内田真礼 仲良し。 【声優】内田雄馬の彼女声優疑惑まとめ!内田真礼との仲良し話や家族は?

声優・内田真礼が顔も声もかわいい!弟・内田雄馬との仲良しエピソード&演じたキャラまとめ!昔の夢は舞妓さん!?

内田真礼 仲良し

「創傷イノセンス」(テレビアニメ『悪魔のリドル』オープニング)• 「ギミー!レボリューション」(テレビアニメ『俺、ツインテールになります。 』オープニング)• 「からっぽカプセル」(Webアニメ『アニメで分かる心療内科』エンディング)• 「Resonant Heart」(テレビアニメ『聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ』オープニング)• 「aventure bleu」(テレビアニメ『たくのみ。 』オープニング)• 「youthful beautiful」(テレビアニメ『SSSS. GRIDMAN』エンディング)• 「鼓動エスカレーション」 テレビアニメ『ダイヤのA actII』エンディング 【内田真礼さんが発売したシングル】• 1st 2014年4月23日 「創傷イノセンス」• 2nd 2014年10月22日 「ギミー!レボリューション」• 3rd 2015年4月1日 「からっぽカプセル」• 4th 2016年5月11日 「Resonant Heart」• 6th 2017年10月25日 「c. 7th 2018年2月14日 「aventure bleu」• 8th 2018年10月17日 「youthful beautiful」• 9th 2019年7月10日 「予定鼓動エスカレーション」.

次の

内田真礼と内田雄馬!内田姉弟の仲良しエピソード【18/03更新】

内田真礼 仲良し

声優・内田真礼(うちだ まあや)さんは、ほんわかとしたやさしい声や話し方、キュートなしぐさがかわいいと話題の人気声優さんです。 2014年には、『週刊ヤングジャンプ』で水着姿を披露し、表紙とグラビアを飾ったことが大きな話題となりました。 人柄もほんわかとしたあたたかな印象で、弟で同じく声優の内田雄馬さんとの仲良し家族エピソードも話題に。 ご兄弟で一緒にいる時間が多いようで、仕事でも家でも仲良しすぎるお二人の姿はほっこりとさせられます。 2012年放送のテレビアニメ『中二病でも恋がしたい! 』でヒロインの小鳥遊六花役を演じたことをきっかけに、以降はほとんどが主役やヒロインなどのメインキャラを演じている人気声優の内田さん。 彼女の演じた代表的なキャラのご紹介と、弟さんとの仲良しエピソードをまとめてみました。 内田さんが声優をめざすきっかけになったのは、幼少期に接していたテレビアニメやゲームに興味を持ち、歴史好きという一面を持っていたことから、「日本の文化を伝えたい」という思いからでした。 高校生のころには、もっと具体的にお芝居というものに興味を持つようになり、そこから声優という仕事を本格的に志すようになったそうです。 現在では人気声優の一人となった内田さんですが、実は最初に抱いていた将来の夢は少し違っていたようです。 中学生のころには、「舞妓さんになりたい」という夢を持っていたそうなのですが、両親からの反対があり、その夢を断念したようです。 舞妓さんといえば、厳しい芸事の世界で、長い下積み時代や将来性が不安定という面があります。 ご両親が内田さんのことを心配するお気持ちは理解できますよね。 内田さんの声優としてのお仕事の大きな転機になったのが、2012年に放送されたテレビアニメ『中二病でも恋がしたい! 』のヒロイン・小鳥遊六花(たかなし りっか)役への抜擢でした。 このアニメは、重度の中二病であるヒロインの六花がクラスメイトの富樫勇太との出会いをきっかけに、徐々に淡い恋心を抱いていく姿がとてもかわいい胸キュン作品です。 六花の初々しすぎる姿やまっすぐな純真さに思わず応援したくなってしまいます。 内田さんは、この『中二病でも恋がしたい! 』のほかにも、同じ年に初めての主演作品となったテレビアニメ『さんかれあ』では、少しダークで落ち着いた雰囲気のヒロイン役を演じていて、タイプの異なる役柄を見事に演じ分けています。 生年月日 :1992年9月21日 血液型 :A型 身長 :163 cm 主な活動 :声優、歌手 所属事事務所 :アイムエンタープライズ 活動期間 :2012年 ~ ゲーム『サクラ大戦』が大好きで、17歳から声優になることを目指していたそうです。 真礼さんと同じくアイムエンタープライズに所属。 2013年、まだ声優として無名だったころに、先輩声優の杉田智和さんの誘いで出演したイベントでは女装(メイド)姿を披露(笑)大人気アイドル育成ゲームの女性向け版『アイドルマスター SideM』では、ゲームの顔となるメインキャラの一人を担当しました。 2017年には第11回声優アワード新人男優賞を受賞しています。 姉・真礼さんのことを「姉さん」と呼び、リスペクトしています。 とあるテレビアニメの番宣ラジオ番組内で、内田さんの弟・雄馬さんの好きな女性のタイプの話になったとき、なんと、「理想の女性は姉さんのような人」という発言があったそうです!実際には、「姉さんを超えるくらいの強烈な人じゃないと…」という意味だったそうなのですが、本当にお姉さんのことを好きなことが伝わりますよね。 この雄馬さんの発言を受けて、姉の真礼さんがご自身でパーソナリティーを務める別のラジオ番組に、リスナーの方から、弟・雄馬さんについて上記のような発言があったことを知らされていましたが、「え~!!」と驚きながらもうれしそうな反応をされていました。 姉・真礼さん曰く、「弟には、女性が求める細かな要求をすべて自分が(弟に)してきた」「女性が喜ぶ対応を弟に仕込んだ」そうです(笑) かわいらしい見た目と、ほんわかとした声や人柄が魅力の声優・内田真礼さん。 アニメ作品では、コンスタントに主演やメインキャラを担当する人気声優の一人です。 話題作にも多く出演していて、人気・実力ともに確かな方です。 弟で、同じく声優の内田雄馬さんのご活躍にも注目が集まっています。 お姉さんの真礼さんとの共演も果たしていますが、お二人は日ごろからかなりの仲良しで、兄弟ならではの息の合ったトークや、お二人の力関係(笑)がはっきり表れている様子には、とてもほっこりさせられます。 テレビアニメのテーマソングを担当するなど、ご本人名義で歌手活動もされている内田さん。 これからも、その多彩な才能を存分に発揮していただけることを期待しています。

次の

内田真礼と内田雄馬の共演は?ブラコン&シスコン姉弟のほのぼのエピソード

内田真礼 仲良し

内田雄馬さんと内田真礼さんは姉弟 声優の内田雄馬さんと内田真礼さんは姉弟で、お2人とも声優をされていらっしゃいます。 姉弟で声優というのは珍しいですよね。 しかもお2人とも若くして売れっ子ですから、なかなか例を見ない話ですね。 また、今回のメインでもある姉弟仲ですが、家族でもやりすぎ?なくらい良好なんだとか。 内田雄馬さんプロフィール 1992年9月21日生まれの25歳で東京都出身。 声優を目指したキッカケは、一家揃ってのゲーム好きだった影響で、13歳の時に『サクラ大戦』がきっかけで声優業に関心を持ったこと。 進路を考える17歳の時には声優への志望も強まり、日本ナレーション演技研究所に入学。 同養成所在籍中の2012年に、『Holy Knight』のアニメ版のアフレコで声優デビューを果たします。 後に、養成所を卒業し、2013年4月1日付けで現事務所所属に。 なお、現事務所に入った時に撮影した宣材写真の髪型は実姉である内田真礼さんがセッティングした髪型なんだとか。 また、2017年には第11回声優アワード新人男優賞を受賞されます。 期待の若手なのでしょうか。 2018年5月30日、KING AMUSEMENT CREATIVEよりアーティストデビューも果たします。 どうやら、若くして今のところ順風満帆のようですね。 声優さんは歌も上手いというイメージがありますが、それに漏れず内田さんも高い歌唱力をお持ちのようです。 内田真礼さんプロフィール 1989年12月27日生まれで28歳。 声優としては2012年のテレビアニメ『中二病でも恋がしたい! 』小鳥遊六花役で201でブレイクし、その後も2013年には『ガッチャマン クラウズ』の一ノ瀬はじめ役での演技が評価され、2014年の第8回声優アワードにて新人女優賞を受賞されます。 また、2014年『アオハライド』の吉岡双葉役、『ビビッドレッド・オペレーション』では黒騎れい役など、コンスタントに主演、ヒロイン役やメインキャストを担当されています。 演技力に加えて多才であり優れたルックスを併せ持ち、それを生かしてさまざまな活動を積極的に展開していることも。 歌手としても2014年4月23日、シングル『創傷イノセンス』にてデビューを果たしたほか、女優としては2012年の『非公認戦隊アキバレンジャー』、2014年には写真集やグラビア(『内田真礼ファースト写真集「まあや」』などといった他分野での活動も行っているそう。 さらには2017年1月には三菱地所レジデンスのWeb CMに出演を果たすなど、声優をメインにしながらも活動の幅を拡げていらっしゃいます。 声優さんですがルックスや歌唱力もあるだけに女優のような活動範囲の広さですね。 テレビ出演も近い将来の話になりそうです。 内田雄馬さんと内田真礼さんは仲良し?ラブラブ? 内田雄馬さんと内田真礼さんはカップルのような仲の良さで有名です。 年齢は3歳差。 年の離れた姉弟は仲が良いというのはイメージとしてもしっくりきますよね。 ファンの間でも「微笑ましい」「漫画の姉弟みたい」と楽しまれているそうですよ。 内田雄馬さんと内田真礼さん姉弟の仲良しエピソード1 「聖剣使いの禁呪詠唱」というアニメでは、内田真礼さんはヒロインの1人・百地春鹿を、内田雄馬さんは万年道亀吉をそれぞれ演じています。 この時初めて共演を果たした弟に内田真礼さんは「失敗するなよ」と、弟の背中を後押しする姉らしい立派な姿を見せたんだとか。 ちなみにこの作品で主人公とヒロインを実の姉弟が演じた事は、アニメ業界初の珍事だとされています。 普段の仲良しぶりが認められての配役ですね。 内田雄馬さんと内田真礼さん姉弟の仲良しエピソード2 内田真礼さんは休みの日になると、内田雄馬さんを連れて頻繁に遊びに出ているそうです。 現在では内田真礼さん・内田雄馬さん共に実家から離れて一人暮らしをしていますが、電話1本ですぐに駆け付けるんだとか。 凄まじい仲のよさですね。 オフの日では新しい家電製品や内田真礼さんの趣味であるタオルを買い集めたり、1本のソフトクリームを2人で食べるなど、姉弟で主人公とヒロインを演じることになるのも納得なエピソードですね。 前述しましたが、カップルさながらです。 が、内田雄馬さんからの感想は散々であり、「姉さんやめろよ、全然似てない」と言われてしまったそうです。 一方で内田雄馬さんも姉のデビューシングル「創傷イノセンス」を「カラオケMAX」でカバーした事があります。 非常にキレのある動きとツヤのある歌声で歌い上げ、歌詞の一部をアドリブで変更するなど、共演した小山剛志さんや仲村宗悟さんや観客を大いに楽しませ、幕を閉じました。 内田雄馬さんと内田真礼さん姉弟の仲良しエピソード4 ラジオで理想の女性について聞かれた時、内田雄馬さんは姉だと答えています。 具体的には「ルックスもさる事ながら、性格的にも内田真礼位のパンチを超えてくる女性が欲しい」ということのようです。 後日リスナーを通して弟からこの回答を聞いた時には、内田真礼さんもさすがに困惑したそうです笑。 人気アプリゲーム「白猫プロジェクト」で内田雄馬さんは姉の演じるキャラであるシャルロットを狙い、かなりの課金をしている様子が杉田智和さんのラジオで明らかになります。 杉田さんに送られたメッセージによると、「人生の中でこんなにも姉さんが欲しいと思った事はない」との事です。 同シリーズだと過去に「ファイアーエムブレムヒーローズ」でも共演していますが、内田真礼さんと内田雄馬さんによる実の姉弟役は今回が初です。 この姉弟ののように現実・ゲーム共にシンクロした配役はシリーズでも初の出来事でした。 ちなみに配役はオーディションで決まった事であり、制作側の意図ではなかったんだとか。 内田真礼さんと内田雄馬さんの姉弟が司会を務める特別番組「うちだけ。 」ではこのキャスティングに大変驚いたと語っています。 まとめ 今回は内田雄馬さんと内田真礼さんについて紹介しました。 姉弟で声優という珍しい境遇を活かして何度も珍事や奇跡を起こしてきた内田姉弟。 また、その仲良しぶりも観ている私たちも楽しく、また微笑ましいものがありますよね。 また次の共演も楽しみです。 あなたにオススメ.

次の