簿記 よく分かる。 <基礎学習5>簿記の記帳方法「単式簿記」と「複式簿記」を理解する【日商簿記3級】|ニャー子式よく分かる簿記3級<無料Web教科書>

複式簿記とは何か?がよく分かる記事。複式簿記のメリットも詳しく解説!

簿記 よく分かる

例えば• 12月23日に電気代10,000円を現金で支払った• 12月28日に商品Aを30,000円で販売し、代金を現金で受け取った• 12月30日に銀行Aから借り入れた50,000円が当座預金口座に振り込まれた という取引があったなら、 単式簿記では次のように記録ます。 いつ=日付• どうして=摘要• いくら現金の増減があったのか=収入・支出 が端的に記録されています。 単式簿記は、簿記の知識が全くない方でも簡単に始められるのが特徴です。 身近なものでいうなら、家計簿やお小遣い帳、預金通帳が単式簿記の形式になります。 なお、単式簿記は簡単に記帳することができることから、 別名「簡易簿記(かんいぼき)」とも呼ばれています。 単式簿記のデメリット 単式簿記は、とてもシンプルで簡単なのですが残念ながらデメリットがあります。 単式簿記の1番のデメリットは、• 簿記上の取引のうち「資産」や「負債」の残高管理ができない ということです。 そのため、• 借金であっても収入として処理するので「収益」が増えたように見える• 帳簿の内容から「貸借対照表」の作成ができない という弊害が起こるのです。 さて、この単式簿記のデメリットを解消するのがこのあと解説する「複式簿記」になります。 「複式簿記(ふくしきぼき)」を詳しく 複式簿記とは? 例えば• 12月23日に電気代10,000円を現金で支払った• 12月28日に商品Aを30,000円で販売し、代金を現金で受け取った• 12月30日に銀行Aから借り入れた50,000円が当座預金口座に振り込まれた という取引があったなら、 複式簿記では次のように記録します。 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月23日 水道光熱費 10,000 現金 10,000 12月25日 現金 30,000 売上 30,000 12月30日 当座預金 50,000 借入金 50,000 (複式簿記の形式や使用している勘定科目や並びはこれが必須ではありません) 解説 今の記録を解説するとこうなります。 「電気代10,000円を現金で支払った」 は、 原因 電気代(水道光熱費)という「費用」を支払った 結果 現金という「資産」が減った という2面性からできているので、 借方 水道光熱費 (費用の増加なので借方) 貸方 現金 (資産の減少なので貸方) となります。 まだ、「仕訳」を詳しく学習していないので、どのように借方と貸方を判断しているのか謎だと思います。 今はなんとなく解説を読み進めて、を理解してからこのページに戻って読み直してみてください。 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月23日 水道光熱費 10,000 現金 10,000 では、残りも解説しますね。 「商品Aを30,000円で販売し、代金を現金で受け取った」 は、 原因 商品Aを販売し「売上」が増えた 結果 代金の現金「資産」が増えた 借方 現金 (現金の増加なので借方) 貸方 売上 (収益の増加なので貸方) 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月25日 現金 30,000 売上 30,000 となります。 「銀行Aから借り入れた50,000円が当座預金口座に振り込まれた」は 原因 銀行から借り入れをして「負債」が増えた 結果 当座預金「資産」が増えた 借方 当座預金(資産の増加なので借方) 貸方 借入金 (負債の増加なので貸方) 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月30日 当座預金 50,000 借入金 50,000 となります。 さて、先ほども書きましたが、今はまだ「仕訳」について解説していないので、• 取引内容からどうして上のような勘定科目になるのか• どうして同じ勘定科目でも取引内容によって借方と貸方が違うのか などいろいろ疑問があると思います。 次のので安心してくださいね。 【参考】複式簿記の書式例 複式簿記の書式は次のような書式になることもあります。 例1) 借方科目 金額 貸方科目 金額 仕入 1,000 現金 1,000 例2) 借方 貸方 科目 金額 科目 金額 仕入 1,000 現金 1,000 どんな書式であろうと、 複式簿記は必ず左が「借方」右が「貸方」になります。 ちなみに「科目」とは「勘定科目(かんじょうかもく)」のことで、取引内容がどんなジャンルか分るようにつける名前です。 します。 「借方」と「貸方」の左右の覚え方 複式簿記では、必ず左が借方で右が貸方になるのですが、最初はどちらが左右か混乱します。 ですが、簡単な覚え方があるので安心してください。 「借方」と「貸方」を「かしかた」と「かりかた」のように 平仮名になおせば覚え方は簡単です。 「借方」は平仮名にすると「 か りかた」ですよね。 「 り」の はらいが左に向かっているので、 借方は左と覚えます。 「貸方」は平仮名にすると「 か しかた」ですね。 「 し」の はらいが右にむかっているので、 借方は右と覚えます。 ちなみに、借方と貸方という言葉には深い意味はなため、単純に「借方は左、貸方は右」と覚えてしまいましょう。 まとめ さて、簿記の記録方法「複式簿記」はなんとなくでもご理解いただけたでしょうか。 はじめは何のことかよく分からなず、苦手意識があると思います。 ですが、を理解し、何度も問題を解くことで、苦手意識はなくなっていきます。 気負わずに次の学習内容へと進んでいただければと思います。

次の

『女騎士、経理になる。』は簿記・会計の最強の副読書

簿記 よく分かる

例えば• 12月23日に電気代10,000円を現金で支払った• 12月28日に商品Aを30,000円で販売し、代金を現金で受け取った• 12月30日に銀行Aから借り入れた50,000円が当座預金口座に振り込まれた という取引があったなら、 単式簿記では次のように記録ます。 いつ=日付• どうして=摘要• いくら現金の増減があったのか=収入・支出 が端的に記録されています。 単式簿記は、簿記の知識が全くない方でも簡単に始められるのが特徴です。 身近なものでいうなら、家計簿やお小遣い帳、預金通帳が単式簿記の形式になります。 なお、単式簿記は簡単に記帳することができることから、 別名「簡易簿記(かんいぼき)」とも呼ばれています。 単式簿記のデメリット 単式簿記は、とてもシンプルで簡単なのですが残念ながらデメリットがあります。 単式簿記の1番のデメリットは、• 簿記上の取引のうち「資産」や「負債」の残高管理ができない ということです。 そのため、• 借金であっても収入として処理するので「収益」が増えたように見える• 帳簿の内容から「貸借対照表」の作成ができない という弊害が起こるのです。 さて、この単式簿記のデメリットを解消するのがこのあと解説する「複式簿記」になります。 「複式簿記(ふくしきぼき)」を詳しく 複式簿記とは? 例えば• 12月23日に電気代10,000円を現金で支払った• 12月28日に商品Aを30,000円で販売し、代金を現金で受け取った• 12月30日に銀行Aから借り入れた50,000円が当座預金口座に振り込まれた という取引があったなら、 複式簿記では次のように記録します。 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月23日 水道光熱費 10,000 現金 10,000 12月25日 現金 30,000 売上 30,000 12月30日 当座預金 50,000 借入金 50,000 (複式簿記の形式や使用している勘定科目や並びはこれが必須ではありません) 解説 今の記録を解説するとこうなります。 「電気代10,000円を現金で支払った」 は、 原因 電気代(水道光熱費)という「費用」を支払った 結果 現金という「資産」が減った という2面性からできているので、 借方 水道光熱費 (費用の増加なので借方) 貸方 現金 (資産の減少なので貸方) となります。 まだ、「仕訳」を詳しく学習していないので、どのように借方と貸方を判断しているのか謎だと思います。 今はなんとなく解説を読み進めて、を理解してからこのページに戻って読み直してみてください。 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月23日 水道光熱費 10,000 現金 10,000 では、残りも解説しますね。 「商品Aを30,000円で販売し、代金を現金で受け取った」 は、 原因 商品Aを販売し「売上」が増えた 結果 代金の現金「資産」が増えた 借方 現金 (現金の増加なので借方) 貸方 売上 (収益の増加なので貸方) 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月25日 現金 30,000 売上 30,000 となります。 「銀行Aから借り入れた50,000円が当座預金口座に振り込まれた」は 原因 銀行から借り入れをして「負債」が増えた 結果 当座預金「資産」が増えた 借方 当座預金(資産の増加なので借方) 貸方 借入金 (負債の増加なので貸方) 日付 借方 貸方 勘定科目 金額 勘定科目 金額 12月30日 当座預金 50,000 借入金 50,000 となります。 さて、先ほども書きましたが、今はまだ「仕訳」について解説していないので、• 取引内容からどうして上のような勘定科目になるのか• どうして同じ勘定科目でも取引内容によって借方と貸方が違うのか などいろいろ疑問があると思います。 次のので安心してくださいね。 【参考】複式簿記の書式例 複式簿記の書式は次のような書式になることもあります。 例1) 借方科目 金額 貸方科目 金額 仕入 1,000 現金 1,000 例2) 借方 貸方 科目 金額 科目 金額 仕入 1,000 現金 1,000 どんな書式であろうと、 複式簿記は必ず左が「借方」右が「貸方」になります。 ちなみに「科目」とは「勘定科目(かんじょうかもく)」のことで、取引内容がどんなジャンルか分るようにつける名前です。 します。 「借方」と「貸方」の左右の覚え方 複式簿記では、必ず左が借方で右が貸方になるのですが、最初はどちらが左右か混乱します。 ですが、簡単な覚え方があるので安心してください。 「借方」と「貸方」を「かしかた」と「かりかた」のように 平仮名になおせば覚え方は簡単です。 「借方」は平仮名にすると「 か りかた」ですよね。 「 り」の はらいが左に向かっているので、 借方は左と覚えます。 「貸方」は平仮名にすると「 か しかた」ですね。 「 し」の はらいが右にむかっているので、 借方は右と覚えます。 ちなみに、借方と貸方という言葉には深い意味はなため、単純に「借方は左、貸方は右」と覚えてしまいましょう。 まとめ さて、簿記の記録方法「複式簿記」はなんとなくでもご理解いただけたでしょうか。 はじめは何のことかよく分からなず、苦手意識があると思います。 ですが、を理解し、何度も問題を解くことで、苦手意識はなくなっていきます。 気負わずに次の学習内容へと進んでいただければと思います。

次の

簿記検定の種類と難易度の違い、比較で分かる簿記検定徹底解説!【日商・全経・全商】

簿記 よく分かる

そして、複式簿記とは、取引ごとに、ある勘定の借方と別の勘定の貸方とを一つのペアにして仕訳帳に記録していく制度のこと。 複式簿記では必ず一つの取引の貸借(借方・貸方)が一致するように記録するため、すべての勘定の借方合計と貸方合計も結果として必ず一致するという特徴があります。 (この特徴を貸借平均の原理と言ったりします)。 ここまで、簿記及び複式簿記の定義を述べてきましたが、一体全体何を言ってるのか分からない! という人もいるでしょう。 そこで以下の本文で、複式簿記を理解するにあたって知っておきたい最低限の用語の意味を解説して、複式簿記で記帳するメリットまで紹介していきます。 由来は知りませんが、仕訳を帳簿に記帳することを「仕訳を切る」と言ったりします。 「借方」「貸方」とは まずは仕訳の一例を見てみましょう。 (複式簿記の仕訳例はあとで何個か見ます)。 例)A商店へ商品を2万円分売上、2万円は現金で受け取った 借方 金額 貸方 金額 摘要 現金 20,000 売上 20,000 A商店売上 ここはもう単純に「借方(かりかた)」は左側、「貸方(かしかた)」は右側と覚えてください。 ここは覚えるしかありません。 私が簿記を勉強した時は、上記のようなイメージで覚えました。 とにかく「借方=左側」「貸方=右側」です。 仕訳を切る時は、一つの取引を「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」の5つのグループに分けて、その金額的価値と共に借方・貸方に割り振って行きます。 取引ごとに適切な勘定科目名を付してあげないと、資産や負債、経費の内訳を把握することが出来なくなり、何のために仕訳を切っているのか分からなくなります。 ここで「資産・負債・純資産・収益・費用」に分けて、主な勘定科目名を紹介しておきましょう。 資産の意味と例 貸借対照表項目であり、プラスの財産的価値を持つものの総称。 具体例)現金、預金、売掛金、棚卸資産(在庫)、固定資産など 負債の意味と例 貸借対照表項目であり、マイナスの財産的価値を持つものの総称。 具体例)買掛金、支払手形、借入金、貸倒引当金など 純資産の意味と例 貸借対照表項目であり、資産から負債を控除した差額概念であり、 実質的な事業の資産価値を表すもの。 具体例)資本金、資本準備金、資本剰余金、利益準備金、利益剰余金など 収益の意味と例 損益計算書項目。 具体例)売上、雑収入、貸倒引当金戻入額、固定資産売却益など 費用の意味と例 損益計算書項目。 具体例)仕入、通信費や交通費・給与などの経費、固定資産売却損など。 詳細には下記記事でまとめていますので、そちらもご参照ください。 参考:勘定科目とは?一覧形式で紹介【記事未了】 仕訳のルール 先ほど、仕訳を切る時は、一つの取引を「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」の5つのグループに分けると書きましたが、ここでルールがあります。 どんなルールかと言うと「どういう場合に資産項目を借方に持ってくるのか」「どういう場合に負債項目を貸方に持ってくるのか」という「借方・貸方」への振り分けルールですね。 そのルールがこちら。 注:PL項目である収益及び費用に関しては、総額主義的な考え方を取るため、注を付した「収益の消滅」「費用の消滅」という項目が発生することはほとんどありません。 たとえば、先ほど見たこちらの例の仕訳を切ってみましょう。 例)A商店へ商品を2万円分売上(収益の発生)、2万円は現金で受け取った(資産の増加) 正解はこちらです。 借方 金額 貸方 金額 摘要 資産 現金 20,000 収益 売上 20,000 A商店売上 資産の増加は左側(借方)、収益の発生は右側(貸方)に記録するだけ。 で、 資産が増加する時は借方、資産が減少する時は貸方 負債が減少する時は借方、負債が増加する時は貸方 というルールも覚えるほかありません。 簿記の基本原則です。 逆に言うと、このルールを体に叩き込めばあとはもうパズルのように仕訳を切って行くことが可能になります。 覚えましょう。 ここを理解しておけば、貸借対照表と損益計算書も理解しやすくなります。 貸借対照表(BS とは 貸借対照表とは特定時点における事業の財政状態を表すものであり、ストック項目である「資産・負債・純資産」の残高を表すものです。 資産項目は借方に、負債と純資産を貸方に配置します。 貸借対照表の貸借合計は必ず一致する(バランスする)ようになっていますので、別名バランスシート(Balance Sheet と呼ばれ、BSと略称表記することもあります。 こちらがイメージ図です。 貸借の合計が45万円で一致していますね。 貸借対照表を見ることで、すでに販売済みだけでまだ入金されいない売掛金の金額や仕入先に支払う必要のある買掛金の残高が分かります。 損益計算書(PL とは 損益計算書とは、1年間の損益状況を表す決算書であり、フロー項目である「収益」と「費用」によって表されます。 費用は借方に、収益は貸方に配置し、収益から費用を差し引いた差額が利益(又は損失)として表示されます。 ちなみに英語表記はProfit and Loss statement、略してPLです。 イメージ図は以下の通りです。 損益計算書を見ることでいくら儲かったのかが分かるようになっています。 イメージ図では10万円の利益が発生していますね。 ちなみに、損益計算書で計算された当期純利益は、貸借対照表上では利益剰余金として表示され、貸借対照表の貸借がバランスすることに一役買っています。 複式簿記による仕訳事例 では複式簿記の基本が分かったところで、いくつか仕訳事例を見ていきましょう。 仕訳する時は先ほどのルールを守って下さいね。 再掲しておきましょう。 借方 貸方 資産の増加 資産の減少 負債の減少 負債の増加 純資産の減少 純資産の増加 収益の消滅( 注) 収益の発生 費用の発生 費用の消滅( 注) 例1)10万円の商品を掛けで販売した 借方)売掛金 100,000 /貸方) 売上 100,000 収益の発生は「貸方」、資産の増加は「借方」に記帳です。 例2 5万円分の商品を現金払いで仕入れた 借方)仕入 50,000 /貸方) 買掛金 50,000 例3 簿価15万円の固定資産を現金20万円で売却した 借方)現金 20万円 / 貸方)固定資産 15万 / 貸方)固定資産売却益 5万 例3は差額の概念が出てくるので少し難しいかもしれませんね。 私の経験上、簿記は書かないと覚えられません。 ノートに仕訳を何回も何回も書いて体で覚えましょう。 個人事業主であれば、例題レベルは日商簿記3級くらいでOKです。 なぜなら、 複式簿記では貸借対照表項目の管理が行えるからです。 一方で、単式簿記(簡易簿記)では基本的にBS項目の管理を目的としておらず、貸借対照表を作ることも困難です。 ここで、個人事業主として小売業・卸売業を営んでいると仮定しましょう。 人員はオーナー1人と従業員1人の合計2人。 単式簿記(簡易簿記)では資産項目の管理をしませんから、従業員が仮に在庫を横領していたとしても気付けません。 しかし、複式簿記による帳簿付けを行い在庫残高を適切に把握しておけば、原因不明の在庫消失に気付くことが可能になります。 このように複式簿記による帳簿付けは不正防止に役立ちます。 もちろん、上記事例はただの参考事例ですよ。 「在庫帳」を別途作っているのであれば、単式簿記(簡易簿記)であったとしても不正や誤りに気付くことが出来ますしね。 とは言え、 単式簿記(簡易簿記)は極端に言ったらどんぶり勘定の帳簿付けなので、不審な動きがあっても数字に表れてこないので気付きにくいです。 そういう意味では、「借方」「貸方」という概念を用いて全ての取引に関して貸借が一致するように記帳していく複式簿記の方が、不正や誤りに気付きやすいというメリットがあります。 (参考記事:)。 青色申告者の控除額の違い• (実際には所得控除項目が別途控除されます)。 ちなみに、青色申告特別控除の節税効果を税率別に並べると以下のようになります。 単年で考えると小さな金額ですが、これが10年だと82. 5万円、20年だと165万の差になりますから非常に大きいですよね。 複式簿記での帳簿付けが如何に優遇されているか分かるでしょう。 極端に言えば、単式簿記では「売上の入金」も「借入による入金」もただの「入金」として扱われます。 その入金が発生した原因は単式簿記では分かりません。 注:もちろん別途売掛帳とか借入金元帳を作成していれば別ですけけどね。 そうすると極端な話、本来なら借入金の返済原資として取っておくべきだった現金まで使い込んでしまう可能性があります。 単式簿記ではBS項目は把握しませんからね。 しかし、複式簿記ではBS項目も把握しますから、上記の事例のようなミスは発生しません。 (極端な例で恐縮ですが・・・)。 また、正確な貸借対照表・損益計算書があれば詳細な経営分析が可能となるため、どのような戦略で進めていけば利益を出せるようになるのか?どのような処理をすれば財務状況が改善されるのか?などを精緻に検討することが可能となりますよ。 エクセルVS会計ソフト~複式簿記での帳簿付けはどちらでやるべき? ここまで読んでくれた方であれば、複式簿記での帳簿付けをやってみようかな!と考えている人も多いでしょう。 では、帳簿付けはエクセルと専用の会計ソフトのどちらでやるべきなのでしょうか? エクセル簿記の特徴• 基本料金無料• 年度更新や仕訳行の追加は有料(現時点で2,200円の買い切り)• 仕訳を切るだけで自動で決算書の作成が可能 特に、開業初期は資金面への不安から安くで済むエクセルの方を選びたくなります。 しかし、やはりコスパで考えると専用の会計ソフトの方に軍配が上がりますよ。 しかし、複式簿記で帳簿付けを行って青色申告を行えば、最低でも82,500円分の節税効果があります。 加えて、自動仕訳機能や明細の取込機能があるため、エクセルでやるよりも大幅な時間短縮に繋がります。 本業に割く時間を増やすという観点からも会計ソフトを導入することをおすすめします。 ・ ・ ・ あたりのクラウド会計ソフトがおすすめです。

次の