あひる の 空 登場 人物。 『あひるの空』登場人物(キャラクター)まとめ

あひるの空

あひる の 空 登場 人物

あひるの空 3巻 ネタバレ 「 あひるの空」は BookLive! で 無料お試し読みができます。 こんにちは、美月です。 日向武史さんの人気コミック 「 あひるの空」をレビューします。 2004年から少年マガジンに連載。 13年目に突入したロングベストセラーを今さらながら、 読み始めました。 ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。 ここからは 3巻 第13話ー第20話のネタバレ (濃いネタバレ含みます。 ご注意ください) 両手落ちで見事にスリーポイントを決めた空。 でももう体力が限界で足がついていきません。 でも最後までバスケをしましょうと、観客に笑われようと、足がもつれてこけようと、 空は諦めないのです。 その時、なんと千秋がユニホームを着て現れました。 おいしいところをとってきましたね 笑 千秋のセリフはなかなかいいセリフが多いのですが、ここで一つ、 『戦わない奴らが戦ってる奴らを笑うなよ』と。 中学時代にカッコ悪い負け方をしたらしく それがトラウマとなり、負け試合はしたくなかったみたいです。 でも千秋の実力は、マル高のキャプテンのチバさんいわく、 アイツ 千秋 以上のプレイヤーを見たことねぇらしいです。 高校生らしからぬボケをかましてくる千秋ですが、確かにレベルがすごく高いです! 変な顔なのに、たまにカッコよく見えてきます。 試合は146対22でクズ高のぼろ負け。 それでもお互いのチームには収穫があったように感じます。 そして試合後にクズ高バスケ部は本格的に始動し始めます。 バスケ部を認める代わりに 部員が何か問題を起こしたら即廃部という条件付きで。 そんな矢先、ここで トビという 新メンバーが登場します。 なかなかのトラブルメーカー&一匹狼なのですが、バスケの才能だけはピカイチ。 バスケだけじゃなくて結構モテるみたいですね 笑 トビにも暗い過去があるようで、親とも何かあるみたいです。 そのせいでこんな性格になったんでしょうね。 思春期は難しい。 ここからは3巻 第13話ー第20話の感想&考察 果たしてトビを 無事仲間に加えることが出来るのでしょうか。 初試合に新メンバーの登場と だんだん土台が出来てきたところで2巻は終了です。 余談ですが、 この単行本の最後にあひるの空の最初の人物設定が載っているんですが、 その キャラも見てみたかったなと一ファンとしては思うところです。 本編はコチラでどうぞ。。。

次の

【あひるの空】登場キャラクターの強さランキングトップ15を発表!

あひる の 空 登場 人物

A post shared by ojimyaaaaaaa on Nov 4, 2019 at 11:01pm PST キャラクタープロフィール 【背番号】15番 【身長】160cm 【体重】45kg 【誕生日】3月14日 【血液型】AB型 【経験ポジション】シューティングガード、ポイントガード どんなキャラクター? あひるの空の主人公「車谷空」は、前向きで明るい性格。 またコンプレックスである小さな身長をカバーするため、シュート練習も欠かさず行う努力家。 バスケットボールに対する情熱も非常に高いキャラクターです。 シュート位置からゴールまでの正確な距離感を掴む能力も長けている事から、3ポイントシュートを得意としています。 トッププレイヤーからも驚愕されるほどの並外れたジャンプ力を誇る花園百春は、ゴールリングから外れたボールを奪い去るリバウンド、相手のシュートを防ぐブロック力に関しては県内随一の実力を持つ。 ただしシュート力に関してはお世辞にも上手いとはいえないキャラクターです。 俊敏性がないが、反射神経や直観力に優れており、チーム全体をまとめる司令塔として活躍しています。 県内屈指の選手として注目される丸高の千葉真一から一目置かれている選手。 一方、バスケの才能には恵まれていながら、女性には全くモテない恋愛に不器用な男でもあります。 花園千秋の声優:小西克幸 A post shared by jozev1969 on May 10, 2019 at 6:08am PDT キャラクタープロフィール 【背番号】11番 【身長】179cm 【体重】65kg 【誕生日】7月20日 【血液型】B型 【経験ポジション】スモールフォワード、シューティングガード どんなキャラクター? 夏目健二は、クズ高の男子バスケットボール部で「花園千秋」にも劣らないバスケセンスを誇るキャラクター。 中学時代からバスケの実力は折り紙付きで、バスケ強豪校からの誘いで進学する予定でした。 しかし家庭の事情により断念した過去があります。 NBAプレーヤー「アレン・アイバーソン」のような髪型をしている強面なキャラクターです。 口調もぶっきらぼうなので、チームメイトに辛口なコメントも言い放つ事も。 しかし努力する人間に対しては優しく接する性格も持ち合わせています。 バスケの名門中学の「西条中」の実力者として注目されていたプレーヤー。 にもかかわらず、恵まれた体格がある事で過度の期待を向けられたのがプレッシャーとなり、中学2年でバスケを辞めてしまいます。 高校からは化学部に在籍していましたが、バスケのクラスマッチでのプレーが車谷空たちの目を惹き、空との一対一の勝負を経て入部する事に。 夏目健二からはノッポという愛称で呼ばれています。 チームメイトからは「ヤス」という愛称で呼ばれています。 練習中にトビにアドバイスを求める姿も作中で描かれている努力家な一面も。 また他校の監督からは隠れたバスケセンスの持ち主とも評される人物。 安原真一の声優:八代拓 A post shared by ar02vf. 運動神経に関していえば、安原や茶木よりも劣るために成長度合いは遅いキャラクター。 しかし、コツコツと努力を重ねていって徐々に力をつけていく姿も作中で描かれていて、空からは「ナベさん」という愛称で呼ばれています。 部員からはディフェンス力の高いPGと評価されていますが、同時期に一緒にバスケを始めた鍋島・茶木がチーム内での役割を見つけていく中、なかなか自分の役割を見出せずに葛藤する日々を送ります。 そして、色々ないざこざがあった後にバスケ部を離れる事になるキャラクターです。 バスケの知識がほぼ皆無ですので、監督役はマネージャーである七尾奈緒に任せています。 当初は男子バスケ部の廃部を望んでいたキャラクターですが、空や夏目や百春のバスケの情熱に動かされてからは、仕事の空き時間にバスケに関する勉強を始め、バスケ部が再始動する時には自ら顧問に立候補します。 車谷智久はどんなキャラクター?(右) 主人公の車谷空の父親。 バスケットボールからは距離を置いていましたが、旧友からの助言を受けてクズ高の教師になります。 クズ高女子バスケットボール部の監督を務めていますが、男子バスケ部が県大会出場を決めた事を機会に、男子バスケ部の監督も兼任。 練習では厳しく選手と向き合いますが、選手一人一人を見てケアをするという優しい側面もある監督です。 神奈川県内だけでいえば五本の指にも入るといわれるバスケ実力者です。 身長が200cmと非常に大柄な体格。 しかしながら中学時代は身長が低かった事で悔しい思いをした事も。 インターハイ予選で大栄に敗北した事で引退する予定でしたが、その後に行われた「クズ高」対「大栄」の試合がきっかけとなり、高校卒業までバスケ部に残る事を選択します。 千葉が男子バスケ部に在籍した頃からエースとして活躍しています。 パス・ドライブ・スリーポイントの能力が非常に高く、北住との試合の際にはトリプルダブルを達成するなど、千葉と同様に神奈川県内だけでいえば五本指に入るともいわれている実力者です。 ジャニーズ系のルックスで女性にもかなりモテる人物。 そのため北住の蒲地やクズ高の千秋からは疎ましく思われています。 PGでありながらもインサイドでも仕事ができるとして、クズ高のマネジャー七尾奈緒も「花園千秋」の理想形の人物と話しています。 感情をあまり表に出さない冷静沈着な性格。 加えて少し口が悪い性格なのでチームメイトと衝突を起こす事も。 しかしながら、関東の中でも屈指の実力者ともいわれているプレーヤーで、幼い頃からNBAプレーヤーになる事を夢としています。 八熊重信(右) ボールを掴んだままジャンプした時に、手がリングの高さを超える跳躍力抜群な選手。 また強豪チームの中で2年からスタメンを勝ち取っている実力者です。 痩せ型で細身ではあるがパワーがあるため、クズ高の花園百春と激しいプレーを繰り返した事もあります。 また驚異的な跳躍力を生かしたシュートブロックも得意。 何かと悪態をつく口の悪い性格ですが、練習中にへばっている峯田をサポートしたりする面倒見の良い側面もあります。 小学5年生までバスケの本場でもあるアメリカに住んでいた経験があります。 クズ高のバスケ実力者であるトビ(夏目健二)との一対一で勝利するバスケセンス抜群のプレイヤーです。 協調性の乏しさを圧倒的な個の力でカバーしているのもこの選手の特徴。 練習が嫌いでサボっては見つかるため、結果的に人よりも多く練習をこなしています。 上木鷹山(右) 体格が大きくなく華奢なキャラクターですが、厳しい練習にも耐えられる精神力を備えています。 車谷空の母親である由夏から幼い頃にバスケを教わった経験があるため、由夏直伝の両手を使った3Pシュートが得意。 そのうえ、スティールも上手くてパスの能力も高いキャラクターです。 自分と同じく小柄で華奢な空がスターターとして出場している事に嫉妬をしています。 不破豹の声優:松岡禎丞 大澤「松岡君、コレ本気で聞くけど苦労した所は?」 松岡「マネージャーにひとつ言われたことがあったんですけど、ほんとあの頃一直線で・・ほんとリアルな話すると・・・・・・とまりん大丈夫すか?」 岩浪「マネージャーに目配せするのやめろよ~」 — ぼっち?梅干?かんけーし!松岡禎丞bot matsuokatokio 声優プロフィール 【生年月日】1986年9月17日 【出身】北海道帯広市 【身長】166cm 【血液型】O型 【所属事務所】アイムエンタープライズ 過去の経験作品 アオハライド(菊池冬馬)、美男高校地球防衛部HAPPY KISS! (白骨マーサ)、虹色デイズ(羽柴夏樹)、食戟のソーマ(2015年〜2019年、幸平創真) 上木鷹山の声優:上村祐翔 A post shared by o. mochi on Nov 22, 2019 at 5:34pm PST 声優プロフィール 【生年月日】1993年10月23日 【出身】埼玉県 【身長】173cm 【血液型】O型 【所属事務所】劇団ひまわり 過去の経験作品 神々の悪戯(戸塚月人)、アイカツスターズ! 浪川大輔)、児島幸成(CV. 吉野裕行)ら追加キャラクターが公開 — ANIME SEIYU animeseiyu キャラクタープロフィール 児島幸成(左) 【背番号】5番 【身長】193cm 【体重】90kg 【経験ポジション】パワーフォワード 高橋克己(右) 【背番号】4番 【身長】191cm 【体重】82kg 【経験ポジション】ポイントガード どんなキャラクター? 児島幸成(左) 新城のバスケットボール部のムードメーカー的な人物です。 キャプテンである高橋克己とは中学時代からの一緒にやっている仲。 新城バスケ部に入部したのは高橋と自分だけだったため、練習ではずっと高橋を相手に一対一をやっていた過去があります。 ターンアラウンドシュートが上手い選手。 そのうえ、外からのスリーポイントシュートや、インサイドからのドライブしてからポイントを決める能力にも長ける選手です。 高橋克己(右) 新城バスケ部のキャプテン。 勉強も良く出来て、部活の後輩からも慕われています。 PGですが3ポイントシュートが非常に上手い選手です。 クズ高のモキチが憧れている人物で、同じくクズ高の空も話すだけでアガる程の存在。 バスケセンスに非常に恵まれていながらも1年と2年時には部員が足りず、3年生で初めて公式戦に参加する事になります。 児島幸成の声優:吉野裕行 A post shared by yagi. TVアニメ『あひるの空』は2019年10月に放送開始予定。 — ライブドアニュース livedoornews キャラクタープロフィール 蒲地太郎(左) 【背番号】7番 【身長】174cm 【経験ポジション】スモールフォワード 香取真吾(右) 【背番号】5番 【身長】176cm 【経験ポジション】ポイントガード どんなキャラクター? 蒲地太郎(左) 北住のエースプレイヤーで、ポジションはスモールフォワード。 クズ高の「七尾奈緒」はいとこで彼女に好意を抱いています。 身長174cmとバスケットボール選手にしては小柄な体格。 しかしながら跳躍力もあって身体能力に優れる選手です。 また丸高の常盤にも劣らないセンスの良いバスケをするキャラクターでもあります。 ひょうきんでカッコつけな性格の人物。 香取真吾(右) クズ高との練習試合で「花園千秋」を抑える姿も作中で描かれていて、ディフェンス能力や個の技術も高いプレイヤーです。 また蒲地との連携プレーが得意。 3年になるとキャプテンを任される事になる人物です。 蒲地太郎の声優:福山潤.

次の

あひるの空 3巻 ネタバレ 【名手千秋登場も、クズ高ボロ負け。。。】

あひる の 空 登場 人物

1.車谷 空(くるまたに そら) ・ポジション:シューティングガード、ポイントガード ・特技:3Pシュート 身長150㎝代(作中でちょっとだけ身長が伸びる)とバスケットボールをする上では、不利な体格でありながら、3Pポイントシュートとゲームメイク能力によって、自分よりも大きな相手と渡り合う本作の主人公です。 元日本代表選手の母親を持ち、母から教わった3Pシュートを得意としています。 シューターとして必要な深視力がずば抜けており、それが抜群のシュートセンスを可能にしています。 また、作中では、シュートブロックされる回数の多さを克服するために、北住吉の太郎からストップ&シュートを学び、坂田監督から教わったクイックシュートを身に着けることによって、持ち前の3Pシュートに磨きをかけています。 身長のことは常に気にしており、牛乳は毎日飲んでいます。 家では猫を飼っています。 バスケットはうまいのですが、学校の成績は赤点ギリギリです。 2.花園 百春(はなぞの ももはる) ・ポジション:センター、パワーフォワード ・特技:飛ぶこと 九頭竜高校男子バスケットボール部の主将で、花園千秋とは双子の関係で、百春は弟になります。 驚異的なジャンプ力を武器にリバウンドやブロックで高い能力を発揮します。 時には、身長が2mを超える新丸子高校の千葉にジャンプボールで競り勝つなど他を圧倒する跳躍力があります。 しかし、シュートセンスは皆無で、レイアップやダンクシュートでさえ、外してしまいます。 シュートが入らないことが原因で、一度バスケットから離れていたのですが、空の勧誘によってふたたびバスケを始めます。 人一倍責任感が強く、リーダーシップにも優れている頼りになる存在です。 部室炎上事件があったときには、キャプテンとしての責任感から、必死に謝罪を行う姿が印象的でした。 女子バスケ部の円といい関係にあります。 3.花園 千秋(はなぞの ちあき) ・ポジション:ポイントガード、スモールフォワード、センター ・特技:ブレンバスター 弟の百春がバスケを始めたことに影響されたバスケを始めます。 パッサーとしての天才的な才能と、司令塔としてのゲームメイク能力は秀でたものがあり、中学時代の千秋のプレーを見た新丸子高校の千葉は「アイツ以上のプレイヤーを見たことがない」と評価しています。 人をこき使うことが好きで、その性格からポイントガードをやるようになりましたが、中学時代は千秋のパスに誰も反応することができず、結果的に千秋のミスパスという扱いを受けており、大会でのぼろ負けを経験したことで、バスケットから距離を置いてしまいます。 クズ高対新丸子の練習試合に感化され、試合途中から参加し、バスケ部への本格的な入部を決めました。 性格は容姿とは裏腹にかっこ悪いことを嫌います。 また、どこからともなくお菓子を取り出しては食べています。 「カール」がお気に入りです。 いい加減な性格をしているようでも、筋の通った物言いや、周囲の軋轢を収める姿も見せており、また、ポジションがポイントガードからセンターへ変わったときには、夜な夜な茂吉の家に行き、練習する努力家でもあります。 4.夏目 健二(なつめ けんじ) ・ポジション:スモールフォワード、シューティングガード ・特技:ドライブ 類まれなバスケットセンスの持ち主で、クズ高ではエース的な存在です。 コーンロウの髪形と、タトゥー、広島弁が特徴です。 持ち前のバスケセンスから1on1での絶対的な強さを持つ反面、協調性に欠けるプレーが目立つことが多く、クズ高に入るまではそれが原因でチームからも孤立することが多い選手でした。 クズ高でも、周囲との温度差を感じる場面が多く、部員と対立する場面もしばしばありました。 しかし、チームが成長していくにつれ、夏目自身も寛容になり、チームのキーパーソンとしての責任感も芽生え始めています。 自分と同じようなプレースタイルをしていることから、横浜大栄高校の不破をライバル視しています。 あだ名は「トビ」。 女の子からモテるため周囲から嫉妬されてしまうことがあります。 5.茂吉 要(しげよし かなめ) ・ポジション:センター ・特技:フックシュート 身長198㎝の恵まれている体格をした選手。 長身の体と長い手足を生かしたフックシュートが持ち味で、時には、理論上ブロックが不可能なスカイフックを打つことも出います。 一方で、スタミナが弱点で全力プレーができる時間は限られています。 そんな茂吉も中学時代に、持ち前の体格から強豪の西条中で活躍していましたが、周囲の期待とは裏腹に思うように期待にこたえられず、プレッシャーに耐えかねてバスケをやめてしまいます。 クズ高では、クラスマッチのバスケに出場した際、フックシュートを見せたところを空に勧誘されます。 性格としては、口数が少ないですが、意外に毒舌家で、結構辛辣なことを躊躇せずに言ってのけます。 学業の成績は優秀で、1年生の時には全教科で満点を取るほどでした。 実家は裕福な家庭で、庭にバスケゴールが設置されており、ここには空や千秋がよく通って練習していました。 6.安原 真一(やすはら しんいち) ・ポジション:スモールフォワード ・特技:後ろまわし蹴り クズ高の初心者組の一人で、元々はクズ高のバスケ部を根城にしていた不良でした。 バスケ部としての活動を始めると、持ち前の運動神経の良さと、向上心からドライブの才能を徐々に開花させており、高校からバスケを始めたならがも、試合では相手と互角に渡り合う実力を持っています。 元々は、空手部に在籍しており、実力もあったのですが、上級生からのいじめに耐えかねて暴力をふるってしまったため保護観察処分を受けています。 部室炎上事件後は、百春の責任感の強さから、百春に守られていることに引け目を感じて、一方的に避けるような行動が目立ったのですが、横浜大栄戦で和解しています。 不良に絡まれていたところを助けたことがきっかけで里見西高校女子バスケ部の関谷とも子に一目ぼれしますが、彼女のバスケの実力を知り、自分とは釣り合いが取れないと身を引いています。 実家は八百屋。 7.鍋島 竜平(なべしま りゅうへい) ・ポジション:シューティングガード ・特技:ホームラン クズ高バスケ部の初心者組の一人で、バスケ部の部室を根城にしていた不良でした。 空からの勧誘でバスケを始めるのですが、最初の頃はやる気がなく、GWに行われた合宿でも「練習以外の時間はボールに触る」という七尾からの指示を無視して、テレビゲームに興じていました。 その後、実力が飛躍的に伸び活躍の場が増えていた安原に対して、自分の役割を見いだせずにいた鍋島は一念発起して茂吉にアドバイスを求め、3Pシュートの習得に励みます。 そのかいあって北住吉戦では勝負を決めるブザービーターを決めるなど、ここ一番で活躍することができる選手に成長しました。 実は、運動神経がよく、野球のセンスが抜群で、クラスマッチでは他のクラスを圧倒するバッティングを見せていました。 口髭が特徴的。 愛称は「ナベ」です。 8.茶木 正広(さき まさひろ) ・ポジション:ポイントガード、シューティングガード ・特技:ディフェンス クズ高初心者組の最後の一人。 最初の頃は、ナベ同様にやる気がなかったのですが、ディフェンスでの実力が伸びてきたことがきっかけで徐々にチーム内で認められるようになってきました。 しかし、実力が伸びてきた同じ初心者組の安原、ナベがチームないので役割を見出していたのに対して、茶木はそれを見いだせずにいました。 そんな中で、ポイントガードとしてスタメンを任された試合で敗戦し、それがきっかけでバスケへの情熱を失っていき、退部してしまいました。 茶木はクズ高のメンバーの中で唯一バスケをやめるキャラクターで、読者の中にも印象に残っている人が多いです。 ちなみに実家は金持ちで、お坊ちゃま育ちの茶木はプライドが高く、母親からは「マーくん」と呼ばれています。 9.紺野道郎(こんの みちろう) ・ポジション:パワーフォアード、センター ・特技:ジャンプ 中学三年生のときに、地区予選で戦うクズ高の姿に感化されたのをきっかけに入部してくる1年生です。 スタミナとジャンプ力に定評があり、百春のようなプレイヤーとして期待されていましたが、プレッシャーに弱く、極度の緊張によって体が膠着してしまうイップスを抱えています。 緊張をほぐすために掌に「人」の字を書いて飲み込んでいたことから、チームメイトに「マンイーター」と馬鹿にされています。 玉川学園戦に途中出場した際に、イップスが出てしまい実力が発揮できなかったのですが、千秋にイップスを克服できるかどうかが、クズ高が勝ち上がるためのカギになるといわれて奮起します。 10.田中 よしお(たなか よしお) クズ高の1年生で未経験ながらバスケ部に入部しました。 丸坊主の見た目で先輩から可愛がられています。 中学時代はバスケット部に入部したかったのですが、身長が原因で断られてしまったため、3年間帰宅部でした。 自宅が遠方にあり、毎日10キロ以上のランニングを自主的に行っている努力家でもあります。 11.五十嵐 行太(いがらし こおた) ・ポジション:ポイントガード 新城中出身で、高橋・児島から指導を受けたメンバーの一人。 モンスターバッシュでは「ゴリラズ」の一員として出場します。 生意気な物言いながらも、バスケットセンスは抜群で、小柄ながらも相手を圧倒する実力者です。 しかし、プレーにムラがあったり、調子に乗りやすいクセがあります。 モンスターバッシュでのクズ高との対戦をきっかけにクズ高への進学を決めます。 周囲からは裏切り行為だと思われており、複雑な心境だった五十嵐ではありましたが、高橋から「自分で選んだんだろ? 迷うなよ」という言葉をかけてもらったことがきっかけで、入部を決意します。 12.小南 晴生 ・ポジション:シューティングガード バスケ経験は中学時代の3か月ながら、一級品のセンスを持っており、七尾からは「天才」と評されるほどの選手です。 しかし、幼少期から音楽の英才教育を受けており、そちらでも非凡な才能を発揮していたため、バスケをやることを周囲から反対されていましたが、それらの反対を押し切りバスケ部への入部を決意します。 13.坂田 モンスターバッシュで空たちが1回戦で対戦したメンバーの一人で、のちにクズ高男子バスケ部の監督に就任します。 高校時代にはインターハイに出場したこともあるほどの実力者で、空たちへの的確なアドバイスや仕事を顧みないで指導する姿から信頼を集めています。 年齢と日ごろの不摂生から入院することが多い。 14.五月先生 クズ高バスケ部の最初の顧問となった先生です。 最初の頃はバスケの知識もなくいやいや顧問を引き受けていたのですが、部員たちの情熱に触発され、バスケの勉強をするなどの一面もあります。 また、バスケ部が休部になったときには、周囲の教師に対して語気を荒げながら部員たちをかばう姿が印象的でした。 15.車谷 智久 くるまたに ともひさ 空の父親で男子バスケ部には県大会出場を機に女子バスケ部の監督と兼任することになりました。 練習はとにかく厳しく、時たま精神論を説くのですが、厳しさの中にも選手個人をしっかり見ており、ケアも大事にしています。 極度の方向音痴。 まとめ 「あひるの空」の中心となる九頭竜高校バスケ部には、様々な過去を抱えた選手たちが思い思いにバスケを頑張る姿が描かれています。 各キャラクターの背景なども考えながら読んでいくと一層面白くなりますよ。

次の