ライデル マルティネス。 R.マルティネス(中日ドラゴンズ)

中日 マルティネス流出危機でキューバ政府に疑心暗鬼

ライデル マルティネス

5月25日に行われた12球団代表者会議で、6月19日のペナントレース開幕が正式決定。 歩調を合わせて、各球団も全体練習を再開し、ハイペースで調整を進めているようで、まずはプロ野球開幕決定に安堵している人も多いのではないでしょうか。 しかし同時に、残念なニュースも報じられています。 5月24日にソフトバンクの森ヘッドコーチが取材に応え、怪我の療養でキューバに帰国しているデスパイネとグラシアルの両選手に関して「けが自体は回復しているものの、出国も入国もできないような状態が続いている。 どう考えても間に合わない。 普通に考えたら2人は戦力には入っていない」と断言。 必ずしも全球団が公平な状態で開幕を迎えられるわけではないようです。 これはライデル・マルティネスを始め、数名のキューバ人選手・コーチが所属している中日も対岸の火事ではないでしょう。 今年開催されるはずだった東京五輪予選のために、キューバ代表のライデル・マルティネスとヤリエル・ロドリゲス両投手は3月中旬まで日本を離れていました。 まだ育成契約のヤリエルはともかく、貴重なブルペンの戦力であるライデルが来日不可能のまま開幕していたかと思うとゾッとします。 しかしキューバ 、一体国内はどうなっているのでしょうか?新型コロナウイルスの情報はともかく、野球選手達がどうしているかまではほとんど情報が出ていません。 と思っていたら文春野球Cリーグ、対戦相手はソフトバンクということで、この方にキューバの話を聞いてみました。 中日ドラゴンズ所属アリエル・マルティネスの婚約者であるカミーラは、これまで二度文春野球に降臨し、アリエルと中日ドラゴンズへの深い愛を語りつくしてくれました。 詳細は以前寄稿したインタビューに譲りますが、カミーラは母国キューバでモデル兼医学生としてドクターを目指していた過去の持ち主。 コロナ禍のキューバ事情を聞くにはうってつけの人材です。 (注:現在はキューバで医者より稼げる観光業の勉強中)せっかくなので、中日だけでなくソフトバンクに所属するキューバ人選手達に関しても話を聞きました。 同時に、ソフトバンクのデスパイネ・グラシアル両選手がキューバを出国できない状態にあることがわかり、キューバ人選手の動向も注目されています。 まず、キューバ国内で新型コロナウイルスはどの程度の流行を見せているのでしょうか? 「キューバの人口は2017年現在1148万人です。 2週間前のデータで、キューバ国内では1941件の感染例が報告されています。 82名が亡くなっていますが、総退院数は1689件。 これは比較的抑えられている方だと思いますし、病床数やドクターの数も十分確保できています。 ただ、私とアリエルの故郷マタンサスが国内で最も深刻な流行地になってしまっています。 これは確定です。 公共交通機関や空港も、今はその機能を完全にストップしていて、再開の目処は全く立っていません。 当然出入国制限もかかっています。 もしかしたら、学校や大学と同じ9月には再開するかもしれませんが、それもわかりません。 待つしかない、というのが答えです。 そして、外出制限ですが、先述の通り感染の流行自体が地域によって様々です。 それでも、既に健康な人が感染しないよう、国全体に厳しい外出制限を設けています。 いまだに必要最小限の外出しか許されていません」.

次の

救援陣に欠かせないピース・中日Rマル1軍合流 与田監督「去年の実績もあるし期待している」:中日スポーツ・東京中日スポーツ

ライデル マルティネス

松坂の後方で所在なさげにたたずむR・マルティネス 中日がライデル・マルティネス投手(21)の動向にピリピリしている。 チーム関係者が声をひそめて言う。 「実はスタッフが何げなくライデルの動向をいつもチェックしているんです。 特に東京にいるときには気をつけるようにと上から厳命されているそうです」 R・マルティネスはキューバ出身で2017年のワールド・ベースボール・クラシックの代表にもなっている。 リナレス巡回コーチの推薦もあって同年から中日への派遣が決定し、同2月に育成選手として契約。 今季は二軍での好成績が評価されて4月19日に支配下選手となった。 193センチの長身から投げ下ろす150キロ超の直球は威力十分。 15日の広島戦(ナゴヤドーム)で来日初勝利を挙げたR・マルティネスへの心配はズバリ亡命だ。 過去にはキューバから巨人に派遣されていたホセ・ガルシア投手とエクトル・メンドーサ外野手が日本からの帰国途中に亡命目的で行方をくらませた。 2人以上の逸材で若いR・マルティネスをメジャー球団が放っておくはずがないとの考えから、中日は「巨人は解雇後に日本を出国させてからだから問題はなかった。 でも、うちが契約途中に亡命でもされたらシャレにならない」(前出関係者)と警戒しているわけだ。 R・マルティネスは22日にソフトバンクとの二軍戦(筑後)に登板。 25日に投げる予定もない一軍の広島戦(マツダ)に合流した。 これもスタッフの多い一軍での「監視強化の一環」らしい。

次の

【最速158km右腕】2019年 R.マルティネス(Raidel Martínez) が魅せたミサイルのようなボール【奪三振集】

ライデル マルティネス

中日のライデル・マルティネス投手(23)が28日、ナゴヤドームで行われた1軍練習に合流した。 29日からの紅白戦や来月の1軍練習試合で登板し、開幕へ向かう。 米・アリゾナ州で3月下旬に開催予定だった東京五輪のアメリカ大陸予選にキューバ代表として出場するため、3月上旬にチームを離れた。 しかし、離日直後に新型コロナウイルスの影響で大会が延期になり、すぐに再来日。 体調の様子を見ているうちに自主練習期間となり、そのまま2軍で調整をしていた。 開幕が決まってチームが本格練習の時期となり、この日から1軍に合流。 外野でキャッチボールやランニングを行った。 「去年の実績もあるし、リリーフでの期待はしている。 (状態を)これから確認していく」と与田監督。 昨季のシーズン途中には守護神を務め8セーブ。 救援陣に欠かせないピースだ。

次の