スタンス フィールド。 Lisa Stansfield = リサ・スタンスフィールド*

並木良和さん統合ワークプラチナシルバーのフィールド/目醒めのスタンスに立つ工夫

スタンス フィールド

スタンスフィールドは、マチルダの家族を殺した麻薬捜査官たちのリーダーである映画「レオン」の登場人物。 白いシャツにベージュのスーツがトレードマーク。 麻薬捜査官でありながら麻薬売買に手を出し、自らも薬物中毒である。 クラシック音楽が好きで、イヤホンで聞いている姿や、作曲家について講釈をする姿を見せる。 殺人に対する良心の呵責がなく、麻薬をくすねたマチルダの父親本人のみならず、妻、娘を容赦なく撃ち殺す。 その後、マチルダが命を狙って職場のビルにやってきた際には、トイレで待ち伏せをしてマチルダを捕らえる。 レオンがマチルダを救出した後は、トニーからレオンのことを聞き出し、特殊部隊を動員してレオンを追いつめる。 レオンが特殊部隊のメンバーになりすまして外に逃げ出そうとしていることに気づき、レオンの頭を撃つ。 だが、絶命寸前のレオンが手榴弾を爆発させ、ともに死ぬ。 ・クラシック音楽が好きで、ベートーベンは好きだが前奏だけ、モーツァルトもいいが少し軽い、ブラームスもいいといった意見を述べる ・緑色と黄色のカプセルの抗不安薬(精神安定剤)のクロルジアゼポキシドを飲むと、けいれんした後に興奮した状態となる。 ・大型のリボルバーを携帯している。 44マグナムは、「ダーティ・ハリー」でクリント・イーストウッド演じるハリーが所持していた銃として知られる。 ・トニーに殺人の依頼をしていたことが映画の後半で分かる。 トニーからの依頼を受けていたレオンは、間接的にスタンスフィールドの依頼による暗殺を行っていた可能性がある。

次の

【歌詞和訳】All Around The World

スタンス フィールド

リサ・スタンスフィールドの4年ぶり第8作『ディーパー』が、2018年4月13日に発売される。 1989年、ポップでダンサブルなサウンドと等身大の女性像を描いた歌詞で「オール・アラウンド・ザ・ワールド」がUKチャート1位を獲得し、リサ・スタンスフィールドの歌声は時代の共感とともに、世界各国でヒットを巻き起こしていった。 イギリスを代表する女性シンガーのひとりとなったリサは、「チェンジ」「サムデイ(アイム・カミング・バック)」「イン・オール・ザ・ライト・プレイセズ」といった作品でポップ・チャートとクラブ・シーンを席巻し、映画『ボディガード』『ウェディングプラナー』サウンドトラックでも彼女の曲が使われた。 また、1989年にはバンド・エイドIIの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」に参加し、1992年にはクイーンのフレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサートで「輝ける日々」をジョージ・マイケルとデュエットするなど、幅広い活動を繰り広げている。 そんなリサの4年ぶり、8作目となるニュー・アルバムが『ディーパー』だ。 彼女の夫であり、ヒット曲の数々を手がけてきたプロデューサーであるイアン・デヴェイニーと共に作り上げた作品で、よりソウルフルな歌声が堪能できる。 リサ自身の作詞によるオリジナル・ナンバーに加え、ネリー・フーパーとジャジーB(ソウルIIソウル)のリミックスが大ヒットしたザ・ファミリー・スタンドの1990年のヒット曲「ゲットー・ヘヴン」がカバーされているのも、懐かしくもあり新鮮なサプライズだ。 エヴリシング 2. ツイステッド 3. ディザイア 4. ビリオネア 5. カミング・アップ・フォー・エア 6. ラヴ・オブ・マイ・ライフ 7. ネヴァー・エヴァー 8. ヘラクレス 9. ホール・イン・マイ・ハート 10. ジャスト・キャント・ヘルプ・マイセルフ 11. ディーパー 12. バタフライズ 13. ゲットー・ヘヴン(ザ・ファミリー・スタンド カヴァー) 日本盤限定ライヴCD収録予定曲〔2014年9月7日イギリス・マンチェスター公演〕 1. キャント・ダンス 2. セット・ユア・ラヴィング・フリー 3. チェンジ 4. タイム・トゥ・メイク・ユー・マイン 5. ピープル・ホールド・オン 6. サムデイ(アイム・カミング・バック) 7. リヴ・トゥゲザー 8. オール・アラウンド・ザ・ワールド.

次の

Lisa Stansfield = リサ・スタンスフィールド*

スタンス フィールド

リサ・スタンスフィールドの4年ぶり第8作『ディーパー』が、2018年4月13日に発売される。 1989年、ポップでダンサブルなサウンドと等身大の女性像を描いた歌詞で「オール・アラウンド・ザ・ワールド」がUKチャート1位を獲得し、リサ・スタンスフィールドの歌声は時代の共感とともに、世界各国でヒットを巻き起こしていった。 イギリスを代表する女性シンガーのひとりとなったリサは、「チェンジ」「サムデイ(アイム・カミング・バック)」「イン・オール・ザ・ライト・プレイセズ」といった作品でポップ・チャートとクラブ・シーンを席巻し、映画『ボディガード』『ウェディングプラナー』サウンドトラックでも彼女の曲が使われた。 また、1989年にはバンド・エイドIIの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」に参加し、1992年にはクイーンのフレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサートで「輝ける日々」をジョージ・マイケルとデュエットするなど、幅広い活動を繰り広げている。 そんなリサの4年ぶり、8作目となるニュー・アルバムが『ディーパー』だ。 彼女の夫であり、ヒット曲の数々を手がけてきたプロデューサーであるイアン・デヴェイニーと共に作り上げた作品で、よりソウルフルな歌声が堪能できる。 リサ自身の作詞によるオリジナル・ナンバーに加え、ネリー・フーパーとジャジーB(ソウルIIソウル)のリミックスが大ヒットしたザ・ファミリー・スタンドの1990年のヒット曲「ゲットー・ヘヴン」がカバーされているのも、懐かしくもあり新鮮なサプライズだ。 エヴリシング 2. ツイステッド 3. ディザイア 4. ビリオネア 5. カミング・アップ・フォー・エア 6. ラヴ・オブ・マイ・ライフ 7. ネヴァー・エヴァー 8. ヘラクレス 9. ホール・イン・マイ・ハート 10. ジャスト・キャント・ヘルプ・マイセルフ 11. ディーパー 12. バタフライズ 13. ゲットー・ヘヴン(ザ・ファミリー・スタンド カヴァー) 日本盤限定ライヴCD収録予定曲〔2014年9月7日イギリス・マンチェスター公演〕 1. キャント・ダンス 2. セット・ユア・ラヴィング・フリー 3. チェンジ 4. タイム・トゥ・メイク・ユー・マイン 5. ピープル・ホールド・オン 6. サムデイ(アイム・カミング・バック) 7. リヴ・トゥゲザー 8. オール・アラウンド・ザ・ワールド.

次の