アシ ガール ネタバレ 98。 【アシガール】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

アシガールネタバレ最新98話確定【タイムマシンが進化している?】

アシ ガール ネタバレ 98

アシガール・第98話のネタバレ 唯は若君との子を身ごもったまま現代に、戦国では若君と尊が唯の帰りを待つ日々。 そんな 耐え忍ぶような時間が長く続き、ついに若君のもとに 信長から縁談話が来てしまう。 信長は若君のことをたいそう気に入っており、立場的にもはっきり断りにくい状況。 信長はかなり強引に縁談を進めようとし、ついに若君が反論しようとしたその矢先。 現代にいた唯が、タイムマシンを使って若君達のもとに戻ってきた…! それにより信長からの縁談は立ち消え、 御月の城中が唯の姿と懐妊に大喜び。 唯と若君はようやく会うことができ、互いの想いを通わせ合った。 弟の 尊もまた、戦国で唯の帰りを心待ちにしていた1人。 すっかり唯のペースになっている城の様子を見て、尊は心底ほっとした。 さて、そんな尊も実は 戦国の生活にかなり慣れてきていた。 話し方まで影響を受け始めていて、これには唯もびっくり。 さらに城の庭には、 尊専用の研究室まで作られていた。 若君が用意してくれて、尊は現代の時と同じように研究にいそしんでいたのだ。 しかも弟子として、 三之助を助手にしていた。 三之助は前々から尊と気が合うようで、2人しか分からないような頭の良い会話をしている。 唯はその様子にあっけにとられた。 唯が戦国バージョンの研究室の中を見せてもらうと、そこには 尊の作った衛生用品や薬の数々。 特に虫対策グッズはかなり充実していた…! ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!! アシガール・第98話の感想 尊がこんなに戦国ライフが大好きになるとは! 戦国で彼女ができたら面白いのに! 笑 唯のお父さんも前から戦国に行きたがっているし、家族みんなでタイムスリップして暮らすというのはあり得る展開なのでしょうか? それにしても、尊の作ったアイテムが今後活躍することがほのめかされていましたが、どうにか平穏無事にいってほしいものです。 縁談が消えたことでいったん引っ込みましたが…果たしてどんな展開になっていくのか? 次回も楽しみです!.

次の

若君 最高! アシガール

アシ ガール ネタバレ 98

もくじ• アシガールのあらすじまとめ 女子高生の速川唯は、遅刻、忘れ物、居眠りと恋愛にもお洒落にも程遠い、ぐうたらしている生活を送っていた。 目標も全くなく、毎日をだらだらと過ごしていただけだった。 清永が唯が倒れたことを伝えたため、お付きの者たちは心配し、すぐに近くに行って世話をしようとするが、清永は気にしなくてもいいという。 唯がいなくなり、一方で尊が現れて町が大騒ぎになるかと思っていたけど、意外と皆は気にしておらず、楽しく生活を続けている様子だ。 それは、若君のためにあれやこれやと駆け回る唯の事を信じているのでは決してなく、ただ単に、唯が消えたり現れたりするのがしょっちゅうだったため、それにになれているようだ。 また、若君が全く気にしていないように明るくふるまっている事にも関係しているようだ。 尊は過去での生活も慣れてきて、子供たちに慕われるようになった。 渋柿を籠いっぱいに取ってきてと子供たちにお願いして、。 子供たちは渋柿をどうするのか尋ねる。 この柿は渋すぎるために干しても美味しくならない。 尊はこれで電池を作ろうと考えているのだ。 尊は子供たちに、まずは水で洗って泥を落としてくるようにと指示する。 取り合いで作業する子供たち。 唯が帰ってこない4か月の間に、清永は信長に命じられ2回ほど出陣した。 そしてその2回目は信長と一緒に阿久城を攻め取って、まさに昨日帰ってきたばかりなのである。 戦にはついていかない事にした尊。 自分が役に立てるとは思わなかったし、それ以上に、目の前で沢山の人が命を落とすのを見ていられなかったのである。 4日で阿久城は落ちた。 城主の尾井直平は、自分の幼い息子を人質の代わりに、差し出し降参したのだ。 そのことを考えてブルーになる尊。 そこへ清永が帰ってくる。 信長からの強引な縁談に、信茂は血管を浮き上がらせて激昂していた。 すでに妻がいると知りながら縁談を押し付けてくる信長に対して、無礼千万だ、と怒りを隠せない。 しかし、御月家の人々は初めこそ縁談話に腹を立てていたが、よくよく考えてみれば、人質になれとか相手の家の婿に入れというような話ではないので、そんなに悪い話なのではないか、と思うようになっていた。 そして、姫をもらってくれというのであれば一旦迎え入れてはどうか、という声まで上がるようになっていた。 正妻である唯が帰ってこないため、余計にその空気が大きくなっていくのだった。 実は相手は尾張一の美人らしい、というような噂まで出る始末。 そんな空気に尊も苛立ちを隠せない。 この時代の結婚というものは家同士の契約で人質に行くようなものなので、本人同士の気持ちなど関係なしということは理解できる。 さらにこの御月家は信長に対して難しい立場にあるため、強く出られないという現状もあった。 そんなことを悶々と考えるながら、若君の元に向かった。 弓の練習をしていた若君は、何事もない様子で普段通り過ごしていた。 冷静に的の真ん中を射抜き、それを見ていた尊に明るく弓を進めるなど、屋敷の騒ぎが他人事のように通常運転だった。 すでに妻がいるのに縁談なんて馬鹿らしい、とでもいうように余裕な態度だが、尊はどうしても不安が拭えなかった。 唯が現代に帰っている間に若君が人質として尾張へ行ってしまったら、唯はどう思うのだろうかと考えていた。 あまりにも圧が凄すぎてあれで確か今29歳なのか?と驚いている尊。 信長は思っていたよりもシュッとしていて怖い。 場の空気的にはノーとは言いにくい空気になっていた。 なにも発言をしていない清永に向かって信長は言った。 「それほどわしは清永殿をかっておるのだ」と。 尊はあまりの空気感に唾を飲んだ。 清永は表情1つ変えず信長を見つめた。 信長はなんだ?言いたいことはあるのか?と怖い顔をした。 尊は心の中で「だめた!清永!まずいよ!お姉ちゃんごめん。 だけど清永、今だけはとりあえず承諾して」と願っていた。 その時城が急に騒がしくなった。 その日は両親に、唯が戦国の世へ戻ることは歴史が証明しているのだから大丈夫だと励まされ、次の満月には帰れると信じて、清永の元へ戻ることを諦めた唯。 けれど、次の満月も、その次の満月になっても、唯が戦国の世へ渡ることは叶わなかった。 尊の読みはずばり的中していたのだ。 その手紙の内容はタイムマシンの組み立て方と、清永から唯へのラブレター。 木村先生は、突然降って湧いたこの手紙を怪しむも、唯の両親たちに誤魔化され、なんだか釈然としない。 更に、そこに追い打ちをかけるように、清永の手紙を届けてくれたことを唯に感謝されてしまい、木村先生は気の抜けた返事をするしかなく、結局何も分からないまま帰ることに。 その後、唯とその両親はさっそくタイムマシンの組み立てを開始する。 その製作期間、7日。 更に、燃料を充電するのに1ヶ月半待ち、やっと準備が整ったのだ。 孫四郎は一言、研究室と言って近くにあった小屋に指をさす。 見覚えのないものだった。 中に入ると尊が研究をしている最中だった。 どうやら庭であれこれ持ち込み、色々なものを作っている尊を見かねた若君が建ててくれたようだ。 現代でよく見ていた光景に驚く唯。 人間そうそう変わらないと尊は言った。 尊が作っていたのは、この戦国の世で生きるために必要なものだった。 石鹸やシャンプー、虫よけ関係、まくらなど様々のものがあった。 中には懐中電灯もあり、点けようとすると10秒しか光らないから点けるのを止められる。 だがもっと大作もある。 そう言って尊が唯に見せたのは水道だった。 水の入った筒の中には活性炭も入っており、精製してくれているという。 世話役の人々も非常に役に立っていると礼を言った。 消火器や櫓も作っているのを見て唯が感動していると、三之助が尊に声をかける。 「まぐねしうむの抽出を終えました」と思ってもみなかった発言をする三之助。 唯が知らないうちに、三之助は尊の弟子になっていた。 このようにこの5カ月間、尊は自分の出来ることをやっていた。 唯は、戦国の世に来ていた尊は、何もせずに、メソメソと、しているだけだろう、と思っていたため感心していた。 尊は、唯の赤ん坊に会ってから現代に帰ろうかと考える。 それを唯が止めた。 母と父が心配して待っているはずだ。 それに尊にはタイムマシン2号も作ってもらわなければならない。 そう指摘すると渋々尊は戦国の世を後にした。 その後、尊の残したものが御月家を救うことになることを、この頃は誰も知らなかった。

次の

【アシガール】ネタバレ98話(最新)と感想!清永からのラブレター!

アシ ガール ネタバレ 98

アシガール【第97話】のネタバレ 信長に詰め寄られる清永。 尊は、表情から清永が断る気であることを見抜いていた。 そんななか、 清永の目の前にお腹の大きくなった唯が現れる。 満月から10日近く経っており、髪型も戻っていることにも驚くが、何よりもどうしてこのタイミングなのかと驚く尊。 唯はそんなことは気にも留めず、信長のことなど眼中にないようかの振る舞いで、清永の前に座るのだった。 信長だと気づいていない唯は… すると唯は、縁談の話や、忠永に子供ができていたにも関わらず報告しなかった清永を責め立てる。 清永は、子が助からないと言われたから言う必要がないと判断したといい、そのために小垣に養生させていたのだと説明する。 が、それでも状況を飲み込めていない唯は清永を非難。 そしてさらには、信長にタメ口で「ひどくない?」と告げる。 信長が険しい表情になり、場が凍りつく。 が、信長は面白かったと笑い声をあげて唯に謝罪し、その場を後にした。 唯を守ると誓った清永 信長が帰ったあと、唯は尊を責める。 尊は不満そうに説明するも、何を言っても彼女の怒りは収まらなかった。 その後、唯はいろんな人物に懐妊を知らせながら挨拶へ回る。 その日の夜。 緑側にて夜空を眺める唯のもとに、清永がやってくる。 大きくなった唯のお腹をじっと見つめる清永。 彼女は自身のお腹を「カエルみたい」だと言い、清永に笑われているのだと思いむくれる。 清永は否定し、 縁談で嫌な思いをさせたことを謝罪。 今後は何があっても2人を守ると言い、その言葉に唯は涙を流した。 清永は唯を抱きしめ、お腹の子供に優しく声をかけるのだった。

次の