トークノート。 社内コミュニケーションツール「Talknote」

‎「Talknote(トークノート)」をApp Storeで

トークノート

ここではLINEの「ノート」機能で作成したものを転送する方法について紹介します。 しかし、LINEの「ノート」機能で作成できるものは様々です。 様々というほどLINEの「ノート」機能で作成できるものがたくさんの種類ががあるわけではないですが。 様々なLINEの「ノート」機能の活用方法があります。 そして、そのLINEの「ノート」機能で作成されたものを他に転送することができます。 転送というのは他に共有するという意味です。 この転送はほかに共有することだといいましたが、転送先は様々で転送できないものもあります。 前バージョンでは転送できたが、バージョンアップするごとに転送できないようになったものもあります。 ここではそれも含めて、LINEの「ノート」機能の使い方、LINEの「ノート」機能で作成したものの転送方法、転送できないことについて紹介していきます。 まずしなくてはいけないことは、LINEアプリ起動時に表示されるLINE友達が表示される画面から、LINEのタイムラインを投稿できる画面に移動することです。 赤枠で「タイムライン」という項目が囲まれています。 ここをタップすることでLINEのタイムラインが投稿できる画面に移動できます。 LINEのタイムラインとはLINE上で自分の近況をLINE友だちに知らせるための機能です。 自分が追加したLINE友だちが投稿した内容を見ることができます。 他にもLINEの公式アカウント、LINE のアカウントが広告を出してその企業の商品を宣伝することもできます。 そのLINEのタイムライン画面の右下にペンマークの緑の丸いアイコンが表示されています。 次に紹介するのはLINEのトークルームでやり取りした内容をノートに転送する方法です。 LINEで業務的なやり取りなどを事前にトークルームのメッセージでやり取りをしたとします。 しかし、その後もLINEではそのトークルームでメッセージのやり取りが行われます。 そうすると、重要な業務内容はトークルームからどんどんと流れていってしまい、再度確認するのにとても苦労します。 そんな時、LINEではそのトークルームの内容をノートにまとめ、転送することで簡単に確認することができます。 LINEのトークルームであればノートを転送することができます。 なので、LINE友だちとの個人的なトークルームでも複数のLINE友だちから構成されるグループのトークルームでも、そのトークルームの内容をノートに転送することができます。

次の

LINEの「ノート」「アルバム」の違いと使い方 動画のアップはどちらでするといい?

トークノート

目次 CLOSE• LINEノートの投稿がタイムラインに表示された! グループやトークで便利に利用できるノート。 集合時間や場所、参加メンバーなどの情報をまとめておくことで対象者全員が気軽にアクセスできるので、かなり重宝されています。 このノート機能ですが、 自分が投稿してタイムラインに戻ってみると、ノートで書かれた内容がなんとタイムラインに表示されているんです! グループやトークは、参加したメンバーしか閲覧できない内容なのに、タイムライン上に表示されたら困っちゃいますよね。 スポンサーリンク LINEノートは参加メンバーにしか閲覧できない しかし安心してください。 タイムライン上に表示された「ノート」の投稿の右上には「ノート」を設置したグループ名などが表示されています。 そして 「このメンバーだけが閲覧できます」という吹き出しも親切に用意されているのです。 つまり、タイムライン上に表示はされていますが、だからと言って友達全員が閲覧可能というわけではなく、 参加しているメンバーのみが見れるのです。 ノートを使うと、タイムラインに表示されてしまう• タイムラインの表示は、友だちなら誰でも閲覧可能• 知りえないノートの情報が、友だち全員が知ってて驚愕した! ネット上でこのように騒がれていますが、 友達全員に閲覧される状態にはなっていませんので、安心してノートという便利な機能を使えます。 では、どうしてノートの内容がタイムラインに表示されたりするのでしょうか? ノートに投稿をしたとしても、閲覧機会が少なければどうしてもノートを見る回数は減ります。 ところがタイムラインには頻繁にアクセスしている人も多いでしょうから、そこにノート内容が表示されていれば「見逃し」を高い確率で回避できると思いませんか? LINEの公式ブログでも同様の内容が書かれており、情報を見逃さないための親切な処置と言えるでしょう。 スポンサーリンク タイムラインにはノートの様な機能はない では友達全員に情報を残しておくべく、ノート機能を使うということは可能なのでしょうか? タイムラインも、友達が多いと更新頻度が高くなり、古い情報はどんどん下部に流れていきますよね。 「あの友達の投稿を見返したい!」という場合、タイムラインをどんどんさかのぼっていくのも面倒。 ノートのような機能があれば、すぐにその情報にたどりつけられるので便利ですよね。 ところが、 タイムラインの投稿をノートで保存しておくという方法は現在のところありません。 そのため、自分が「この投稿いいな」と思ったら、 テキスト形式でコピーをしておき、一人グループなどで作ったメモ帳に貼り付けをしておく必要があります。 スポンサーリンク タイムラインへの非表示はできる? LINEで頻繁に用いている人も多い「ノート」機能ですが、友達に閲覧されないとはいっても、タイムラインに表示されるのはちょっと驚いてしまいますよね。 設定などで、どうにかタイムラインに表示されないようにすることは可能なのでしょうか? こちらも 今のところ、ノートで投稿したものに関しては、タイムラインに自動的に表示されてしまうのが仕様のようで変更することはできません。 いかがでしたか? ノートを投稿すると、タイムラインに表示される。 対象外の友達に閲覧されないとは分かっていても、ちょっと驚いてしまいますよね。 今のところ非表示にさせる機能はありませんので、慣れていくしかありません。

次の

LINEで投稿したノートがタイムラインにも表示される理由

トークノート

画面上部の アイコンをクリックします。 トークルーム一覧でトークルームをクリックします。 保存するメッセージを右クリックします。 [ノートに保存] をクリックします。 メッセージを選択して [ノートに保存] をクリックします。 新規投稿として作成するか、既存投稿にコメントとして追加するかを選択します。 新規投稿の場合は [新規投稿] を選択して [OK] をタップすると選択したメッセージが本文に入力された状態で「作成」画面が開きます。 既存投稿へのコメントとして追加する場合は、投稿を選択して [OK] をクリックすると選択したメッセージがコメント欄に入力されます。 新規投稿の場合は [投稿] をクリックし、既存投稿へのコメントの場合はコメント入力欄で Enter キーを押して保存します。 PC 版アプリ• 画面左上の アイコンをクリックします。 トークルーム一覧でトークルームをクリックします。 メッセージを右クリックします。 [ノートに保存] をクリックします。 保存するメッセージを選択して [ノートに保存] をクリックします。 新規投稿として作成するか、既存投稿にコメントとして追加するかを選択します。 新規投稿の場合は [新規投稿] を選択して [OK] をタップすると選択したメッセージが本文に入力された状態で「作成」画面が開きます。 既存投稿へのコメントとして追加する場合は、投稿を選択して [OK] をクリックすると選択したメッセージがコメント欄に入力されます。 新規投稿の場合は [投稿] をクリックし、既存投稿へのコメントの場合はコメント入力欄で Enter キー押して保存します。 最大 50 件のメッセージを一括で作成できます。 ノートにはテキスト、画像、動画、音声ファイルのメッセージを保存できます。 関連項目•

次の