明治 43 年 ハレー彗星 の 接近 前 に 売れ た もの は。 彗星いろいろ

彗星の大接近で自転車のゴムチューブが売れたってホント?

明治 43 年 ハレー彗星 の 接近 前 に 売れ た もの は

有事につきものな「」 新型コロナウイルス肺炎の世界的流行で、同じくらい大流行しているのが「デマ」です。 2020年2月上旬現在、新型肺炎に関してSNS上に流れているデマは、それ自体がウイルス並みの広がりを見せています。 こういったデマの誤りを正そうとする人がいないわけではありませんが、デマを信じている人はそれに対し「うるさいな!」「私につっかかられても困ります!」とキレるばかりで、耳を貸そうとしないことがほとんどのようです。 中にはデマに便乗してマスクを買い占めてフリマサイトで高額転売したり、「危ないよ!みんなマスクしよ!この値段でも売り切れてるレベルだから早く買わないと…」という投稿とともにアフィリエイトを貼り付けたりするなど、悪質な事例もあります。 しかしこのようなデマが横行するのは、今回が初めてではありません。 これまでにも日本では「未知の有事」の際にとんでもないデマが多発したことがありました。 では「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマ 1923年9月1日に関東を襲った関東大震災でも、被災後の混乱の中で様々なデマが飛び交いました。 関東大震災発生当時の惨状(Wikipediaより) その中で最も悲惨な結果を招いたのが「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が放火して回っている」というもの。 当時はインターネットもSNSもなかった時代でしたが、最初は人から人へ伝わっていたこのデマを、なんと新聞が真に受けて報道してしまったのです! その結果「自警団」が組織され、朝鮮人や中国人の殺害や暴行が行われるようになってしまいました。 さらに悪いことに、自警団が日本人と朝鮮人を識別するために ・「15円50銭」と発音させる ・当時の小学校で必須の「教育勅語」を暗誦させる などの方法をとっていたため、日本人の中でも地方出身でなまりのある人や学校へ通えなかった人の中には、そのために殺された人もいたのだとか。 もしこれがSNSで真実も嘘も一瞬で拡散されてしまう現代に起こったらと想像すると、本当に恐ろしい限りです。 ハレー彗星接近で「空気がなくなる」自転車のチューブが完売!? 新型肺炎流行の影響では日本各地でマスクが買い占められましたが、実はハレー彗星が地球に接近した1910 明治43 年にも、似たような現象が起こっていました。 この時フランスの科学者によって「ハレー彗星が地球に衝突する可能性」が説かれたことから ・彗星の尾に含まれる猛毒のシアン化合物によって地球上の生物が死滅する ・地球上の空気が5分間なくなる ・彗星の最接近時に5分間息を止めていられれば助かる などのデマが広がりました。 中には水を張った桶に顔をつけて「息を止める訓練」をする人や、地球上から空気がなくなった時の空気備蓄のために自転車のタイヤのチューブを買い占める人まで現れました。 ハレー彗星に関するデマのエピソードは、『ドラえもん 藤子・F・不二雄 』のてんとう虫コミックス第33巻に収録された『ハリーのしっぽ』にも登場しています。 オイルショックでなぜか「紙が消えた!」 1973 昭和48 年のオイルショックの時には、トイレットペーパーをはじめとする「紙類が消える」事件が起こりました。 事の発端は、この年に第四次中東戦争の影響により中東の石油輸出機構 OPEC 加盟国から「原油の価格を引き上げる」という発表が出されたことでした。 これを受けた当時の中曽根康弘通産大臣は「紙を節約しよう」と呼びかけました。 紙製品の製造にも原油は欠かせないためです。 ところがこれにより「紙がなくなる!」という噂がまことしやかに流れ始めました。 そんな時に関西のあるスーパーで「 大安売りにより 紙がなくなる!」という特売広告を出したら、お客が殺到!特売品ではないトイレットペーパーまで店頭に出したのですが、それもあっという間に完売してしまいました。 この噂を聞いた新聞社が「あっという間に値段が2倍」と書いたことからこの騒動は広がり、全国でトイレットペーパーがことごとく買い占められたり、騒ぎに便乗して値上げされたりと、大パニックとなりました。 この「トイレットペーパー騒動」は、法整備が行われ「標準価格」が定められるなどした結果、供給が回復して落ち着きました。 トイレットペーパーを買い占めた人々は、大量の在庫を抱えて途方に暮れたとか。 出どころ不明なデマを信じて極端な行動に走ると、あまり良いことはなさそうですね。 外部サイト.

次の

ハレー彗星

明治 43 年 ハレー彗星 の 接近 前 に 売れ た もの は

ハレー彗星が地球に再接近したそうです。 無知はデマを生みます。 彗星の尾には空気がない。 通過中の5分間ほどは、地球から酸素がなくなるぞ。 そんな噂が広まります。 お金のある人は、自転車のチューブを購入し、膨らませて空気を保管し、想定される危険な事態にそなえました。 そそっかしい人は、世界滅亡を憂えて自殺したらしい。 日本の小惑星探査機ハヤブサが着陸したという惑星イトカワも「ジャガイモのような不定形」だったですね。 大きな天体は重力の関係で球体になりやすいそうです。 小さな天体はいろいろな格好があるらしい。 ユカタン半島に衝突した巨大隕石は、直径10kmほどと推測されています。 ハレー彗星も地球に衝突すると、多くの生物がダメージを受けるのかな。 ついでに軌道計算もしており、次回出現の時期も予測しています。 あいにく彼はその予言した時期の前に亡くなりました。 ハレー彗星は予言通りに出現し、ハレー氏の正しさは証明されたとのこと。 基本は天文学者のようですが、いろいろな学問に首を突っ込んでいるようです。 潜水鐘というのは、大きな鐘に窓をつけ、海中の生物などを観察しようとする装置らしい。 空気はオモリをつけた樽で運ぶそうです。 シアン化合物がホントに含まれているというのは意外でした。 ただし、あまり濃度は高くないので、地球に接近してもなんの影響もないらしい。 その32年後の紀元前12年にハレー彗星があらわれます。 これはシーザーの魂だと考えた初代皇帝は「カエサルの星」をかたどった貨幣を鋳造させたらしい。 天保6(1835)年のハレー彗星を素材にした話らしい。

次の

不吉な星と言うハレー彗星、ほうき星の76年周期の地球への影響

明治 43 年 ハレー彗星 の 接近 前 に 売れ た もの は

有事につきものな「」 新型コロナウイルス肺炎の世界的流行で、同じくらい大流行しているのが「デマ」です。 2020年2月上旬現在、新型肺炎に関してSNS上に流れているデマは、それ自体がウイルス並みの広がりを見せています。 こういったデマの誤りを正そうとする人がいないわけではありませんが、デマを信じている人はそれに対し「うるさいな!」「私につっかかられても困ります!」とキレるばかりで、耳を貸そうとしないことがほとんどのようです。 中にはデマに便乗してマスクを買い占めてフリマサイトで高額転売したり、「危ないよ!みんなマスクしよ!この値段でも売り切れてるレベルだから早く買わないと…」という投稿とともにアフィリエイトを貼り付けたりするなど、悪質な事例もあります。 しかしこのようなデマが横行するのは、今回が初めてではありません。 これまでにも日本では「未知の有事」の際にとんでもないデマが多発したことがありました。 では「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマ 1923年9月1日に関東を襲った関東大震災でも、被災後の混乱の中で様々なデマが飛び交いました。 関東大震災発生当時の惨状(Wikipediaより) その中で最も悲惨な結果を招いたのが「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が放火して回っている」というもの。 当時はインターネットもSNSもなかった時代でしたが、最初は人から人へ伝わっていたこのデマを、なんと新聞が真に受けて報道してしまったのです! その結果「自警団」が組織され、朝鮮人や中国人の殺害や暴行が行われるようになってしまいました。 さらに悪いことに、自警団が日本人と朝鮮人を識別するために ・「15円50銭」と発音させる ・当時の小学校で必須の「教育勅語」を暗誦させる などの方法をとっていたため、日本人の中でも地方出身でなまりのある人や学校へ通えなかった人の中には、そのために殺された人もいたのだとか。 もしこれがSNSで真実も嘘も一瞬で拡散されてしまう現代に起こったらと想像すると、本当に恐ろしい限りです。 ハレー彗星接近で「空気がなくなる」自転車のチューブが完売!? 新型肺炎流行の影響では日本各地でマスクが買い占められましたが、実はハレー彗星が地球に接近した1910 明治43 年にも、似たような現象が起こっていました。 この時フランスの科学者によって「ハレー彗星が地球に衝突する可能性」が説かれたことから ・彗星の尾に含まれる猛毒のシアン化合物によって地球上の生物が死滅する ・地球上の空気が5分間なくなる ・彗星の最接近時に5分間息を止めていられれば助かる などのデマが広がりました。 中には水を張った桶に顔をつけて「息を止める訓練」をする人や、地球上から空気がなくなった時の空気備蓄のために自転車のタイヤのチューブを買い占める人まで現れました。 ハレー彗星に関するデマのエピソードは、『ドラえもん 藤子・F・不二雄 』のてんとう虫コミックス第33巻に収録された『ハリーのしっぽ』にも登場しています。 オイルショックでなぜか「紙が消えた!」 1973 昭和48 年のオイルショックの時には、トイレットペーパーをはじめとする「紙類が消える」事件が起こりました。 事の発端は、この年に第四次中東戦争の影響により中東の石油輸出機構 OPEC 加盟国から「原油の価格を引き上げる」という発表が出されたことでした。 これを受けた当時の中曽根康弘通産大臣は「紙を節約しよう」と呼びかけました。 紙製品の製造にも原油は欠かせないためです。 ところがこれにより「紙がなくなる!」という噂がまことしやかに流れ始めました。 そんな時に関西のあるスーパーで「 大安売りにより 紙がなくなる!」という特売広告を出したら、お客が殺到!特売品ではないトイレットペーパーまで店頭に出したのですが、それもあっという間に完売してしまいました。 この噂を聞いた新聞社が「あっという間に値段が2倍」と書いたことからこの騒動は広がり、全国でトイレットペーパーがことごとく買い占められたり、騒ぎに便乗して値上げされたりと、大パニックとなりました。 この「トイレットペーパー騒動」は、法整備が行われ「標準価格」が定められるなどした結果、供給が回復して落ち着きました。 トイレットペーパーを買い占めた人々は、大量の在庫を抱えて途方に暮れたとか。 出どころ不明なデマを信じて極端な行動に走ると、あまり良いことはなさそうですね。 外部サイト.

次の