日本se 年収。 【SEの年収は低い】システムエンジニアが給料を上げる方法!

プログラマーとシステムエンジニアの年収!低いの?高いの?SEが暴露!

日本se 年収

賃金構造基本統計調査から算出し、システムエンジニアの年収が判明しました! 過去5年間の統計データをもとに、この記事では大きく3つのテーマについてご紹介します。 ・システムエンジニアの平均年収 ・調査データを基にした、年齢・男女・企業規模・業種による年収の差 ・年収1,000万円を目指す方法 システムエンジニアに求められるスキルや、年収を上げるために身に付けておきたい知識も紹介しています。 ぜひ参考にしてください。 システムエンジニア(SE)の平均年収過去5年間の推移 システムエンジニア(SE)と全職種の平均年収 厚生労働省が発表している(平成29年)をもとに、システムエンジニア(以下:SE)の年収を算出しました。 8万円となっています。 全体の平均年収が 454. 5万円なので、SEの年収は比較的高い水準にあります。 過去5年間の推移を見ても、500万円を超える高い水準をキープしていることが分かります。 2019. 18追記 不正調査問題とは関連性のないデータを使用しています。 【年齢・男女・企業規模・業種別】もっと知りたい!システムエンジニア(SE)の年収 先ほどのグラフでは、SEと全職種の平均年収を比較しました。 ここからは、年齢・男女・企業規模・業種ごとのSEの年収を比較します。 2-1. 年齢ごとのシステムエンジニア(SE)平均年収 20代前半(20~24歳)の平均年収は 339. 7万円で、400万円には届きません。 若いうちはSEとしての経験も実績も少ないため、年収が低いのもやむを得ないでしょう。 20代後半になると 441. 1万円とやや増えますが、ここで年収をグッと引き上げるためには、スキルを習得して自分の付加価値を高めることが求められます。 30代後半では 539. 7万円となり、500万円台に到達します。 40代になると、個人のスキルや所属する会社の関係もあるため年収の差はケースバイケースですが、平均すると40代後半では 605. 5万円になります。 50代で 632. 3万円と、年収のピークをむかえます。 2-2. 年齢・男女ごとのシステムエンジニア(SE)平均年収 男性システムエンジニア(SE)全年齢の平均年収は最大 667. 8万円。 女性システムエンジニア(SE)全年齢の平均年収は最大 619. 4万円。 男性は40代、女性は50代に年収のピークをむかえます。 2-3. 企業規模ごとのシステムエンジニア(SE)平均年収 企業規模別で見ると、10~99人規模の企業におけるSEの平均年収は 484. 8万円、100~999人規模では 528. 4万円、1,000人以上の規模では 607. 6万円となっています。 2-4. 業種別平均年収 転職サービス「リクナビNEXT」のTech総研がエンジニアを対象に調査を行い、ソフト系・ハード系に分けて業種別にエンジニアの年収を公開しています。 ソフト系において、最も平均年収が高い業種は 金融・保険系で 744万円となっています。 次いで、 外資系SIer/NIer、コンサルティングファームが 689万円、 総合電機メーカーが 660万円の順です。 ハード系に関しては、最も平均年収が高い業種は 金融・保険系で 790万円となっています。 次いで、 専門コンサル系が 700万円、 医薬品・化粧品メーカーが 623万円です。 参考サイト: ソフト・ハードともに金融・保険系がトップとなっています。 システムエンジニア(SE)の年収が高い理由 前章でも書いた通り、SEの年収は平均よりも高額です。 これにはいくつかの要因があります。 第一に、IT業界全体が人手不足だからです。 ITが多くの業種に広がるスピードに、IT人材の数が追いついていない状況にあります。 高い給与を支払ってでも確保しておきたいと考える企業は少なくないでしょう。 SEは専門スキルを必要とするため、簡単に参入できる分野ではありません。 参入障壁が比較的高い分、給与も高くなります。 残業が多いことも、年収を押し上げる原因になっています。 納期が近づくと残業が増える傾向にあり、残業代が上乗せされる分年収が高くなるのです。 システムエンジニア(SE)に求められるスキル・知識 SEになるために求められるスキルや知識はさまざまですが、最低限必要と考えられるものが主に3つあります。 それは、 コミュニケーション能力・論理的思考能力・システムに関する幅広い知識です。 1つずつ説明していきます 4-1. コミュニケーション能力 SEはクライアントやプロジェクトメンバーとやりとりすることが多いため、コミュニケーション能力が重要なスキルになります。 要件定義や仕様をプログラマーに伝えるのもSEの仕事です。 この段階で行き違いが生じないよう綿密な意思疎通が求められます。 また、クライアントの要望を聞き取り、クライアントが抱える問題の解決策を分かりやすく説明する必要もあるのです。 4-2. 論理的思考能力 SEの業務である、要件定義・要件分析、システムの設計には論理的思考能力が必須です。 そして、クライアントが抱える問題に対して、論理的に解決案・改善案を提示する必要があります。 問題解決までの道筋を合理的に説明できなくては、クライアントを納得させることができません。 4-3. システムに関する幅広い知識 システム設計・開発の知識だけではなく、SEはプログラマーに指示を出して管理するため、ある程度プログラミング言語について知っておかなくてはいけません。 ハードウェア・ソフトウェア、データベースなど、プログラミング以外の知識も必要です。 また、IT業界はトレンドの移り変わりが極めて速く、常に新しい情報をインプットすることも大切です。 年収1,000万円を超えるための方法 SEの年収は比較的高いとはいえ、年収1,000万円を超えるのは容易ではありません。 ここでは、年収1,000万円を超えるにはどのような知識・スキルを身に付け、どのようなキャリアを積めばよいのかを説明します。 5-1. プログラミング言語を習得する プログラミングはプログラマーの仕事であり、本来はSEの業務ではありません。 しかし、プログラミングができるSEであればプログラマーからの信頼も厚くなります。 高いプログラミングスキルを持つSEは希少であり、市場価値も高くなります。 5-2. 経営の知識を身に付ける 経営者の視点で仕事ができる人材はまれであり、経営者にとってありがたい存在です。 そのような人材になるためにも、技術的な知識だけではなく、経営戦略やマーケティング、会計などの知識を身に付けておきましょう。 フリーランスとして独立したときにも、経営の知識は大いに役立つはずです。 5-3. 転職する IT業界において、転職は年収アップにつながりやすいといえます。 前述した通り、IT業界は人手不足のため、ある程度高い給与を払わないと優秀な人材を確保できません。 したがって、優秀な人材であれば大幅な待遇アップも可能となっています。 さきほど紹介した通り、金融・保険系や外資系SIerは給与が高いので、それらを目指すのもよいでしょう。 5-4. フリーランスになる ある程度企業で実力・経験を積んだら、フリーランスを視野に入れてみましょう。 フリーランスでの案件には、月100万円を超えるものも少なくありません。 自ら仕事を取る必要はありますが、フリーランス向けの仕事紹介サービスなどもあります。 5-5. コネを作る 仲介業者を通すよりも、直接仕事を請け負った方が単価は高くなります。 直接受注を獲得するためにも、幅広い人脈を作っておきましょう。 フリーランスになる場合も、人脈の広さが成功の鍵となります。 知識や経験だけで仕事を取ることは困難です。 できるだけ多くの人と、仕事を紹介してもらえる関係を築くことを心掛けましょう。 5-6. 一人で何らかのシステムを構築・運用する経験を得る 上流から下流までのシステム構築・運用の経験を持つSEは多くありません。 一人でシステム開発一連の業務を経験すれば、ネットワークやデータベース、プログラミングなど幅広い知識を身につけることができるのです。 このような経験豊富な人材を求めている企業も多く、転職時に高く評価されます。 フリーランスになった場合も、幅広い案件を受けやすくなります。 5-7. 顧客と従事者満足度を上げる対人関係構築力を磨く ビジネスシーンにおけるコミュニケーション能力も重要ですが、ビジネスの壁を越えた対人関係構築力があると信頼がさらに厚くなります。 平たくいえば、相手と親しい仲になれるくらいのコミュニケーション能力です。 親密な関係を築けば、クライアントは仕事を依頼しやくなります。 職場においても、より良い人間関係を構築すれば働きやすい環境になり、従事者満足度の向上につながります。 クリーク・アンド・リバー社ではSEの転職を支援しています。 「もっと条件の良い会社に転職したい」「スキルに見合った企業に転職したい」などのご希望がありましたら、ぜひご相談ください。 システムエンジニア(SE)におすすめの資格 SEの仕事に資格は必須ではありませんが、保有しておくと評価が上がる可能性もあります。 資格取得には業務だけでは身に付かないような知識も必要となるため、知識の補完に役立ちます。 ここでは、SEにおすすめの資格を紹介します。 6-1. 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(国家資格) IPA(情報処理推進機構)が開催しており、「情報処理技術者試験」の一区分です。 IT系の資格の中でも、多くのエンジニアが取得しています。 基本情報技術者試験では、高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能が問われます。 応用情報技術者試験は、応用的な知識・技能が問われる資格試験です。 これらの資格を取得しておけば、技術から管理、経営まで幅広い知識と応用力を身に付けることにつながり、システム開発、IT基盤構築などの局面で高いパフォーマンスを発揮することができるでしょう。 受験資格 制限なし 問題形式 多肢選択式(四肢択一)、記述式 受験料 5,700円(税込) 6-2. ITコーディネータ ITコーディネータ協会が主催する資格制度です。 ITと企業経営の知識を兼ね備え、IT戦略における意思決定を支援するのがITコーディネータです。 受験資格 制限なし 問題形式 多肢選択式 受験料 19,440円(税込) 6-3. オラクルマスター Bronze~Platinum オラクルマスター ORACLE MASTER とは、オラクル社の実施している資格試験の総称です。 この資格試験では、オラクル社製品についての知識が問われます。 一般に「オラクルマスター」と言うと、「ORACLE MASTER Database」のことを指します。 オラクルマスターには、データベースの管理・運用・保守やSQLの知識が必要で、難易度は「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の4つがあります。 受験資格などは難易度によって異なるので、詳しくはをご覧ください。 6-4. マイクロソフト認定プロフェッショナル MCP マイクロソフト社が実施する、マイクロソフト製品に対する知識と技能をレベル別に認定する試験です。 IT プロフェッショナルとデベロッパーの技術的な専門知識が検証されます。 マイクロソフトの製品、テクノロジー、ソリューションについて幅広く取り扱います。 ランクは、主に「MTA」「MCSA」「MCSE」があります。 試験によって詳細は異なるので、をご覧ください。 6-5. シスコ技術者認定 シスコ技術者認定プログラムは、ネットワーク機器大手シスコシステムズ社が展開している資格試験で、ネットワークに関する知識が問われます。 レベルは5つに分かれていて、試験の詳細はランクによって異なります。 詳しくはをご覧ください。 特に最高位の アーキテクト(Cisco Certified Architect)は、グローバル組織における複雑化するネットワークをサポートする能力や、ビジネス戦略をより効果的かつ革新的なテクノロジー戦略につなげる能力を認定します。 この資格を保有していれば、世界的に認められるハイレベルな技術の証明となります。 システムエンジニアの資格についてもっと詳しく知りたい方は、をご覧ください。 まとめ SEの年収は高水準にあり、今後もこの水準をキープすることが予想されます。 この記事で紹介した知識やスキルを身に付ければ、年収1,000万円を超えるのも夢ではありません。 高収入を目指して、さっそく行動を起こしてみてはいかがでしょうか? 知識を深めるための勉強時間を設けたり、転職活動の準備を始めたり、すぐにできることもあります。 時間に余裕があれば、紹介した資格を受験するのもよいでしょう。 各分野の知識を深める手助けになります。 クリーク・アンド・リバー社ではSEの求人を紹介しています。 「もっと条件の良い会社に転職したい」「スキルに見合った企業に転職したい」などのご希望がありましたら、ぜひご相談ください。

次の

【脱IT土方】SE転職で年収1000万円を達成する方法を教えるクマ

日本se 年収

気になる項目をクリック• 1.ブログラマーの年収は416万 平成29年の「」によると、 プログラマーの平均年収は約416万円です。 月額給与は296,800円、年間賞与は599,300円です。 ちなみに平均年齢は32. 一般的なサラリーマンの平均年収は約430万円だと言われていますので、そこと比べると10万円程度、プログラマーは年収が低いという結果です。 それでも微々たる差ですので、サラリーマンと同額の年収は期待できるといえます。 プログラマーは大規模企業が年収は高い プログラマーの年収は、 勤務先の企業の規模が大きくなるほど高くなるという傾向があります。 100人未満の事業所に努めるプログラマーの平均年収は392万円であるのに対し、100人以上999人未満の事業所になると415万円に上がります。 さらに1,000人以上の事業所となると498万円まで上昇します。 大規模企業のプログラマーの年収が高い理由として考えられるのは、大規模企業は、官公庁や大企業から、大規模なシステムを受注しているためだと言われています。 大規模システムは10億、100億単位での受注になることも多く、必然的にプログラマーの年収も高くなります。• プログラマーの女性は年収が上がりにくい 統計結果から判断すると、プログラマーの女性は男性と比べて、年収が低いです。 平成29年に厚生労働省が行った「」によると、 男性の平均年収が425万円、女性の平均年収は372万円と男女で開きがあります。 賃金構造基本統計調査では、55〜59歳の女性プログラマー(企業規模10人以上)の「年間賞与その他特別給与額」が1936. 3(千円)で値が大きすぎる(ミス?)ため女性の給料が大きく見えますが、実際は女性の給料の方が低いです。 また男女別の年収ピークは、男性が583. 3万円、女性が497. 3万円という結果になり、100万円近くの差が生じてきます。 ピーク時の年代は男女ともに55~59歳です この理由は確定的なことは言えませんが、女性は男性と比べて管理職に就く機会が少ないためだと考えられています。 女性は結婚や出産で職場を離れる場合が多いですので、必然的に管理職への昇進の機会が減るのです。 2.プログラマーとSE システムエンジニア との違い プログラマーと似た仕事に、SE システムエンジニア という職業があります。 どちらもIT業界の仕事で、システム構築に携わるという共通点があります。 ここでは、プログラマーとSE システムエンジニア の年収や仕事の違いについて説明していきます。• 年収はSEの方が多い 「」によると、 SEの平均年収は約550万円です。 プログラマーと比べると、約120万円程度高いという結果です。 SEのほうが年収が高い大きな理由は、 平均年齢がSEのほうが高いためです。 この調査に限っての話ですが、プログラマーの平均年齢は31. 9歳、SEの平均年収は36. 4歳となっています。 企業勤めの場合、年齢が上がれば上がるほど年収も上がる傾向がありますから、平均年齢が上がれば年収も高くなります。 SEのほうが平均年齢が高いのは、若いうちはプログラマーで経験を積んだ後にSEになる人が一定層いるためだと考えられています。 次はプログラマーとSEの仕事内容の違いについて、説明していきます。 プログラマーはシステム設計に集中 プログラマーは、 プログラミング言語を使って様々なソフトウェアを作ります。 物流や金融システムからWEBサイトやアプリケーションに至るまで、プログラマーが作ることの出来るソフトウェアの種類は多いです。 プログラムのもととなる設計案を考えるのはSEの仕事で、その設計案を自分なりに読み解いてプログラムに変換していくのがプログラマーの仕事です。 システムに最適なプログラミング言語を選ぶ、などの専門的な分野までプログラマーは関わります。 専門的な知識は必要ですが、その分ある程度自分の好きなようにプログラムを組めますから、やりがいがあると言えます。• SEは上流工程や交渉を担当 新しいソフトウェアを開発するとなった時、まず動き出すのはSEです。 クライアントがどういったシステムを構築してほしいか、 そのニーズをヒアリングなどを行い、正確に把握し、必要となるプログラムの基本設計をします。 どれぐらいの期間や費用がかかるかを見積もり、 クライアントと交渉を行います。 プログラマーが作業しやすいように、決定した基本設計案をプログラミングで実現できる段階まで落とし込むのも、SEの仕事です。 このようにSEはソフトウェアの設計全体に関わりますので、システム開発におけるディレクター的な存在だと言えます。 3.プログラマーの働き方別年収 プログラマーの働き方もいくつかあり、大きくわけると「正社員」「派遣」「フリーランス」の3つに分かれます。 どの働き方を選ぶかで、年収も大きく変わりますから、その点について説明していきます。 正社員プログラマー:年収500万円 どこかの企業に正社員として勤めるプログラマーの場合、 勤務先によっては、年収500万円を達成できます。 プログラマーは大企業のほうが、年収が高くなるのは先に述べた通りです。 会社の規模以外に影響してくるのが、企業の業務内容です。 例えば、自社開発ソフトが売れている企業は、プログラマーの年収を高めに設定しています。 多くの人が使うソフトウェアであったり、独自の技術を使って開発したソフトウェアを持っている企業はソフトが売れます。 ソフトウェアは開発費を回収してしまえば、あとは利益が増えていきますから、プログラマーの給料にあてる余裕も十分あります。 派遣プログラマー:年収300万円 派遣プログラマーとして働く場合、 年収350万円程度が平均です。 派遣とは、労働契約は派遣会社と締結しますが、労働力の提供や仕事上の指示は派遣先の企業で行われるという労働形態です。 派遣の場合、派遣先の企業からすると自分のところの社員ではありませんから、正社員と比べ、どうしても給料は安くなってしまいます。 派遣も大きく「一般派遣」と「特定派遣」の2つの形態に分かれ、「特定派遣」のほうが年収が高いとされます。 特定派遣 一般派遣 年収 600万円 120万円 特徴 派遣会社の正社員として雇用されるので派遣期間が終わっても継続して働ける 多くのプログラミング言語を操ることができるなど特殊な能力を有している場合、企業も高年収の条件を用意している 派遣期間が終了したら派遣先企業、派遣元企業の両方との労働契約が終了 アルバイトやパートと同様、時給で支払われるので給料は低い 仕事内容 ソフトウェア開発の下流工程を担当 ソフトウェア開発の下流工程を担当 フリーランスプログラマー:年収1,000万円を超すことも可能 フリーランスプログラマーとして成功した人は、 年収1,000万円を超すことも可能です。 フリーランスとは特定の企業に所属せず、仕事や時間単位で、色々な企業と契約を結びながら働くことです。 フリーランスは言うなれば自由業ですので、個々の能力によって収入が変わってきます。 フリーランスはプログラマーの働き方のなかで、一番高年収が期待できる働き方です。 しかし、仕事を得られないなど失敗してしまうと収入がゼロになるリスクもあるので、不安定な働き方ではあります。 仕事を自分で取ってくる営業力が必要となりますので、フリーランスを目指す際は、自分に適性があるかよく考えてから行動に移しましょう! 次は、programmerの言語別年収について説明していきます。 4.プログラマーの言語別年収 プログラミング言語は色々と種類があり、どのプログラミング言語を扱うことができるかによっても、年収は変わります。 ここでは主要なプログラミング言語別の年収をまとめましたので、自分がどの言語を選ぶか迷っている方などは参考にして下さい。 あわせて読みたい perl:年収633万円 ランキング第2位は「perl」という言語で、 平均年収は633万円です。 「perl」は幅広い求人がある定番の言語であり、安定の地位を築いています。 しかし、時代の変化とともに、他の言語も一緒に身に着けるプログラマーが増えています。 Ruby:年収606万円 ランキング第3位は「Ruby」という言語で、 平均年収は606万円です。 「Ruby」は日本発の言語で、文法が容易だという特徴があります。 また、設立したばかりのベンチャー企業の求人が多いという特徴もあります。 C言語:年収597万円 ランキング第4位は「C言語」という言語で、 平均年収は597万円です。 Javascript:年収555万円 ランキング第5位は「Javascript」という言語で、 平均年収は555万円です。 Javascriptはスマートフォンで利用できるアプリの開発や、バーチャル空間を体験できるアプリの開発の際に、利用されています。 ちなみに語呂が似ている「Java」とは全くの別の言語ですので、混同しないよう注意してください。 5.稼ぐプログラマーになるには せっかくプログラマーを目指すのですから、稼ぐプログラマーになりたいですよね。 ここでは、稼ぐプログラマーとなるには何をしたらよいか説明していきます。 以下の方法があります。 新しい分野に挑戦 稼ぐプログラマーになるためには、 常に新しいものに対応するスキルや姿勢を身に着けることが必要です。 時代の流れによって求められるシステムや使用するプログラミング言語の種類なども変わってきます。 プログラミング言語の種類もどんどん増えていますし、時代に応じて自分を成長させていくことが大切です。 こうした新しい分野に挑戦し新しい能力を習得していけば、年収1,000万円を稼ぐプログラマーになることも可能です。 上流工程もこなす システムエンジニアがこなしている上流工程の仕事も自分でこなせるプログラマーになれば、高年収が期待できます。 クライアントの意図や要望をくみ取って、基本設計を行うところまで介入するのです。 上流工程もこなすためには、クライアントと密接なコミュニケーションをとらなくてはなりません。 高年収を獲得したければ、こうしたコミュニケーション力まで求められます。 転職する もうプログラマーとして働いているけど勤務先の企業の給料に不満があるというなら、転職するのもひとつの方法です。 転職先の見つけ方がわからない、いい転職先を見つけたいという方は、下記のエンジニア向けの求人サイト「レバテックキャリア」に登録してみて下さい。 レバテックキャリアの強みは「内定率が高い」ことと「入社前に企業の実情が分かる」ことです。 キャリアアドバイザーがあなたの強みを評価してくれる企業を見つけてくれますし、職務経歴書の書き方のコツなどを指導してくれます。 さらに企業別の対策が詰まった面接詳細情報 過去の質問例やお見送り理由 を提供し、模擬面接であなたの弱点を発見してくれます。 レバテックでは年間累計3,000回以上も企業に足を運び徹底的な情報収集を行っているので、企業の内情といいた詳細な情報が入手可能です。 登録は無料なので、こちらのボタンからぜひ利用してみてください。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ プログラマーの平均年収は、約420万円です。 一般的なサラリーマンと同程度の給与水準です。 似た仕事にSE システムエンジニア という仕事がありますが、SEのほうが年収が130万円程度高いです。 しかし、フリーランスで働いたり、大企業に勤務したりすれば、SEより稼ぐことも十分可能です。 稼ぐプログラマーになるためには、知識獲得や仕事習得に貪欲であることが重要ですので、志高い人はぜひプログラマーを目指してみてくださいね。

次の

日本の平均年収は441万円 トップ企業とワースト企業の年収格差はどのぐらい?

日本se 年収

気になる項目をクリック• 1. NTT東日本の平均年収は 911万円 NTT 東日本の平均年収は911万円です。 NTT東日本は上場企業ではないので、平均年収の情報が公開されていません。 したがって、この数値はNTT東日本の持株会社であるNTTの平均年収の情報から算出しています。 NTT東日本は日本を代表する電子通信会社なので、高い年収であることも納得できます。 ちなみに、近年のNTT東日本の平均年収は以下の通りです。 年度 平均年収 2013年 870万円 2014年 879万円 2015年 888万円 2016年 894万円 2017年 905万円 2018年 911万円 参考: 2013年から2018年までの6年分の推移をみると、年収が右肩上がりに上昇していることがわかります。 コンピュータ・通信業界の年収ランキングで5位 NTT東日本は コンピュータ・通信業界の年収ランキングで5位の会社です。 順位 会社名 平均年収 1位 1,253万円 2位 ユニデンホールディングス 1,154万円 3位 952万円 4位 兼松 944万円 5位 NTT東日本 日本電信電話 911万円 売上高は11兆円を超えており、ソフトバンの9兆円やKDDIの5兆円を上回る1位です。 他企業の年収を比較すると、ソフトバンクの1,253万円やユニデンホールディングスの1,154万円とは多少差があります。 しかし、コンピュータ・通信業界全体の平均年収は639万円ですから業界の中でも270万円以上高い年収です。• 平均年収「全国トップ500社」ランキングで132位 NTT東日本は 平均年収「全国トップ500社」ランキングで132位です。 これは、ンが全国全ての企業を対象に行った調査からの明らかになりました。 数値は前年度の平均年収905万円で計算されており、ランキング順位に多少の違いはありますが、上場企業の中でも年収の高い企業であることがわかります。 2.NTT東日本の年齢別平均年収 NTT東日本の給与は年功序列なので年齢を重ねるごとに年収もアップします。 ここからは以下の通り20〜60代の年齢別に分類して平均年収を解説します。 60代:770万円 NTT東日本の60代の年齢別平均年収は、 770万円です。 一般企業の60代の平均年収は、570万円となっています。 60代 NTT東日本 770万円 一般企業 570万円 定年後は嘱託社員となり年収は管理職の頃と比較すると減少傾向です。 学歴や出世によっても金額が変動します。 3.NTT東日本の役職別平均年収 NTT東日本ではメンバークラスから部長クラスまでの役職があり、昇進して上位の役職に就くことで年収も高くなります。 NTT東日本の年収について知るなら、役職ごとの年収についても知っておきましょう。 ここからはNTT東日本の役職別年収について、以下の通りメンバークラスから部長クラスまでの4つを解説していきます。 では、それぞれ見ていきましょう。 メンバークラス:400万〜600万円 NTT東日本の メンバークラスの平均年収は400万〜600万円です。 メンバークラスは20〜24歳の一般社員を指します。 入社当初はメンバークラスの社員として平社員と同じく、昇進を目指してのスタートです。 係長クラス 主査 :700万〜800万円 NTT東日本の 係長クラス 主査 の平均年収は700万〜800万円。 主査に昇進できるのは最短でも30最前半です。 一般企業の主任の年収は400万〜450万円程度なので、NTT東日本は約300万円近ほど高い給与になります。 課長クラス マネージャー :800万〜1,000万円 NTT東日本の 課長クラス マネージャー の年収は800万〜1,000万円です。 課長登用時時は上位評価の取得と試験があります。 課長 マネージャー の中でも下位のポジションの場合は最短で40歳くらいで昇進できます。 また、残業代が付くと年収が最高で1,000万円を超えることも少なくありません。 一方、上位の課長 マネージャー は最短で44歳くらいで昇進できます。 ただし、残業代が付かないので下位の課長クラスよりも年収が下がる可能性があります。 部長クラス:1,500万円以上 NTT東日本の 部長の平均年収は1,500万円です。 キャリア組の場合、最速で40代前半くらいから部長クラスの役職に昇進できます。 入社時点の学歴によって昇進スピードが変わります。 そのため、その時点ですでにキャリア組みに入れるかどうかが決まっています。 4.NTT東日本の職種による年収の違い ここからはNTT東日本の職種による年収の違いについて、以下の5つを解説していきます。 数値は課長・部長クラスの年収ではなく、口コミ情報を参考にした一般的な水準です。 では、それぞれ見ていきましょう。 営業・ビジネス職:300万〜600万円 NTT東日本の 営業・ビジネス職の平均年収は300万〜600万円です。 一般的な会社の営業職の平均年収は520万円となっています。 NTT東日本の営業職の給与水準は低めですが、支店によっては歩合制なので実力次第で昇給が可能です。 企画職:500万〜700万円 NTT東日本の 企画職の平均年収は500万〜700万円です。 一般的な会社の企画職の平均年収は600万〜750万円となっています。 NTT東日本の企画職は世界中の技術を集結させて新しいサービスの企画・開発を行う部署です。 システムエンジニア SE :500万〜700万円 NTT東日本の システムエンジニア SE の平均年収は500万〜700万円です。 一般的な会社のシステムエンジニア SE の平均年収は550万円。 NTT東日本のシステムエンジニア SE の年収は平均と比較すると少なめです。 開発職:500万〜800万円 NTT東日本の 開発職の平均年収は500万〜800万円です。 一般的な会社の研究開発職の平均年収は524万円。 NTT東日本の開発職の年収は平均と比較すると若干少なめです。 事務・専門職:700万円 NTT東日本の 事務・専門職の平均年収は700万円です。 一般的な会社の事務職の平均年収は329万円。 NTT東日本の事務職の給与は360万円以上高い金額になっています。 5.NTT東日本の学歴による年収の違い NTT東日本では年齢や役職だけでなく、学歴によっても年収が異なります。 基本的には学歴が高いほど年収も高い傾向です。 そこで、ここからはNTT東日本の学歴による年収の違いについて、主に2つを解説していきます。 では、それぞれ見ていきましょう。 大卒と大学院卒の初任給の違い NTT東日本の大卒と大学院卒の平均初任給は以下の通りです。 大卒 214,870円 修士了 239,860円 博士了 288,800円 参考: NTT東日本は学歴を重視する社風で、昇進のスピードには差があります。 特に、 本社採用で管理職を目指す場合は大卒以上の学歴が必須です。 キャリア組の中でも学歴が高い方が幹部候補になる確率が高まります。 本社とグループ会社の平均年収の違い 本社とグループ会社の平均年収の違いは以下の通りです。 本社 1,000万円 グループ会社 800万円 年収が1番高くなる年齢といわれる50代 大卒 を元にした数値で算出しています。 本社とグループ会社の年収は200万円以上あります。 本社の方がグループ会社と比べると同じ年代の社員でも年収に大きな差があることがわかります。 6.NTT東日本のグループ会社30代の平均年収 NTT東日本のグループ会社の平均年収について、以下の3つを説明します。 グループ企業は上場企業ではありません。 したがって、数値は口コミや勤務経験者の情報から算出しています。 では、それぞれ見ていきましょう。 NTT東日本-南関東:490万円 NTT東日本-南関東の30代の平均年収は490万円です。 これは同年代の本社勤務の平均年収と比較すると、100万円以上低い金額です。 NTT東日本-南関東は東京支社と神奈川・千葉・山梨・茨城・NTT東日本ソリューションズの5社が合併されてできました。 事業は本社からのアウトソーシング業務がメインで、下請けとしての役割が大きいことが年収にも反映しています。 NTT東日本-東北:420〜480万円 NTT東日本-東北の30代の平均年収は420万〜480万円です。 これは同年代の本社勤務の平均年収と比較すると、180万〜320万円ほど低い金額です。 NTT東日本-東北は宮城県を本社とし、青森・秋田・岩手・山形・福島の5社が合併されてできました。 この会社も外部委託により出来た支部なので、下請け業務がメインであることが年収にも影響している可能性があります。 NTT東日本-北海道:570万円 NTT東日本-北海道の30代の平均年収は570万円です。 NTT東日本-北海道は札幌に本社があります。 年収は業界内では平均かやや上。 50歳を超えると道内の子会社への出向も増えますが、その先での給与水準は多種多様です。 7.NTT東日本の中途採用情報 ここではNTT東日本の中途採用情報について、以下の3つを解説します。 では、それぞれ見ていきましょう。 中途採用者は少数 NTT東日本の 中途採用は少数です。 2019年12月段階で公開求人は0件。 公式ホームページでも経験者採用を募集していません。 ただし、転職エージェントが掲載している非公開求人にはNTT東日本の求人が公開されることがあります。 人気企業のため、応募者が殺到し選考倍率もハードルが高めです。 NTT東日本の出身大学はほぼ全てがMARCH以上の学歴保持者。 中途採用者も学歴や職歴が優れている人でないと、書類選考すら通過しない可能性があります。 コミュニケーション能力重視 NTT東日本は 採用においてコミュニケーション能力も重視しています。 NTT東日本は大企業で年功序列の社風があるため、円滑なコミュニケーション能力が必要だからです。 そのため、面接段階から人との関わり方や受け答えの仕方などを重点的にチェックされます。 採用の段階から積極的に他者と関わる姿勢をもつことが大切です。 逆に、自己主張が強く、協調性に欠けると判断された場合はマイナスの印象をもたれる可能性があるので注意しましょう。 女性管理職の育成に力を入れている NTT東日本は 女性の管理職育成に力を入れています。 NTT東日本は古くから女性社員がキャリアを描けるような特別なプログラムが用意しています。 事業所内託児所、在宅勤務などのテレワークなどを活用した働き方改革にも積極的。 育児や介護などで時間的な制約がある社員でも継続して働き、成果を上げられるような職場環境づくりに重きを置いている点が特色です。 NTT東日本への転職にはリクルートエージェントを利用しよう NTT東日本への転職を希望している人は転職エージェントを利用するのがおすすめです。 転職エージェントでは無料で求人を紹介してくれたり書類添削や面接対策などをサポートしてくれます。 ただし、転職エージェントといっても多数存在しており、エージェントによって得手不得手があります。 通信関係の転職に強いエージェントから有益な案件を見つけることで効率的に転職活動が可能です。 非公開の求人を探すなら「リクルートエージェント」 は求人数が26万件と日本一でIT・WEB関係の非公開案件も多い点が特徴です。 案件数や非公開案件が多いだけでなく、 しっかりとしたノウハウも所有しています。 非公開の好条件案件を狙いたいのであれば、リクルートエージェントがおすすめです。 NTT東日本は公式サイトで中途採用の応募をしていませんが、リクルートエージェントならば一般には公開されていない求人から、仕事を紹介してくれる可能性があります。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

次の