世田谷 区 ごみ 収集。 世田谷区の粗大ごみ回収業者と持ち込み・収集・処分方法!

世田谷区の有料粗大ごみ収集制度

世田谷 区 ごみ 収集

事業系の資源・ごみとは、会社や商店、事業所等、全ての事業活動に伴って発生する資源やごみのことです。 (会社等で従業員の飲食によって出た弁当容器やペットボトル等のごみも含まれます) 事業系の資源 ・ごみ は、事業者の責任で処理するのが原則です。 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、産業廃棄物と一般廃棄物を適正に分別してください。 処理については、自ら処理施設に運搬するか、または産業廃棄物処理業の許可を受けた業者(東京都許可)や一般廃棄物処理業の許可を受けた業者(23区許可)、その他廃棄物処理法の規定に従い適正な業者に処理を委託してください。 詳しくは、をご覧ください。 なお、家庭ごみの収集に支障のない範囲(1回の収集で30キログラム未満・45リットルの袋で概ね3袋以内)であれば、区の収集を有料でご利用いただけますが、必ず資源・ごみの量に見合った金額のを貼り、そこに会社名・屋号等を記入して出してください。 店舗・事務所などとお住まいが一緒の場合は、事業系ごみと家庭ごみを必ず分けて出してください。 袋の容量に見合った事業系有料ごみ処理券が貼付されていない、1回の収集で排出量が30キログラム以上・45リットルの袋で概ね4袋以上ある、分別されていないなど、 ルールが守られていない場合は、区では収集できません。 事業系廃棄物の詳細については、このページの一番下にある添付ファイルから「 事業系一般廃棄物 ガイドブック」をご覧ください。 事業系リサイクルシステム(資源) 「事業系リサイクルシステム」は、区と世田谷リサイクル協同組合が協力して、事業系ごみの減量と資源の有効活用に取り組む、安価で便利なリサイクルのしくみです。 古紙(オフィス古紙やシュレッダー古紙も回収します)、ガラスびん、缶を直接事業所まで回収にうかがいますので、ぜひ、ご検討ください。 (補足)詳しくは、をご覧ください。 ご注意 事業所から排出される「粗大形状のごみ(一辺の長さが30センチメートルを超えるもの)」については、区では収集できません。 ごみの種類に応じて適正な許可を持った廃棄物処理業者へご依頼ください。 参照条文 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 第3条 事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。 世田谷区清掃・リサイクル条例 第46条 区長は、規則で定める量の事業系一般廃棄物を排出する事業者に対し、その事業系一般廃棄物を運搬し、又は処分するよう命ずることができる。 世田谷区清掃・リサイクル条例施行規則 第34条 条例第46条の規則で定める事業系一般廃棄物(し尿を除く。 )の量は、1日平均10キログラム以上とする。 臨時に排出する場合も同様とする。 添付ファイル•

次の

世田谷区のごみ収集日と可燃・不燃・資源ごみの品目について

世田谷 区 ごみ 収集

世田谷区でのごみの種類と収集 家庭から出されるごみは、大きく分けて以下の3種類があります。 種類と収集の回数は次の通りです。 可燃ごみ…週に2回• 不燃ごみ…月に2回• 資源ごみ…週に1回(ペットボトルは月に2回) これらは収集日の朝8時までに集積所に出すと収集されます。 それぞれの収集日は、地区ごとに異なりますので、お住まいの地区の収集日を確認して、正しく出しましょう。 各地区の収集日は、以下のサイトから調べることができます。 参考: 可燃ごみに出せるもの 可燃ごみに出せるものの品目と出す際の注意点は、以下のとおりです。 段ボールでは出せませんので、注意が必要です。 不燃ごみに出せるもの 不燃ごみの対象となる品目と出す際の注意点は、以下のとおりです。 びん以外のガラス製品 厚紙などに包み、「キケン」などと表示。 割れたびんなども含む スプレー缶 必ず、最後まで出し切ってから出す 蛍光管・電球 ケースに入れて出す 陶磁器類 — 乾電池、リチウムイオン電池 ただし、ボタン電池・充電式電池は販売店へ返却 小型家電製品、金属類 一辺の長さが30センチ以下のもの 出し方 ごみを入れる容器や袋など、可燃ごみと同様です。 1回に出すことができる排出量も、可燃ごみと同様です。 関連記事 粗大ごみの収集 一辺が30センチを超えるものは、粗大ごみとして処分しなければなりません。 世田谷区では粗大ごみは有料で、 事前予約制で収集しています。 まず、電話かインターネットで申し込みをして粗大ごみ処理券を購入します。 粗大ごみに処理券を貼り付け、自宅前か指定の場所へ出します。 通常のごみ集積所には出せないのでご注意ください。 また、土曜日と日曜日のみ、粗大ごみを持ち込むことが可能です。 通常の処分手数料より安くなるので、お得に処分したい方は持ち込みも検討してみてください。 申込先 世田谷区粗大ごみ受付センター 電話 03-5715-1133 ホームページ こちらの記事で世田谷区の粗大ごみルールについてもっと詳しくまとめています。 不用品回収業者にまとめて依頼! 粗大ごみを処分するには事前申し込みや手数料シールの購入など、面倒なことが多いものです。 粗大ごみとして処分する前に、不用品回収サービスを検討してみてはいかがでしょうか。 エコピット エコピットは関東地域対応の不用品回収サービスです。 定額パックを用意しわかりやすい料金体系で安心度が高く、ベッドやタンス、ソファといった大型家具から生活家電、自転車、健康器具などの回収にも対応しています。 パック料金には搬出作業や出張費、スタッフ追加 2名まで 料金等がすべて入っているため後から請求金額が高くなるといったことがありません。 ご自身のニーズにあったパックを選んで安くお得に不用品を処分できるためおすすめです。 リサイクルショップの一括査定も便利 おいくらは、マーケットエンタープライズが運営するリユース商品の買取価格が比較できるサイトです。 最大のメリットは、 複数の買取業者へ無料で一括買取査定の依頼ができることです。 使い方は簡単で、売りたいアイテムの情報をたった一度入力して複数の買取業者に査定依頼するだけ。 その後、買取業者から査定価格やコメントが届くので、買取条件をまとめて比較し気に入ったショップに買い取ってもらうことができます。 また、ショップ検索機能を使ってご自宅から近いリサイクルショップを検索することもできます。

次の

世田谷区のごみ袋指定は?気になるごみ出しルールの特徴

世田谷 区 ごみ 収集

世田谷区でのごみの種類と収集 家庭から出されるごみは、大きく分けて以下の3種類があります。 種類と収集の回数は次の通りです。 可燃ごみ…週に2回• 不燃ごみ…月に2回• 資源ごみ…週に1回(ペットボトルは月に2回) これらは収集日の朝8時までに集積所に出すと収集されます。 それぞれの収集日は、地区ごとに異なりますので、お住まいの地区の収集日を確認して、正しく出しましょう。 各地区の収集日は、以下のサイトから調べることができます。 参考: 可燃ごみに出せるもの 可燃ごみに出せるものの品目と出す際の注意点は、以下のとおりです。 段ボールでは出せませんので、注意が必要です。 不燃ごみに出せるもの 不燃ごみの対象となる品目と出す際の注意点は、以下のとおりです。 びん以外のガラス製品 厚紙などに包み、「キケン」などと表示。 割れたびんなども含む スプレー缶 必ず、最後まで出し切ってから出す 蛍光管・電球 ケースに入れて出す 陶磁器類 — 乾電池、リチウムイオン電池 ただし、ボタン電池・充電式電池は販売店へ返却 小型家電製品、金属類 一辺の長さが30センチ以下のもの 出し方 ごみを入れる容器や袋など、可燃ごみと同様です。 1回に出すことができる排出量も、可燃ごみと同様です。 関連記事 粗大ごみの収集 一辺が30センチを超えるものは、粗大ごみとして処分しなければなりません。 世田谷区では粗大ごみは有料で、 事前予約制で収集しています。 まず、電話かインターネットで申し込みをして粗大ごみ処理券を購入します。 粗大ごみに処理券を貼り付け、自宅前か指定の場所へ出します。 通常のごみ集積所には出せないのでご注意ください。 また、土曜日と日曜日のみ、粗大ごみを持ち込むことが可能です。 通常の処分手数料より安くなるので、お得に処分したい方は持ち込みも検討してみてください。 申込先 世田谷区粗大ごみ受付センター 電話 03-5715-1133 ホームページ こちらの記事で世田谷区の粗大ごみルールについてもっと詳しくまとめています。 不用品回収業者にまとめて依頼! 粗大ごみを処分するには事前申し込みや手数料シールの購入など、面倒なことが多いものです。 粗大ごみとして処分する前に、不用品回収サービスを検討してみてはいかがでしょうか。 エコピット エコピットは関東地域対応の不用品回収サービスです。 定額パックを用意しわかりやすい料金体系で安心度が高く、ベッドやタンス、ソファといった大型家具から生活家電、自転車、健康器具などの回収にも対応しています。 パック料金には搬出作業や出張費、スタッフ追加 2名まで 料金等がすべて入っているため後から請求金額が高くなるといったことがありません。 ご自身のニーズにあったパックを選んで安くお得に不用品を処分できるためおすすめです。 リサイクルショップの一括査定も便利 おいくらは、マーケットエンタープライズが運営するリユース商品の買取価格が比較できるサイトです。 最大のメリットは、 複数の買取業者へ無料で一括買取査定の依頼ができることです。 使い方は簡単で、売りたいアイテムの情報をたった一度入力して複数の買取業者に査定依頼するだけ。 その後、買取業者から査定価格やコメントが届くので、買取条件をまとめて比較し気に入ったショップに買い取ってもらうことができます。 また、ショップ検索機能を使ってご自宅から近いリサイクルショップを検索することもできます。 自宅にいながら、また、すきま時間に気軽に査定依頼やショップ探しができるので、売りたいものがたくさんある方、買取サービスをはじめて利用する方におすすめです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 自治体によって、対象となるごみの種類や収集の方法が異なります。 お住まいの地区の収集日を確認して、正しく出しましょう。 また、資源としてリサイクルできるものは、できるだけリサイクルして、環境に配慮した生活をしたいものです。 正しい処分方法を把握して、ごみは正しく出すよう心がけましょう。

次の