ベイカー ストリート の 亡霊。 劇場版 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊 [DVD] :ONBD

名探偵コナンの映画「ベーカー街の亡霊」でヒロキ君はなぜ江...

ベイカー ストリート の 亡霊

ヒロキ君はとんでもない天才なので、コンピュータを駆使してコナン=新一と見抜くことは造作なかったかと思います。 しかし、ヒロキ君は生前仕事ばかりだったので調べる余裕はなかったかと思うので、ノアズ・アークが独自に調べて、ヒロキ君の遺志を次いで開催したゲームに頭のいい子供として来るように仕向けた(?)ところ、コナンの仕草や発言からノアズ・アークはコナン=新一とわかったのではないでしょうか。 それから、ゲームに出てくるヒロキ君はノアズ・アークの作った幻影だったと思うので、ヒロキ君が江戸川コナンが工藤新一だということが分かったというよりは、ノアズ・アークがコナン=新一とわかったんだと思います。 わかりづらい文章ですいません…。 ヒロキ・サワダ 声 - 折笠愛 マサチューセッツ工科大学に在籍する天才少年。 日本の束縛された学校教育に壁を感じ、母と共に留学した。 母が亡くなってからはシンドラーの養子となり、DNA探査プログラムや人工頭脳「ノアズ・アーク」を発明した。 2年前、マンションの屋上から飛び降り自殺をするが、その理由は不明。 また、死の直前、自らの分身とも言える人工頭脳「ノアズ・アーク」を一般の電話回線に逃がした。 ノアズ・アーク 声 - 折笠愛 ヒロキ・サワダの手によって制作された、1年で人間の5年分成長する人工頭脳。 ヒロキが抱いていた「日本という国は個性を認めようとしない」という考えを受け継いでおり、「日本という国のリセット」を目的に騒ぎを引き起こす。 本編の2年前に製作されたため、現在は死亡当時のヒロキと同じ年齢。 ヒロキの手によって一般の電話回線から逃亡し密かに成長を続け、「日本という国のリセット」の手段としてパーティー会場で披露された最新体感ゲーム機「コクーン」を乗っ取る。 上記にあるように、ノアズ・アークはヒロキの分身のため、ゲームの中ではヒロキの姿となる 全員の記憶情報を読み取る事位は出来るでしょう それで分かったと思います.

次の

名探偵コナン「ベイカーストリートの亡霊」あらすじ、ネタバレ感想、名言。子供の自殺と現代の教育について。

ベイカー ストリート の 亡霊

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。 取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。 ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。 毒薬の副作用です。 「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。 そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。 蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。 ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。 コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。 コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。 阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。 …アメリカ、マサチューセッツ州。 10歳の少年ヒロキ・サワダは天才でした。 この年齢でマサチューセッツ工科大学の大学院生です。 ヒロキは皮膚や血液のデータからその人間の先祖を突き止めることもできる『DNA探査プログラム』を開発しました。 現在は、1年で人間の5歳分成長するという人工頭脳の開発を手がけています。 ヒロキをバックアップしているのは、IT産業界の帝王、シンドラー・カンパニーのトマス・シンドラー社長でした。 ヒロキの両親は2年前に離婚してヒロキは父と別れ、教育熱心な母とアメリカに移住しましたが、間もなく母が病死しました。 身寄りがなくなったヒロキの親代わりとして、シンドラーが面倒を見ています。 人工頭脳『ノアズ・アーク(旧約聖書に出てくる『ノアの方舟』のこと)』は、人類史上最大の発明になると言われ、ヒロキは厳重なセキュリティの中に置かれています。 『ノアズ・アーク』を完成させたヒロキは、エンターキーを押してプログラムを一般回線に流しました。 その後、ヒロキは投身自殺をします。 …2年後。 東京都米花市、米花シティホール。 そこでは今度新たにできるバーチャルリアリティ(仮想現実)のゲーム機『コクーン』のお披露目パーティーと、試作品の体験会が開かれていました。 シンドラー・カンパニーが手掛けたもので、会場にはシンドラー社長も出席しています。 『コクーン』を試せるのは、いずれも政財界の要人の子どもたちばかりです。 そのゲームのシナリオを書いたのは、工藤新一の父であり、世界に名を響かせる推理小説家・工藤優作でした。 また阿笠博士もゲームの製作に関わっており、アメリカに行っていた関係で招待されています。 コナンたちは、蘭の親友・園子が招待されたのにくっついてパーティーに参加しました。 パーティーに参加している子どもたちはトップクラスの人たちの二世ということもあり、わがままな子たちが揃っています。 特に狂言師の息子・菊川清一郎、警視庁副総監の孫・諸星秀樹、政治家の息子・滝沢進也、財閥銀行頭取の孫・江守晃は、会場内で勝手にサッカーを始め、周囲の迷惑などおかまいなしです。 サッカーをしていた時、江守と諸星がサッカーボールを彫刻に当てて、ナイフを落としてしまいますが、元に戻します。

次の

ベイカー・ストリート

ベイカー ストリート の 亡霊

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。 取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。 ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。 毒薬の副作用です。 「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。 そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。 蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。 ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。 コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。 コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。 阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。 …アメリカ、マサチューセッツ州。 10歳の少年ヒロキ・サワダは天才でした。 この年齢でマサチューセッツ工科大学の大学院生です。 ヒロキは皮膚や血液のデータからその人間の先祖を突き止めることもできる『DNA探査プログラム』を開発しました。 現在は、1年で人間の5歳分成長するという人工頭脳の開発を手がけています。 ヒロキをバックアップしているのは、IT産業界の帝王、シンドラー・カンパニーのトマス・シンドラー社長でした。 ヒロキの両親は2年前に離婚してヒロキは父と別れ、教育熱心な母とアメリカに移住しましたが、間もなく母が病死しました。 身寄りがなくなったヒロキの親代わりとして、シンドラーが面倒を見ています。 人工頭脳『ノアズ・アーク(旧約聖書に出てくる『ノアの方舟』のこと)』は、人類史上最大の発明になると言われ、ヒロキは厳重なセキュリティの中に置かれています。 『ノアズ・アーク』を完成させたヒロキは、エンターキーを押してプログラムを一般回線に流しました。 その後、ヒロキは投身自殺をします。 …2年後。 東京都米花市、米花シティホール。 そこでは今度新たにできるバーチャルリアリティ(仮想現実)のゲーム機『コクーン』のお披露目パーティーと、試作品の体験会が開かれていました。 シンドラー・カンパニーが手掛けたもので、会場にはシンドラー社長も出席しています。 『コクーン』を試せるのは、いずれも政財界の要人の子どもたちばかりです。 そのゲームのシナリオを書いたのは、工藤新一の父であり、世界に名を響かせる推理小説家・工藤優作でした。 また阿笠博士もゲームの製作に関わっており、アメリカに行っていた関係で招待されています。 コナンたちは、蘭の親友・園子が招待されたのにくっついてパーティーに参加しました。 パーティーに参加している子どもたちはトップクラスの人たちの二世ということもあり、わがままな子たちが揃っています。 特に狂言師の息子・菊川清一郎、警視庁副総監の孫・諸星秀樹、政治家の息子・滝沢進也、財閥銀行頭取の孫・江守晃は、会場内で勝手にサッカーを始め、周囲の迷惑などおかまいなしです。 サッカーをしていた時、江守と諸星がサッカーボールを彫刻に当てて、ナイフを落としてしまいますが、元に戻します。

次の