地縛少年花子くん 67。 第67の怪 スミレ 其の二 ネタバレ注意

花子くん (はなこくん)とは【ピクシブ百科事典】

地縛少年花子くん 67

月刊Gファンタジーにて連載中の漫画「 地縛少年 花子くん」は現在、単行本が13巻まで発売中! 13巻の収録話は第61話〜第65話で、続きにあたる第66話は、月刊Gファンタジー6月号に収録。 ここでは、 地縛少年 花子くん13巻の続き66話以降を無料で読む方法や、14巻の発売日情報などをお届けしていきます! ちなみに… 地縛少年 花子くん第66話(月刊Gファンタジー6月号)は、U-NEXTというサービスを使えば無料で読むことができます。 【13巻発売日】5月27日 【収録話】第61話〜第65話 地縛少年 花子くん13巻が発売されたのは5月27日。 収録話は第61話〜第65話。 13巻の最後(第65話)は、シニガミ様が蓋を閉じるシーンで締めくくられました。 「七不思議六番を捕まえたい」 と話す先輩の夏彦。 するとなぜか、夏彦・光・ミツバの3人で布団を敷いて眠ることに。 こうなっている理由を把握できないながらも、布団に入ってからたった15分でぐっすり眠ってしまうミツバ。 その後、光は夏彦と2人で話を進めます。 光も最初こそ全く聞く耳を持たなかったものの、15分後には夏彦のことを「師匠」と呼ぶほどに心酔。 夏彦が多くの人を救ってきたという武勇伝に、心を奪われたのでした。 ただし夏彦の武勇伝は、すべて嘘…。 そんなことなど知らず光は、後悔しないために行動することを決意。 光の決意を目にした夏彦は、七不思議六番に関する話を始めました。 シニガミ様は大きなため息をついていました。 葵が全員を穴の中(カンナギ)に落としてしまったことに、頭を抱えている様子。 とはいえ実際、シニガミ様はそれほど悩んでいなかったのです。 というのも最初から、カンナギには彼岸に落ちてもらう予定だったから。 そしてシニガミ様が蓋をバタンと閉じるシーンで、第65話は終了となりました。 ちなみに… 地縛少年 花子くん13巻の続き(第66話)は、月刊Gファンタジー6月号に掲載されています。 そしてU-NEXTというサービスを使えば、月刊Gファンタジー6月号を無料で読むことができます。 U-NEXTはスマホやパソコンで雑誌・漫画・動画を視聴できるサービス。 無料会員登録するだけで600円分のポイントがもらえます。 正式には公表されていないものの、地縛少年 花子くんの過去の単行本の発売日を振り返れば、おおよその発売日を予想できます。 では、地縛少年 花子くん14巻はいつ発売されるのか?というと… 2020年5月27日ころと予想します。 参考資料として、地縛少年 花子くんの単行本の発売日をまとめたので、確認していきましょう。 単行本 発売日 発売周期 11巻 19年8月27日 5ヶ月 12巻 19年12月27日 4ヶ月 13巻 20年5月27日 5ヶ月 14巻 20年10月27日 5ヶ月 また、地縛少年 花子くん14巻の収録話と月刊Gファンタジーの対応号が次の通り。 収録予定話 対応号 発売日 66話 月刊Gファンタジー6月号 5月18日 67話 月刊Gファンタジー7月号 6月18日 68話 月刊Gファンタジー8月号 7月18日 69話 月刊Gファンタジー9月号 8月18日 70話 月刊Gファンタジー10月号 9月18日 ただし、収録話の増減や対応号のズレ(休載など)が生じる可能性もあるので、参考程度に見ていただけると幸いです。 【漫画】地縛少年 花子くん13巻の続き66話以降を無料で読む方法 ここからは、地縛少年 花子くん13巻の続き66話以降を無料で読む方法をご紹介! 地縛少年 花子くん第66話は、月刊Gファンタジー6月号に収録されています。 そしてU-NEXTというサービスを活用すれば、無料で読む事が可能。 というのも、無料会員登録で600円分のポイントがもらえるからです。 流れとしては下記の通り。 続いて会員情報の入力をしていきます。 31日間無料トライアルという画面が表示されたら、以下のお客様情報を入力してください。 カナ氏名• 生年月日• メールアドレス• パスワード• 電話番号(ハイフン無し)• 無料トライアルに申し込むにチェックが入っていることを確認したら、決済方法を選択。 決済方法は下記4つの中から選択します。 クレジットカード• ドコモ払い• auかんたん決済• ソフトバンクまとめて支払い 決済方法を選択し送信ボタンをタッチすれば、登録手続きは完了! これで月刊Gファンタジー読む準備ができました。 U-NEXT内で「月刊Gファンタジー」と検索 U-NEXTの画面上部にある検索窓に「月刊Gファンタジー」と入力しましょう。 すると、月刊Gファンタジーの作品情報が表示されます。 作品情報が表示されたら続きを読みたい号数(6月号)を選択し、読むボタンをタッチ。 最後に購入ボタンをタッチすればOK。 jpの画面が表示されるので「まずは30日無料お試し」のボタンをタッチ。 続いて連携するIDを選択します。 Google ID・Facebook ID・その他(mopita)・docomo・au・Softbankのいずれかを選択してください。 ここではGoogle IDを選択してみます。 (クレジットカードをお持ちでない方は、携帯料金とあわせて支払いをすればOK) 連携が完了すると、クレジットカード情報登録の画面が表示されます。 クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコードを正しく入力しましょう。 最後に確認画面が表示されます。 購入サービス music. jp 月額1922円(税込)、支払金額1,922円/月と表示されますが、30日間は無料お試し期間なので、この期間中は費用がかかりません。 なので心配しなくてOK 「登録」ボタンをタッチすれば、music. jpへの登録手続きが完了となります。 これで月刊Gファンタジーを無料で読む準備ができました。 music. jp内で「月刊Gファンタジー」と検索 music. jpの画面上部にある検索窓に「月刊Gファンタジー」と入力しましょう。 検索結果が表示されたら「コミック」の項目をタッチ。 続いて月刊Gファンタジーをタッチ。 すると、月刊Gファンタジーの作品情報(最新号)が表示されます。 作品情報が表示されたら続きを読みたい号数(6月号)を選択し、読むボタンをタッチ。 最後に購入ボタンをタッチすればOK。 music. アニメを見て漫画を読み始めた人もいるかもしれませんね。 「地縛少年 花子くん」の漫画は、原作漫画1巻〜7巻の途中までが放送されました。 各巻の一部、そして6巻は丸ごとアニメ化っされていないものの、アニメの続きを読むなら5巻から読み進めるのがいいかと思います。 アニメ2期が放送されるかは分かりませんが、ぜひ2期も放送されて欲しいところです。 【漫画】地縛少年 花子くん13巻の続き66話以降を無料で読む方法まとめ 月刊Gファンタジーにて連載中の漫画「地縛少年 花子くん」は現在、単行本が13巻まで発売中! 13巻の収録話は第61話〜第65話で、続きにあたる第66話は、月刊Gファンタジー6月号に収録。

次の

【花子くん】67話ネタバレ!ついにあの子の正体が判明!

地縛少年花子くん 67

スミレは6番の依代 だったのです! 寧々が頼まれたこと スミレは寧々が巫であることを知っており、自分を壊せる存在であるとわかっていました。 そのため交渉に出ます。 スミレは 「構いませんわよ。 寧々がそうしたいならこの札を剥がしてくださっても。 でも1日だけ待ってくださらない? 言いましたでしょう?明日は私の結婚式なの。 だからお願い私が依代だということ明日まではゴン(花子くん)にも内緒にしておいて欲しいの。 明日はとても大切な日ですから。 」 と言いました。 この時点でスミレは花子くんは容赦無いが、寧々は情で動きやすく騙されやすいとわかっていたようです。 かなりのやり手ですね。 そしてスミレは寧々にお守りとして自分もつけている鈴のブレスレットを渡しました。 翌朝寧々に起きたこと 翌朝寧々が目を覚ますとそこにはお面をつけた人たちがいました。 お面をつけている人たちはどうやら寧々をスミレだと勘違いしているようで、結婚式のための準備をさせられてしまいます。 「スミレでは無い。 人違いです。 」というも信じてくれる人はおらず、寧々は運ばれてしまったのです。 そしてそんな寧々を影から見ながらスミレは「ごめんなさいね。 二人とも。 」 と謝りました。 その側には戦ったが負けてしまったらしい花子くんが横たわっていました。 巫の役目 6番の境界は過去の6番の見てきた世界観で出来上がっていました。 そのため、その村の風習が語られていきます。 その村では巫を生贄にして村の平穏を保とうとしていたのです。 寧々は抵抗しましたが、霊薬を飲まされ意識が朦朧としてしまします。 そんな寧々はスミレの過去を垣間見ました。 寧々が見た幻想 意識が朦朧とする中お面の人たちに引き連れられて寧々は歩きます。 そこで寧々が見たものはスミレの過去の出来事でした。 一人ぼっちで泣いているスミレのそばには世話役である、現死神がいました。 その村では何人もの巫を生贄にして平穏を保とうとしてきました。 スミレもその一人になろうとしていたのです。 死神はえらく正直でスミレのために嘘をつけるような人ではありませんでした。 それでもスミレは死神を慕い、二人は仲良く日々を過ごしていました。 ついにスミレが生贄に捧げられる日、死神はいつものような顔でスミレを見つめています。 スミレは「もう。 そこは嘘でも悲しむそぶりを見せるところだわ。 本当に正直なひと…。 」 といって崖から落ちていきました。 寧々も同じ道をたどる まさに今寧々もその幻想と同じ道を辿っているところでした。 本来であれば死神はここで葵に生贄になってもらう予定だったのでしょう。 しかし、先に落ちてしまったのが寧々だったからなのか、スミレの策略なのか寧々が崖にたちます。 崖にある鳥居でスミレにもらった鈴のブレスレットが反応し、寧々はなんとはじかれます。 ここにきて寧々は意識を取り戻し、村の人々は「さてはお前偽物か!」と気づいたのです。 さらに「赤根の子が門に拒まれるなど今までなかったことだぞ。 儀式はどうする?失敗か?ええいその子で構わん放り込め!」 と口々に言い始めます。 ここでスミレは葵と同じく赤根家の子供であったとわかりました。 そして寧々が窮地に追いやられたところで「やだ…花子くん!!」と叫ぶと「はーあーいー」と言いながら寧々を助けにきました。 「遅くなってゴメンね」といいながら花子くんは優しく寧々を抱きしめ 「悪いけど結婚式は中止だよ どこの誰だあわかんないヤツのとこに俺の助手を嫁がせるわけにはいかないからね」 と言いました。 67話ネタバレの感想 それではネットの反応からご紹介していきます! ネットの反応 はっ…待って花子くん本誌…やば息できない…落ち着け落ち着け…— su su31754530 読み終えた感想 いやもう!やばすぎる!!ww スミレちゃんに関してこんなに早く情報が出るとは驚きでしたが、なんだか切ない過去ですね。 報われているといいのだけど。 そして少し葵との関係も読めてきた気がしますね。 ここにきて唐突な花寧々供給の嵐にちょっと心がざわついていますww しんどすぎる! 来月まで待ちきれません…。 【花子くん】67話ネタバレ!ついにあの子の正体が判明!:まとめ いかがでしたでしょうか? 早く葵とスミレの関係が知りたいところですね! なんだか複雑な関係の予感…。 次回が待ち遠しいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

【地縛少年花子くん風】花子くんの制服

地縛少年花子くん 67

当記事の目次一覧• 【地縛少年花子くん:67話】最新話ネタバレ スミレの首元にある「封」じるしの御札を見た寧々に対し、何を考えているか彼女は察して、自分の出自を明らかにしました。 それは六番目の依代。 そして、続けて寧々のことを当代の巫であると見抜いて、自分のちからを上回るものを持っていると見抜きます。 ただ、彼女は争う姿勢を見せず、寧々に1日だけ待ってほしいと告げてきたんです。 明日はスミレにとって、どんなことよりも大切な日になる結婚式が控えているからです。 寧々は依代について花子くんに話すか悩む 明るい笑顔で頼んできたスミレのことを思うと、花子くんに依代であることを打ち明けるのは寧々にとって重いことでした。 さらに、最近の行動を考えると確実に派手な行動をやると感じていた寧々は、彼に相談することを先延ばしにして眠りにつきます。 朝、目が覚めた時に寧々の顔を凍りつかせる出来事が起こります。 目の前には能面をつけた女性が覗き込んでおり、寧々の意識が目覚めたとわかったら、数人が三指をついて頭を下げていました。 そして、同時に彼女たちは寧々にお祝いをし、寝間着を剥がして着替えさせはじめていきます。 おめかしをされていく寧々に対し、彼女たちの中のリーダー格から「スミレ」と呼びます。 何かおかしいと思う寧々なのですが、彼女たちはあなたのほうがおかしいことを言っていると告げ、鏡の前で再び「スミレ」と呼んだのでした。 寧々が運ばれる先は・・・ 自分はスミレではないというのだが、周囲の人間たちは一切信用しません。 神輿を降りてスミレ本人を呼び出しに行こうとしたのですが、女の子ひとりと何十人といる大人たちでは力の差も歴然です。 寧々は足止めを食らい、彼らのひとりから何か飲み薬を強引に飲まされるのでした。 考えることができなくなった寧々は、自分が何をしているのかわからなくなっていきます。 自分がどこへ行くかわからないような状況でしたが、ふと横に目を向けると小さな女の子が泣いていました。 その子は泣いており、自分の名前を「スミレ」と名乗り、その横にいたのは六番です。 彼女に対し表情を変えずも、自分自身の考えにより、彼女の想いを肯定していました。 その中で、スミレはいずれお嫁にいく、つまり自分の命が六番のところに行くことについて話題にしました。 彼から言われた言葉は嫁に向かえるという言葉だった。 だが、彼はその後にすぐにウソであると否定したため、小さなスミレは怒ったフリをしてどこかへ駆け出していく。 それでも、彼女の顔は微笑を示しており、彼からの好意を受け入れるものだったのだ。 助けを読んだ寧々の前には・・・ 誰かの夢か、幻を見ていた寧々は、儀式を進める祠の門の前で立ち止まっていました。 村人たちは彼女のことを偽物ではないかと疑い始め、儀式の遂行を止めるか進めるか議論をし始めます。 しかし、結果は変わらず、スミレではなく寧々を生贄に捧げると決定させました。 集団のリーダー格に手を引かれ、門の前に連れて行かれる寧々は、恐怖で表情を凍らせています。 恐怖に耐えきれなくなり、ついに「あの名前」を呼ぶのでした。 呼ばれた彼は、お面を外し、泣き叫ぶ寧々を抱き寄せて遅くなったことを謝罪します。 村人たちから包囲される寧々と彼でしたが、怒号を向けるひとりに対して、彼は被っていたお面を投げつけました。 そして、寧々の肩を抱き寄せ、結婚式は中止だし、大事な助手を嫁がせるわけにはいかないと啖呵を切ります。 もちろん、これをやったのは花子くんでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 さらにアニメ版の【地縛少年花子くん】もU-NEXTでは見放題で放映中です。 感想 ああ、やはり寧々が生贄にさせられてしまったのね。 数珠の腕輪を渡された時に怪しいとは感じたのですが、思ったとおりの展開になってくれました。 そして、ヒロインのピンチに駆けつけるのはヒーローです。 最後の最後で花子くんがやってきたのは、めっちゃカッコいいです。 しかも、その見開きのページのかっこよさ。 泣き叫ぶお姫様のリクエストにお答えしてやってきました感です。 このページだけは電子書籍の見開きで目にしたほうがいいです。 正直、この部分だけでもいいのでカラーにしてほしいくらいです。 次回は生贄からの脱出と、依代であるスミレと花子くんの対決だと思います。 早く読みたいなぁ。

次の