地に打ち付ける)。 ドットボタンと呼ばれることが多いです。 キャップ(頭)、バネ(ソケット)、ゲンコ(スタッド)、ホソ(ポスト)の4種類のパーツを上2種類、下2種類を生地を挟んでカシメることで、開け閉めができるようになります。 左からキャップ(頭)、バネ(ソケット)、ゲンコ(スタッド)、ホソ(ポスト) 主に 縫製工場での取り付けになります。 赤ちゃんの洋服(首の所や、おまたの部分)、メンズ・レディース問わずブルゾンやアウターなど色々な製品、バックなどの小物など、いろいろな所に使用されています。 それでは、種類別にスナップボタンを見てみましょう。 手付けタイプの種類 大きさが豊富で、金属製だけでは無く、ナイロン・樹脂製の商品があります。 似たような商品がありますが、メーカーによって呼び名も違いますが加工の工程や用途はほとんど変わりありません。 打ち具(手動) 打ち駒 キャップにもアンダーパーツにも、使用用途によって大きさが異なるものやデザイン性があるものがあります。 布帛に利用可能。 カットソーへは注意が必要。 ドットボタン 塗装キャップカラー 丸みのあるデザインから平たいものまで、形もさまざま スポーツ製品向けやベビー子供服向けに、プラスチックタイプのドットボタンもあります。 プラドット プラドット キャップカラー(ケシ) プラドット キャップカラー(ツヤ) 金属もプラスチックもオリジナルの刻印を入れる事が可能 ドットボタン 刻印入り まとめ スナップボタンは、 糸で留める「手付けタイプ」と 打ち具を使った「カシメタイプ」の2種類があります。 手付けタイプは、強度はさほど望めませんが、使用用途に合わせて使い分ければ、とてもオシャレに見えます 糸切れの危険性もあるので、スナップボタンの開閉は十分気を付けて行いましょう。 カシメタイプは縫製工場で加工する事がほとんどです。 製品になってからの事故を防ぐために、 専用の『打ち具』『駒』を使用してください。 専用でないものを使うと一見打てているように見えても、しっかりとカシメられておらず、ハマりが良くなく着脱が上手くいかない場合が出てきます。 (ゆるゆるの場合や、キツイ場合があります。 ) 薄い生地の場合は、パッキンを入れたり、厚すぎる生地の場合は打てなかったり、ニット・カットソーの製品には不向きのスナップボタンもあるので、必ずサンプルを作成して、製品テストをお願いします。 手付けイプ同様に使用用途に合わせて使い分けて行ってください。 お問い合わせは 〜付属の勉強会のお知らせ〜 5月23日(木)19時~21時、クロップオザキの付属勉強会【芯地】が行われます。 アパレル系の学生様、これからブランドを立ち上げる方、どなたでもお気軽にご参加下さい。

次の

[運用編]スナップショットをバックアップ代わりにしてはいけない

スナップ オン キャビネット

スナップボタンとは スナップボタンとは ボタンホールを開けないボタンで、 パチンと指で押しつけて留めるタイプのボタンのことを言います。 大きく分けて、糸で縫い付ける「 手付けタイプ」と打ち具を使った「 カシメタイプ」があります。 手付けタイプ 「手付けタイプ」は、凸凹がある2種類のパーツから出来ており、 カシメタイプに比べて強度は弱いです。 その半面 弱い力でも簡単に止めることができるので、ボタンホールを開けられないデザインのレディース製品によく使われます。 手付けタイプのスナップボタン シルクスナップ 糸が緩んで取れてしまった場合は、縫い付けなので家庭でも簡単にお直しをすることが可能です。 赤ちゃんの肌着から、レディースのアウター、ニット・カットソー製品、小物(バック)などにも使用されます。 カシメタイプ 打ち具を使ったカシメタイプは、 専用の『打ち具』と『駒』を使用して、カシメていきます(生地に打ち付ける)。 ドットボタンと呼ばれることが多いです。 キャップ(頭)、バネ(ソケット)、ゲンコ(スタッド)、ホソ(ポスト)の4種類のパーツを上2種類、下2種類を生地を挟んでカシメることで、開け閉めができるようになります。 左からキャップ(頭)、バネ(ソケット)、ゲンコ(スタッド)、ホソ(ポスト) 主に 縫製工場での取り付けになります。 赤ちゃんの洋服(首の所や、おまたの部分)、メンズ・レディース問わずブルゾンやアウターなど色々な製品、バックなどの小物など、いろいろな所に使用されています。 それでは、種類別にスナップボタンを見てみましょう。 手付けタイプの種類 大きさが豊富で、金属製だけでは無く、ナイロン・樹脂製の商品があります。 似たような商品がありますが、メーカーによって呼び名も違いますが加工の工程や用途はほとんど変わりありません。 打ち具(手動) 打ち駒 キャップにもアンダーパーツにも、使用用途によって大きさが異なるものやデザイン性があるものがあります。 布帛に利用可能。 カットソーへは注意が必要。 ドットボタン 塗装キャップカラー 丸みのあるデザインから平たいものまで、形もさまざま スポーツ製品向けやベビー子供服向けに、プラスチックタイプのドットボタンもあります。 プラドット プラドット キャップカラー(ケシ) プラドット キャップカラー(ツヤ) 金属もプラスチックもオリジナルの刻印を入れる事が可能 ドットボタン 刻印入り まとめ スナップボタンは、 糸で留める「手付けタイプ」と 打ち具を使った「カシメタイプ」の2種類があります。 手付けタイプは、強度はさほど望めませんが、使用用途に合わせて使い分ければ、とてもオシャレに見えます 糸切れの危険性もあるので、スナップボタンの開閉は十分気を付けて行いましょう。 カシメタイプは縫製工場で加工する事がほとんどです。 製品になってからの事故を防ぐために、 専用の『打ち具』『駒』を使用してください。 専用でないものを使うと一見打てているように見えても、しっかりとカシメられておらず、ハマりが良くなく着脱が上手くいかない場合が出てきます。 (ゆるゆるの場合や、キツイ場合があります。 ) 薄い生地の場合は、パッキンを入れたり、厚すぎる生地の場合は打てなかったり、ニット・カットソーの製品には不向きのスナップボタンもあるので、必ずサンプルを作成して、製品テストをお願いします。 手付けイプ同様に使用用途に合わせて使い分けて行ってください。 お問い合わせは 〜付属の勉強会のお知らせ〜 5月23日(木)19時~21時、クロップオザキの付属勉強会【芯地】が行われます。 アパレル系の学生様、これからブランドを立ち上げる方、どなたでもお気軽にご参加下さい。

次の