バラ カイガラムシ。 バラの害虫バラシロカイガラムシやスリップスやヨウトウムシの駆除方法

【害虫】庭木についたカイガラムシを全滅させた方法【駆除】|Ryslily's Blog・りすりり!

バラ カイガラムシ

大発生する前の対処が大切 カイガラムシがどんなものか、 知らない人は え?これって虫なの? バラの枝の柄、ていうか模様じゃないの? 見ているのに気づきもしなかった、 ということもあると思います。 中には全く気にとめてない人もいるでしょう。 なにも悪さをしていないかのように じっとしていますからね。 まるで海岸の岩場のフジツボや マツバガイのように。 実は、カイガラムシ、 じっとしていないものもあるのですよ。 何もしていないように 見えるくらい動きが遅いんです。 大発生するとバラが弱ります。 そうならないように駆除。 歯ブラシを使います。 簡単で効果の高い駆除の方法なんですよね。 ブラッシングがなぜ有効なわけは カイガラムシの生態がわかると なるほど~と納得するはず。 そしてカイガラムシの駆除のコツが つかめると思います。 そのほか、薬剤は使えないのか 効果的な駆除の時期や薬剤はなにを使えばいいか についてもわかりやすく説明したいと思います。 どうぞ最後までご覧になって 駆除のコツをつかんでくださいね。 では、はじめに 生態と被害の症状を詳しくお伝えしますね。 バラのカイガラムシの生態 カイガラムシは 400種以上といわれ700~800種とか… その中で、バラにつくカイガラムシは主に バラシロカイガラムシ。 バラシロカイガラムシは年2回発生します。 成虫メスは受精卵を身体に宿したまま越冬し 暖かくなった4月に産卵。 ふ化したすぐの幼虫は 足があり動き回ることができます。 歩ける時間はほんのわずか。。 茶色い小さな小判のような楕円形の虫です。 やがて、メスは固着場所を決め そのころ成虫となります。 固着場所を決め脱皮した成虫になると 足がなく もう動けません。。 自分で場所決めをしてお食事。 食事はきぬ糸のような細いストローを バラの茎に刺し栄養分を吸いとるという方法。 そして背中にある肛門から 余った養分と排泄物を出し 身体を覆いつくしてその中で過ごします。 これはロウのような物質で 介殻とよばれています。 白い円盤状になるのはそのためなんですね。 丸くて白いもの全体が 虫本体だ思っている人も多いと思います。 実は、丸く白いのはロウは 余った養分と排泄物だったんです! そして、 ロウの中に茶色っぽいカイガラムシがいる。。 ロウに守られながら一生を過ごすのです。 ここまでは、メスのカイガラムシの話。 オスの幼虫は 幼虫はロウのような白い分泌物を出しながら わずかの期間歩きまわります。。 細長い分泌物の端っこに茶色く見えるものが カイガラムシのオスです。 オスの幼虫は、ロウのような 分泌物の中でサナギの時期を過ごして コバエのような羽のある成虫になります。 オスとメスの姿が全く違うなんて 驚きですよね。 カイガラムシの近くを 飛んでいるコバエ、 それはカイガラムシのオスかもしれませんよ。 メスがフェロモンを出し オスと呼び寄せるのだとか。 オスの寿命は数時間から数日と短く その間飲まず食わずで過ごし 口は退化 、 交尾を終えたら死んでしまうのです。 メスも交尾後、 白いロウをかぶったままで卵を産むと 死んでしまいます。 卵は白いロウに守られて やがてふ化。 次の世代になるというわけ。 受精卵を身体に宿し、 産卵していないメスは越冬しその後産卵。 卵は4月にふ化します。 その後6~7月に第1回の成虫となり、 同じプロセスで8月下旬~10月に 第2回めの成虫が発生します。 バラのカイガラムシによる被害 バラのカイガラムシの被害とは どんなものでしょうか? ・汁を吸う ・美観が損なわれる というところでしょうか。 とても小さい虫ですが、 それでも 大量のカイガラムシに汁を吸われると やはりバラの体力も衰えます。 たくさんの栄養分を含んだ管から 汁を抜きとってしまうのですから たまりませんよね。 カイガラムシを駆除するには? ・歯ブラシによる駆除 カイガラムシを駆除するには、 歯ブラシを使います。 かんたんで効果的な駆除の方法は 歯ブラシでこすって落とすこと。 場ブラシの効果を 一番発揮するのは冬剪定のとき。 バラは休眠期に 入っているので歯ブラシでこすっても 生育の妨げになることはないです。 歯ブラシでブラッシングしながら、 カイガラムシをゴシゴシこすって 落としてください。 ブラッシングのコツは、歯磨きと同じように 丁寧に隅々まで、です。 冬なら樹皮をめくってこすり 落としてもいいですが、他の時期はそこまで 深追いしないほうがいいですね。 病原菌が入り込むかもしれないですから。 歯ブラシでこすると けっこう簡単に面白いように取れます。 ポロポロ取れます。 多いときは地面がカイガラムシで 白っぽくなることも… 落ちたカイガラムシが はい上がってこないか心配になりますが、 カイガラムシは足がないので登れません。 そのうえ 歯ブラシでこそげ落とすときに 養分を吸うために突き刺したストロー状の くちばしがちぎれてしまいます。 なので、 はい上がることも養分を吸うことも できず死んでしまいます。 一度で すべてのカイガラムシを 歯ブラシで落とすことは不可能なので でてきたら またこすって落とす、の繰り返しです。 そうやって数を減らしていくのが一番いいと思います。 冬以外の季節でも、 カイガラムシが急に増えた、というときは 歯ブラシでこすって落としていいと思います。 念のために新聞紙などを敷いておくといいです。 ただ、冬以外の時期だと、 介殻の中で卵がふ化しているかも知れません。 その場合 幼虫は足があるので はい上がってくることもあります。 ふ化の期間が1ヶ月以上続くこともあるので 根気よく駆除しないとダメなようです。 ・薬剤による駆除 歯ブラシによる物理的な駆除法ではなく 薬剤で駆除する場合です。 白くて丸い介殻をかぶった成虫メスには ほとんど薬剤は効果がなさそうです。 薬剤を使うのは時期を みさだめる必要があります。 ふ化後歩ける幼虫でいる間しか 薬の効果は望めません。 その期間は10日間ほどです。 なので、最初の幼虫を確認したら 1週間~10日後に薬剤を散布するといいと思います。 他の害虫の駆除と併用で オルトランDX粒剤を株元にまくのも 効果があるようです。 浸透移行性で効果が約1ヶ月続くので ダラダラとふ化が続くカイガラムシ退治に最適。 冬場の越冬成虫にも効く。 これは効きそうです。 近くの園芸店、ホームセンターや、 ネットでは楽天市場などで 購入するといいですね。 どちらも冬剪定のあと12月末~1月中旬に使用。 虫を窒息死させる効果があるようです。 マシン油のエアゾールで 新芽の展葉期以外、いつでも使える薬剤です。 これを噴霧したあと歯ブラシでこすると おもしろいくらいカイガラムシが 取れます。 そうですね。 流れ落ちたろうそくのロウを はがしとるような感覚です。 この殺虫剤はホームセンターや 楽天市場などのネット通販でも入手できます。 価格は700円~1000円以内です。 カイガラムシの予防と対策 カイガラムシは一度発生したら 翌年も発生しやすい虫です。 水やりのときなど、 見逃さないように枝葉も観察するのが 大事ですね。 特に影になったり、 枝の裏側の見えにくく暗いところに 発生するようです。 また、バラが弱ってくると発生しやすいです。 水やりや肥料の量も適切にして 丈夫に育てていきましょう! カイガラムシ駆除は歯ブラシが一番 バラの枝葉につく白い模様。 それは模様ではなく カイガラムシという汁を吸う害虫。 ほっておくと見た目も悪くなるし バラが栄養を吸い取られ弱っていきます。 歯ブラシでブラッシングして こすり落としてしまうのが 一番効果のある方法です。 効果の見込める薬剤もありますが 時期を見計らって使うことが大切です。 よく効く時期は、 カイガラムシがふ化し幼虫になったころ。 どちらにしても根気よく 退治していくことになります。 早めに気がついて駆除するようにしたいですね。 バラが弱ると どうしても、害虫がきます。 我が家にはモンジャルダンエマメゾンという かなり伸びるつるバラがあります。 ずうたいはデカイくせに黒星病に 弱い品種なんです。 トゲもめちゃ大きくてよせつけないぜ! って感じなんですが、黒星病に弱い。 そんなだから、弱ってしまい カイガラムシやテッポウムシを 呼びこんでしまいます。 きっと黒星病で葉を落としてしまい 体力がなくなってしまうのだろうな、 と思っています。 バラは強いので、黒星病は克服していくのですが 病を患っているときに、 害虫から狙われるんですね。 まさに弱り目にたたり目。 モンジャルダンエマメゾンも今年で、3年目。 株も充実してくるころだから、 うまく育てていきたいと思います。 バラは他にも天敵のような害虫がいます。

次の

バラの害虫対策!ハダニ、アブラムシ、カイガラムシの予防と駆除

バラ カイガラムシ

おはようございます。 mymykenshinです。 今日は、バラの各月のお世話について具体的に書いていきます。 当ブログは初心者でも簡単にバラを楽しめるように、品種選定から、管理方法まで以下のサイトにまとめてあります。 是非いろいろ見ていってください。 バラの病気は、ご存知の通り、主にウドンコ病と黒星病です。 そして、かつてバラ栽培をする上で非常に頭の痛い問題でありましたが、最近の傾向ですと、 新品種で病気に強い品種をデビューさせるのが普通になってきましたので、バラの病気は、あまり大きな問題ではなくなっているように思います。 そして、このブログで有機栽培を実施すれば、バラがどんどん強くなりますので、病気になりにくくなりますので、バラの消毒を定期的に行えば、病気は基本的に問題になりません。 一方で害虫問題は、未だに大変です。 殺虫系の農薬って、臭いものが多いので、私は空中に散布したくない。 ところが、バラは放っておくと、どんどん害虫が寄ってきますので、きちんとした対策が必要となります。 困ったことに、害虫対策って、どこのサイトでも、どこの本でも詳しく書いていない。 多分書きにくいところもあるかと。 そこで、私の流儀を一例として害虫対策を書きます。 先に言っておきますが、私は害虫完全駆除を目指していません。 それを目指すと、農薬使用量が跳ね上がるからです。 あくまで大繁殖させない方法を模索しています。 それから、私は自分の庭でしかバラを育てたことがありませんが、周囲の環境で害虫の量も種類も変わってきますので、自分の周囲の環境に適した方法を探すしかありません。 害虫対策で一番重要なのは、生態を理解しておくことです。 冬の間は、いろんなところで越冬しています。 バラの幹の皮の裏とかでも冬眠しているはずです。 したがって対策は冬から始まっています。 1月~2月初旬に、バラの幹全体にマシン油を散布しましょう。 ハダニも、カイガラムシもみんな越冬していますので。 くまなくです。 マシン油は冬以外では薬害が出ますので、冬時期のマシン油がとても重要となります。 粘着くんは、ただのデンプンなので 人には無害です。 かけると固まって気門を封じて退治という流れです。 状況にもよりますが、今年は4月7日~20日ぐらいまで、ポツポツとアブラムシが出ましたので、粘着くんを、その時期に毎週散布していました。 そうしたら徐々に出なくなって、5月後半は、ほとんどみなくなりました。 アブラムシは高温に弱いので、毎年6月入るころには減ってきます。 なので 5月中に大繁殖させなければ勝利です。 この方法だとバラゾウムシは10匹程度つぶしました。 スリップスはほんど見ませんでした。 秋の9月後半以降も同じ虫たちが活躍しますので同様な方法で回避できます。 ハダニも越冬段階で駆除が、その年の発生を抑制します。 そこでアブラムシ対策でもやりましたので1月~2月に、マシン油散布します、 またハダニは、 高温で乾燥を好む ので、換気扇のところとか、冷暖房の送風機のあたりにバラを置かないようにする。 これはとても大切なことです。 そして、夏に気温がガンガン上がるときは、 葉水してあげると良いでしょう それでも、ハダニが発生してしまったら、 その一帯に農薬を集中散布です。 これもすごい勢いがありますので、躊躇は禁物です、 また、ハダニの薬剤耐性はアブラムシよりさらにすごくて、1度の農薬は1度しか効果がありません。 そこで、私の場合、コロマイトとダニ太郎の薬剤を常備しています。 つまり薬剤散布での駆除はチャンスが(たったの)2回なのです コガネガードをしていれば、9割以上は防止できていはずです。 本当に減りました。 ですが、たまに、すり抜けてやられます。 春から秋に、発生を見かけたら、使ったあとの歯ブラシとか使って、ゴシゴシとります。 そうなると結構大変です。 取って、薬剤散布して、 1回じゃ終わらないことが多くて、苦戦するでしょう、 ポイントが冬の処理をきちんとやっておけば、あまり発生しない。 ゴマダラカミキリの息子たちであるテッポウムシ。 株元に産卵して、幼虫は2年間とか株元を食っていて、バラは衰退していく。 ゆっくりやられるので、なかなか発見が難しい。 食べたおがくずを外に出しますので、そのタイミングで見つけるしかない。 見つけたら、薬剤ブシューです。 成虫も見つけ次第殺しましょう。 あまり飛ばないので叩き落して地面で殺したり、網でとって殺すとか。 また 大繁殖させてしまうと、農薬使っても流れが止められないので、予防がとても重要となります。 ちゃんとやっていれば、 冬のマシン油2回、アルバリンとアドマイヤー株元に与える(ローテーションで年4~6回程度)、カイガラムシのフィルムで終わります。 それでも発生したら、粘着くんを大活躍させて、それぞれ個別に対応する。 そんな感じになります。 バラに関すること、栽培の相談事、なんでも気軽に相談ください。 mymykenshin.

次の

バラのカイガラムシの駆除。なぜ歯ブラシ使用が効果的なの?

バラ カイガラムシ

バラシロカイガラムシ 1mm程度の極小サイズのバラシロカイガラムシの幼虫が、バラの茎や枝にくっ付いて養分を吸い取って成長します。 バラシロカイガラムシは、バラから吸い取った養分を体外に排出して白い小さな「貝がら」のようなものを形成して身を守っていますが、この時点でこのバラシロカイガラムシは動かなくなります。 それだけではバラの生育に決定的に影響する訳では有りませんが、厄介なことに見た目が非常に悪くなります。 放置しているとどんどん茎や枝に白い小さな丸が増えていきます。 実は私も最初は生育にはあまり影響ないからと甘く考えて気にせず放置していたら、いつの間にバラシロカイガラムシの被害が広がって多くのバラに被害が広まって大変になってしまいました。 しかも、このバラシロカイガラムシは自分の体を「貝がら」のようなものでコーティングしているので、薬剤が効き難いという特性もあります。 しかしながら、そんなバラシロカイガラムシ対策には決定打がありますが、それは直接的に駆除するということです。 皆さんも苦手な毛虫っぽさもありませんので、簡単に駆除出来ます。 逆に簡単にきれいに駆除できるので、ちょっとうれしく感じるくらいです。 具体的には、歯ブラシや金ブラシで軽くこすればポロポロと剥がれ落ちる バラシロカイガラムシ自体は動けない ので簡単で良いのですが、シーズンによっては新芽が出ているタイミングの時もあります。 その時は新芽を一緒にこすって落としてしまわないように慎重に駆除してください。 スリップス 体調が1mm~2mmの小さなアリのような害虫で、花に入り込んで蜜を吸っています。 このスリップスの最も厄介なのはバラの花に無数に寄生していることです。 特に白っぽいバラだと余計に目立ちますが、濃い赤い色のバラでも目立たないですが寄生しています。 他の害虫のように、生育に影響を及ぼしたり、花が咲かなくなるいという強烈な被害はありませんが、このスリップスの脅威は、繁殖が早く一旦発生すると大量発生してしまうことです。 もしスリップスがいるのに気付かないまま、切花にして花瓶に挿したら無数のスリップスが出てきて家の中でも駆除しなければならなくなりますので、切花の天敵だと考えています。 既に発生してしまったスリップスを物理的に1匹ずつ駆除するのは不可能ですので、発生してしまったバラは早めに摘み取ってください。 また、通常の薬剤散布も有効ですので、大量発生前に定期的な産婦で駆除してください。 ヨウトウムシ ガの幼虫でイモムシみたいな虫です。 昼間は土の中にいますが、夜になると活動し始め、バラの葉っぱや花を食べてしまいます。 その特性から中々発見しづらいのですが、昼間でも堂々と食事している時もあるますので、その時は見つけ次第捕殺してください。 特徴的には限りなく、害虫強敵度レベル2に近い害虫です。 以前、このヨウトウムシを見つけた時にサボって駆除しなかったら、1本の植木鉢のバラ苗の葉を全て食いつくして、丸々とふとったヨウトウムシがいました。 基本的には、薬剤散布でも被害を防げますが、成長したヨウトウムシは薬剤が効き難い場合もありますので、やはり早めの駆除が肝心です。

次の