藍の青汁。 阿波に「藍食」ブーム到来!?染めるだけじゃない、食べてもうれしい藍の魅力に迫る│観光・旅行ガイド

純藍 藍の青汁

藍の青汁

【その2】藍のポリフェノールはブルーベリーの4倍! 古くから藍染めの原料や身体を守るために利用されてきた万能植物ですが、近年、研究が進み、ポリフェノールがブルーベリーの4倍も入っていることがわかるなど、注目の素材です。 【その3】ほんのり甘くおいしい青汁 ほんのり甘く、ほんのり苦味。 抹茶のような風味です。 商品規格 発送方法 常温にて発送いたします。 名 称 内容量 賞味期限 保存方法 原材料名 濃い藍の青汁 105g(1袋3. ギフトにも最適です。 その他、TVで紹介、雑誌で紹介、していただく事も多数。 ノンカフェイン、無添加、手作り、の商品も多数なので、妊婦さんへの出産祝い、節句、ひな祭り、 母の日、父の日、敬老の日、バレンタイン、ホワイトデー、お中元、御歳暮のギフトまで、 贈る相手を選ばず、贈物、としてご利用頂けます。 アンテナショップおばあかふぇでも販売している商品は、お土産 上司、お土産 取引先、 お土産 親戚、お土産 同窓会、お土産 パーティーにもおすすめ。 お問合せ、ご相談はスタッフ直通の、 フリーダイヤル、フリーファックス、などでお気軽にどうぞ。

次の

濃い藍の青汁(こいあいのあおじる)|純藍(じゅんあい)

藍の青汁

お知らせ• 2020. 2020. 22 【お知らせ】純藍カスタマーサポート復旧のご案内 ご迷惑をおかけしておりましたが、純藍カスタマーサポートの電話が復旧いたしました。 ご不便をおかけし大変申し訳ございませんでした。 深くお詫び申し上げます。 2020. 21 【お知らせ】純藍カスタマーサポート電話不通の件 現在、純藍カスタマーサポートの電話システムがダウンしており、 お電話がつながらない状況となっております。 お客様にはたびたび大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 復旧次第HPにてお知らせいたしますので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

次の

藍(あい)の青汁の効果・評判・口コミは?蓼藍(たであい)を使用した日本初の青汁♪

藍の青汁

「藍の青汁」は、「藍」を使った独自の製品を開発している純藍株式会社が販売している青汁です。 日本で初めて「藍」を使った珍しい青汁なんですよ。 大注目の新素材「藍」に、青汁としてはお馴染みの「大麦若葉」「桑の葉」「クマザサ」をブレンドし、オリゴ糖を配合した「藍の青汁」は、野菜不足と腸内環境の改善に役立つ青汁です。 国産原料を使用し、GMP認定を受けた国内工場で製造しているので安心して飲むことができますね。 「藍の青汁」に使用されてる「藍」ってどんな植物? 藍といえば、藍染めが有名ですよね。 タデ科の植物で、葉をちぎってもそこからふたたび根を生やすほど生命力が強い植物です。 そもそも「藍って食べられるの?」と心配になりますが、中国では、藍の根が漢方薬として使用されており、日本でも昔は藍の実が解毒や解熱などに効く薬草として使われたり、天ぷらなどにして食べたり、煎じて飲んだりと身近なものだったようです。 「藍の青汁」の原料は? 注目の新素材「藍」 藍には、食物繊維、鉄分、亜鉛、ポリフェノールが豊富に含まれています。 特許成分「純藍ポリフェノール」配合 「藍」の研究では、未だ報告のない新しいポリフェノールが発見され「純藍ポリフェノール」と命名されました。 体を内側から強くする力があることがわかり今も研究が続けられています。 大麦若葉・桑の葉・クマザサ 大麦若葉・桑の葉・クマザサは、青汁商品ではお馴染みの野菜ですね。 大麦若葉 食物繊維・ビタミン・ミネラルのほか、活性酸素を抑える働きのある「SOD酵素」や、デトックス効果やコレステロール値を抑える働きのある「葉緑素」が含まれています。 桑の葉 カルシウム、鉄分エネルギー代謝に欠かせないビタミンB群のほか、中性脂肪の蓄積を抑制する作用がある「GABA」や、糖質の吸収を抑制し、食後の血糖値の急上昇を抑えるDNJ デオキシノジリマイシン が含まれています。 クマザサ カルシウム、マグネシウム、リンの含有量は、なんと野菜の王様「ケール」以上。 クマザサに含まれる「葉緑素」は、デトックス効果、貧血予防に効果が期待できます。 乳糖果糖オリゴ糖 乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)は、オリゴ糖の中では下痢になりにくく、甘みが強いのが特徴。 オリゴ糖は、善玉菌を増やしてくれる効果があるので、腸内環境改善に効果があり便秘解消に役立ちます。 毎日のスッキリをサポートしてくれますよ。 トレハロース トレハロースは海藻やきのこ類、酵母に含まれている安全性の高い天然甘味料です。 お菓子、冷凍食品、パン・ジュースなど、身近な食品に使用されています。 「藍の青汁」の気になるお味は? 「藍の青汁」は、甘味があり飲みやすい青汁に仕上がっています。 しかし、中には「苦みは感じないが青臭さやエグみが気になる」「粉末は溶けやすいが、飲んでみると口当たりがザラッとして気になる」「甘みが口に残る」と飲みにくさを感じた人もいるようです。 甘くなくスッキリした青汁が好みの人には不向きかもしれません。 継続は力なり 「藍の青汁」は、健康のために毎日続けて飲むことが大切です。 公式サイトでも、朝起きた時など、忘れにくく続けやすいタイミングを決めて飲むことをオススメしています。 毎日の習慣になっていることにプラスして飲んだり、毎日の水分補給として気軽に取り入れてみてくださいね。 定期購入やまとめ買いでお得に購入できる 名称 藍の青汁 内容量 3. 高温多湿及び直射日光を避け冷暗所で保存してください。 栄養成分表示 スティック1本あたり エネルギー:11. 9kcal・たんぱく質:0. 4g・脂質:0. 1g・炭水化物:2. 7g 糖質:2. 0g・食物繊維:0. 7g ・食塩相当量:0. 002g・オリゴ糖:0.

次の