お忙しい ところ 恐縮 です が。 「お忙しい中」の意味と正しい使い方・メール挨拶の例文

「お忙しいところ」の正しい使い方|電話やメールで使える例文・類語表現

お忙しい ところ 恐縮 です が

1つ目は、相手に対する感謝やねぎらいの表現として使うものです。 忙しい仕事の合間をぬって自分のために時間を費やしてくれたことに感謝する際に使います。 「お忙しいところありがとうございました」というのが定型句であり、ビジネスの上では頻繁に使用できる表現です。 もう1つの場面となるのが相手に対して依頼をしたいときです。 「お忙しいところ恐縮ですが」などという形でクッション言葉としてまず使用し、それから依頼内容を伝えるようにしましょう。 また、メールの冒頭にくる表現として「お忙しい中、失礼いたします」と使うこともできます。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」には、「申し訳ない」という謝罪の意味があり、どちらもほぼ同じ意味なので使い分けに気を付ける必要はありません。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、「恐れる」という文字が入っているとおり、相手を恐れるということから「あなたには敵わない」、という意味があります。 つまり、相手を敬い、自分をへりくだるという言葉です。 ただ「~してください」と頼むだけだと相手に不快感を与えてしまう可能性がありますが、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」を冒頭に付けることで、丁寧でへりくだった印象になります。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は相手に気持ちよく対応してもらうためのクッション言葉、というわけですね。 相手にとっては時間や労力を費やすことになるため、依頼する側としては最大限の配慮をしたメールを送るのが社会人としてのマナーと言えます。 その際にセットになるのがさまざまな「お願い」の言葉です。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、例えば以下のように使用します。 ・恐れ入りますが、こちらにご記名頂けますでしょうか。 また、以下のように「恐れ入りますが」「恐縮ですが」の前に「お忙しいところ」や「ご多忙中」などを付けると、相手が費やす労力や時間に対する配慮がされた表現になります。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、折り返しご連絡を頂けますでしょうか。 なお、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は自分に非がない場合に使用するため、例えば「恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。 」という使用は誤りです。 謝罪の意を表現する場合は「申し訳ありませんが」が適切です。 特に、「お忙しいところとは存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」は依頼内容を伝えた後で文末を締めるのによく使われる表現です。 お願いする際は「~をしてください」ではなく、少し婉曲的な表現を使うことで丁寧な表現になります。 例えば、相手に検討してもらいたいときは、「検討してください」ではなく、「ご検討いただければ幸いです」「ご一考下されば幸いです」といった表現を使いましょう。

次の

「お忙しいところ」の正しい使い方|電話やメールで使える例文・類語表現

お忙しい ところ 恐縮 です が

「ご査収のほど」とは、「よく調べて受け取っていただけますよう、〜」という意味を持つ敬語表現です。 元々は「察」を使っていましたが、「査」の字を代用するようになりました。 そのため、確認する、調べる、見る、考えるなどの意味を持ち、考査、調査、検査などに使われます。 「査収」は調べて受け取るという意味です。 「ご査収の程 ほど 」に使われている「程」には、「ある広がりをもった空間。 あいだ。 」という意味を持ちます。 「査収」だけですときつめな表現になるので、「程」をつけて「ご査収の程」という婉曲な言い回しにしています。 査収に丁寧さをプラスする接頭語「ご」と「程」をつけることで、「ご査収の程」はビジネスでも使える丁寧な敬語になります。 「ご査収の程」の正しい使い方・タイミングとは? 「ご査収の程」はどのようなときに使うのでしょうか。 「査収」の類語として「確認」という言葉もあります。 確認するという場合、受け取るものがなくても使えますが、 査収は受け取るという意味が含まれます。 そのため、 メールなどで資料や見積書など文書を添付した場合や郵便物やファックスで見積書や履歴書などを送るときに一緒に送る送付状などで使われます。 送付状というのは、送るものの枚数など漏れがないようにという目的もあり、ビジネスでは最低限の礼儀になっています。 「ご査収の程」は何かを送るときに使われるのが一般的です。 受け取るものがない場合は「査収」を使えませんから注意しましょう。 もちろん、 「ご査収の程」は敬語として目上の人や上司にも使えます。 「ご査収の程」の後に続く定番の例文とは?• Please check the attachment. (添付書類をチェックしてください。 Please take a look the attached invoice. (添付した請求書をご覧ください。 (見ていただきたいと思います。 I am sending you a proposal. Please see the attached. (提案書をお送りします。 添付書類を見てください。 Please kindly refer to the attached file. (添付した書類を参照してください。

次の

「お忙しいところ恐縮です」は間違ってないのか?ビジネスメールでの敬語の使い方

お忙しい ところ 恐縮 です が

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の