ヒロアカ 156。 ヒロアカネタバレ最新256話『白雲朧が語った言葉』

【ヒロアカ】156話ネタバレ!波動ねじれの個性とエリの能力が判明?

ヒロアカ 156

このページの目次 OPEN• 1.ヒロアカのネタバレ!新たに浮上した大きな新展開5つ まずは、ヒロアカの最新話で描写された 5つの大きな新展開をまとめていきます。 轟焦凍と言えば、プロヒーローである親を憎んでおり、二人の親子関係は良いとはいえるものではありませんでした。 しかし、167話の仮免試験のあとには 二人の親子関係に新展開がありました。 仮免試験後、「久しぶりだな」と轟焦凍に話しかけるエンデヴァー。 轟には拒否をされますが、「お前は自慢の息子だ」と語り始め、 「俺もおまえが胸を張れるようなヒーローになろう」と誓いを立てます。 轟も、少しはエンデヴァーに心を許したのでしょう。 今後、もっと親子らしい二人の姿が見られそうですね。 さらに、窓の外にチーズで「ぼくはしっているよ」という謎のメッセージを残しています。 ただ、出久を励ましていただけのようですね。 青山と出久はこれまで以上に仲良くなり、一件落着です。 ラブラバとジェントルは、5年前から違法動画のアップロードを続け、消費期限の偽造など、犯罪行為をする人々に制裁を加えようとしていました。 そんなジェントルが、ついに雄英高校を襲撃するのです…。 どんな楽器を使うのか決めている段階で、爆轟の新たな秘密が明らかになります。 なんと爆轟、過去に音楽教室に行かされていて、 ドラムが演奏できるというのです。 爆轟の意外な一面を知れた回でした。 何かというと、 出久の個性の話。 個性を20%まで開放した際に体が限界を感じてどうすることもできなかったことについてオールマイトに相談していたのです。 そして、オールマイトのアドバイスによって出久の新しい訓練方法が決定します。 体の中で繊細に動かすことができる場所 指先 を使って、更なる高見を見出すための練習をすること。 今後の出久の個性の成長も、楽しみですね。 ラブラバの個性さえあればいつもどうにかなっていましたが、出久に対しては振り切れず、二人は一気に焦りを見せます。 しかしジェントルはラブラバを肯定して、ジェントリーサンドイッチを出久に繰り広げます。 どうやらジェントルも出久のように ヒーローを目指す一人だったようですね。 しかし、留年や仮免試験の4回の不合格を経験し、先生からは自主退学を進められることに…。 まだヒーローの夢を諦めることができなかったジェントルは、ある日ビルから落下する人を個性を使って助けようとするものの、反対に傷付けてしまい、公務執行妨害の罪に問われてしまいます。 この事件によってジェントルの家庭は崩壊。 大きなショックを受けたジェントルは、犯罪で世に名を残すことを決意するのです。 パソコンを使い雄英の構内ネットワークに接触して侵入しようと試みるのです。 一方、単独行動をしようとするラブラバに気付いたジェントルは、ラブラバを守ろうと一早く出久との戦いに決着を付けようとします。 出久はジェントルを拘束します。 その場にラブラバが戻り、泣きながら出久をポカポカと叩きます。 かろうじて意識のあるジェントルは、ラブラバを守ろうとこの戦いはなかったことにするため、瞬発的に個性を発動し出久を遠くへ吹き飛ばしました。 そして最終的に「自主がしたい」と発し、この件は一件落着ということになったのです。 尋問中、現場に出久が合流。 出久に対してもハウンドドッグがキツく「戦いはあったのか」と問いかけますが、出久は目の前で見せつけられたラブラバを想うジェントルの行動を汲み、 「もう大丈夫です」とだけ加えます。 ハウンドドッグは出久の言葉を信じて引き続き 警戒に当たることでその場を収めるのでした。 ついにA組の出し物がスタートします。 出久が戻る頃には既に舞台裏に控えていたA組。 ギリギリで合流した出久は、客席にいるエリに大きく手を振るのでした。 ダンスでは、息ピッタリの出久と青山の人間花火が繰り広げられました。 それぞれの個性を使って、様々なエンターテインメントを見せつけます。 観客もこの通り大盛り上がり。 無事にA組の出し物が終了したのでした。 皆の努力あってか、この目的も無事に達成です。 ステージが見やすいようにエリを担いでいるミリオは、出久と天国にいるナイトアイに「笑ったよ!!」と語りかけました。 まとめ 今回は、 ヒロアカの最新話のネタバレを公開していきました。 ヒロアカには読めない展開がたくさん繰り広げられていて、読んでいて楽しいものですね。 今後の物語にも乞うご期待です。

次の

【ヒロアカ】256話ネタバレ!エリの角に異変が!?なにかの前兆か?

ヒロアカ 156

スポンサーリンク 相澤は意識を取り戻しました。 クロノが言いました。 「あんたの事はよく知ってますよ。 抹消ヒーローイレイザーヘッド。 殺さず隔離したってことはまァ 生かしておく価値があるということです。 」 相澤は手を動かそうとしますが 思う通りにいきません。 クロノがマスクを外しました。 「ああ無理無理。 あんたは今カタツムリ並みの 動きしかできやせん。 他が心配ですよねェ。 受けたモノの動きを遅くします。 ただし自身が停止した状態でなければ 針を伸ばすことは出来ません。 彼は一度決めたら止まることはありません。 どこまで知ってるかわかりませんが… 壊理ね…組長のお嬢さんなんですよ。 目的の為なら何であっても使う。 オーバーホールって男は そういう人間なんです。 」 出久は治崎に突進します。 治崎は出久を見据えています。 破片となった地面は 俺が触れたことにはならない。 尖った先は出久の脇腹をかすめました。 そのまま天井を蹴り、治崎へ向かって行きます。 【 マンチェスタースマッシュ!! 】 治崎は寸前で避けました。 「いくら速かろうが」 コンクリートの塊を二つ掴みます。 出久は急いで飛びのきました。 」 治崎の攻撃で出久の血が噴き出します。 ミリオは壊理の手を引いて 地下道を歩いていました。 スポンサーリンク ミリオの目から涙が溢れました。 動けルミリオン!! 張り続けていた心が綻びかけ ミリオは膝をつき、倒れ込みます。 「エリちゃん…身を…隠すんだ…。 後続を…待つんだ…! 何十人って…人間が君を… 救けようと…動いてる…んだ! エリちゃん…! 大丈夫…だ。 君は…大丈夫だ。 エリちゃん…!!」 治崎は立ち上がります。 もう止めだ。 」 出久の両脚には治崎の放った コンクリートのトゲが突き刺さって いました。 諦めない人間の底力は侮れない。 」 治崎は手をスッと上げました。 『 おまえのせいでまた死ぬぞ! これが望みなのか!? 壊理!!! 』 「!?」 出久は驚きます。 その声は地下道にいる壊理の元に 届いていました。 壊理の脳裏に研究室での事が蘇ります。 動かない壊理を見てクロノが言います。 「もう限界ですね…。 体力も尽きてやす。 」 治崎が手をかざしました。 仕切り直しだ。 「望んでない…!」 出久は驚きます。 「何で…!駄目だ…! 先輩と一緒にいるんだエリちゃん!!」 治崎は壊理に聞きます。 「壊理…こいつ一人でこの状況、 なんとかなると思うか?」 壊理は答えます。 「……思わない。 」 治崎の手の平の口が聞きます。 『 ならおまえは どうするべきだ? 』 体を貫かれたサーが咳込みます。 壊理は答えました。 「戻る……。 そのかわり…!! 皆を…元通りにして…!」 治崎は言います。 「そうだよな…。 自分のせいで他人が傷つくより 自分が傷つく方が楽だもんな。 まだルミリオン一人の方が 望みはあった。 奴で芽生えかけた淡い期待が 砕かれた。 気付いてるか? 壊理にとって最も残酷な仕打ちを してる事に。 おまえは求められてない。 」 出久はワンフォーオールを ミリオに継がせるべきだったと語る サーの事を思い出します。 サーも諦めかけています。 「余計なお世話だとしても…! 君は泣いてるじゃないか!! 誰も死なせない! 君を救ける!!」 抜いたコンクリートを手で 握りつぶします。 サーはその言葉を聞いていました。 治崎と出久が上を見上げると天井を突き破り ドラゴン化したリューキュウと梅雨、お茶子が 降ってきました。 「ドンピシャ!!」 「ケロ…」 出久は驚きます。 今週はここまでです。 クロノの個性って短針だと動きが 遅くなるんですね。 長針だと早くなるのかな? まさかのイケメンでびっくりですよ。 そして壊理ちゃんは治崎じゃなくて 組長の子供だったのかー。 壊理ちゃんの研究で相澤先生の個性を 参考にしてたのは納得です。 先生の個性の進化版みたいな感じだもんね。 あの個性破壊弾。 あと治崎が壊理ちゃんにしてた 「修復」が恐い! それってつまりは…。 しかも一度や二度じゃないだろうから なお恐ろしい~~!! ここから来週の156話の予想です。 リューキュウ達が来てくれたのは心強いですね! ねじれはいないのかな? これで少し戦局が良い方に向かってくれれば いいのですが…。 サーの予知が気になります。 見た未来が分岐しないのも気になる! 壊理ちゃんの保護も治崎の確保もダメで サーと出久が殺されるって、どんだけ 最悪ストーリーなんだ!! これ分岐してくれないとすごく困る! リューキュウ、でかくてすごいんですけど 治崎に分解されて融合とかされたらやだなぁ。 相澤先生も今救わないと 研究対象みたいになっちゃうのかな? 分かってる事は、治崎は個性を消したいんですね。 事態が複雑になりすぎて どうなるのか予想できない! 来週も楽しみです。 絶対に漫画を無料で読みたい!という方に朗報!.

次の

【僕のヒーローアカデミア】157話「無限100%!」ネタバレ確定感想&考察!

ヒロアカ 156

ロックロックの個性「施錠」 入中の圧殺をロックロックの個性「施錠」が食い止めます。 錠前ヒーローロックロックの個性は、触れたモノ(生物を除く)をこの場に固定する能力。 ただし、あまりに強大な力や広大な面積に対してはその限りではありません。 迫り来る壁や天井、地面を「本締 デッドボルト 」で固定するロックロック。 締めていない壁の圧壁をデクが掘り進めます。 ヒーロー達も入中もジリ貧状態の中、圧殺が解除され分断されるヒーロー達。 トガが変身能力を発揮 ロックロックの背後から襲いかかるトガヒミコ。 ナイフを手で止め施錠したロックロックはトガヒミコに攻撃します。 しかし攻撃したトガヒミコは変身能力による偽物で、本物のトガヒミコが背後から襲いかかります。 ヴィラン連合と言いかけるロックロックに、「今は時代遅れの天然記念物、ゴクドー者のトガです。 悪者なのです」と説明するトガヒミコ。 ちゃんと説明するあたりがトガちゃんらしいです。 偽物が急に現れて襲ってきたと話すロックロックですが、刀傷があることに違和感を覚えるイレイザーヘッド。 デクの心配をするロックロックは突然デクに襲いかかりますが、イレイザーヘッドの個性でトガヒミコの変身の効果が抹消されます。 トガヒミコ!!? と叫ぶデクに、大興奮のトガヒミコ。 トガヒミコ 「トガ!!そうだよトガです!覚えててくれた!!わああまた会えるなんて嬉しい!!嬉しいなァ出久くん!!」 イレイザーヘッドの個性で変身が抹消されたということは・・・ 全裸!? ケミィ登場以来の神回来たか!! 何やってんだよイレイザー!! 布邪魔!!! 邪魔するイレイザーヘッドを睨むトガヒミコ。 デク、イレイザーヘッドとトガヒミコの間に壁が現れ分断されます。 出向してよかったと喜ぶ乙女なトガちゃん。 そして背中がセクシーなトガちゃん。 ナイトアイ vs トゥワイス 場面は回想シーンで死柄木と治崎が将棋を指しています。 将棋を指したことがない死柄木に、これを機会にたしなむことを勧める治崎。 将棋をすることで局面が見れるよになり、相手から奪った駒を使えるところが面白いと治崎は説明します。 そして治崎は死柄木に信頼を築こうと話します。 こちらは計画の全貌を差し出した。 次はそちらの番だと治崎。 そして死柄木に仲間が大事なんだろう?と問いかけます。 回想終了後、変な格好で登場するトゥワイス。 ナイトアイ vs トゥワイスの展開で次週に続きます。 まとめ 以前、イケメンランキングで1位にしたのはイレイザーヘッドです。 イレイザー大好きですけど、あの布はちょっとイラっとしましたねw いや、逆に布があったからセクシーだったのか?トガちゃんの変身は解除すると裸になるから、イレイザーに抹消されるたび裸見れる?布に縛られるトガちゃん・・・ヤベェこの二人の対決最強だw そんなストーリーと全く関係ないことばかり考えてました。 考察Labでは、イケメンランキングはイレイザーで、かわいいランキングではトガちゃんが1位となってます。 両方のランキング1位が対決って相当テンション上がりましたね。 イケメンランキングとかわいいランキングはこちらのランキング特集で見ることができます。

次の