ろうきんとは。 北陸ろうきん [ ろうきんってどんなところ? ]

概要

ろうきんとは

人と人のぬくもりを大切にしたい。 心と心の交流を大事にしたい。 私たち<ろうきん>は、働く人たちのあたたかな絆から生まれた生活応援バンクです。 その基本姿勢も、社会的な役割も、暮らしに役立つプランやサービスも、すべてが人の視点にたって発想されたもの。 人と人の真ん中で、暮らしを見つめ、ニーズをつかみ、そして賢い生活のためのベストアドバイスを提案できる、働く人たちとその家族のいちばん身近で親しみやすい福祉金融機関でありたいと思います。 私たちの基本姿勢 ろうきんは、他の金融機関とここがちがいます。 |目的| 働く仲間がつくった福祉金融機関です。 ろうきんは、労働組合や生活協同組合の働く仲間が、お互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。 世の中に金融機関はたくさんあります。 しかし、純粋に働く人の福祉金融機関と呼べるのはただひとつ、ろうきんしかありません。 働く人たちの暮らしを支え、快適で過ごしやすい社会づくりをめざしています。 |運営| 営利を目的としない金融機関です。 ろうきんは、労働金庫法という法律に基づいて、営利を目的とせず、公平かつ民主的に運営されています。 このろうきん独自の運営に共感する人たちの輪が日本中にひろがり、いまでは利用者は全国で1,100万人以上。 労働組合や生活協同組合の働く仲間をはじめ、多くの働く仲間に広く利用されています。 |運用| 生活者本位に考える金融機関です。

次の

概要

ろうきんとは

事業内容 労働金庫法に基づく金融業務(預金・融資・為替・代理業務ほか) ろうきんは、はたらく人たちの暮らしを支え、快適で過ごしやすい社会づくりをめざしている協同組織の金融機関。 業務内容は、預金・ローン・各種サービスなど一般金融機関とほとんど変わりはありませんが、利益をはたらく仲間の共有財産として役立てており、労働組合などのネットワークを活かした金融サービスを行い、はたらく仲間の視点に立った商品・施策を提供し、社会に対して貢献します。 代表者 理事長 戸守 学 出資金 69億96百万円(2018年度末) 預金量 1兆1,487億円(2018年度末) 融資量 7,078億円(2018年度末) 職員数 723名(2018年度末) 平均年齢 44歳0カ月(2018年度末) 平均勤続年数 15年3カ月(2018年度末) 団体会員数 3,762会員(2018年度末) 間接構成員数 597,368人(2018年度末) 自己資本比率 8. 78%(2018年度末) 金融機関の健全性を示す主要な指標です。 中国労金は、国内基準の約2倍に達する安心水準を維持。 就職活動の中で企業研究を進めるみなさんは、その一方で、自分の利用する金融機関を選ぶ「利用者」としての眼を醸成する意味でも、自己資本比率に注目して研究を進められると良いでしょう。 リスク管理債権比率 0. 90%(2018年度末) 総貸出金の中でリスク管理債権が占める割合。 こんな水準の金融機関が存在することをご存じでしょうか? 勤労者が、自分たちの助け合い、自主福祉のために、自らつくった金融機関「ろうきん」。 つまり、利用者=経営者。 当然、利用者としての意識の高さは他金融 機関と比較すべくもありません。 融資利用者が、「無い袖は振れない」などと開き直ることは、ろうきんには無縁の話。 自己資本比率と同様、企業研究には大切 な指標ですから、注目してみましょう! 中国ろうきんとは•

次の

銀行とろうきんの違いとは

ろうきんとは

労働者のための金融機関、ろうきん 労働金庫(ろうきん)の利用対象となっているのは、労働組合や生活協同組合および一般労働者となっています。 労働金庫の営業の地域に所在(居住)または勤務している必要があります。 昔は労働金庫(ろうきん)の会員(労組や生協)自身やその構成員でないと利用できませんでしたが、現在は勤労者であれば利用が可能となっています。 地域のための非営利金融機関としては「」や「信用組合」「」などがありますが、労働金庫(ろうきん)は労働組合、生協、地域の労働者を対象している点に違いがあります。 信用金庫 地域の人や中小企業を対象にした金融機関。 預金はだれでもできますが、融資は会員が対象です。 信用組合 信用金庫よりも小規模な企業や営業地域内の個人が対象となります。 原則として組合員のみ対象。 労働金庫 労働組合・生活協同組合が会員、会員や労働者のための金融機関 JAバンク 農業協同組合。 農業従事者のための金融機関 全国にある「ろうきん」の口座開設やサービス内容 全国には13の労金があり、各ろうきんがカバーしているエリアに居住ないしは勤務している人であれば口座開設が可能です。 なお、労働者のための金融機関ではありますが、口座開設はだれでも可能です。 預金のみの利用や小口ローンであれば無条件です。 ただし、それ以外の取引をする場合は労働組合か生協の組合員、または出資金(最低1000円)を支払い個人会員となる必要があります。 北海道ろうきん 北海道• 東北ろうきん 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県• 中央ろうきん 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県• 新潟ろうきん 新潟県• 長野ろうきん 長野県• 静岡ろうきん 静岡県• 北陸ろうきん 富山県・石川県・福井県• 東海ろうきん 愛知県・岐阜県・三重県• 近畿ろうきん 滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・和歌山県・兵庫県• 中国ろうきん 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県• 四国ろうきん 徳島県・香川県・愛媛県・高知県• 九州ろうきん 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県• 沖縄ろうきん 沖縄県 出資金を払うと「出資配当」がある 個人会員として出資金を払った場合、出資額に応じた配当があります。 たとえば、中央労働金庫のディスクロージャー誌によると配当は以下の通りで行われてます。 実はATMの使い勝手がいい、ゆうちょ銀行、コンビニATM無料 たとえば、中央ろうきんの場合、キャッシュカードを使った取引はコストがお安いです。 ろうきんのATMはもちろん、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行などのATMの入出金手数料は無料です(即時キャッシュバックを含む)。 コンビニATM無料というと、ネットバンクなどでよく行われているサービスですが、ろうきんも同じように無料で使えます。 給与振り込みがあると、振込手数料も月3回まで無料 また、ろうきんに給与振り込みがあれば、他行への振込手数料も月3回まで無料になります。 これはうれしいですよね。 なお、形としてはキャッシュバックの形式となっており、振込時は手数料がかかりますが、翌月20日に預金口座に払い戻される形になります。 個人向けのローンの種類が多い ろうきんは融資業務も行っており、この融資は個人向けとなっています。 いろいろな種類のローンが用意されています。 カードローン• 住宅ローン• リフォームローン• 有担保フリーローン(不動産担保型)• カーライフローン• 教育ローン• フリーローン• 福祉ローン 利益を上げることを目的とした融資ではないという点が大きく、金利が低めに抑えられているのが特徴です。 一方で、無理な融資をすることもないので、審査についてはしっかり見られると思ってよいでしょう。 カードローン(無担保ローン)に関しては、ろうきんはかなり強いです、 一方で、住宅ローンについては金利やサービスなどはあまり強みを感じません。 住宅ローンについては、やはり積極融資をする民間銀行のほうが金利やサービスも秀逸です。 「」で各銀行の住宅ローンサービスを比較しています。 ろうきんのデメリットは預金金利の低さ ろうきんの預金金利は標準的水準です。 都市銀行やゆうちょ銀行などと大差ありません。 預金という面で見れば、金利はやはりネットバンクのほうが大幅に高いです。

次の