ストーリー ハイライト 文字なし。 【徹底解説】インスタのストーリーの基本から複数追加、足跡まで!文字や動画・スタンプのテクニック!

【Instagram(インスタグラム)】投稿をストーリーにシェア(リポスト・リグラム)する方法を解説♪

ストーリー ハイライト 文字なし

インスタストーリーの「ハイライト」とは? ストーリーは通常、投稿から24時間経つとインスタグラム上から削除されます。 しかし、ハイライト機能を活用すれば、ストーリーをプロフィール上に表示させ続けられます。 インスタグラムのプロフィール画面上に丸枠で表示されているのが、ハイライトです。 自己紹介のすぐ下と目立つ位置にあり、タップすれば再生できます(非公開アカウントの場合はフォロワーのみ)。 投稿したストーリーをハイライトすれば、削除しない限りここに表示され続けます。 これぞというお気に入りやいつもより反響があったストーリー投稿を選んで載せておくのに適しているといえるでしょう。 2 ハイライトのカバー写真・タイトルを決める 左:[カバーを編集]からカバー写真の設定をおこなう 右:タイトルを入力する プロフィール画面上に表示されるハイライトのカバー写真とタイトルを設定します。 タイトルには最大15文字まで入力が可能です。 よければ右上の[追加]をタップしてください。 ちなみにカバー写真とタイトルは後から変更できます。 3 丸枠をタップで再生 作成したハイライトがプロフィール画面に追加されました。 投稿から24時間経過したストーリーでも削除されずに残るようになりました。 丸枠内をタップするとストーリーが再生されます。 ハイライトはプロフィール同様、誰でも見ることができますが、非公開アカウントに設定している場合はフォロワーのみへの公開となります。 しています。 投稿したストーリーから直接作成・追加する方法 投稿してから24時間以内であれば、ストーリーの再生画面からハイライトを作成・追加することもできます。 フィード画面上部のストーリーズトレイから自分のストーリーズを開きます。 ハイライトに追加したいストーリー投稿が表示されたら、右下の[ハイライト]をタップし、[+新規]を選択してください。 なお、ここで既存の別のハイライトを選ぶと、そのハイライトに内包された状態(同じタイトルとカバー写真)でハイライトに追加されます。 次の画面で、新規ハイライトのタイトルを入力し[追加する]をタップします。 ここではカバー写真の編集はできないため、作成が完了後に設定する必要があります。 しています。 「ハイライトに追加されました」と表示されたら完了です。 [プロフィール上で見る]をタップして、追加できているか確認するといいでしょう。 プロフィール画面の紹介文の直下に作られたハイライトをタップすると再生できます。 ハイライトを編集する 既存のハイライトに写真・動画を追加して複数の写真や動画が再生されるハイライトを作ったり、カバー写真やタイトルを変えたりといった編集が可能です。 また、ハイライトの削除も簡単におこなえます。 ハイライトに写真・動画を追加する 既存のハイライトに写真や動画(別のストーリー)を追加するには、当該ハイライトを長押しして[ハイライトを編集]を選択後、アーカイブタブから追加したいストーリー(写真・動画)にチェックを入れます。 最後に完了をタップすると、既存のハイライトに写真や動画が加わって、順番に再生されるハイライトが作成されます。 投稿してから24時間以内のストーリーの場合は、再生画面の[ハイライト]をタップ後に既存の別のハイライトを選ぶと、そのハイライトに内包された状態(同じタイトルとカバー写真)で追加されます。 ハイライトを丸ごと削除する 当該ハイライトを長押しし、[ハイライトを削除]を選択。 さらに削除するをタップします。 以上で完了です。 ハイライトから写真や動画を個別に削除する 複数の写真や動画を含んだハイライトの中から、個別にストーリーを選んで削除したい場合は、まず当該ハイライトを長押しして[ハイライトを編集]を選択します。 不要な写真・動画のチェックを外した状態で[完了]すればOKです。 カバー写真・タイトルの変更方法 タイトルとカバー写真を変えるには、当該ハイライトを長押しして[ハイライトを編集]を選択。 ここで[カバーを編集]を選ぶとカバー写真を、「名前」を選ぶとタイトルを変更できます。 カバーやタイトルを変更したら、最後に[完了]をタップしてください。 ハイライトをシェアする方法 作成したハイライトは、他のユーザーにダイレクトメッセージ(DM)経由で送ったり、リンクをコピーして他アプリ等でシェアしたりできます。 ここでは、DMでの送信方法を紹介します。 プロフィール画面で、送りたいハイライトを長押ししたら[宛先を指定して送信]をタップします。 送信したい相手のアカウントにチェックを付け、[送信](個別に送信)をタップすればダイレクトを介してシェアできます。 当該ハイライトに追加されている個々のストーリーのいずれかをシェアする場合は、方法が異なります。 ハイライトを再生し、シェアしたいストーリーに切り替わったら右下のメニューボタン[ ]から[宛先を指定して送信]をタップします。 宛先を選び、[送信]をタップすればOKです。 ハイライト全体ではなく、選択した1つのストーリーが送信されます。 appllio. com ハイライトにまとめたストーリーを保存(ダウンロード)する方法 ハイライト丸ごと一式を保存(ダウンロード)することはできませんが、ストーリー1つずつであれば端末に保存できます。 自分のストーリーならばインスタグラムから簡単にダウンロード保存できる一方で、他人のハイライトに追加されているストーリーを保存する機能はインスタグラムには備わっておらず、サードパーティのアプリを利用して保存することになります。 自分のストーリーを端末に保存する プロフィール画面のメニューボタン[ ]から[アーカイブ]をタップし、ストーリーアーカイブから保存したいストーリーを選びます。 当該ストーリーが再生されたら、右下の[その他]から[動画を保存]を選択すれば、端末へのストーリー保存が完了です。 利用にはInstagramアカウントでログインする必要があります。 セキュリティ上のリスクは残りますが、面倒な操作がなく、ダウンロードボタンのタップだけで簡単に投稿の保存ができて便利です。 ログインが完了すると、いつも見ているインスタとよく似たホーム画面が表示されます。 画面上部のストーリーズトレイをタップするか、検索ボタンからユーザーを探してタップすると、相手のプロフィールページが表示されます。 真ん中あたりにあるストーリーズ一覧の中から保存したいものをタップします。 ストーリーは、上の段が24時間以内に投稿されたもの、下の段がハイライトです。 ハイライトをタップすると、当該ハイライトにまとめてあるストーリーの一覧が表示されるので、そこから保存したいストーリーを1つ選びます。 ストーリーの下部に付けられた保存アイコン(下向き矢印)を選択すれば、端末への保存が完了します。 ハイライトを閲覧すると足跡が残るおそれ 投稿後24時間が経過したストーリーには既読(足跡)が付きません。 そのため、ハイライトに追加されたストーリーが投稿後24時間経過したものであれば、閲覧しても相手にバレないといえます。 とはいえ、投稿後24時間が経過すれば、ユーザーネームなどは閲覧者リスト上で表示されなくなります。 つまり、ストーリーハイライトにうっかり付けてしまった"足跡"であっても、遅くとも24時間以内に消えるというわけです。

次の

Instagramストーリーのテキスト:移動方法、追加、書き込み、ハイライトの方法

ストーリー ハイライト 文字なし

Contents• インスタ・ストーリー【基本編】 ストーリーをサクサクみる!進む!戻る! ストーリーをみるのに、時間がかかりませんか?簡単に次に進むことと、戻ることができます。 方法は左端をタップすると「前に戻る」、他の部分をタップすると「次へ進む」。 これだけでサクサクみることができます。 そして、文字の多いストーリーなどを読みたいときは、タップして押さえたままにするとそのまま止まります。 スワイプすると次のユーザーへストーリーが移動します。 ストーリーの文字入力、移動、削除方法 まずホーム画面で自分のアイコンをタップし、ストーリー撮影画面に移動します。 写真を撮るか、アルバムから写真を選ぶと編集画面になります。 ここから説明を始めます。 まず右上の文字「Aa」ボタンをタップすると文字の入力画面となります。 入力画面で文字を入力し、下にある色をタップすることで文字の色を選択できます。 左上文字揃えボタンで、「中央揃え」「左揃え」「右揃え」を切り替えることができます。 左から2番目のボタンで文字に背景をつけることができます。 この場合も下の色を選択することができます。 文字の入力が終わって右上の完了をタップすると、文字の位置を決めることができます。 押しながら移動(ドラッグ)することで目的の位置へ動かすことができます。 様々な種類の文字表示を選択する 先ほどの例は「クラシック」という普通の文字を表示するモードでした。 「強」というモードにすると文字が大きく強調されます。 配置してみるとこうなります。 いろいろなモードを試してみて、ストーリーをデコレーションしてみてください。 デコレーションには次で説明する「ペン」や「ステッカー」も使うことができます。 「タイプ」は文字だけのストーリー 画面下の撮影モードを「通常」からスライドして「タイプ」にすると文字だけのストーリーを作成することができます。 文字を入力して「ペン」ボタンをタップすると画面に落書きをすることができます。 画面上部でペンの種類を変えたり、画面下で色を変えたりと自由なデコレーションができます。 描き終わったら「完了」をタップします。 「ステッカー」ボタンをタップすると、様々な種類の中からステッカーを選んで画面に貼り付けることができます。 前述したように、「ペン」や「ステッカー」は通常モードでも使えますので、試してみてください。 ストーリーを削除する方法 ストーリーを削除するにはまず、自分のアイコンをタップしてストーリーを表示します。 これは複数につないだストーリーの場合、一番後ろを削除することになります。 そして、ストーリーを表示したら画面下部の「・・・」もっと見るをタップします。 メニューが表示されますので、「削除する」をタップします。 これで削除は完了です。 ストーリーを保存、閲覧する方法 後述しますが、ストーリーは24時間表示後、自動的に保存される設定になっています(次々項を参照)。 まずは、保存方法から説明します。 ストーリーを保存するにはまず、自分のアイコンをタップしてストーリーを表示します。 そして、画面下部の「・・・」もっと見るをタップします。 メニューの中から「保存する」をタップします。 再度メニューが表示されますので、「ストーリーズを保存」をタップします。 この時、写真や動画を保存する上のメニューを選ぶと、そのストーリーに使われている写真や動画がカメラロールに保存されます。 保存が完了すると「ストーリーズが保存されました」というアナウンスが出ます。 保存したストーリーを閲覧する 自分で保存した、もしくは自動的に保存された過去のストーリーをみるには、プロフィールページへ移動し、右上の「時計」ボタンをタップします。 「アーカイブ」というページに保存されたストーリーが並んでいるので、タップすればもう一度表示することができます。 ストーリーの自動保存を解除・設定する 自動保存を設定するには、プロフィールページへ移動し、右上の「時計」ボタンをタップします。 アーカイブページの上部にある「・・・」メニューボタンをタップします。 メニューが表示されますので、「設定」をタップします。 ストーリー設定で「アーカイブに保存」がオンになっています。 これをオフにすれば自動保存が解除されます。 うざいストーリーをミュート(非表示)にする方法 自慢ばかりのストーリーなど、あまり見たくないユーザーがいるかもしれません。 その場合はそのユーザーだけ非表示、つまりミュートすることができます。 まず、ミュートしたい相手のプロフィールを表示します。 簡単な方法としてはストーリーの左上にある「アイコン」をタップするといいでしょう。 相手のプロフィール画面が表示されたら右上にある「・・・」オプションボタンをタップします。 表示されたメニューから「ミュート」をタップします。 ミュートの仕方を選択できますので、「ストーリーをミュート」をタップします。 すると案内が表示され、ミュートの操作が完了したとわかります。 ミュートした相手のストーリーが投稿されるとグレーで表示されます。 しかし順番にストーリーを見ていく時には表示されません。 必要があればアイコンをタップすることで見ることはできます。 ストーリーの非公開・公開範囲の設定 ストーリー(およびライブ)は公開範囲を設定することができます。 具体的には非公開のユーザーを設定します。 そのためには自分のアイコンをタップし、ストーリー投稿の画面にした後、右上の「歯車」マークをタップします。 ストーリー設定の中で「ストーリーを表示しない人」をタップします。 「表示しない人を選択」してチェックを入れたら「完了」をタップします。 すると公開範囲が設定されますので、「完了」をタップします。 この設定は毎回行うものではなく、内容が保存されます。 友達だけにストーリーを公開するなど、使いやすい設定にしておくとよいでしょう。 また「シェアを許可」(いわゆるリポスト)をオフにしておくと、より制限ができます。 スポンサーリンク インスタ・ストーリー【スタンプ編】 メンションスタンプの使い方 ハッシュタグにメンション、ユーザー名のスタンプを使うことができます。 このスタンプは相手に通知が届きます。 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 「@メンション」スタンプをタップします。 そして、ユーザー名を入力すると、候補が表示されます。 メンションしたい相手を選択します。 スタンプが配置されます。 位置などが変更できるとともにスタンプをタップすると色を変えることができます。 色が変わりました。 そして普通のストーリーと同じく、「ストーリーズ」ボタンで公開します。 すると、メンションされた相手には「ダイレクト」で通知が届きます。 相手はどのようなストーリーでメンションがされたのか、確認することができます。 一方、ストーリーを見たユーザーがタップすると、メンションしたユーザーが表示されます。 ユーザー名をタップすると、そのユーザー情報を見ることができます。 Twitterでよく使われるようになった「メンション」ですが、紹介したいユーザーがいるときなどに使えると思います。 ハッシュタグスタンプの使い方 スタンプにハッシュタグを使うことができます。 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 「#ハッシュタグ」スタンプをタップします。 ハッシュタグを入力すると下部に候補が表示されます。 ここでは「青山カフェ」を使ってみます。 スタンプが配置されます。 位置などが変更できるとともにスタンプをタップすると色を変えることができます。 色が変わりました。 色を決めたら普通のストーリーと同じく、「ストーリーズ」ボタンで公開します。 ストーリーを見た側にはスタンプが表示され、タップすると「ハッシュタグを見る>」というポップアップが表示されます。 これをタップするとハッシュタグの一覧が表示されます。 友達などにオススメのハッシュタグを紹介するときなどに使えるでしょう。 アンケートスタンプの使い方 ストーリーでアンケートを取ることができます。 これは2択の質問となるスタンプです。 それにはまず「スタンプ」ボタンをタップします。 「アンケート」スタンプをタップします。 質問の内容と、「はい」「いいえ」の部分を好きな選択肢にすることができます。 質問が出来たら、ストーリーとして公開します。 自分のストーリーを見直すと、アンケートの結果が表示されます。 そのストーリーを上にスワイプします。 すると誰がどちらを選択したのか、その詳細を見ることができます。 スライダースタンプの使い方 スライダースタンプはアンケートの応用版のようなもので、感情の大きさなどをスライドさせて投票してもらうことができます。 まずは「スタンプ」ボタンをタップします。 「スライダー」スタンプをタップします。 質問の内容と、表現してもらいたい感情のスタンプを下部から選択します。 スタンプが出来たらストーリーとして公開します。 ストーリーをみたユーザーはスライドを動かして、その感情の大きさを示します。 自分のストーリーを見直すと、現在の平均が表示されます。 そのストーリーを上へスワイプします。 すると、投票の詳細が表示されます。 ストーリーの文字やスタンプを削除する方法 例えば、アルバムから写真を選択すると、最初から文字(スタンプ)が入力されています。 これを削除してみます。 文字を押しながら少し動かすと、下部に「ゴミ箱」のアイコンが現れます。 そこまで指を移動して離すと削除ができます。 動画でみていただくとこうなります。 7秒ほどの動画になっています。 インスタ・ストーリー【動画編】 インスタのストーリーに動画を使う方法 自分のアイコンをタップして、ストーリーの「通常」撮影モードにします。 「通常」撮影モードでシャッターボタンを押したままにすると、動画が撮影できます。 動画を撮影後デコレーションの編集が写真の時と同じようにできるようになります。 それに加えて、画面下部のメニューを右へ移動していくことによって、動画を撮影するモードを選択することができます。 下記のようなモードがあります。 BOOMERANG:押している間動画が撮影され、それが繰り返し再生されます。 フォーカス:顔を認識し、それ以外の部分はぼかされることによって、一眼レフカメラで撮ったような効果が得られます。 SUPERZOOM:テレビのズームイン効果が得られます。 3段階程度に分けてズームインされ、迫力のある動画が撮影できます。 逆再生動:動画を撮影すると、その逆再生動画が作成できます。 ハンズフリー:通常モードでは押している間に動画が撮影されますが、シャッターボタンをタップすると撮影開始、もう一度タップすると終了という方法で動画を撮影できます。 ストップモーション:いわゆる「パラパラ漫画」のようなアニメーションを作成できます。 ストーリーに使える動画モード例 何気ない日常の動画をストーリーにするのも良いものですが、特殊効果を狙ったストーリーも面白いかもしれません。 先ほど紹介した「SUPERZOOM」では、上部にある「メガホン」ボタンで効果音をつけることができます。 5秒ほどの動画ですが、音量に注意してご覧ください。 インスタ・ストーリー【足跡編】 Instagramストーリーの足跡とは? ストーリーには誰が閲覧したかわかる機能、いわゆる「足跡」機能があります。 自分のアイコンをタップして自分のストーリーを見ます。 ストーリーの左下に閲覧したユーザーのアイコンが表示されます。 アイコンをタップすると、誰が閲覧したのかがわかります。 これが「足跡」です。 「足跡」をつけないで相手のストーリーを見ることはできる? 基本的にはできません。 実際にはそれができるアプリは存在します。 しかし信用できそうなアプリではないため、ここでは紹介しません。 信用できないアプリに自分のユーザー名とパスワードを教えてまで、足跡をつけない方法をとるか考えたいところです。 アカウントを複数持つことで、別のアカウントから見ることならできます。 複数のアカウントを持つ機能は、Instagramが標準で対応している機能です。 次の例は別のアカウントに切り替えて、検索してユーザーを選択、フォローせずにストーリーをみたときの足跡です。 この方法であれば、ストーリーの閲覧を工夫できるでしょう。 複数アカウントの作り方は後ほどお伝えします。 質問スタンプの使い方 質問スタンプはその名の通り「質問をしてもらう」スタンプになります。 応用次第で他の使い方もできるでしょう。 まずは「スタンプ(ステッカー)」ボタンをタップします。 「質問」スタンプボタンをタップします。 すると「質問はありますか?」というテキストが入ったステッカーが貼り付けられます。 このテキストは変更することができます。 「ストーリーを見た人」は質問をすることができます。 「質問をした人」は既読アイコンをタップするか、ストーリーを上へスワイプすることで質問の内容を見ることができます。 質問に答えるためには、解答欄の質問をタップします。 メニューが表示され「Share Response(回答を共有する)」をタップして回答します。 質問にはストーリーで答えることになります。 もし文字で答えたければ、写真を撮るか画像をアップロードしします。 そして、テキストボタンで回答すればよいでしょう。 「ストーリーを見た人」は質問の回答があると通知がされます。 そして「質問をした人」のストーリーを見ることで回答を知ることができます。 ストーリーのスクショは相手に通知されない! 2018年6月時点で、ストーリーのスクリーンショットを撮っても相手にはわかりません。 相手のストーリー上ではこのように既読がついただけになっています。 閲覧者の詳細を見ても、特に変化はありません。 2018年2月から「スクリーンショットの通知機能」をテストしていましたが、6月に「ストーリーのスクリーンショットは通知しない」と。 これからは安心してストーリーのスクショが撮れそうです。 インスタで相手にわかるスクリーンショットは? 1対1のストーリーと表現できるかもしれませんが、相手に「ダイレクト」メッセージで送信する際、「1回表示」もしくは「リプレイを許可」の設定で写真が送られてきたとします。 それをスクリーンショットすると、相手にはメッセージ履歴の横に小さなマークが付き、スクリーンショットが撮られたとわかるようになっています。 その上の写真のように期限つきでなければ、スクリーンショットを撮っても相手には通知されません。 インスタ「ストーリー」の便利な使い方編 お気に入りをいつでもそばに「ストーリーズハイライト」 お気に入りのストーリーをプロフィールに表示しておける「ストーリーズハイライト」という機能があります。 ストーリーズハイライトの設定方法 これを設定するには、まずプロフィールページで、「ストーリーズハイライト」のボタンをタップします。 ハイライトを追加するために「+」ボタンをタップします。 ストーリーの一覧が表示されるので、お気に入りのストーリーを選択し、「次へ」をタップします。 ハイライトのタイトルを入力し、「追加」をタップします。 すると、ストーリーハイライトとして表示されるようになります。 ストーリーハイライトを削除する方法 ストリーズハイライトから、1つのストーリーを削除するには、削除したいストーリーを「長押し」します。 すると、メニューが表示されますので、「ハイライトを削除」をタップします。 確認のアナウンスが表示されますので、「削除する」をタップします。 これでハイライトの削除は完了です。 Instagramで複数アカウントを作る、切り替える方法 デバイスやバージョンによって異なりますが、下部メニューの人型アイコンで自分のアカウントを表示した後、「・・・」もしくは「歯車」ボタンをタップします。 オプション画面が表示されます。 その一番下に「アカウントを追加」というボタンがあるのでタップします。 ログイン画面が表示されますが、一番下にある「登録はこちら」をタップ。 Facebookか電話番号でも登録ができますが、メールアドレスで登録すると複数アカウントとして使いやすいでしょう。 登録が完了して、複数アカウントを持っている状態になると、画面上部のユーザー名の横に「切り替え」ボタンができています。 切り替えボタンをタップすると、アカウントの切り替えができるようになります。 ストーリーにタイムラインの投稿を紹介する タイムラインで見かけた投稿や自分の投稿をストーリーで使うことができます。 タイムラインでシェアしたい投稿があったとします。 その紙飛行機マークの「シェア」ボタンをタップします 「ストーリーズに投稿を追加」という項目をタップします。 ストーリーの作成画面へ移動されます。 ここで文字やスタンプを追加できます。 「ストーリーズ」ボタンをタップするとストーリーズへ投稿されます。 インスタのストーリーに写真スタンプを貼る方法 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 スタンプ一覧の中に「写真」ボタンがあるのでタップします。 するとカメラロールが表示されます。 ここで、ストーリーに貼りたい写真をタップします。 これでストーリーに写真を貼ることができました。 ちなみにこの写真は「GIFアニメ」ですが、それには対応していません。 他のストーリーと同じようにデコレーションすることができます。 手書きの文字は写真の後ろに隠れてしまうので、工夫が必要そうです。 最後に「ストーリーズ」ボタンをタップすれば投稿されます。 インスタのストーリーに動画スタンプを貼る方法 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 スタンプ一覧の中から「写真」スタンプボタンをタップします。 動画には画像の右下に「動画の長さ」が表示されています。 貼りたい動画をタップします。 そしてデコレーションなどをして、「ストーリーズ」ボタンをタップすれば投稿されます。 ストーリーのイメージを動画で観ていただきましょう。 執筆時点で流行していた動画が貼ってあります。 7秒ほどの動画です。

次の

【徹底解説】インスタのストーリーの基本から複数追加、足跡まで!文字や動画・スタンプのテクニック!

ストーリー ハイライト 文字なし

こんにちは!編集部のコジマです。 インスタグラムのストーリーは多くの人が利用する大人気のサービスです。 インスタグラムはストーリー機能をきっかけに爆速で利用者数を伸ばしていきました。 この記事に訪れたあなたは、 「インスタグラムのストーリーってどんなサービスなの?」 「インスタグラムのストーリーってどうやって使うの?」 「インスタグラムのストーリー機能について知りたいな…」 なんて思っているのではないでしょうか。 インスタグラムを始めたばかりの人や、これからインスタグラムを始めようと思っている人にとっては ストーリーがどんな機能なのかわかりませんよね。 また、どうやって使ったらいいかもわからない人も多いはずです。 そこで今回は、 インスタグラムのストーリーとはどんなサービスなのかを解説することはもちろん、使い方までも解説していきます。 インスタグラムを使ったことがない人や、今まで使ってたけど改めてサービスを知りたい人にとっては、非常にタメになる内容になっています。 インスタグラムのストーリーをしっかり理解して、楽しいインスタライフを送っていきましょう。 それでは参ります。 この記事の目次• インスタグラムのストーリーってどんなサービス? インスタグラムのストーリーは、 24時間という時間限定で自分で投稿した画像や動画をみている人にシェアできる機能のことを言います。 実はこのストーリー機能は、アメリカで大流行していたスナップチャットから模倣して作られたサービスなんですよ。 スナップチャットは、投稿した写真や動画が「10秒間」で自動消滅するコミュニケーションアプリです。 「1度見たらもう見られない」という新しい体験が、アメリカで大流行しました。 さらに、24時間で消滅する「My Story」と言われる機能も追加したりして、利用者数を拡大していったんですよ。 この「My Story」を模倣して作られたのが、インスタグラムのストーリー機能です。 このようにスナップチャットの機能をインスタグラムが模倣し続け、インスタグラムは着々と利用者数を増やし続けスナップチャット利用者数を超えていったという背景があるんですね。 インスタグラムのストーリーの歴史を振り返ろう インスタグラムのストーリーはリリース当初からあったわけではありません。 インスタグラムは2010年10月にリリースを開始し、ハッシュタグ検索によりおしゃれな人と繋がれるなど、新感覚のコミュニケーションツールとして、利用者数を増やしていきました。 その後2015年12月には、最大15人とのチャットを楽しめる「Instagram Direct」機能や、2015年5月には広告が出稿できるようになりました。 そして 2016年8月に投稿した写真や動画が24時間で消滅する「Instagram Stories」機能が追加されました。 このインスタグラムストーリー機能により、利用者数は激増しインスタグラムストーリーはリリースしてから約1年で2億5000万人を突破したんですよ。 いわゆるインスタグラムのストーリーがインスタグラムの利用者数を拡大させたといっても過言ではありません。 インスタグラムのストーリー自体の機能も拡大していき、位置情報が送れるようになったり、他の人の投稿を再投稿できる「Repost リポスト 」機能が生まれたりしています。 インスタグラムの歴史を振り返ってみると、インスタグラムはまだまだ発展し続けているサービスと言えるでしょう。 事前に知っておこうインスタグラムのストーリー5つの特徴 インスタグラムストーリーの使い方を知る前に、5つの特徴を押さえておきましょう。 インスタグラムストーリーの5つの特徴は、• ストーリーズハイライトでインスタグラムのストーリーを保存できる• インスタグラムのストーリーは足跡が残る• インスタグラムのストーリーは保存している写真や動画をUPできる• インスタグラムのストーリーで友人のストーリーを投稿できる• インスタグラムのストーリーは限定公開できる になります。 それぞれについて詳しく解説していきますね。 ストーリーズハイライトでインスタグラムのストーリーを保存できる 冒頭でも説明した通り、インスタグラムのストーリーは24時間で自動消滅する機能です。 しかし、飲み会などその場で撮影した動画や写真を残しておきたい時もありますよね。 そこでインスタグラムのハイライト機能を使えば、24時間で自動消滅させることなく保存できます。 このようにインスタグラムのストーリーに投稿したお気に入りの動画や画像をプロフィール欄に残せます。 つまり24時間以内で自動消滅する投稿も、あなた自身の お気に入りのストーリーはハイライト機能でプロフィール欄に残しておけるということですね。 仮にあなたにとって大切な写真や動画で、あなたのフォロワーに見てもらいたいストーリーがあったらハイライト機能を利用して、インスタグラムのプロフィール欄に掲載するといいですね。 インスタグラムのストーリーは足跡が残る インスタグラムは、違う人のプロフィールページを閲覧したり、投稿を見たりしても足跡が残ることはありません。 誰の投稿を見たとしても、相手に通知されることはないということですね。 しかし、インスタグラムのストーリーの場合は違います。 インスタグラムのストーリーに関しては、 閲覧した人が見れるように足跡機能がついています。 こちらの画像のように、あなたが投稿したインスタグラムのストーリーは、閲覧総数と誰が閲覧したのかがわかるんですよ。 あなたのインスタグラムのストーリーをどんな人が見ているのか?知ることができるだけではなく、見せたくない人を非表示にすることもできます。 非表示にする方法はこれから解説する「限定公開」のところで画像を使って紹介しますね。 インスタグラムのストーリーは保存している写真や動画をUPできる インスタグラムのストーリーは、その場で撮影した写真や動画が投稿できるだけではありません。 過去に撮影した写真や動画なども投稿できます。 上記の画像のようにあなたのデータフォルダに残っている写真や動画であれば何度でも投稿できるんですよ。 また、その写真や動画がいつ撮影されたものなのかもわかるように日付を入れられます。 インスタグラムのストーリーを更新したいけど、撮影するシーンがないなってときは過去の写真や動画を使ってストーリーを更新するのもありですね。 インスタグラムのストーリーで友人のストーリーを投稿できる そもそもインスタグラムがFacebookやTwitterと少し違うところはシェア機能が存在しないことです。 Facebookで言えばシェア、Twitterで言えばリツイートが存在しますが、インスタグラムでこれに変わる機能としては、ハッシュタグです。 ハッシュタグをつけることにより、ハッシュタグ検索にヒットし拡散させることができます。 実はインスタグラムのストーリーや投稿をシェアのような投稿をできる機能があります。 それが 「Repost リポスト 」機能です。 友人や知人が投稿した写真や動画のストーリーを、あなたのアカウントで投稿することができるようになったんですよ。 つまり今までは自分自身の写真や動画しかインスタグラムに投稿できなかったのが、今では友人のストーリーをあなたのストーリーで投稿できるようになったということですね。 インスタグラムのストーリーは限定公開することができる 「インスタグラムのストーリーを投稿したいけど、あの人には見られたくないな…」なんて思う人もいませんか? 安心してください。 インスタグラムのストーリーの新しい機能として、見せたくない人を指定できる限定公開という機能もあります。 インスタグラムのストーリーを 「親しい友達」または「選択した特定の友達だけ」にストーリーを公開する事ができるんですよ。 だから 「上司にだけは見られたくないなぁ…」 「あの子には見られたくないんだけどな…」 なんて思っている人にとっては、とても都合がいい機能になります。 このように親しい友達を設定しておけば、インスタグラムのストーリーを親しい友達と登録した人にだけ公開することができます。 もしインスタグラムを利用していて、「この人に見られるのがいやだ!」や「この人にはこの内容は見せたくない!」などの時があったら、実際に利用してみてくださいね。 これでインスタグラムの使い方を知る前に知っておくべきことは完璧に理解できましたね。 ぶっちゃけ 僕自身もインスタグラムを利用していますが、新しい機能がどんどん増えていくので、あとあと知る機能とかも多いです…w 知らないから恥ずかしいなんてことはないので、安心してくださいね! むしろこの記事でインスタグラムのストーリー機能について完璧に理解しちゃいましょう。 完全攻略!インスタグラムのストーリー使い方を画像で紹介 ここからはインスタグラムのストーリーの使い方を画像で解説していきます。 ここの使い方を見ればインスタグラムのストーリーを完璧に使いこなすことが出るようになりますよ。 「まだインスタグラムのアプリをインストールしてない…」「アプリはインストールしたけどアカウント登録がまだだったな…」という人は以下のボタンからアプリをインストールしてアカウント登録を行いましょう。 インスタグラムは無料利用できるので、安心してくださいね。 STEP1:ストーリー画面に移動しよう 左上にある「カメラ」マークをタップしてストーリー画面に移動します。 ここがストーリーの投稿する画面です。 STEP2:投稿動画を撮影または選択しよう その場で動画を撮影するか、過去の写真や動画からストーリーに投稿する素材を決めましょう。 僕は今回過去写真をストーリーに投稿します。 STEP3:撮影した写真または動画を加工してみよう 写真を選択すると、次に投稿するストーリーの写真を加工できます。 例えば、文字を入れることもできますし、ハッシュタグをつけることも、ペン機能でサインをすることまでできます。 幅広く編集することができますよ。 ここで文章を入力します。 入力が終わったら右上にある「完了」をタップします。 STEP4:投稿してみよう 左下にある「ストーリーズ」をタップすると、すぐさまストーリーに投稿できます。 仮に、特定の人だけに見せる投稿をしたい場合は、右下にある「送信先」をタップします。 上の検索欄で、特定のアカウントを検索すると、その人だけにストーリーを公開できます。 もともと「親しい友達」を登録している場合は、「親しい友達」の横にある「シェア」をタップすると、「親しい友達」だけに公開できますよ。 これで インスタグラムストーリーの投稿は完了です。 とっても簡単ですよね。 僕自身もよくストーリーを投稿しますが、普通の写真を投稿するよりも気軽に投稿できるのでいいですよね。 また、投稿文を考える必要がないのも気軽に投稿できる要因のひとつではないでしょうか。 早速ストーリーを投稿してみましょう。 インスタグラムのストーリーの見方 「どうやったらフォローしている人のインスタグラムのストーリーを見るの?」 と迷う人もいるのではないでしょうか。 フォローしている人のインスタグラムストーリーの見方は、 タイムラインの上にあるアカウントをタップすれば閲覧できます。 また、あなた自身が投稿したインスタグラムのストーリを見る方法は、タイムライン左上にあるあなたのアカウントをタップすることにより見れますよ。 実は今利用することはできませんが、インスグラムのストーリーを足跡つけずに見る方法もありました。 インスタグラムのストーリーの見方について、以下の記事画像で解説していますので、より詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。 なんどもその人のインスタグラムストーリーを見ていると、全てのストーリーを見る必要がないなって思うこともあるのではないでしょうか。 そんな時はその人のインスタグラムのストーリーをスキップして見ることができます。 ストーリーを閲覧している際に、右ワンタップではなく 右スワイプを行うとインスタグラムのストーリーをスキップすることができます。 実際にスキップしたいときに使ってみてくださいね。 全8種類のインスタグラムストーリー撮影機能 先ほども使い方のところで簡単に解説しましたが、インスタグラムのストーリーには撮影する機能が合計で8種類あります。 それぞれ違った動画が撮影できたり、加工することができますので、それぞれの機能について理解を深めておきましょう。 実際に利用するときにあなたが気に入った機能を利用してみてください。 インスタグラムのストーリー撮影機能の8種類は、• 文字のシェアができる「タイプ」• ライブ配信ができる「ライブ」• 長押しで最大15秒の動画を投稿できる「通常」• 連写で撮影した10枚の静止画を1つに繋げられる「BOOMERANG」• 効果音に合わせて自動でズーム動画を撮影できる「SUPERZOOM」• 被写体以外をボヤけさせて撮影できる「フォーカス」• 逆再生ができる「逆再生動画」• 長押し不要で撮影できる「ハンズフリー」 になります。 それぞれを画像込みで解説していきますので、是非参考にして利用してみてください。 文字のシェアができる「タイプ」 インスタグラムのストーリーは写真や動画だけを投稿する機能ではありません。 こちらは カラフルな背景で文字のシェアができるような機能もあります。 「何か文章でメッセージを伝えたいとき」や「写真や動画ではなく文章をメインに投稿したいとき」などに利用するのをおすすめします。 僕個人の利用方法としては、「言葉でしか伝えることができない情報を発信したいとき」などで、たまに利用したりしてます。 ライブ配信ができる「ライブ」 インスタグラムのストーリーは写真や動画をUPできるだけではありません。 ライブ機能により ライブ配信をできるんですよ。 ライブ配信をしながらメッセージのやりとりもその場でできるので、閲覧している相手とコミュニケーションを取れます。 友人との飲み会などに活用して、共通の友人とその場の雰囲気やテンションをその場で共有することができますよ。 長押しで最大15秒の動画を投稿できる「通常」 こちらは一番の標準機能になり、 ボタンを長押しするとストーリーに投稿する動画を撮影できます。 1つの動画が投稿できるのに最大15秒です。 しかし、1コマ15秒になるためコマが切れても問題がなければ連続で投稿できますよ。 僕はぶっちゃけ、長押ししながら動画を撮影するのって少しめんどくさかったり、15秒でキレちゃうと肝心なところを撮影できなかったりするので、あまり使わない機能にですね。 連写で撮影した10枚の静止画を1つに繋げられる「BOOMERANG」 こちらは連写で撮影した 静止画を1つにつなぎ合わせループ動画を撮影することができます。 面白い機能になるためインスタグラムのストーリーをみていると、利用している人は結構いますよ。 効果音に合わせて自動でズーム動画を撮影できる「SUPERZOOM」 こちらは 効果音に合わせて自動でズーム動画を撮影できます。 パパラッチやドラマチック、サプライズなどのテーマをはじめ、全10種類のテーマがあります。 その時の状況に合わせてテーマを変えて投稿すると、ついクスッと笑ってしまうようなスーパーズームを撮影することができますよ。 被写体以外をボヤけさせて撮影できる「フォーカス」 こちらの機能では 撮影する顔以外をボヤけさせて撮影できます。 フォーカスを当てることにより、その人の顔がくっきりと映し出せるんですよ。 撮影している人にフォーカスを当ててストーリーに投稿したい時は是非利用してみてください。 逆再生ができる「逆再生動画」 その名の通り、 逆再生される動画を撮影できます。 人が動いている時などに利用してみると、つい吹き出してしまうほど面白い映像を撮影できるかもしれませんよ。 長押し不要で撮影できる「ハンズフリー」 先ほど最大15秒でボタンを押しながらインスタグラムのストーリーを撮影できる「通常」モードを紹介しましたね。 こちらのハンズフリーも同じような機能になりますが、ひとつだけ大きな違いがあります。 それはその名の通り、 手を離した状態で撮影できる点です。 通常モードよりも手を離した状態で撮影できるため、より使いやすいんですよ。 僕は基本的に、普通の動画でストーリーを投稿するときはこちらの「ハンズフリー」を使うことが多いです。 気軽に簡単に撮影し投稿することができますからね。 インスタグラムのストーリーで加工する方法 ただインスタグラムで撮影して投稿するのってあまり面白くないですよね。 せっかくなら撮影した写真や動画を加工して、オシャレにしたり面白くしたりしたい人もいるのではないでしょうか。 インスタグラムでは様々な加工方法がありますので、そのインスタグラムのストーリー機能にある全ての加工方法を解説していきます。 文字を入力する方法 まずは文字を入力する方法ですね。 こちらの画像の 「Aa」をタップすれば、文字を入力できます。 ただ文字を入力するだけではなく、文字色を変えたり、文字に背景をつけたりもできますよ。 「タイプ」モードにすればカラフルな背景に文字を入力できます。 カラフルな背景ではなく、写真や動画に文字を入れたいときはこちらの「タイプ」モードを利用しましょう。 写真や動画に手で文字やサインなどができる方法 こちらのペンマークをタップすると、 あなたの手で写真や動画に書き込むことができます。 文章入力の方が文字を入力するときには簡単ですが、何かサインをしたり絵を書いたりとするときには、こちらの機能がおすすめですね。 こちらも書き込む色を変えることができるので、投稿している写真や動画の背景に合わせてみやすい色に変えて書き込んでみましょう。 ハッシュタグなどをつける方法 ハッシュタグをつけるには、 ステッカー機能を利用してインスタグラムのストーリーにハッシュタグをつけられます。 ハッシュタグ以外にも、位置情報や、タグ付け、絵文字などを付けることも可能です。 仮にオシャレなカフェに訪れたとき、その場所を知らせたいときは位置情報を使ったり、店名をハッシュタグでつけたりすることにより、フォロワーにそのお店を知らせることができます。 他にも友人と一緒に飲んでるときにその人をタグ付けしてストーリーを投稿できますよ。 その時々のシチュエーションによって、ステッカー機能を使い分けられるだけの機能が勢揃いしています。 写真や動画を加工する方法 上記の画像のように写真や画像を加工できます。 人が写っている写真であれば顔にサングラスをかけることができたりなど、様々な加工方法がありますよ。 撮影した写真や動画を少しオシャレに加工できちゃうんです。 写真の加工をもっと本格的にしたい場合は、インスタグラム内の機能ではなく他のアプリが必要です。 他のアプリでどんなアプリを使用したらいいかわからない場合は、以下の記事で写真の加工をするおすすめアプリを3つ紹介した上で、使い方まで画像で解説していますので、よければチェックしてみてください。 是非あなたが使いたい加工機能を使ってみてください! インスタグラムのストーリー投稿を上手に行う方法 インスタグラムのストーリー機能を利用していると、一番写したい肝心なところが投稿できなかったなんてことありませんか? インスタグラムのストーリーは1コマの時間が24秒と制限があるため、尺を考えてストーリー撮影を行う必要があります。 しかし、時間制限を気にせずインスタグラムのストーリーを撮影することできますよ。 それはインスタグラムのストーリーで撮影するのではなく、 携帯についてる動画機能で撮影することです。 動画機能で撮影することにより、1コマ24秒を超えても2コマ、3コマと動画を連続してストーリーに投稿することもできるんですよ。 また撮影した動画が1分あったとしたら一番投稿したいメインのところを軽く編集してストーリーを更新できます。 スマホについている動画機能を利用して、ストーリーを更新するようにするのがおすすめですよ! まとめ いかがでしたか? 今回は インスタグラムのストーリーについて網羅的に解説してきました。 今回の内容をおさらいすると、インスタグラムのストーリーは、• 24時間で自動消滅する• 気軽に投稿することができる• 足跡機能がある• 保存することができる• ハイライトでプロフィール欄に保存できる• 過去の写真や動画をUPすることができる• 友人のストーリーを投稿することもできる• 限定公開ができる• 撮影機能は全部で8種類と豊富である• 加工機能も豊富である などがインスタグラムのストーリーの特徴です。 インスタグラムのストーリーの使い方はとっても簡単で、初心者でも使いやすい仕様になっています。 この記事でインスタグラムストーリーの理解が深まり、使い方まで理解することができたらとても嬉しいです。 The Marketingでは初心者でもわかるようインスタグラムの使い方を解説しています。 また、インスタグラムを使って収入を得ていく方法など利用者にとって有意義な情報を発信しています。 ぜひこの機会に他の記事も読んでみてください!.

次の