かゆみ肌原因。 大人も注意したいあせも(汗疹)の原因と症状、予防方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

皮膚がかゆい:医師が考える原因と対処法|症状辞典

かゆみ肌原因

肌荒れや、お肌のかゆみを感じたら、それはストレスが原因かもしれません。 かゆみは、我慢するのがとても辛いので、かゆいところをかきこわしてしまい、肌荒れが悪化して、お肌がボロボロになってしまう危険性があります。 私たちは、日々の生活の中で様々なストレスを感じています。 ストレスによる肌荒れやかゆみの原因を探っていきましょう。 肌荒れやお肌のかゆみはストレスが関係している? 肌荒れやお肌のかゆみを感じる場合、原因の1つにストレスがあげられます。 ストレスは、外的な環境・体内や精神的な変化に抵抗・適応するための反応です。 ストレスは、悪いイメージを持たれる方が多いですが、実は生きていく上ではある程度のストレスは必要なものなのです。 しかし、このストレスを過剰に感じてしまうと肌荒れやかゆみなど、様々なトラブルの原因になってしまいます。 では、どんなストレスが肌荒れやかゆみを引き起こしてしまうのでしょうか? ストレスには外的ストレスと、内的ストレスがあります。 外的ストレスは、主に紫外線やホコリ、乾燥した空気といった環境的な刺激や、間違ったスキンケアによる刺激が原因です。 内的ストレスは、偏った食事や睡眠などによる、栄養バランスやホルモンバランスの乱れや、精神的なストレスによるものです。 どれも、生活する上では誰にでも起こりうるものです。 これらの内的・外的ストレスによって自律神経のバランスを崩し、血行不良や腸内トラブル、ホルモンバランスが乱れて乾燥や湿疹、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなります。 また、ストレスが溜まると、かゆみを誘発する物質である、ヒスタミンが分泌されやすくなるので、かゆみから肌をかきこわして、肌荒れが悪化する可能性も十分考えられます。 外的ストレスによる肌荒れやかゆみの原因 肌荒れやかゆみの症状は、外的なストレスによって「肌を守る力」が失われかけている可能性が高いです。 正常なお肌はお肌の表面にある、潤いを蓄えるわずか0. 02mmの角質層に、水分と油分がバランス良く保たれており、外からの刺激からお肌を守るバリア機能が備わっています。 しかし、紫外線や乾燥した空気、強い風、ホコリ、花粉などの環境的なものや、間違ったスキンケアによる刺激を受けると、お肌を守るバリア機能は低下し、お肌はどんどん敏感に傾いてしまいます。 バリア機能の弱ったお肌は、少しの刺激でもダイレクトに受けてしまうので、健康なお肌よりも受けるダメージが大きく、かゆみや赤みなどを伴う肌荒れが起こりやすいのです。 内的ストレスによる肌荒れやかゆみの原因 栄養バランスの偏った食事や睡眠不足、精神的なストレスなどによって、ホルモンバランスが乱れることも、肌荒れやかゆみの大きな原因となります。 私たちの体はストレスを感じると、交感神経を刺激してストレスを退治しようとします。 交感神経は活動的なときに活発にはたらくので、ストレスがかかると、男性ホルモンを活発化させ、皮脂の分泌を促進させます。 そうすると、皮脂の過剰分泌によってお肌の土台である、ターンオーバーのサイクルを乱してしまいます。 また、女性ホルモンにも影響があります。 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。 ストレスがかかると、お肌を美しく保つために必要な、エストロゲンの分泌量が減ってしまうので、潤いやハリツヤを失って乾燥や肌荒れを招きます。 一方でプロゲステロンは、皮脂の分泌を活発化させるので、これもまたターンオーバーを乱す原因となります。 一時的なストレスであれば問題はありませんが、このような内的ストレスが続くと、常に交感神経がはたらいている状態になるので、緊張状態が続き、肌荒れやかゆみの症状は治りにくくなります。 肌荒れやかゆみを改善する内・外ストレスの対策方法 肌荒れやかゆみの症状には、様々な内・外のストレスが関係しているので、色々な角度からストレス対策をしていきましょう。 外的ストレスの対策方法 環境とうまく付き合っていくことや、スキンケアの見直しによって肌荒れやかゆみの改善が見込めます。 紫外線 紫外線は、外的ストレスの中でも特にお肌へのダメージが大きく、肌荒れやかゆみを悪化させやすいです。 紫外線は、夏だけではなく、1年を通して必要なお手入れなので、毎日日焼け止めや、日焼け止め入り下地を塗る習慣をつけましょう。 特に、紫外線によるストレスが強くなるのは、3月〜10月です。 この時期は、乾燥などの肌荒れや、かゆみなどのお肌トラブルが起こりやすくなります。 曇りの日は、晴れの日の7割、雨の日は4割の紫外線が出ていますし、家の中でも紫外線は入ってくるので、油断せずにUVケアをしましょう。 外出する時は、日傘や帽子、サングラスを活用したり、飲む日焼け止めスプレーやサプリメントも合わせて活用すると良いでしょう。 ひどい肌荒れやかゆみで敏感になっているときは、「敏感肌用」・「赤ちゃんでも使える」・「石鹸で落ちる」といった表示のある、低刺激なものを活用しましょう。 乾燥した空気 乾燥した空気は、お肌の大敵です。 冬場の空気・強い風・エアコン・扇風機・ストーブなどは、お肌を刺激し、乾燥を招いて肌荒れやかゆみなどの様々なトラブルを起こします。 お肌の乾燥や肌荒れを招く環境的要因は、以下のような工夫をして対策をしていきましょう!• 部屋に濡れタオルを干す• 加湿器を使う• エアコンや扇風機の風が直接当たらないようにする• 部屋に湿度計を置く• 強風のときは風が直接当たらないようにマスクをしたり、マフラーで覆う• 着込む・湯たんぽ・ホッカイロなどで暖房を控える 環境的なストレスは、うまく適応していくしかないので、 肌荒れやかゆみを悪化させないためにも是非取り入れてみてください。 エアコンによるストレスから顔の乾燥を防ぐ方法については。 長時間お肌に付着していると、お肌の刺激となって、そこから炎症を起こしてお肌が荒れたり、かゆみが出てくることもあります。 花粉のひどい時期は、外出時にマスクをしたり、外から帰ってきたらすぐに顔を洗って保湿をしましょう。 また、眠っている間も汗をかいたり、ホコリは付着するので、朝の洗顔も忘れずに行いましょう。 スキンケア スキンケアは毎日行うものなので、間違ったやり方で刺激を与え続けると、肌荒れやかゆみを悪化させる原因になります。 洗顔や、タオルで顔を拭くときにゴシゴシと強い圧をかけてしまう• 洗顔をするときは、熱いお湯ですすいでいる• クレンジングはオイルタイプを使っている• スキンケアは化粧水だけ• 角質ケアを頻繁にしている 肌荒れやかゆみによってお肌が敏感に傾いている方は、お肌に負担のかかる洗顔をしていたり、保湿不足や、角質ケアのやりすぎで敏感になっていることが多いです。 食生活 栄養バランスの偏った食生活は、胃腸の不調につながり、乾燥や肌荒れ、かゆみにも直結します。 お肌は腸を映す鏡とも言われており、胃の調子が良く、排便がある時は、お肌も快調なことが多いです。 特に、肌荒れを改善して強いお肌を作るためには、タンパク質・良質な油・ビタミン・ミネラルは積極的にとりたい栄養素です。 タンパク質や良質な油はお肌を保湿して丈夫な土台をつくります。 また、ビタミンは現代人に不足しやすく、ビタミン不足が原因で肌荒れしやすい傾向にもあります。 肉や魚、卵、乳製品などは、タンパク質とビタミンどちらも摂取できるので、おすすめの食材です。 また、バナナや豆乳もおすすめです。 バナナはビタミン豊富で便秘解消にも良いですし、豆乳に含まれているイソフラボンは、美肌に導く女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきがあります。 睡眠不足は、ホルモンバランスを崩して肌荒れにつながります。 私は、不眠に悩んでいた時期があるので、快眠のために、色々な対策をしてきました。 眠る前、30分〜1時間はスマホ・PC・TVは控える• 眠る前は部屋の明かりを間接照明にする• 眠る前はカフェインの入っていない飲み物 ルイボスティー・白湯・ハーブティー・ホットミルク などがおすすめ• ゆったりとした、寝苦しくない服を着て眠る• 眠る直前は、激しい運動・食事・熱いお風呂に浸かるのは控える• アロマでリラックスをする 眠りを誘うネロリや、リラックス効果のあるラベンダーやセドロールの香りがおすすめ!• 英語のラジオに集中したり、快眠の音楽を聴くと眠りにつきやすい• 15時以降の昼寝は夜の睡眠の質を下げるので控える• すると、お肌のターンオーバーが乱れてニキビなどの肌荒れが起こり、敏感になりやすいです。 私は精神コントロールがとても苦手なのですが、色々と実践しているうちに、ストレスとうまく付き合えるようになりました。 ちょっとした秘訣をお伝えしますね! まず、私は食生活と睡眠のコントロールによってストレスがだいぶ改善されました! 規則正しい生活は、気分の浮き沈みを安定させるので、1番の精神安定剤です。 また、自分に合ったストレスを発散する方法をみつけましょう。 ピラティスは結構キツイので良い運動になります。 凝り固まった部分をほぐすので、最初はとても痛いですが、私は血行が促進されて冷えや肩凝りが解消されました。 強いかゆみの対処法 お肌のかゆみは我慢できないですよね。 お肌を刺激してはいけないとわかっていても、かゆみは我慢できずにかいてしまうものです。 お肌をかくと、さらにかゆみが増すという無限ループに陥ってしまうので、とにかく「かかないこと」が1番です。 かゆみの悪化を防ぐためには、かゆみを抑えるために以下のような対策をしてみてください。 保冷剤で冷やす• 乳液やクリームで保湿を強化する• かゆみ止めとしてオロナインを塗る ただ、かゆみがあまりにも強くて収まらない場合は、皮膚科を受診してみてください。 まとめ いかがでしたか?肌荒れやお肌の かゆみの原因の1つに「ストレス」が関係していることがわかりましたね。 ストレスには、外的ストレスと内的ストレスがあり、それぞれが複雑に絡み合ってお肌トラブルを引き起こしているので、様々な角度から対策を行いましょう。

次の

【環境医学研究所】なぜ、かゆい?|かゆみと真剣勝負、かゆみの克服を目指して 順天堂大学大学院医学研究科

かゆみ肌原因

皮膚の病気によるかゆみ• 皮膚の病気ではないもの 全身的なものと、部分的なもの これら2つです。 それぞれ、説明していきましょう。 ・ 皮膚の病気によるかゆみ アトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎・じんましん・水虫・乾癬 かんせん ・アレルギー性の病気など ・ 皮膚の病気ではないもの 全身的のもの…皮膚の乾燥・ストレス・薬の副作用・内臓の病気 部分的なもの…尿道炎・前立腺肥大・トリコモナス膣炎やカンジダ症などの性感染症・内臓の病気・ストレス また、これ以外にも、身の回りのものや習慣にしていることがかゆみの原因になっていることもあります。 例えば、 ・ 飲酒…お酒を飲むことで血液の流れがよくなって、体温が上がりその刺激でかゆくなることがあります。 ・ 入浴…身体が温まり、血液循環が良くなることでかゆみが強くなります。 メカニズムは不明 ・ 汗…よく夏の暑いときに汗をかいて、そのあとにかゆみが増すことがあると思います。 これは、汗に含まれる塩分が肌を刺激してかゆみの原因になります。 皮膚の病気によるかゆみや、皮膚の病気でなくても部分的なかゆみに関しては原因がわかりやすいので、その治療を受けると比較的治るケースが多いです。 しかし、皮膚の病気ではないもので全身的なかゆみに関してはなかなか原因が判明しにくいです。 では、上記で説明した全身的なかゆみの原因として考えられるもののうち、内臓疾患とストレスについて、もう少し詳しく説明していきましょう。 皮膚のかゆみの原因として考えられる内臓疾患とは? 皮膚のかゆみを引き起こす内臓疾患には次のような病気があります。 ・ 糖尿病 とうにょうびょう …血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用が低下することで、血糖値が上がる病気です。 糖尿病の合併症として、かゆみが出ることがあります。 ・ 慢性腎不全 まんせいじんふぜん …腎臓の機能が低下して、体内の老廃物を排泄できなくなる病気です。 腎臓が働かず尿を作り出すことができなくなると、透析 とうせき という治療が必要になりますが、透析を始めると高い確率でかゆみを訴えます。 透析とかゆみの関係ははっきりとしたことは分かっていませんが、尿毒素の問題や様々な合併症によるものが考えられています。 ・ 甲状腺機能異常 こうじょうせんきのうこういじょう …甲状腺の機能が高まる甲状腺機能亢進症では、その症状のひとつとして、かゆみがでることがあります。 また、甲状腺機能が低下する甲状腺機能低下症でも、皮膚の乾燥からかゆみが出ることがあります。 これら以外でも、内臓の病気の症状のひとつとして、かゆみが出ることがあります。 皮膚のかゆみの原因としてなぜストレスが考えられるの? 精神的なストレスもかゆみに関係しています。 下の図を見ながら説明していきましょう。 まず、脳がストレスを感じてしまうと、神経にもその刺激が伝わります。 そして、皮膚の神経の末端から「神経ペプチド」という物質が出てきます。 そして、その神経ペプチドは次に肥満細胞を刺激して、これがかゆみの原因となるヒスタミンという物質を促してしまいます。 このようにかゆみを感じていること自体が精神的なストレスとなり、かゆみをもっと悪化させてしまうのです。 よく、何かに夢中になっている時には、かゆみを忘れていられるのに、何もすることもなく暇な時にはかゆくてかゆくて溜まらないということがありますね。 このことは、精神的なストレスでかゆみがあるときによく見られる現象です。 皮膚のかゆみの原因についてのまとめ 今回はかゆみの原因について説明してきました。 では、まとめてみましょう。 内臓疾患やストレスが原因でかゆみが出ることもある? かゆみには皮膚の病気が原因となることもありますが、それ以外でも内臓の病気や精神的なストレスが原因であることも多いです。 かゆみはここで挙げたこと以外にも、原因として考えられることは本当にたくさんあります。 そして、病院でアレルギー反応などを血液検査などで調べてもらってもそれでもやはりわからないということもよくあることです。 ただ何かの原因で皮膚を掻きすぎたりすると、そのストレスでまた更にかゆみが増すので、せめてそのような悪循環にならないよう、なるべく気を逸らすなどして対応することが大切になってくるでしょう。 最後までお読み頂いてありがとうございました。

次の

皮膚のかゆみの原因は乾燥肌だけじゃない! 原因と対処法を知ろう

かゆみ肌原因

肌の乾燥 肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下します。 バリア機能が低下した状態の皮膚は、外部からの刺激を受けやすくなり、ささいな刺激にも過敏に反応してしまうため、かゆみを感じやすくなります。 乾燥によるかゆみは、秋から冬にかけての空気が乾燥する季節に起こりやすく、低温・低湿になるほど症状は悪化しやすくなります。 また、布団などに入って体が温まると、その温度差が刺激となり、さらにかゆみが増します。 肌は加齢とともに乾燥しやすくなるため、高齢者にも起こりやすい傾向があります。 汗 エクリン汗腺からの汗の分泌量が急激に増えることと、汗口周囲の表皮が肥厚して汗の出口がふさがることで、汗腺や汗管内に汗がたまり、水泡状のあせもができます。 これによりかゆみや炎症反応(赤い発疹など)を引き起こすことがあります。 また、汗に含まれる成分が皮膚を刺激し、かゆみが起こることがあります。 高温多湿な夏の季節に起こりやすいかゆみの原因のひとつです。 虫刺され 蚊・ブヨ・ノミ・ダニ・ハチなどの虫に刺されたり咬まれたりした時に、虫が持っている物質によりアレルギー反応が起きることで、かゆみや炎症(赤み・腫れ)が起きます。 ハウスダスト ハウスダストとは、住まいの中にあるほこりや、カビやダニ、衣類から落ちた繊維や人やペットから出る毛やフケなどが混ざったものです。 ハウスダストが皮膚に触れたり体内に取り込まれたりすることによってアレルギー反応が起き、かゆみを引き起こす場合があります。 かぶれ かぶれとは、何らかの物質が皮膚に直接触れたことによって起こる接触性皮膚炎のことで、かゆみや赤みを伴う炎症が起きることを指します。 かぶれの原因になる可能性のあるものとしては、化粧品やヘアケア製品に含まれる成分や界面活性剤、アクセサリーなどの金属製品、うるしなどの植物や動物などが挙げられ、原因は多岐にわたります。 また、接触性皮膚炎には、原因物質による刺激が原因の一次刺激性接触性皮膚炎と、原因物質によるアレルギー反応によるアレルギー性接触性皮膚炎があります。 薬の副作用 のみ薬や塗り薬など、薬剤を体内に取り込んだことで身体にかゆみが現れることがあります。 多くは薬物に対するアレルギー反応で、薬疹と呼ばれています。 乾燥肌 健康な皮膚の肌表面では、外部の刺激から肌を守るバリア機能が正常に働いています。 しかし、このバリア機能が低下してしまうと、外部からの刺激が肌内部まで入ってくるのを防ぎきれなくなってしまいます。 乾燥肌の人はこのバリア機能が低下しているため、刺激によるかゆみが起きやすくなります。 アレルギー体質 本来、体内に侵入する異物を排除するための免疫機能が、特定の物質に対して過剰に反応し、症状を引き起こしてしまうことをアレルギーと呼びます。 アレルギーを起こしやすい人は体質的に、IgE抗体と呼ばれる物質を作りやすいと考えられています。 ストレス ストレスで体がかゆくなるという人もいますが、そのメカニズムはよくわかっていません。 ただ、アレルギー症状には精神的ストレスの影響で症状が悪化することもあるようですので、注意するといいでしょう。

次の