僕たち が やり まし た マル。 「クソ過ぎてびびる」窪田正孝主演「僕たちがやりました」マル(葉山奨之)の相次ぐ裏切りに「笑っちゃうレベル」女装には「可愛すぎた」|E

僕たちがやりました 第1話 | 見逃し番組はオンデマンド「アクトビラ」公式情報サイト

僕たち が やり まし た マル

現在 2017年8月時点 放送中の人気ドラマ「僕たちがやりました」ですが、その登場人物「マル」について、「 クズすぎる」と話題になっています。 僕やり 僕たちがやりました は、人気漫画「僕たちがやりました」を原作を実写ドラマ化したものです。 どこにでもいる平凡な高校生がイタズラ心で近隣高校に小型爆弾を仕掛け、それが想定外の大爆発を起こしてしまい思わぬ形で爆破事件の容疑者になってしまうという物語です。 マルは主人公トビオの同級生で、同じ学校に通う男子高校です。 爆破事件のきっかけとなったのは、マルが近隣高校のヤンキーにボコボコにされたことでトビオが「あいつら殺そう」と復讐を誓ったことでした。 もちろん本当に殺すつもりはなく、ちょっとしたイタズラのつもりで爆弾を仕掛けることになります。 そもそもヤンキーに目をつけられたのはマルの不用意な発言を市橋 ヤンキーのボス に聞かれてしまったことがきっかけであり、それが原因で連れ去られてボコボコにされたマルを思って仕返しをするという計画が立てられたのです。 この爆破事件はマルが原因で起こったと言っても過言ではありません。 にもかかわらず、その後のマルの言動は理解できないほどクズなのです。 その計画にかかわったメンバーが、死亡者が出るほどの事件に発展しまったことで後悔しおびえている中、その後のマルの言動がクズ過ぎるということで、 ネット上で波紋が広がっています。 ネットで話題になっていたものを3つ紹介。 一つ目に関しては、かなりゾワゾワするものがあります。 ちょっと狂気的というか・・・。 スポンサーリンク Contents• ドラマの時系列に沿って、爆破事件後のマルの言動がいかにクズであったかをあげていきます。 これを読んでいただければ、みなさんもマルの人間性を疑うことは間違いないでしょう 笑。 その表情は恐怖心すら覚えるほどのもので、視聴者にも強い印象を与えています。 理不尽な形で暴力を受け、相手を恨む気持ちは共感できますが、いくら自分をボコボコにした相手だとはいえ、人の死を知って笑えるという神経は異常だと思われます。 普通なら怖くなったり怯えたり、少なくとも後悔はするでしょうが、マルは見事なほどの笑みを浮かべていました。 このシーンから、 マルの狂気的な部分が少しずつ露呈していくことになります。 このシーンを思い出すと、主人公トビオに共感して思わず胸が苦しくなってしまいます・・・。 そのエピソードの発端として、パイセンの提案でタイのプーケットでしばらくの間過ごすということになり、マルはすぐにその提案に乗ります。 トビオもためらいながらついて行くことにしますが、待ち合わせの時間になってもマルは現れず、トビオとパイセンだけでプーケットに発つことになります。 結局その日空港でパイセンは警察に捕まってしまい、プーケットに行くことは叶いませんでしたが、マルだけはその時点で既に連絡がつかなくなっていました。 その後マルはトビオに連絡し、空港に行けなかったことを全力で謝ります。 トビオはそのことを許し、一緒に逃げること、これからの時間を楽しく過ごすためにやりたいことを一緒に考えることを提案します。 しかし次の朝、マルはトビオのお金を持って一人で逃げてしまうのです。 「うらら」というキャバクラ嬢に思いを寄せ、デート という名の営業 を重ねお店でも高いお酒をどんどん入れるのです。 うららに好意を持っていることは誰が見ても分かるほどの熱中っぷりで、うららはそれを利用してマルにお金を使わせます。 マルは結局お金が足りなくなってしまい、店からつまみ出されてしまいます。 そしてうららに「お金がないともう会えない」と言われ、さらにお金を盗むことを決意します。 私は原作を読んでいないのですが、マンガでのマルの顔をみてみると、思わずなるほどと感じてしまいました。 原作ではもう、みるからにクズだというような顔だちで、なんというかはっきり言ってぶさいくです。 この顔でイメージを作っていた原作ファンからすると、 ドラマでのマルはイケメン過ぎると言えるでしょうね。 イケメン過ぎてクズ過ぎるマル、今後どのようなクズっぷりを見せるのか。

次の

【僕たちがやりました】57話「友達になれてよかった」やっと話が動きだした

僕たち が やり まし た マル

漫画「僕たちがやりました」4巻のネタバレ 第28話:いまなにしてんの? 真犯人の取り調べ、市橋がトビオのフリをして蓮子を呼びつける話。 真犯人の供述は筋が通っている。 そのためパイセンは誤認逮捕だった…といったことになる。 まぁ裏があるのだが…(笑) そして市橋達。 何なんでもトビオ達を捕まえたい市橋はトビオが落としたスマホを利用して蓮子を呼び出す。 人質として蓮子を利用しようとしていたのだ。 第29話:死にたくなる 市橋の夢が語られる話。 実は市橋は不良ながら将来パイロットになるため予備校に通っていたようだ。 散々、人に迷惑をかけてきたであろう市橋は自分のことをクソ野郎だと思っていないようだ。 自分だけが大怪我をして夢を失ったことが理不尽だと思っている。 ちなみに最後、市橋と蓮子はトビオを探す約束をする。 市橋はトビオを殺すため。 蓮子はトビオに告白するため。 とにかく二人は協力してトビオを探す約束をする。 第30話:ヤングさん トビオのホームレス生活の話。 警察に追いかけられてヤングといった兄貴的なホームレスに出会う。 そんな憧れを抱き始めた人物に「ケツ貸せ」と掘られそうになるトビオ。 第31話:お前はまだ世界の半分しか知らない 第30話からの続き。 ヤングに襲われるトビオ。 ケツ丸出しになったトビオはヤングに「お前はまだ世界の半分しか知らない」と言われる。 なんのこっちゃ(笑)掘られる直前で蓮子の話をするとヤングは行為をやめる。 そしてトビオに蓮子に会いに行けと伝えるのだ。 完全なモーホー話である。 第32話:MARCH マルがメインの話。 1巻でマルが矢波高に拉致られた時、ケンカさせられた相手「ウンコ」と一触即発になる。 ウンコは京都に修学旅行に来ており道端で偶然、マルを見かける。 ケンカの時の復讐を果たそうとウンコが土産物の刀を手に取りマルに襲いかかる。 第33話:ほころび 32話の続き。 土産物の刀で頭を叩かれるマル。 頭から血を流すが道端にいた周囲の人がウンコを止める。 とりあえずホテルへ逃げるマル。 冷静になり残金などを計算する。 トビオからも金を奪い合計600万円近くあった現金は残り8万円しかなかった。 そしてマルは思いつく。 伊佐美と合流して伊佐美の持っている300万円を盗もうと。 もう超クズ人間に成り果てるマル。 第34話:堕ちる 市橋の矢波高トップ陥落の話。 体が元気だった頃は矢波高のトップは市橋だった。 しかし、爆破事件で車椅子生活になり以前の体に戻れない市橋は今まで従えてきた連中から虐めを受けることに。 学校終わりは蓮子と合流して二人でトビオを探しているようだ。 そんな二人の前にトビオが現れる。 第35話:5月23日 トビオが童貞を捨てる話。 トビオは市橋、蓮子は恋人関係だと勘違いをして逃げ出す。 途方に暮れているとコンビニから今宵が出て来る。 今宵に抱きつき泣くトビオ。 今宵の家に転がり込み二人は体の関係を持つことに。 5月23日トビオは童貞を卒業するのだ。 第36話:殺る気なくなる 各々の人物に展開が訪れる。 トビオは味をしめて今宵と朝からイチャラブ。 マルと伊佐美は合流する約束をする。 市橋と蓮子が一緒にいると矢波高生が登場して市橋がボコられ、蓮子はスタンガンで気絶させられる。 第37話:調いました! 36話の続きと遂にパイセンが登場する。 市橋は蓮子を守るためわざと矢波高生のもっている刃物で自分を傷つける。 気づいた周辺の人間が大声を出し、その場は終息。 病院にて市橋が蓮子に告白する。 場面は変わり、凡下高校の職員室。 ねずっちのように「調いました」と言い教室に現れるパイセン。 なぞかけを披露して4巻は幕を閉じる。 漫画「僕たちがやりました」4巻の感想 パイセンが以前のノリで復活。 この世は金さえあればどうにでもなる。 それを体現できる男。 パイセンが復活したのでジリ貧で逃げ回っているトビオ達も次巻から進展を見せていく。 4巻は市橋がメインといった感じで不良漫画のような男臭い話が多い。 (それでも面白いが)バカでクズい要素が少し和らいだ印象を残すのが4巻なのだ。 見所は個人的にトビオとヤングの話。 そしてトビオの童貞卒業の回ではないだろうか。 意外とリアリティがあり、ちょいエロ要素も盛り込まれている。

次の

【僕たちがやりました】57話「友達になれてよかった」やっと話が動きだした

僕たち が やり まし た マル

そんななか、ヤンキーの巣窟として知られる矢波(やば)高の市橋哲人(新田真剣佑)が仲間に指示し、凡下高の生徒を暴行する事件が頻発。 警察も傷害事件として捜査に乗り出し、刑事の飯室成男(三浦翔平)らが動き出す深刻な事態に。 一方トビオは、幼なじみの蒼川蓮子(永野芽郁)が市橋と朝帰りする姿を目撃し、2人の仲が気になり…。 そんなある日、事件が起こった。 マルが市橋のグループに捕まりボコボコにされてしまったのだ。 血まみれの痛々しいマルにうろたえるトビオたち3人をあざ笑う市橋たち。 怒りがこみ上げたトビオは、翌日、イタズラ半分で矢波高への復讐計画を思いつき…。 (C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)がイタズラ半分で矢波高に仕掛けた爆弾が思わぬ大爆発を起こし、10名の死者が出る惨事に。 不良たちのリーダー・市橋(新田真剣佑)も死亡したと、蓮子(永野芽郁)から聞かされたトビオは動揺し、逮捕されるとおびえる。 そんな中、矢波高の教師・熊野直矢(森田甘路)が犯人を見たと名乗り出て…。 矢波高生とマルのトラブルを知った刑事の飯室(三浦翔平)らが凡下高に現れ、担任の菜摘(水川あさみ)に事情を聞く。 菜摘は凡下高生の関与を否定するが、事件前夜に矢波高から出てくるトビオらを見ていただけに疑念が拭えない。 深刻な状況を悟ったパイセンは、3人を集め事件について一切口をつぐむよう言い含める。 パイセンの提案をのんだトビオらだったが、そのとき、とんでもないニュースが舞い込んで…?(C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ 目の前でパイセン(今野浩喜)が逮捕され、逃げ出したトビオ(窪田正孝)。 だが、自分も捕まるのではないかと怯え学校にも行けず家にも帰れない。 まもなく、空港に現れなかったマル(葉山奨之)から電話が入り、一緒に逃げようと提案。 同じ頃、パイセンは警察で飯室(三浦翔平)の取り調べを受けていた。 飯室は矢波高の教師・熊野(森田甘路)の証言などから共犯者がいると確信。 パイセンを厳しく問い詰めるが…。 病院では、爆発で重傷を負った市橋(新田真剣佑)がリハビリに励んでいた。 犯人とにらむトビオらへの復讐を誓う市橋。 そんな中、蓮子(永野芽郁)から『今から会えない?』というメッセージが。 菜摘(水川あさみ)の話をヒントに「矢波高の教師・熊野(森田甘路)こそが真犯人だ」という疑惑を蓮子に全て話そうと、指定された待ち合わせ場所に向かうが、そこには…。 同じ頃、トビオの金を奪って姿を消したマル(葉山奨之)は熱海に逃れていた。 大金を手にしたのをいいことに夜の街で豪遊するマルは、店で知り合った女性に入れあげ湯水のように金を使っていた…。 一方、伊佐美と再会したトビオは熊野への疑惑を話し、自分たちの無実を証明するために犯行の証拠をつかむ!と、熊野の留守を狙って家に侵入。 そこで、とんでもないものを見つけて…!?(C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ 罪の意識に苛まれながら逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に関係を迫られ、絶体絶命のピンチに!だが、このことをきっかけに蓮子(永野芽郁)への思いに改めて気づく。 蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、市橋(新田真剣佑)とともにトビオの行方を追っていたが…。 警察では、突然出頭してきた真中幹男(山本浩司)に署内が騒然となっていた。 パイセン(今野浩喜)にそっくりのその男は、爆破事件の真犯人だと名乗り、犯行を自供。 飯室(三浦翔平)は、背後で糸を引くある人物の存在を疑い、問いただす。 一方、市橋は久しぶりに登校するが、不良のリーダーとして恐れられていたかつての姿は見る影もなく、矢波高生たちの態度はひょう変。 仲間にまで裏切られ絶望する市橋は、蓮子の変わらない態度に励まされる。 (C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ 爆破事件の真犯人を名乗る真中幹男(山本浩司)が犯行を自供し、パイセン(今野浩喜)は釈放に。 大爆発は真中の仕業で、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。 まもなく、伊佐美(間宮祥太朗)とマル(葉山奨之)も戻り、再会した4人。 同じ頃、菜摘(水川あさみ)が不審な動きを見せていた。 弁護士の西塚(板尾創路)から金を受け取った菜摘は、その夜、帰宅したパイセンの前に現れて…。 一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が事件に何らかの関わりがあるのではないかと疑い、輪島に会いに行く。 数日後、トビオたちは菜摘からデートに誘われたというパイセンの自慢げな告白に驚く。 パイセンはいそいそとデートに出かけていくが、菜摘には全く別の思惑が隠されていた…。 (C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ トビオ(窪田正孝)が運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。 トビオは罪の意識から逃れるように、今までとは違う自分になることを決意。 やけに明るく振る舞うトビオに市橋は戸惑いを隠せない。 ある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。 一方の蓮子は、連絡が途絶えていたトビオに気をもんでいた。 同じ頃、伊佐美(間宮祥太朗)は飯室(三浦翔平)が言い放った言葉に罪悪感をあおられ、事件の被害者たちの家を訪ねては遺影に手を合わせる日々を送っていた。 マル(葉山奨之)は事件のことなど忘れたかのように、クラスメートとのんきにカラオケに出かける日常を取り戻していた。 パイセン(今野浩喜)は、父である輪島宗十郎(古田新太)に会って愛情を確かめようと、菜摘(水川あさみ)のもとを訪ねるが…。 (C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ 蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(窪田正孝)。 飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)のことが気になる。 一方、伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。 ところが、伊佐美の子を妊娠したと告白する今宵から、突然別れを切り出されてしまう。 マル(葉山奨之)は自分を襲った覆面の男の正体を察し、報復に息巻いていた。 パイセン(今野浩喜)は飯室から教えられた情報をもとに、ようやく輪島(古田新太)の居所を突き止める。 そこに向かうとパイセンの異母弟・玲夢(山田裕貴)が輪島の指示を受け、無防備な男を暴力で痛めつけていた。 勇気を振り絞って輪島の前に飛び出し、息子だと名乗るものの…。 (C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ 市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)に飯室(三浦翔平)は追い打ちをかける。 市橋への罪悪感があふれ出したトビオは錯乱状態に。 その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。 同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)にある決意を告げる。 翌日、学校に集まった伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンも、それぞれの思いから自首する覚悟を決めていた。 (C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ ライブ会場に乱入し、大勢の観客の前で「僕たちがやりました!」と罪を告白するド派手な自首をぶち上げた、トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)。 ところが、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失う。 4人が前代未聞の自首を決行する一方、事件の真相を告白する動画にネットは騒然。 動画を見た蓮子(永野芽郁)はトビオを苦しめていた事件の全貌をようやく知り、トビオの元に駆けつけるが、すでにトビオらの姿はなく…。 同じ頃、安否もわからないトビオらを追う飯室(三浦翔平)に、菜摘(水川あさみ)はある重大な事実を打ち明ける。 ささいなイタズラ心がきっかけで、大きな過ちを犯してしまったトビオたち。 犯した罪は認められ、彼らは罪を償う事ができるのか!?(C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ 大量の死者が出た爆弾騒ぎの犯人になってしまったかもしれないという その恐怖から逃げ回る若者たちの姿をコミカルに描く序盤。 お気楽な仲間以外に周囲との接点を持とうとしなかった主人公トビオは 逃亡者となって初めて周囲の人たちをの関わりの重要性を知る。 のほほんとした日常ではありえないほどの成長を遂げる主人公。 被害者との接点を持つことで「事件の重大性」「命の価値」を知り、 二転三転しながらも明らかになる事件の真相とは. キャスティング、ストーリー、テンポと三拍子揃ったなかなかの良作。 【人を呪わば穴二つ】という言葉があるが主人公側の【穴】はやたらと深い。 裁判はもちろん刑務所や少年鑑別所への収監、服役という一連の流れは あくまで法律上の手続きであり「罪を償う」ことと何の関係もないのだ。 人殺しはもちろんだが、人様を傷つけたほとんどの罪は一生消すことなどできない質のもの。 作中では裏社会のドンをつけ狙う女教師ががそうであるように、 被害者や被害者遺族の感情を癒す術もない。 これらの意味で主人公が送るその後の人生はとても重要な意味を持っており、 ハッピーエンドで締めくくる青春モノと一線を画す硬派な造りになっている。 アイドルには全然興味はありませんが、3年A組で川栄李奈さんの演技が素晴らしかったので、彼女の演技見たさに視聴してみました。 以下、ネタバレになりますが、というか、最後まで頑張って見ましたが「僕たちがやりました」のタイトル通りの終わり方で、ストーリーに何のひねりもありませんでした。 しかも、事件を起こした凡下高男子4人組が、どうしようもない人間ばかり。 金にモノを言わせるパイセン、優柔不断で流され易いトビオ、仲間の事を簡単にだますマル、お調子者でセックス依存の伊佐美と、見事なまでの駄目っぷり。 欠点があっても、どこか光る部分があれば救われますが、そういう描写も無し。 これでは、いくら彼らの苦しみや葛藤を描いた所で、ちっとも感情移入が出来ません。 また、矢波高の市橋とトビオの友情 ? も描かれていますが、友達のまるを瀕死な状態までリンチした人間と友達になれますか、普通? ちょっと仲良くなったぐらいで、市橋はいい奴だなんて、無理があり過ぎます。 ドラマなんで、時間が逆戻りしようが、天地が入れ替わろうが、自由にやって貰っていいんですけど、人の心の描写に関して現実にはあり得ない描写をされると、何も心に響いてこなくなってしまいます。 原作はどうなのか分かりませんが、これだけのストーリーなら2時間ドラマでも間延びするぐらいのスカスカ感でした。 視聴率が悪かった原因をエログロのせいにしてますが、そうじゃない。 単純に面白いと思った人が少なかっただけでしょう。 面白い作品でした。 一気に見てしまいました。 主人公たちは故意の事故により人命を殺めてしまいますが、 意図した事件ではないため、そこまで自身を追い込む必要がないかなと観ていて感じました。 交通事故のような事件かなと。 私は自分の生業で生物の命を絶つことが多いですが、 ヒトと動物の命の重さは等価値だと思っています。 その価値観でいうと私は大罪人ですが、平穏な日々を送っています。 日本に住む身近な人間の命にのみ固執する、現状の日本人の心のありようを映した作品の一つかと思います。 キングオブコントの今野さんの演技が竹中直人ばりの存在感で良かったと思います。 他の登場人物も実によくドラマにフィットしているようで、 原作や作品を支える監督や演出の方々の努力が感じられる作品でした。 オススメの作品です。 このような作品を作りあげたすべてのスタッフに感謝です。 ありがとうございます。 むかし教育テレビで「中学生日記」というドラマがありました。 毎回、中学生がなんらかの窮地に陥り、本人や周囲の人の行動を通して視聴者(子供)に考えさせる…というような趣旨の教育番組でした。 この「僕たちがやりました」は、まさに現代版の「中学生日記」であると思います。 登場人物は誰一人完璧超人でも、正義の人でもなく、流されながらそれぞれの人生を歩んでいく。 自分ではどうにもならないことばかりだけれども、ただ一つだけ選べ、選ばなければならないのは、自分自身がどう生きるかということ。 また、俳優さんたちの演技や演出、音楽もすばらしく、小手先でごまかすのではなくいいドラマを作ろう、という制作陣の熱意が見えました。 ただちょっと疑問だったのは、主役の俳優さんの髪型です。 パイセン、マルをはじめ、他は漫画の原作に似せたビジュアルだったのに、主役だけは「俳優さん」の役なのでしょうか。 同じ俳優さんのドラマ「ヒモメン。 」も見ましたが、まったく同じ髪型で同じキャラクターのようでした。 また、昔のマッチに似ている前髪のうるさい刑事さんが出てくるのですが、一人だけ濃すぎでは。。 その上司のいかにも小市民っぽい刑事さんはいい味を出していましたが。。 見ていて不愉快になるけど、今後もこんな感じなのかがんばって最後まで見ようと思います。 そこまでやっちゃいかんでしょっていうことが平気で起きる。 ギャグなのかシリアスなのかさっぱりわからない。 ヤバ高のやってることは完全に犯罪なのに野放しになってるのが不可解。 永野芽郁のキャラは一体何なのか。 爆発で10人?も殺すなよ…。 人数は関係ないけど 不快感あるし取り返しつかなさすぎなのに、主人公たちが脳天気すぎる。 今野浩喜と永野芽郁、川栄李奈はいいけど窪田正孝は相変わらずうるさい演技。 最後まで見てみてツッコミどころを探してみるけど、なんかもうほんといろいろご都合主義満載。 人気ある人出しとけばいいって感じ? * 最後まで見てみた。 とりあえず最近人気のある人の無駄遣い。 窪田正孝と女優をキスさせたいドラマ? なんじゃこりゃ?.

次の