パチスロ北斗の拳天昇有利区間。 【北斗の拳天昇】激闘ボーナスで負けまくり?!金トロフィー出現した結果!

【北斗の拳天昇】激闘ボーナスで負けまくり?!金トロフィー出現した結果!

パチスロ北斗の拳天昇有利区間

目次:設定判別ポイント 激闘BONUS初当り確率 激闘BONUS出現率は偶数設定が優遇されている。 1200枚程度の塊が頻繁に取れる様なら奇数設定の可能性が高くなるだろう。 4 約800枚 設定 ATレベル振り分け 1 2 3 1 48. 450Gを頻繁に超えるようなら奇数設定の可能性が高まると思って良いだろう。 設定 激闘BONUS初当り分布図 (真・天昇RUSH直撃も含む) ~200G ~250G ~450G ~650G 700G 1 10. 選択したモードによっても異なるので覚えておこう。 修羅モード選択時 画面 設定 ハン 奇数示唆 ヒョウ 偶数示唆 リン 高設定示唆 シャチ 設定2否定 カイオウ 設定5の期待度 大幅UP バット 設定4以上 世紀末モード選択時 画面 設定 シン 奇数示唆 サウザー 偶数示唆 レイ 高設定示唆 ジャギ 設定2否定 ラオウ 設定5の期待度 大幅UP トキ 設定4以上 サミートロフィー サミートロフィー出現で設定2以上! 本機では以下のタイミングで出現する可能性がある。 (サブ液晶に出現する) ・激闘BONUS終了時(敗北時)の次ゲームレバーON時 ・AT「真・天昇RUSH」終了画面の全リール停止時 トロフィー 設定 銅 設定2以上 銀 設定3以上 金 設定4以上 キリン 設定5以上 虹 設定6 獲得枚数表示 AT中の獲得枚数表示に設定示唆要素がある。 表示 設定 456枚突破 設定4以上 199X枚突破 設定5以上 バトルボーナス開始画面 バトルボーナスのラウンド開始画面が金背景なら設定4以上! 赤背景でも条件つきで設定示唆となるので覚えておこう。 「七星CHARGE」「昇舞魂」高確率となり、さらに 「激闘BONUS」当選時は突破率もアップするので覚えておこう。 (強敵を1人以上撃破濃厚!? そしてこれも実戦上ではあるが、 有利区間開始後、初回の激闘ボーナスに敗北した場合は基本的に有利区間を引き継いでおり、2回目の激闘ボーナスの方が勝率も高めといった傾向が見られた。 つまり AT終了後1回目の激闘ボーナスに敗北した後などは、次回は早い激闘ボーナス当選に期待できるため狙い目となる可能性が高そうだ。 【最深700Gでの激闘ボーナスで真・天昇RUSH非当選=次回「チャンスモード」移行確定】とあわせて覚えておこう。 以下のポイントをチェックしておこう。 七星CHARGE終了時のサブ液晶 七星CHARGE終了時サブ液晶をタッチすることで、ザコの断末魔セリフが発生する。 発生するセリフで滞在モードを示唆!? ・ 「あべし!!」:通常B以上 ・ 「ひでぶ!!」:通常C以上 ・ 「へぶん!!」:チャンスモード濃厚 カウントダウン中PUSH 断末魔ZONEのカウントダウン中(リールがフリーズしている間)、PUSHを押して上記のリールナビランプが点滅すれば、カウントが2以下まで進むことが確定。

次の

はじめての5.9号機 〝有利区間〟って何??

パチスロ北斗の拳天昇有利区間

大松の パチスロ「ハイエナ」実戦。 今回は話題の新台『パチスロ北斗の拳 天昇』について書いていきたい。 本機は純増6. 3枚のAT『真・天昇ラッシュ』で出玉を増やすAT機だ。 減少区間がなく、続く限りリミット到達までストレートで出玉が増加していく。 ATの主な当選契機は「激闘BONUS」という疑似ボーナスからである。 「BONUS」とは名付けられているが、『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』の「海将軍激闘」のように「敵を3人撃破でAT」というチャンスゾーン的な役割をしている。 この「激闘BONUS」の面白いところは抽選内容を可視化している点だ。 「小役レベル」と「バトルレベル」という2つの抽選レベルがある。 前者が高いほどハズレや小役での突破率が上がり、後者が高いほど確定バトル(撃破が約束されたバトル)になりやすい。 リール左部の液晶に確定バトルになる確率と、各小役での突破率が表示される。 更にバトル突破後はチャンスボタン押下で「突破契機」が確認できる。 例えば3ゲーム目に引いたリプレイで突破した、そもそも確定バトルだった、などだ。 このAT当選のキモは小役レベルにある。 バトルレベルは1度のバトルでレベルが1に転落してしまうが、小役レベルは激闘BONUSが終了するまで引き継ぐのだ。 その他に「激闘BONUS失敗後1〜2ゲームで強チェリーを引くとAT当選(有利区間引き継ぎが条件)」や「宿敵バトル中に突破確定状態で強チェリーを引くとAT直撃(1戦目でも直撃)」などの当選契機もある。 既に話題になっているが、本機の最大の特徴は「有利区間は2回1セット」という点だ。 有利区間開始から1度目の激闘BONUSが失敗しても殆どの場合は引き継ぐ。 有利区間には1500ゲームというリミットがあるので必然的に天井ゲームが予測出来てしまう。 例えば初回700ゲームで激闘BONUSで敗北した場合は、次回250ゲームの天井が濃厚になる。 最大天井は700ゲームである。 つまり有利区間転落のタイミングは「2回目の激闘BONUS失敗時」か「AT終了時」の2つ、ということになる。 今回座った台は初回486ゲームの台。 1度目の激闘BONUSが失敗しても250ゲーム天井が濃厚なのでかなりの狙い目だ。 打っていくと700ゲームで激闘BONUSに当選、これは初戦で敗退してしまった。 有利区間ランプを見ると、やはり点灯したままなので続行だ。 すぐに「七星チャージ」に突入し、あれよあれよと1000ポイント到達。 チャンスゾーンの「世紀末ゾーン」に当選した。 このチャンスゾーン中に強チェリーを引き、激闘BONUSに当選。 なんと53ゲームで繋がるというエコな展開である。 ここでは「小役レベルが5」と「バトル突破ストック」を1つ持ってATを目指すことになった。 これはかなり期待度が高い。

次の

北斗の拳天昇の有利区間ランプの場所はどこ?朝イチやリセット恩恵も調べてみた!

パチスロ北斗の拳天昇有利区間

通常区間でもART当選の可能性はありますが、有利区間 高確やCZ ならよりART当選を期待できます。 では、両区間の詳細な特徴を紹介しましょう。 1度移行した有利区間は最長でも1500G。 現在のART機は純増が1Gあたり最大2. 0枚 ボーナス込み なので、 丸ごと全てがARTでも「2. これが俗に言う3000枚規制ですね。 有利区間の内容は複数あってOKだけど、 全部まとめて1つの有利区間とみなされます。 たとえばスゴく極端な話… ホンモノの有利区間告知ランプは「PAYOUT」7セグ下にある「. ドット 」。 ここが点灯している間が有利区間、消えていれば通常区間と分かります。 他メーカーの機種でも、 このドットによる有利区間告知が主流になると思われます。 ART当選の期待は薄いですが、完全にノーチャンスとは言い切れません。 そのCZ・ART直撃も、もちろん「有利区間移行」に含まれます。 ちなみに戦コレ3の通常区間・有利区間の動きは以下の通り。 通常区間から有利区間への移行抽選にもルールが存在。 たとえば「通常区間を100G消化すると必ず有利区間へ」といった 規定ゲーム数消化による移行はできないことになりますね。 理論上はベルやリプレイでの移行抽選も可能ですが、 レア役やボーナスでの移行が主流となるでしょう。 また、移行率に設定差を設けてはいけません。 つまり 確率に設定差のある小役やボーナスによる移行抽選もアウト。 全設定フラットなので、プレイヤーは数値を覚えるのがラクになりますな。 では、戦コレ3を例に見てみましょう。 これが通常区間で小役を引いた際の有利区間移行率。 低確からいずれかの有利区間へ移行する割合です。 移行先の有利区間が高確Aか直撃ARTかといった違いはあるものの、とりあえず有利区間へはこの割合で移行するということです。 ボーナス同時当選なら、ほぼ有利区間へ。 なお、ボーナス非同時当選でも、強チェリーと強チャンス目は有利区間への移行が約束されます。 ここはボーナス非同時当選として話を進めます。 通常区間中にレア役を引くと、まずは有利区間移行抽選が行われ、有利区間に移行するとCZ抽選が行われます。 たとえばスイカを例に挙げると… スイカの場合… 33. 2%でCZ当選 ということになりますね。 内部的には2段階抽選になりますが、実質的には通常区間でも直接CZ抽選を行っているのと一緒なので、難しく考える必要はありません。 ここで覚えておくべきは 「有利区間への移行契機になった成立役でも、CZやARTが当選する可能性はある」ということ。 レア役を引いたらドットをチェックするのが当たり前になりそうですね。 有利区間中 有利区間中CZ当選率 スイカ 6. なお、CZ終了後に必ず移行する高確B中は、毎ゲームでCZ抽選が行われます。 その当選率は一律6. 25%。 レア役が成立した際は、まずレア役によるCZ抽選が行われ、その後、高確BによるCZ抽選が行われる仕組みになっています。 この戦コレ3に限っては、CZ終了直後に即ヤメしないほうが良さそうですね。 編注:気になるPOINT 既述の通り通常区間でレア役を引くと、まず有利区間への移行抽選が行われ、移行すればCZ抽選が行われる。 しかしそのCZ当選率は、もともと有利区間に滞在していて成立したレア役とは異なる。 これは戦コレ3特有の振り分けかもしれないので、5. 9号機の特徴としては覚えなくて構わないかもしれません。 改めて通常区間と有利区間のCZ当選率を並べてみましょう CZ当選率 成立役 通常区間中 有利区間中 スイカ 4. 有利区間 高確A・B の重要性、お分かり頂けたでしょうか? 既述の通りボーナス成立時も有利区間への移行抽選が行えますが、確率に設定差のないボーナスに限ります。 とはいえ、ここにも少し秘密が。 これはすでに佐々木真さんが「思考のルーチン」で書かれていたので、引用させて頂きます。 たとえば赤BIGの確率が全設定バラバラだとします。 しかし、その中に「赤BIG+スイカ」という全設定共通確率のフラグがあれば、その「赤BIG+スイカ」というフラグでのみ有利区間への移行抽選が行えます。 また、5. 9号機でもボーナス消化中の7揃いやBAR揃いをきっかけにCZやARTが当選するシステムは可能です! ただし、全てのボーナスでとはいきません。 まず前提として、ボーナス消化中にも通常区間と有利区間が存在することを頭に入れておきましょう。 単純に… ボーナス開始時の区間がボーナス終了時まで続く と思ってください。 例外はボーナス消化中に有利区間の最大である1500Gに到達した場合。 この際はボーナスの途中で強制的に通常区間へ移行します。 有利区間上限の1500Gは絶対なのです。 もちろんボーナスは最後まで続き、ボーナスの出玉は全て獲得できますがね。 ボーナス消化中の7揃いやBAR揃いでCZやARTが当選するのは、有利区間となったボーナスのみ。 つまりボーナス開始時にPAYOUT下の「. ドット 」が非点灯なら、そのボーナスはCZ・ART当選の可能性ナシとなるわけです。 ちなみに戦コレ3では… 有利区間には1つのルールが存在します。 ひとたび移行したら、最低でも1回は押し順ナビを発生させ、その機種の押し順に従って取れる最大枚数を獲得させねばならない というもの。 これを「1回ナビ」とでも呼びましょうか。 この条件さえ満たせば、終わりかたは自由です。 それ以外の終わらせかたはメーカー各社の自由。 下記のような終わらせかたが考えられます。 なお、1回ナビの発生前にボーナスを引いた場合は、そのボーナスで通常区間へ落としても構わないそうな。 よって「1回も押し順ナビが発生していないのに、有利区間が終わっちゃった!」という事象も起こり得ます。 まあ、いずれにせよ難しく考える必要はありません。 高確・CZ・ARTなどの有利区間は、従来のART機と大きくは変わらないと思って良いでしょう。 一撃の出玉はどう足掻いても最大約3000枚。 ただし枚数を参照しているわけでなく、あくまで「有利区間が最長1500G」というだけなので、小役のヒキが理論上より良かったり、有利区間上限の1500G直前でボーナスを引けば、3000枚を超えることはあります。 大きく超えることはないと思いますが。 また、みなさん気になっていると思うのが「有利区間1500Gを完走するとどうなるのか」ということでしょう。 それが高確中であれ、CZ中やART中であれ、バツンと切れて通常区間へ移行します。 いくらARTのゲーム数やセット数ストックが残っていても、バツンと切られて通常区間へ。 ARTのセット数ストックを次回の有利区間へ持ち越し…なんてことはできません。 演出面は各メーカーに委ねられるでしょう。 ART中に上限の1500G完走を迎えることが確定したら、その数十ゲーム前からエンディングを流すような機種も出て来ると思います。 逆に何もなく、急にバツンと終了させる機種もあるかもしれませんね。 もちろん通常区間へ落ちた1G目に有利区間移行抽選役を引けば、次ゲームから再び有利区間へ移行することも有り得ますが、前回の有利区間で貯めたARTゲーム数やセット数ストックは引き継がれません。 1500Gを完走したからといって、何かが優遇されるような特典もありません。 上限の1500G目前で上乗せ特化ゾーンなんかに突入したら…。 そういう悲劇も十分起こり得ます。 当然ながら一撃が減ったぶんは、初当りやベースに還元されるでしょう。 言いかたは悪いですが「どうせ続いても約3000枚」と思えば、夕方からでもART機を触りやすくなるかもしれません。 初当りも軽くなるだろうし。 出玉面は…さすがに落ちたと言わざる得ません。 特に有利区間上限である1500G直前の上乗せや特化ゾーンがムダになるのは残念。 でも一撃3000枚超のシチュエーションって、従来のART機でもそんなにあります? 俺は残念ながらそんなに剛腕ではナイので、1000枚程度の塊が頻繁に訪れるなら構わないかな。 ちなみに試打させて頂いた戦コレ3は、1000枚程度の塊なら頻繁に訪れそうな感触でした。 昨今のART機は一撃性重視で、初当たりは重くて当たり前。 そういう機種に限って通常時が苦痛だったりするので、個人的に初当たりが軽くなる点については嬉しいかな。 ゲーム性・内部システムに関しては、通常区間・有利区間こそありますが、あまり意識する必要はナイと思います。 従来のART機となんら変わらない感覚で楽しめるハズ。

次の