エクセル 百万。 【エクセル時短】決算資料で必須! 単位を「千円」、マイナスを「△」付きの赤文字で表現するテクニック

エクセルで億万円表示にする方法(例:1234567890→12億3456万7890円)

エクセル 百万

軸ラベルで単位を表示する方法 縦軸や、横軸には、単位を付けていないと何の数値か分からない場合が多くあります。 縦の軸に単位を付けたい場合は、[縦軸ラベル]を表示します。 これで「縦軸ラベル」が表示されます。 最初の設定だと、文字が横向きになっています。 すると、右側に[軸ラベルの書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 [サイズとプロパティ]の中の [文字列の方向]の場所をクリックして、 一覧から、 [縦書き]を選択。 これでラベルが縦書き表示になります。 あとは、 中の文字を適切な単位に入力し直せばOKです。 最初のグラフの縦軸のラベルに「単位 個」、横軸のラベルも表示して「商品名」と入力してみました。 最初よりは分かり易いグラフになったのではないでしょうか。 また、このラベルは移動することもできます。 ラベルの枠にマウスを重ねて、矢印十字に変ったところで、 移動したい場所まで引っ張ります。 移動できました。 軸の数値を百や万単位に変更する方法 下のように数字が大きい表をグラフにすると、 どうしてもグラフが恰好悪くなります。 目盛りの数字が場所をとりすぎですね。 では、数字を億単位に変更してみましょう。 まず作業ウィンドウを表示します。 画面右側に[軸の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 その作業ウィンドウで、 [表示単位]の場所をクリックして設定を変更します。 「百~兆」まで選ぶことができますが、今回は [億]を選んでみます。 下のように表示が変更されます。 「0」が少なくなったのでスッキリして、見やすくなりましたね。 単位を変更すると 自動的に縦軸ラベルが表示されます。 ラベルを縦書きにするには、先ほど説明した方法を使用しましょう。 画面右の作業ウィンドウで、[サイズとプロパティ]の中の [文字列の方向]の場所をクリックして、 一覧から、 [縦書き]を選択です。 ラベルの文字を「億円」にして、縦書きに変更後、上に移動したものが下の画像です。 まとめ 作成者は、表やグラフの内容を理解して作っているため、ついつい単位を付けるのを忘れがち。 グラフは誰かに見せるもの。 少しでも分かり易く、一目で理解できるグラフを作りたいですね。

次の

千円単位・百万円単位で表示する:Excel(エクセル)の使い方

エクセル 百万

Excelで数値を百万単位で表示させる方法を紹介します。 1.問題点 会社によっては金額を百万円単位で表示するケースがあると思います。 で、たとえば「12,300,000 1千2百30万 」をExcelのセルで「12. 3」と表示させたいのですが、方法が分かりません。 2.数値を百万単位で表示させる 数値を百万単位で表示させるには、表示を変更したいセルを右クリックして「セルの書式設定」を選択。 「表示形式」タブの「ユーザー定義」をクリック。 「種類」のテキストボックスに「0. 0,,」を入力して「OK」をクリック。 これで100万単位の「12. 3」と表示されます。 3.ユーザー定義の説明 設定した「0. 0,,」の意味ですが、まずカンマ1つは数値を1000で割って表示することを意味します。 ここではカンマを2つ並べているので1000000(百万)で割って表示します。 そして「. 0」は小数第一位を表示することを意味します。 [1]• [2]• [1]• [1]• [7]• [1]• [3]• [1]• [10]• [1]• [1]• [1]• [2]• [1]• [28]• [1]• [1]• [1]• [6]• [2]• [2]• [5]• [1]• [1]• [1]• [1]• [29]• [6]• [16]• [33]• [1]• [1]• [1]• [16]• [3]• [8]• [4]• [1]• [1]• [1]• [1]• [8]• [5]• [28]• [19]• [1]• [26]• [47]• [2]• [6]•

次の

【エクセル】ROUNDDOWN関数で1000円未満を切り捨てる方法

エクセル 百万

四捨五入,切り上げ,切り捨ての関数の使い方 ROUND,ROUNDUP,ROUNDDOWN :Excel関数• 四捨五入,切り上げ,切り捨ての関数の使い方 ROUND,ROUNDUP,ROUNDDOWN• エクセルでの数値の丸め処理に関する様々な関数について説明しています。 同じような機能の関数が複数あり、結果が微妙に異なりますので各関数の特性を理解して使用してください。 このページではすべての関数について説明がありますので、それぞれの特性をよく調べてみてください。 四捨五入はROUND関数、切り上げはROUNDUP関数、切り捨てはROUNDDOWN関数を使います。 このページのスリム化に伴い、移動した関数はこのリンク先で説明をしていますので、リンク先をご覧ください。 【問題】各教科の平均点を、四捨五入後、整数と小数第1位の桁で表示しなさい。 B C D 2 氏名 国語 数学 3 今田浩次 80 85 4 内田あかり 70 65 5 江藤公正 90 88 6 岡田太郎 55 62 7 川口宏 77 64 8 木村次郎 64 75 9 平均点 整数 73 73 10 平均点 小数第1位 72. 7 73. 【解答例】• 平均はAVERAGE関数を使います。 平均は AVERAGE C3:C8 で求めることができます。 これをROUND関数の引数の数値部分に入れます。 C9セルは、平均点 整数 のC9セルは 整数に丸めるので、桁数は 0 とします。 C10セルは、平均点 小数第1位 のC10セルは 小数点以下1桁で丸めるため、桁数を 1 とします。 引数の桁数は下図のようになります。 引数の桁数は、一の位が 0 となり、小数点以下第一位を四捨五入して整数で表示することになります。 また、小数点以下を表示させたい場合は、桁数で 1 を指定すると小数点以下第二位を四捨五入して、小数点以下一位に丸めることができます。 【操作例】関数の挿入ボタンを使う方法 ROUND関数とAVERAGE関数の複数の関数を使うケースですので、ちょっと面倒ですので注意してみてください• C9セルをクリックしてアクティブにします。 【関数の挿入】ボタンをクリックし、関数の挿入ダイアログボックスを表示します。 関数の分類で「すべて表示」を表示します。 関数名のリストから「ROUND」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 ROUND関数の関数の引数ダイアログボックスが表示されます。 数値のボックス内をクリックしてカーソルを表示します。 リスト内に AVERAGE 関数が表示している場合は AVERAGEをクリックします。 ここではAVERAGEが表示されていないケースを想定して説明しています• 関数の挿入ダイアログボックスで 関数の分類で「すべて表示」を選択し、関数名で AVERAGE を選択して、[OK]ボタンをクリックします。 AVERAGE関数の引数 数値1に セル範囲C3:C8を指定します。 ここでは [OK]ボタンをクリックしてはいけません。 数式バーの ROUND関数部分をクリックします。 ROUND関数の関数の引数ダイアログに切り替わります。 数値の欄に AVERAGE C3:C8 と入力されています。 桁数に 0 と入力して、[OK]ボタンをクリックします。 数式バーで、関数名の部分をクリックしてカーソルを表示します。 例 上記数式のROUND関数の場合 数式バーのROUNDの所をクリックしてカーソルを表示します。 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 数式バーのROUNDの所をクリックしてカーソルを表示します。 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 「5」は切り捨てて「6」から切り上げる場合は、A〜Cの3通りの方法が考えられます。 該当桁数の値を「-1」して、四捨五入する ROUND関数を使う :下図の2行目• 該当桁数の値に「4」加えて、切り捨てする ROUNDDOWN関数を使う :下図の3行目• 該当桁数の値を「-5」して、切り上げする ROUNDUP関数を使う :下図の4行目 ROUND関数の桁数 引数 について• 正の数値と負の数値の計算結果の例を示します。 ワークシート関数の場合は"算術型"丸め処理で「. 5」は常に切り上げられます。 VBA関数の場合は"銀行型"丸め処理で「. 5」は結果が偶数になるように丸められます。 つまり、切り上げたり切り捨てられたりするということです。 また、整数部分での丸めを行うことはできません。 microsoft. bsddiary. html• C列はVBA関数 Round で求めた値を表示形式で小数以下第1位まで表示しています。 C列は下表にコードを使って求めています。 Value Next i End Sub VBAの Round関数では整数部分が偶数の時は0. 5では切り上げはされません。 整数部分が奇数の時は0. 5は切り上げられます。 いわゆる"銀行型"丸め処理の例です。 ある値を基準に四捨五入したい• 【例】50単位で四捨五入したい。 25以上は50に切り上げ、25未満は切り捨てとしたい場合の例 、およびはそれぞれのページで説明していますので参照願います。 小数点の位置が0となり、左側へ-1 1の桁),-2 10の桁),-3 100の桁 ・・・ 右側へ1 小数第1位 ,2 小数第2位 ・・・• 【問題】 テレビとパソコンの販売価格を決めたいと思います。 それぞれの販売価格は1000円単位に切り上げることにします。 1000円単位に切り上げるには、ROUNDUP関数の桁数に「 -3」を入れます。 【操作例】関数の挿入ボタンを使って数式を入力する場合の操作手順• E4セルをクリックしてアクティブにします。 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数の分類で「すべて表示」を選択します。 関数名で「ROUNDUP」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 関数の引数 ダイアログボックスが表示されます。 【桁数】の欄に、1000円単位で切り上げするので、 -3 と入力します。 【OK】ボタンをクリックします。 E4セルに数式が入力されます。 E4セルの数式はオートフィルでE5セルにコピーして完成です。 ROUNDUP関数の桁数 引数 について• 正の数値と負の数値の計算結果の例を示します。 小数点の位置が0となり、左側へ-1 1の桁),-2 10の桁),-3 100の桁 ・・・ 右側へ1 小数第1位 ,2 小数第2位 ・・・• 【問題】テレビとパソコンを販売しました。 それぞれの消費税(5%で1円未満は切り捨てとします)はいくらでしょうか? B C D E 2 3 品名 販売価格 台数 消費税 4 テレビ 43,888 1 2,194 5 パソコン 185,888 1 9,294• 【解答例】• 05」となります。 1円未満は切り捨てますので、ROUNDDOWN関数を使い、桁数は「0」を入力します。 05,0• 【操作例】• 詳細はROUNDUPと同様のため省略します。 【関数の引数】ダイアログの設定は下図のようになります。 ROUNDDOWN関数の桁数 引数 について• 正の数値と負の数値の計算結果の例を示します。 省略すると2 小数第2位 を指定したと見なされます。 省略するとFALSEと同じになります。 FIXED関数の結果は 文字列であることに注意してください。 例えば、FIXED関数の結果をSUM関数やAVERAGE関数で計算しようとしても、文字列は計算から除外されますので、0 となってしまいます。 TRUEを指定したときには桁区切りの , (かんま)が表示されていません。 B C D E F 2 TRUE FALSE TRUE FALSE 3 1234. 6 1,234. 6 4 -1234. 6 -1,234. 6 5 1234. 【使用例】必要な個数に最も近いケース単位での個数を求めます。 たとえば、50個欲しい場合、12個単位 1ケース で 50を四捨五入するわけです。

次の