尿 沈殿 検査。 尿検査|検体検査

尿沈渣検査

尿 沈殿 検査

「尿沈渣の結果を見てもよくわからない。 」 「 基準値やHPFという単位とは?」 「異常があった場合はどんな病気が考えられるの?」 という方は多いと思います。 そんな方のために、今回は 尿沈渣について徹底的にまとめてみましたよ。 尿沈渣とは、主に腎臓や膀胱に異常がないかどうかをみる検査の一つで、試験紙法とも呼ばれるいわゆる尿検査の結果が陽性だった場合などに受ける必要があります。 試験紙法は採尿した尿を試験紙にそのままつけるだけの簡易なものです。 それに対し、尿沈渣は尿を遠心分離器にかけ、沈殿してくる赤血球や白血球、細胞、結晶成分などの固形成分の数や増加を 顕微鏡で医師が見ます。 主に泌尿器にみられる 異常の診断、またその病状の経過観察を行なうための検査になります。 今回は、• 尿沈渣の基準値・HPFなどの単位について• 異常の時に考えられる病気• 尿沈渣検査で注意したい点 これらについてまとめてみました。 尿沈渣の基準値は?HPFって何? 尿沈渣の結果を見ても、何が何だかわからないという方は多いと思います。 また、その単位についてもチンプンカンプンですよね。 それぞれについてまとめてみました。 では、基準値からみていきましょう。 尿沈渣の基準値 尿沈渣の基準値(正常値)は以下になります。 1個未満(男性)• 1-4個未満(女性) (扁平上皮細胞を除く) 異型細胞 1個未満 円柱 1個未満 (硝子円柱を除く) 結晶• では異常値はどうなのでしょうか。 以下にまとめてみました。 尿沈渣の異常値は? 尿沈渣の異常な場合の値を教えてください。 尿沈渣の異常値について、表にまとめてみました。 以下の場合に、陽性となります。 女性の場合は特に、 尿道口付近の雑菌や付着物(おりものや血液)が混入しやすいため、赤血球・白血球・細菌・上皮細胞では陽性が出やすくなっています。 ですので、女性の場合は、 陽性と診断されても異常がない場合もよくあります。 では、次で尿沈渣の単位について見て見ましょう。 尿沈渣の単位について 尿沈渣の単位には• HPF• LPF これら3つがあります。 それぞれについて説明しますね。 HPFとは? HPF(Hi power field)というのは、顕微鏡を 400倍にした視野のことです。 赤血球や白血球・真菌・細菌・原虫・結晶などを見る時に使われる単位です。 WFとは? WF(Whole field)というのは、 全体での個数です。 LPFとは? LPF(Low power field)というのは、 顕微鏡を100倍にした視野のことです。 円柱の数を見る際に使われる単位です。 では、尿沈渣で異常の時に考えられる疾患について見ていきましょう。 尿沈渣で異常のとき考えらえる疾患は? 異常値が出た場合、尿沈渣の項目によって考えられる疾患が違ってきます。 ではそれぞれの項目について見ていきましょう。 赤血球が多い場合 尿沈渣で 赤血球が多い場合に考えられる病気は• 腎・尿路結石• 尿道炎• 膀胱炎• 前立腺炎• 前立腺肥大症• 腎盂腎炎 などです。 尿道炎• 膀胱炎• 前立腺炎• 前立腺肥大症• 精嚢炎• 腎・尿路結石• 膀胱腫瘍• 腎盂腎炎• 水腎症• 糸球体腎炎• ネフローゼ症候群 などです。 扁平上皮細胞• 尿細管上皮細胞• 移行上皮細胞• 円柱上皮細胞• 封入体細胞• 卵円形脂肪体• 異型細胞 この細胞によってそれぞれ考えられる疾患が違ってきます。 これらの細胞でわかる疾患については• 尿道炎• 尿路結石• 腎盂腎炎• 糸球体腎炎• 前立腺炎• 前立腺肥大症• ネフローゼ症候群• 悪性リンパ腫• 白血病 などです。 硝子円柱• 上皮円柱• 顆粒円柱• 蝋様円柱• 脂肪円柱• 赤血球円柱• 白血球円柱 円柱の場合もこの円柱の種類によって疾患が分かります。 これらの円柱でわかる疾患は• 糸球体腎炎• 急性尿細管壊死• 間質性腎炎• ループス腎炎• ネフローゼ症候群 などです。 結晶が見られる場合に考えられる疾患は以下になります。 尿路結石• 肝・胆道系疾患• ネフローゼ症候群• 腹腔内腫瘍• 動脈瘤• 腹部リンパ管の拡張(フィラリアなど) ただし、結晶には通常結晶と病的結晶があります。 通常結晶の場合は シュウ酸を含む食べ物(トマト・ニンニク・みかん・アスパラガス・ホウレンソウなど)の摂取後に現れることが多いため、疾患の可能性は低くなります。 異常結晶の場合でも服用した 薬物によって出る場合もあります。 細菌がみられる場合 尿沈渣で細菌が陽性になる場合に考えられる疾患は特に 尿路感染症が最も多いです。 細菌が多い場合は以下の病気が考えられます。 膀胱炎• 腎盂腎炎• 前立腺炎• 腎結核• クラミジア などです。 真菌 カンジダ 原虫 膣トリコモナス 寄生虫• ミラシジウム• 蟯虫卵 寄生虫のミラシジウムについてはアフリカや中近東に分布しており、その地域に滞在したなどでなければ寄生しないでしょう。 ダニについては偶発的な寄生か検査時の混入が考えられます。 蟯虫卵に関しては、小児(特に女児)の場合に混入することがあります。 尿沈渣検査で注意すべき点は? 尿の検査は、薬や前日に食べたものや飲み物で結果が変わったり疲れていたりすると影響することがあります。 尿沈渣検査でも同様に注意点があります。 注意点は以下です。 他の病気などで薬を使用している時は、あらかじめ薬剤名を医師に伝えておく• 検査前日から当日は、ビタミンが入った飲み物やシュウ酸が多い食べ物は避ける• 出始めの尿は、尿道口付近の雑菌やオリモノなどが混入しやすいため、中間尿を採る 正確な検査結果を出すために、以上の点について気をつけておきましょう。 関連記事• 参考書籍• 尿沈渣ガイドブック 東海大学出版会 p. 118-119 p. 130-169• 最新 尿検査 その知識と病態の考え方 第2版 p. 80-81 最後に 今回のお話をまとめます。 尿沈渣は尿タンパクが陽性のときは必ず検査を受ける必要がある• 尿沈渣は腎臓や膀胱に異常がないかどうかをみる検査の一つ• 尿沈渣の異常値は沈殿物の中に 多量の赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、細菌、異常結晶などが発見された場合• 異常の時に考えられる病気は 結石や尿路感染症・腎盂腎炎・糸球体腎炎・腎結核・膀胱腫瘍・白血病など• 尿沈渣は薬でも影響があるため、薬剤を使用している場合は医師に伝えましょう• 尿沈渣前はビタミンの多い飲み物やシュウ酸が多い食べ物は避けましょう• 採尿時は中間尿と採る 赤血球や白血球は使用している薬剤や体調の変化などにより一時的に多くなることがあるので、 正確な診断のためには必ず再検査を行なう必要があります。 その結果、再び異常値となり、感染症が疑われれば、細菌培養検査で原因となっている菌を調べることになります。 また、その他の異常値の場合は、主に 腎臓内科や 泌尿器科で尿中成分の定量検査、血液検査、超音波検査、腎生検、X線CT検査、腎盂造影などの詳しい検査をします。 尿沈渣により、大小不同な赤血球と共に円柱と呼ばれる円柱型のものが見えたり、その他、白血球、塩類、上皮細胞、細菌などが観察されます。 この様に、尿沈渣は 健康情報の宝庫であり、腎臓病の診断や治療効果をチェックするのにも優れた大切な検査となります。 カテゴリー• 141• 103•

次の

尿沈渣で細菌が検出される原因にはどのようなことが考えられるのか?|ハテナース

尿 沈殿 検査

昔からなじみのある検尿の検査。 その基本的な 知識についてまとめておきましょう 尿検査は大人になってからの検診や人間ドックだけでなく、保育園や小学校の健康診断などでも実施されるポピュラーな検査なので、みなさん受けたことがおありでしょう。 「おしっこを採る」といういわば非日常的な行為は、幼心に強い印象を持っている方も多いのではないでしょうか? 一方、医療の現場、健康診断では尿検査というのは極めて有用な検査です。 それは、検便の検査と同様、身体に負担がかからない検査であるでありながら、色々な臓器の異常や疾病の徴候を見ることができるからです。 検便の検査については、「」をあわせてご覧下さい。 尿検査でわかることは? では、尿検査では何を測定し何がわかるのでしょうか? それは尿が作られるまでの過程を考えるとわかりやすいと思います。 尿は、腎臓と言う臓器で作られます。 腎臓はいわば血液から不要な物質を濾し取る臓器です。 腎臓で作られた尿は、尿管を通って膀胱に集められ、ある程度の量が貯まると尿道を通じて排泄されます。 通常は、ゴミの不要な成分と水分が尿を通じて体外に排泄されるということになりますが、様々な疾病によって、尿中に本来は含まれるはずのないもの、含まれてはならないものが混じってきます。 尿検査では、これらをチェックするわけです。 尿検査の代表的な項目……蛋白、糖、潜血など では、どんなものが混じってはいけないのでしょうか? 代表的なものについて解説しましょう。 蛋白(タンパク) 蛋白は基本的にゴミではありませんので、本来は腎臓できれいに濾し取られて、再び血液中にもどります。 これが尿中から見つかるということは、濾し取る編み目に問題があるということになります。 もし、蛋白が認められた場合には、腎臓の病気(腎炎やネフローゼ症候群)などの可能性を精査していきます。 糖 腎臓の機能そのものが正常でも濾し取る血液に含まれる糖の成分が多ければ、当然、濾し取ったあとの尿にも糖分が含まれます。 血糖を測定するには採血しなくてはなりませんので身体にそれ相応の負担がかかります。 しかし、尿糖は排泄された尿を測定するため身体に負担がかかることはないというメリットがあります。 最近はメタボリックシンドロームで知られるように糖尿病患者さんが増えていることもあり、健康診断での尿糖チェックはほとんどのケースで行われています。 ウロビリノーゲン これも糖と同じく、腎臓の機能そのものではなく濾し採る血液中に多く含まれていると、尿中にも出てくるのでチェックできるというものです。 ウロビリノーゲンは肝臓の細胞や赤血球の中に含まれている成分で、少量は血中にも尿中にも含まれるのが通例です。 しかし、肝臓の細胞がダメージを受けたり、赤血球が多量に壊れたりすると血中の値も上がり、尿中にも検出されます。 潜血 通常は尿中に血液は混じりません。 しかし、腎臓から尿管、膀胱から尿道から出血があると、尿中に血液が混じるようになります。 腎炎や膀胱炎のような疾患の他に、やはり、注意しておきたいのは腎臓・泌尿器系の悪性疾患(がん)です。 基本的に初期は症状が出ることは少ないので尿潜血陽性の場合にはきちんと精査をしておくことが必要です。 尿検査で異常が出たら……再検査・要精密検査 尿検査は簡便な検査である反面、過労や過度の運動などでも異常が見られる項目もあります。 自己判断はせずに、まずは、お近くの内科で診察・検査を受け、今後の検査・治療方針を決めていくことが重要です。 その他の腎臓の病気についてさらに詳しく知りたい方は、「」をあわせてご覧下さい。 【関連記事】•

次の

特集2 血尿といわれたら 精密検査を早めに受けて

尿 沈殿 検査

もう少し詳しく書いていきます。 D002尿沈渣(鏡検法)は尿一般検査(D000尿中一般物質定性半定量検査)と一緒に実施する事が多いです。 D000:尿中一般物質定性半定量検査• D002:尿沈渣(鏡検法)+染色標本加算 泌尿器科では基本的な診察方法です。 受診に来た患者さんには特別なことがない限り尿検査は実施されます。 どこの病院も尿検査は実施するでしょう。 尿に関する疾患の患者さんが多いので採尿をして検査をすることは理にかなっています。 病名は「尿路感染症の疑い」で決まりです。 この尿沈渣(鏡検法)27点における染色標本加算9点の 染色標本加算については尿路病名が必須です。 なのでレセプトチェックのたびに「尿路感染症の疑い」をつけています。 似たようなレセプト病名としてはヘモグロビンA1cの「糖尿病(疑い)」もありますね。 レセプト病名をつけないと査定になりますのつけています。 これって意外と面倒な作業です。 他の病院でも同じような事をしていますので全国の医療事務員が毎月毎月、査定されないようにする為だけに「尿路感染症(疑い)」とか「糖尿病(疑い)」ってレセコンに入力する時間は莫大な時間だと思います。 生1検査のように病名不要でも良いのに。 レセプト病名に困った時は尿路感染症(疑い)をつけましょう。 例:急性膀胱炎) 尿検査は外部委託すると算定できません。 医療事務ならみんな大好き!!診療点数早見表にも書いてあります。 3 尿中一般物質定性半定量検査は当該検査の対象患者の診療を行っている 保険医療機関内で実施した場合にのみ算定できるものであり、 委託契約等に基づき当該保険医療機関外で 実施された検査の結果報告を受けるのみの場合は算定できない。 2 当該保険医療機関内で検査を行った場合に算定する。 3 尿沈渣(鏡検法)は当該検査の対象患者の診療を行っている 保険医療機関内で実施した場合にのみ算定できるものであり、 委託契約等に基づき当該保険医療機関外で 実施された検査の結果報告を受けるのみの場合は算定できない。 上記通り、院内で検査結果まで出ないと算定できません。 これはD005赤血球沈降速度(ESR)も同じことが言えます。 尿検査(D000尿中一般物質定性半定量検査)だけで染色加算。 そもそも染色加算は尿検査に対する加算ではない。 そうなんです。 染色加算はD000尿中一般物質定性半定量検査に対する加算ではありませんね。 正解はD002尿沈渣(鏡検法)に対する加算です。 D002 尿沈渣(鏡検法)27点 注 1 同一検体について当該検査と区分番号D017に掲げる排泄物、滲出物又は分泌物の細菌顕微鏡検査を併せて行った場合は、主たる検査の所定点数のみ算定する。 2 当該保険医療機関内で検査を行った場合に算定する。 3 染色標本による検査を行った場合は、染色標本加算として、9点を所定点数に加算する。 つまりD000尿中一般物質定性半定量検査で染色加算を算定することはあり得ません。 今回は査定ではなく返戻だったので良かった。 返戻なのに増点です。 審査機関の優しさでしょうかね。 査定でも問題ないような内容ですけど。 今回は嬉しい?返戻でした。 D002尿沈渣(鏡検法)27点を追加して再請求となりました。 やったね。 最近はこのような増点になるような返戻が続いています。 悲しいのか嬉しいのか難しい判断にはなりますが点数が増える=病院の収益が増えるという事なので良しとします。 本日のまとめ 尿検査は基本的な部分ですが書くといろいろありますね。 これからも勉強していきます。

次の