アルコール 消毒 作り方。 無水エタノール消毒液の作り方や使用期限・保存方法をご紹介!

お酒で消毒用アルコールを代用|高濃度アルコールの殺菌効果は? | 男の隠れ家デジタル

アルコール 消毒 作り方

消毒用エタノール• スプレーボトル では、どういった物を購入すればいいのかを、順に説明しますね。 除菌スプレーを作るなら、消毒用エタノールと無水エタノールどっち? エタノールはネットでも買えますが身近なところでは、薬局屋さんに売っています。 薬局に見に行くと、 消毒用エタノールと無水エタノールがあるんですが、どちらを購入してもOKです。 私は、安い消毒用エタノールを買っています。 2つの違いを分かりやすく説明すると 度の違いです。 無水エタノールを水で70%くらいに薄めたものが消毒用エタノール。 消毒用エタノールのほうが最初から水で薄まっている分、安いのです。 のちほど作り方を説明しますが、除菌スプレーはエタノールを水で薄めて作るだけ。 どちらを買っても除菌効果も変わらないので、私は消毒用エタノールで、除菌スプレーを作っています。 「一般社団法人アルコール協会」によると、3種類のうち、純度の高い無水エタノールは電子機器の掃除などに使われる一方、すぐに蒸発するためそのままでは消毒には適していません。 消毒や殺菌に最も適しているのは、濃度を80%前後に薄めた「消毒用エタノール」です。 引用元: 水道水と精製水、どっちがいいの? すぐ使い切ってしまうなら、水道水で十分です。 ただ多めに作って 長期間使うなら精製水が保存が効くので良いですよ。 ちなみに私は、100mlくらいずつくらい作るだけなので、水道水で作っています。 ただ園芸品コーナーに置いてあるスプレーボトルは、水専用のものもあるので 薬品がOKなものを選ぶことがポイント! サニタリーコーナーやお掃除コーナーにあるスプレーボトルだと洗剤用のものが置いてあります。 私は100均セリアで買った洗剤用のスプレーボトルを愛用していますが、問題なく使えていますよ。 ね?簡単でしょう?1分もあれば、誰でもできちゃいます。 手が乾燥してかさついたら、水の量を少し足して調整しています。 ただ、 薄めすぎると消毒除菌の効果が減ってしまうので注意してくださいね。 無水エタノールから消毒液を作る方法について、日本薬剤師会の村松章伊常務理事は「消毒効果を高めるためにはエタノールの割合を60~90%程度にすることが重要なので目安としては、500ミリリットルの無水エタノールに対して精製水を125ミリリットル程度入れて薄めることが必要です」と説明しています。 引用元: 手作り除菌スプレーの使い方 寝る前に塗っておけば、翌日にはふっくらやわらかくなっていますよ~。 「手作り除菌スプレーが心配」「エタノールが入手できなかった」お母さんへ エタノールが売り切れで購入できなかった場合。 もしくは、手作り除菌スプレーだと 「肌が弱いから、手あれやトラブルが心配」 「子供に使わせるのは、ちょっと心配」というお母さんもいらっしゃると思います。 もちろん、水で薄めて濃度を調整するっていう手もあるけれど、あまり薄めてしまうと除菌の効果が発揮されているのかも心配ですし。 そんなお母さんにおすすめの商品を3つご紹介します。 クイーンズバスルーム まず、1つめが クイーンズバスルーム クイーンズバスルームはミスト状の化粧水なんですが、ほとんどの細菌やウィルスを除菌できることが確認されている多機能の化粧水。 赤ちゃんの手肌の除菌、保湿としても安心して使えます。 ハイパーCペット 2つめは、ペットにも人にも優しい消臭水 ハイパーCペット 日ごろ気になる犬や猫などのペットの臭いや、お部屋の生活臭・タバコ臭などをにおいの素から除菌・消臭する香りで臭いをごまかさない除菌消臭剤です。 除菌消臭効果で無臭の無菌空間を作りだし、ウィルスや接触感染から守ってくれます。 東急ハンズでも全店舗に導入している人気商品です。 まとめ 今回の記事では、 消毒用エタノールを使った手作り除菌スプレーの作り方をご紹介しました。 除菌スプレーはエタノールがあれば、簡単に作れます。 除菌スプレーが品薄で手に入りづらい時には、ぜひエタノールを入手して作ってみてください。 作り方はとても簡単で、エタノールと水を次の割合で混ぜるだけです。

次の

アルコール消毒液の作り方7選!手作り代用品で手指の除菌はできる?

アルコール 消毒 作り方

僕も薬局やドラッグストアに行っても、手ぴかジェルを長いこと見ていません・・・ 自家製アルコール消毒液作りに必要なもの アルコール除菌液に必要なのは 商品名 値段 消毒用エタノール(無水) 約1,000円(100g) 精製水 約100円(500ml) この2つを用意すれば完成します。 少しでも殺菌力・保存などを優先するなら、購入した方が良いと思います。 逆に、そこまで神経質にならないという方であれば、自宅の水道水でも問題ありません。 僕ならそこまでは気にしないので、消毒用エタノールを多めに買って、自宅の水道水で作ります。 ただし、水道水には不純物が多いので、作ったらできる限り早めに使い切る必要があります。 また、本日のニュース(4月9日)で「精製水が手に入らない」との情報がありましたが、緊急事態宣言で買いだめなどがあったのかもしれません。 売っているお店 無水エタノール・精製水はドラッグストアや薬局で手に入ります。 ドンキやダイコク・スギ薬局・ツルハドラッグ・ウエルシア薬局などなど。 精製水はココカラファインでは98円で売ってました(2月5日現在) 楽天やアマゾンなどでも販売されていますが、送料が負担になることと、最近は転売目的で価格が上がっているものもあるので、薬局やドラッグストアでの購入をおすすめします。 マスクに関しては僕のところでも品切れ状態で手に入れるのが難しかったので、自宅で作れる手作りマスクを紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。 アルコール消毒液の作り方 アルコール消毒液は容器に入れて作りますが、手洗い用に作るので、スプレータイプがオススメです。 容器になるアドマイザーは100均でOKです。 それでは肝心の作り方ですが、 無水エタノール8:精製水2 この割合で作ってください。 例えばですが、100mlのアルコール除菌スプレーを作る場合は、 無水エタノール80mlに、精製水20mlで完成となります。 ある薬局に行ってみたら、 【無水エタノール:精製水を8:2の割合で割ると、消毒用エタノールと同じ濃度でご利用いただけます】って貼り紙が表示され、大量の無水エタノールと精製水が棚に並んでたよ-。 10mlくらいの香水に使うものだと、使い切りやすくておすすめですよ。 無水エタノールも売り切れてるし機械製品を何で洗浄すりゃいいんだよ! 買い占め許すまじ。 手を除菌するアルコール消毒液の作り方!自宅で作れる新型コロナウイルス予防 国内でも新型コロナウイルス(肺炎)が蔓延しており、すでにマスクや消毒液が品切れになっています。 ドラッグストアや薬局だけではなく、コンビニでも売り切れており、無水エタノールも入手困難になっています。 現状は石けんでの手洗いで対応するしかなく・・・。 当初は専門家も楽観的でしたが、世界中で新型コロナウイルスの感染者が増えており、一刻も早いワクチンや薬の開発が望まれます。

次の

アルコール消毒液の作り方7選!手作り代用品で手指の除菌はできる?

アルコール 消毒 作り方

アルコール除菌スプレーで手のウイルスを消毒! 確かに今のような新型コロナウイルスで世間が賑わってるときでもなければアルコール消毒液をわざわざ買おうとする客はいませんよね。 手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効であることが分かっています。 コロナウイルスの除菌に効果があるのは、 70%以上のアルコール(エタノール)です。 商品でいうと 「消毒用エタノール」がピッタリで、使い方も消毒用エタノールをスプレーボトル(アルコールOKの容器)などに詰め替えて、シュッとそのままスプレーするだけ。 (スプレータイプで売っているものもあります。 ) そのまま使うだけで手や指の消毒が出来るのでとても便利なのですが、今はこの消毒用エタノールもどこも軒並み売切れです。 私も近所のスーパー、ドラッグストアなどを周りましたが、どこにも売っていませんでした・・・。 そこで、 消毒用エタノール(アルコール消毒液)を手作りしてみる事にしました。 用意するものも少なく、作り方もとても簡単なんですよ^^• 無水エタノール• 精製水(もしくは水道水) 両方ともドラッグストア、薬局で売っています。 無水エタノールも品薄になっていますが、消毒用エタノールよりはまだ売っていますよ^^ ちなみに無水エタノールとは 水分をほぼ含まない純度の高いエタノールで、上に書いた消毒用エタノールよりもアルコール濃度が高いものです。 我が家にある無水エタノールにも、エタノールが99. 5%以上と書かれてありました。 じゃあ 「無水エタノールの方が消毒用エタノールよりウイルスの除菌に向いてるんじゃないの・・・?」という疑問が生まれる所なのですが、それが違うんですよね。 無水エタノールはアルコール濃度が高いために刺激が強いのと、揮発性が高く瞬時に蒸発してしまって皮膚にとどまってくれないので、消毒用としては向いていないんです。 ですので、 無水エタノールを精製水や水で薄めて使うというわけですね。 (雑菌が入りやすいので、すぐに使いきる時は水道水、しばらく置いておきたい時は精製水を使って下さい。 ) 「無水エタノール」も 「精製水」もネットでも買えますよ。 無水エタノール80mlを入れる• 無水エタノールに精製水20mlを加える• 混ぜる 私は100均で購入した計量カップをアルコール消毒剤専用として使い、そこで量を計って作っています。 上にも書きましたが 水道水を使用して作る時は、1日分とか少量で作るようにして下さいね。 スプレーボトルは、 「アルコール対応」の商品を使用します。 近くの大きめのダイソーでも売っていましたよ^^ 対応のものでないと、容器が劣化したり中身の成分が変質してしまったりする可能性もありますので、スプレーの容器を購入する時は書かれている注意書きをよく読んでから買って下さいね。 3mlは使用する• 手にしっかりすりこむ 3mlというとなかなかピンとこないかもしれませんが、スプレーで手にかけた場合、手からしたたり落ちるくらいの量です。 香水瓶(アトマイザー)の1プッシュの量は平均して0. 15mlと言われるくらいですから、3mlという量が結構多いことがお分かりいただけるかと思います。 少量ではなく、しっかり必要量は使うという事ですね^^ そして厚労省の画像にも書いてありますが、 手にしっかりすりこむ事がポイントです。 手にシュッシュッとしたあと乾くまで放置ではなく、しっかり手と指にすりこんで下さいね。 具体的には、• 引火しやすいので、火気の近くでは使用しない。 目やその他の粘膜等に触れないよう注意する。 家具・床などの白木、桐、ニス、ラッカー塗装品などに使用しない(シミ、変色の原因)• 直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管• 小児の手の届かないところに保管する 主な注意点はこんな感じですので、参考にしてみて下さいね^^ アルコール除菌スプレーの簡単な作り方まとめ 無水エタノールを使った、アルコール除菌スプレー(アルコール消毒液)の作り方をご紹介しました。 8:2(4:1)の割合で、無水エタノールに精製水(水道水)を加えるだけ! 無水エタノールさえあれば出来るので、簡単ですね^^ 消毒用エタノールが売っていればそれが一番手間がなく利用できて良いのですが、もし売っていない時はご紹介したこのアルコール除菌スプレーの作り方を参考に、手作りしてみて下さい。 アルコール除菌スプレーの使い方は、 量は適量をしっかりと使い、手にすりこむ事です。 お役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の