ツムツム 最高指導者 カイロレン。 【ツムツム】最高指導者カイロレンの評価とスキルの使い方!|ゲームエイト

ツムツム ジェダイトレーニング レイのスキル評価&使い方!ランダム&縦ライン消去

ツムツム 最高指導者 カイロレン

5月スコアチャレンジの開催期間 開催期間:2020年5月27日11:00〜5月31日23:59 今回のスコアチャレンジも3つのグループに分かれており、それぞれのグループに該当するツムを使って挑むことが出来ます。 ルールは簡単で単純に高得点を出せば良いだけで、全国のツムラーとハイスコアバトルを行いS、A、B、C、D、Eランクを狙います。 見事、Sランクになると「プラチナピンズ」、Aで「ゴールドピンズ」をゲット出来ます! スコアチャレンジの詳しいルールなどはこちらを参照ください。 タッチの仕方で2種類の消し方が可能で、短くタッチすると3連続ライン消去、長くタッチするとなぞった方向にライン状大消去が可能です。 3連続ライン状消去(小) スキル発動時に軽くタップすると斜め2回、縦1回の3連続消去が可能です。 また、消去数に関係なく、スコアボムが3個でるので、スコアミッションなどでも応用可能です。 ライン状消去(大) 本来はこちらの消去がメインになりますが、長押ししながらゆっくりなぞると、なぞった方向に消すことができます。 発動タイミングと消すラインをこちらが指定できるので、斜めラインが有効ですが、ジャイロを使ってツムを寄せることでより多くのツムを消すことができます。 またボムも巻き込むので、スコアボムを残して一緒に巻き込むことでスコア効率も良くなります。 マスタールークのツム情報 (ツム評価:SSSクラス) 出現BOX プレミアムBOX スキル種類 ランダム+斜めライン状にツムを消すよ スキル発動の必要数 25〜15 初期スコア 110 スコアの上がり幅 22 最大スコア 1188 スキルレベル1 範囲:SS 必要ツム数:25 スキルレベル2 範囲:S 必要ツム数:23 スキルレベル3 範囲:M 必要ツム数:21 スキルレベル4 範囲:L 必要ツム数:19 スキルレベル5 範囲:LL 必要ツム数:17 スキルレベル6 範囲:3L 必要ツム数:15 SLV6までに必要なツム数 36 マスタールークのスキルですが、「ランダム+斜めライン状にツムを消すよ」になっており、ランダム消去と斜めライン消去の複合スキルです。 スキルを発動するとビーム銃でツムを撃ち、ランダムでツムを消去し、その後、中央で戦闘が始まり、周りのツムを更に消去します。 最後に、ルークが、ライトセーバーを振り下ろし、斜めラインに消去します。 カイロレンがビームを打ち3ヶ所を消しますが、消えるのは一ヶ所として消えるので、その分スコアやコインを稼げます。 ただしその代わり出るボムは1つです。 必要数が14と軽めですが、スキルレベルが上がると消去数が結構あり、安定して使いやすいツムになってます。 また今月のツムってこともありますが、「アナキン・スカイウォーカー」も強いです。 ただ、どちらもスキルレベルで必要数が変化する晩成型ツムなので、レベルが低いなら、必要数が一定でスコアも安定しやすい「最高指導者カイロ・レン」がオススメです。 どちらにしても一番の激戦区になるので、しっかりレベルを上げてフルアイテムで挑みましょう。 スキルレベルを急に上げるのは難しいですが、ツムレベルは繰りかえして使うことで上がりますので、ギリギリまで使ってレベルを上げましょう。 は使い方はこちらを参照ください。 毎回アイテムを使うのはもったいないですが、スコアチャレンジは、最後にランク固定されてから1回ハイスコアを出せばOKです。 特にこの頃は、多種多様で出てくるので、その組み合わせで大きくスコアが変化します。 なので、良い組み合わせが来るまでリタイヤを繰りかえすことで有利に進めることが出来ます。 すべてのツムのツムスコアを把握するのは難しいですが、最低限オールプレミアムツムが出るときにプレイしましょう。 また注意ですが、リタイヤするとアイテムの利用コインが無駄になりますので、その辺も注意しましょう。 ツムスコアについてはこちらを参照ください「」 オススメのサブツム サブツムで確認できたツムスコアが高いツムです。

次の

【LINEゲームツムツム】〜2020年5/31スコチャレ あと1日

ツムツム 最高指導者 カイロレン

「お許し下さい。 また感じてしまいました。 光の誘惑を。 最高指導者もお気づきです。 闇の力を今一度、お見せください。 何者にも邪魔をされないように。 お見せください、祖父よ。 彼は・との息子で、もともと ベン・ソロ(Ben Solo)という名前だった。 、の1年後、ベンはで生まれた。 両親が多忙なせいで孤独感を抱きながら幼少期を過ごしたベンは、最高指導者スノークによってに誘惑された。 レイアはの兄ルークが息子を正しい道へ導いてくれることを期待したが、ベンは実のおじを裏切り、訓練生たちを虐殺して再建の試みを挫いた。 カイロは祖父にあたるを崇拝しており、かつてヴェイダーが成し遂げられなかったを、自分の手で終わらせたいと願っていた。 カイロはファースト・オーダーの神秘主義的な側面を象徴する存在で、科学とテクノロジーを信奉するとはライバル関係にあった。 カイロはの正式な指揮系統には属していなかったが、ハックス将軍や・と並び、軍隊の非公式なトップ3と目されていた。 カイロに裏切られた後、ルークは表舞台から姿を消してを探す旅に出た。 ファースト・オーダーはルークの行き先である惑星のの一部を旧のアーカイブから手に入れていたが、彼の居場所を突き止めるには情報が足りなかった。 、カイロはの信徒が所有している地図の断片を手に入れるため、の惑星を訪れた。 しかし、地図はファースト・オーダーの敵対勢力の手に渡ってしまった。 レジスタンスを率いるレイアは、ダークサイドに立ち向かうためファースト・オーダーよりも先に双子の兄を見つけ出そうとしていたのである。 地図を強奪するためをした際、カイロは地図の内容を知るフォース感応者の女性を捕まえた。 カイロはレイをへ連れていき、フォースで精神を探って地図の情報を手に入れようとしたが、彼女はカイロの力に抵抗し、自力で拘束を解いて脱走する。 その直後、レジスタンス軍によるスターキラー基地作戦のさなかに、カイロはハン・ソロと再会した。 彼はの誘惑を断ち切るため実の父親を手にかけ、森の中で元のと対決した。 彼はフィンにで重傷を負わせたが、レイの反撃によって自らも負傷し、彼女たちを取り逃がしてしまう。 一方、スターキラー基地が崩壊寸前であることを知ったスノークは、カイロの訓練を完了させるため、彼を自分のもとへ連れてくるようハックス将軍に命じた。 「お前がどこから来たかはわかっている。 彼が生まれた日、とのあいだにが締結され、に正式に終止符が打たれた。 ベンの両親は、銀河内戦で帝国と戦い、(反乱同盟)を勝利へ導いた英雄・とである。 ヴェイダーは実の息子(ベンのおじ)の説得でを放棄し、の戦いで皇帝を倒し、自らも命を落とした。 レイアはまだベンがお腹の中にいるときから、その存在をを通して感じ取っていた。 彼女は胎児の存在を光の帯のようなものとして感じていたが、ときどきその光は陰り、闇に蝕まれることもあった。 レイアが無事にベンを産んだ後、出産には3もかかっただとか、逆に無痛であっという間だった等、互いに矛盾する噂が広まった。 中には、ベンが生まれた時からもじゃもじゃの黒いを持ち、も生え揃っていたという噂すらあった。 ハン・ソロは妻と子と違ってフォースとの繋がりを持っていなかったが、ベンとの間には親子としての絆があると考えて自分を慰めた。 幼い頃、ベンはハンがにいた頃から所有しているをお気に入りのおもちゃにしていた。 またベンはハンの旧友であるにもよくなついていた。 を生き延びたオビ=ワンは、ルークを弟子とした後、ルークとレイアをから逃がすために命を落とした。 またソロという姓は父親から受け継いだものであるが、これはそもそもにハンがになるために志願した際、のから与えられた名前である。 ベンが若い頃、彼の両親は帝国との戦いを終えてそれぞれ異なる仕事に打ち込んでいた。 に加わる前はだったハン・ソロは、ひとところに留まることができず、各地を転々とした。 レイアはで尊敬を集めるとなった。 エンドアの戦い後に設立された新共和国は、ベンが生まれた頃にで帝国を完全に破り、名実ともに銀河系の新政府となった。 ソロとオーガナは性分の違いのせいで衝突しがちで、多忙な生活を送っていたため、ベンは孤独感を抱きながら幼少期を過ごした。 ジェダイの訓練 「長い間、バランスは保たれていた。 そのとき、わたしはベンを見た。 強力なスカイウォーカーの血を引くわたしの甥を。 わたしは傲慢にも、彼を訓練し、自分の力を伝えることができると考えたのだ。 ハンはいかにもハンらしい態度をとった。 だがレイアはわたしを信頼し、息子を任せてくれた。 幼いころ、ベンは自分がシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの孫であることを知らずに育った。 にまつわる真実、ヴェイダーの正体がアナキンであることを知っていたのは、ベンの両親とレイアのの兄であるルーク・スカイウォーカーだけだった。 レイアはベンが適切な年齢になるまで真相を黙っておくことに決めたが、息子が23歳になった時点でまだ秘密を明かせずにいた。 それでもレイアはいつの日か息子に本当のことを話したいと考えており、ヴェイダーが最期の瞬間にに帰還してアナキン・スカイウォーカーとして死んでいったことを、ルークの口から説明してもらいたいと願っていた。 ベン・ソロはやがてという名の謎多きダークサイドのマスターに目をつけられた。 銀河帝国の没落をその目で見てきたスノークは、と呼ばれる軍事政権をとして指揮していた。 銀河内戦終結後、帝国軍の残存勢力は銀河系のへと撤退し、帝国の思想を受け継ぐ新勢力を築き上げていたのである。 スノークはベンの中に眠るフォースの潜在能力に気づき、強力なスカイウォーカーの血を引く彼こそ、フォースのライトサイドとダークサイドの焦点となる存在、フォースの戦士の理想を体現する存在だと考え、自分の弟子にしようと企んだ。 レイアはベンがスノークに狙われていることを知り、彼をダークサイドから遠ざけようとした。 そこで彼女はルークに息子を預けることに決めた。 ベンとダース・ヴェイダーに共通点を見出していたレイアは、ルークの訓練が彼を正しい方向へ導いてくれることを期待していたのである。 ベンは他の12人の弟子とともにルーク・スカイウォーカーのジェダイ・テンプルで修行を積んだ ベンは23歳以前にルークの弟子となり、新世代のジェダイの一員としてフォースのを開始した。 ルークはもともとを再建する気などなく、ジェダイが復活しなくとも銀河系のバランスは保たれていると考えていた。 しかしルークはベンに可能性を見出したことで考えを改め、甥を訓練すれば、自分の力を伝えることができるかもしれないと思い至った。 ベンは他の12人の弟子とともにで修行を積んだ。 この間に、ベンは青いブレードを発するを自らの手で制作し 、やがて優れたライトセーバーの使い手となった。 、やの探検家によって入植されたの惑星で、として星を統治していたが死去した。 レイアは存命の人物の中でメロウィン卿ともっとも近しい親戚だったが、総督位を継ぐことに興味がなく、いずれは自分の息子も同じことを考えるだろうと判断し、継承を辞退した。 そのため称号はアケニスのレディ・によって受け継がれた。 それから間もなく、レディ・シンディアンの陰謀によって、でダース・ヴェイダーの正体が公表された。 シンディアンが最高位総督になったとき手に入れた遺産の中に、本来レイアの手に渡るはずだった(レイアの義父)のメッセージが含まれていたため、思わぬところから秘密が漏れてしまったのである。 ベンに自分の口から真実を打ち明けていなかったレイアは、息子が公の報道で真実を知ったときにどんな反応をするだろうかと心配した。 ダークサイドへの転向 「おれたちには止められなかった。 あいつの中にいるヴェイダーはあまりにも強力だった」 「だからこそルークのもとで修行させたのよ。 行かせるべきではなかった。 あのとき、私はあの子を失ったのよ。 彼はルークによるジェダイ・オーダー再建の試みを挫き、彼のを破壊する。 最高指導者スノークの弟子となり、のメンバーに加わったベン・ソロは、新たに「カイロ・レン」という名を名乗り始めた。 最高指導者のもとで訓練を積んだことによって、「ベン・ソロ」はカイロ・レンの人生において遠い昔の記憶以外のなにものでもなくなった。 スノークの最も優秀な弟子だったカイロ・レンは、の没落によって生じた空白を埋める新世代のダークサイド戦士として台頭する。 カイロ・レン カイロ・レンの裏切りは彼の家族に大きな傷跡を残した。 ジェダイ・オーダーの再建に失敗したルークは、表舞台から姿を消して隠遁生活を送った。 ルークと特に親しい人々は、彼がを探しに行ったのだと信じていた。 実際、ルークは惑星で最初のを見つけ出していた。 ハン・ソロとレイア・オーガナ夫妻は別居生活をはじめ、ソロはの相棒で一等航海士のとともに密輸活動を再開した。 28 ABYの事件を期に新共和国元老院を離れていたレイアは 、として私設軍隊を指揮し、ファースト・オーダーの脅威に立ち向かった。 ハンはベンの中にいるダース・ヴェイダーの存在があまりにも強すぎたせいで、自分たちの息子は永遠に失われてしまったのだと嘆いたが、レイアは希望を捨てておらず、息子にはまだ善の心が残っているはずだと信じていた。 最高指導者スノークの命令により、カイロ・レンの本名が口にされることはなくなった。 カイロはライトサイドの誘惑を退けるため自分の過去を捨て去ろうともがき、自分には銀河系の弱者を支配する権利があるのだと信じ込んだ。 彼はレン騎士団の戦闘ギアの形態を取り入れたヘルメットを作り、素顔を隠すのと同時に、見る人々をすくみあがらせた。 カイロがジェダイ・オーダーの復活を阻止したことを知っているのたちは、彼のことを影で「ジェダイ・キラー」とあだ名していた。 ライトサイドの誘惑を捨て去りたいという願望は、カイロ・レンが自分の血筋をどう受け止めているかということの表れでもあった。 カイロは祖父のダース・ヴェイダーを崇拝し、暗黒卿の遺産であるを手に入れて保管していた。 カイロはかつてヴェイダーが開始し、最後までやり遂げることができなかったを自分の手で終わらせたいと願っていた。 カイロ・レンは自ら製作したを携帯していた。 カイロのライトセーバーに内蔵されたにはヒビが入っており、武器から発生する不安定なパワーをかろうじて抑制していた。 カイロはクロスガード型の設計によってヒビの入ったから放たれる過剰なエネルギーを左右に逃し、エネルギーのバランスをとっていたのである。 彼のセーバーからは燃えるような赤いの刃が放出された。 レンはハックス将軍とライバル関係にあった カイロ・レンは最高指導者スノークの弟子だったため、ファースト・オーダーの権力構造の中で特に大きな影響力を握っていた。 カイロはスノークから直接指示を受けて行動し、軍隊のに対する指揮権も持っていたが、ファースト・オーダー軍の公式な指揮系統には属していなかった。 カイロの任務は軍隊の他の作戦よりも優先されることから、彼がファースト・オーダーの上級将校と話し合うときには、常に一触即発の緊張感が走った。 かつてダース・ヴェイダーが軍人でないにもかかわらず旧銀河帝国のを自由に指揮していたように、ファースト・オーダーにおけるカイロの位置づけは、帝国におけるヴェイダーのそれと意図的に似せられていた。 カイロとの間には特に緊迫したライバル意識が存在し、最高指導者スノークの関心を引いて認められようと互いに争っていた。 ハックスは完璧かつ複雑な戦闘シミュレーションを作り上げていたが、彼の戦闘経験はすべて理論上のものだったのである。 科学とテクノロジーを信奉していたハックスは、カイロが象徴しているファースト・オーダーの神秘主義的な側面に対する理解や忍耐力を持ち合わせていなかった。 カイロ・レン、ハックス将軍、部隊の指揮官・は、ファースト・オーダーの軍隊において非公式のトップ3と呼べる存在だった。 スカイウォーカー捜索 ジャクーの任務 「ファースト・オーダーはダークサイドから生まれた。 お前は違う」 「ダークサイドを見せてやろう」 「やってみろ。 、ファースト・オーダーはルークの居場所を突き止めるため、彼の行き先である最初のジェダイ・テンプルの場所を記したを探し求めた。 ファースト・オーダーは銀河帝国のアーカイブから部分的な地図を手に入れていたが、パズルを完成させるには、の信徒が所有する断片を回収する必要があった。 ルークやレイアの古い知り合いで、幼少期のカイロ・レンとも面識のあるテッカは、の惑星ので他の信徒とともに禁欲的な生活を送っていた。 ジェダイの遺物を求めて各地を旅して回った経験のあるテッカは、フォースのバランスを取り戻すにはジェダイの存在が不可欠だと信じていた。 カイロは<>に乗ってジャクーへ赴き、のでトゥアナル村へ降りた。 キャプテン・ファズマのストームトルーパー部隊が村をし、フォースの教会の信徒たちを一箇所に集めて包囲した後、カイロは戦場に到着してテッカと対面した。 カイロがテッカをライトセーバーで斬り殺した直後、近くに隠れていたのがカイロに向けてを発射した。 しかしカイロは即座にフォースでビームを空中に固定し、ストームトルーパーにダメロンを拘束させる。 このパイロットは地図を持っていなかったが、カイロは彼が何かを知っているに違いないと判断し、<ファイナライザー>で尋問することに決めた。 一部始終を目撃した村人たちは、カイロの命令でストームトルーパーに虐殺された。 村を立ち去るために乗り込む直前、カイロはストームトルーパーのが村人への攻撃をためらい、銃を下ろして立ちすくんでいることに気づいた。 ポー・ダメロンを尋問するカイロ・レン レイア・オーガナ将軍の命令でジャクーにやってきたポー・ダメロンは、自身のに地図を託し、トゥアナルから脱出させていた。 カイロは囚人から情報を聞き出す際に使う(旧銀河帝国のが使っていた装置をもとに作られていた )にダメロンを拘束し、を開始した。 彼がレジスタンスで最も優秀なであることは判明したものの、ファースト・オーダーのスタッフではそれ以上の情報を引き出すことはできなかった。 カイロはこの囚人を一対一で尋問することに決め、フォースを使って精神に働きかけることで無理やり地図のありかを喋らせた。 その結果、地図を託されたはまだジャクーのどこかにいることが判明する。 カイロから報告を受けたハックス将軍は、の惑星に捜索チームを派遣した。 その後、ダメロンはファースト・オーダーからの離反を決意したFN-2187によって解放され、2人でを奪って<ファイナライザー>からした。 艦のでこの事件を知らされたカイロは、囚人の逃亡に手を貸した裏切り者が、トゥアナル村にいたFN-2187であることにいちはやく気づいた。 ダメロンとFN-2187の乗るファイターは逃亡中に撃墜され、ジャクーの砂漠へと墜落する。 ハックス将軍は、ダメロンとFN-2187が再びジャクーに戻ろうとしたのはを見つけるためであると気づき、レジスタンスを出し抜くためを差し向けた。 ハックスから報告を受けた最高指導者スノークは、可能であればBBユニットを捕らえ、それが無理ならば破壊もやむを得ないと将軍に指示した。 ハックス指揮下のトルーパーが重大な反逆行為を犯したことに不満を抱いていたカイロは 、最高指導者がや初期の帝国と同じように ファースト・オーダーも兵士を使うことを考慮すべきだと発言した。 するとハックスはカイロが自分のやり方に口を出す権利はないと反論し、ルーク・スカイウォーカーの地図に固執しすぎて最高指導者の命令の邪魔をすることのないよう警告した。 彼はそこでの少女やBB-8と出会い、成り行き上一緒にファースト・オーダーからすることになった。 3人は・が所有していた<>(かつてはカイロの父親ハン・ソロの持ち船だった)を盗み、で追っ手のを倒した後、から逃げ去っていった。 その後、<ファイナライザー>の艦内にて、カイロはBBユニットが製に乗って逃亡したことをから知らされた。 FN-2187がドロイドを手助けしたことを知ったカイロは、怒りのあまり我を忘れ、目の前にあった端末をライトセーバーで破壊した。 また、ミタカが地元民とおぼしき若い女性も事件に関与していたと付け加えると、カイロはフォースを使って若い中尉を乱暴に引き寄せ、その女に関してわかっていることをすべて話すよう命じた。 タコダナの戦い 「われわれが捜しているドロイドは<ミレニアム・ファルコン>に乗っている。 お前の父親、ハン・ソロと一緒だ」 「奴など、わたしにとってなんの意味もありません」 「レン騎士団のマスターであるお前とはいえ、これほどの試練に直面したことはなかろう」 「あなたに鍛えられたおかげで、迷いはありません」 「いずれ分かる。 カイロとハックスはスターキラー基地の中央コントロール・センターにある大きな会議室にて 、最高指導者スノークの巨大なと会話した。 ジャクーの任務が失敗に終わったことを知ったスノークは、レジスタンスがルークの地図を手に入れ、新しいジェダイが立ち上がる可能性を危惧していた。 するとハックスは、使用準備が整ったスターキラー基地の超兵器を起動し、新共和国の本部に攻撃を仕掛けてはどうかと提案した。 ハックスは突然の攻撃によって銀河に混乱を巻き起こせば、レジスタンスも馬脚を現すだろうと考えたのである。 最高指導者は将軍の提案を受け入れ、さっそく必要な準備に取り掛かるよう命じた。 ハックスが会議室から去った後、スノークとカイロはフォースの覚醒について話し合った。 ルークのジェダイが滅びて以来、は活動を休止して沈黙したかのように思われていたが、ジャクーの事件と時を同じくして再びが生じ、新しい能力の覚醒を告げたのである。 また、スノークはBB-8が現在ハン・ソロの宇宙船<ミレニアム・ファルコン>に乗って逃亡していることを弟子に教えた。 カイロはハン・ソロと相対しても動じることはないと宣言したが、スノークは実の父との対決はカイロにとって最大の試練になるだろうと語った。 スノークの前で心に迷いはないと宣言したものの、カイロはライトサイドの誘惑を感じていた。 <ファイナライザー>の艦内にある私室に戻ったカイロは 、かつてダース・ヴェイダーのものだったマスクの残骸に話しかけ、光の誘惑を感じてしまったことを告白し、ダークサイドの導きを求めた。 カイロは実の祖父にあたる暗黒卿に、彼が一世代前に始めたことを自分が終わらせると誓った。 レイにライトセーバーを向けるカイロ・レン その後、ファースト・オーダーはソロ、レイ、フィン、BB-8が惑星にあるのを訪れていることを突き止めた。 ソロはカナタにBB-8をへ届ける役目を頼みたいと考えていたのである。 ファースト・オーダーによるタコダナ襲撃が始まる直前、ハックス将軍はスターキラー基地の超兵器を起動し、新共和国の惑星に砲撃を行った。 カイロはスターキラー基地から放たれたがへと突き進んでいくさまを <ファイナライザー>のブリッジから見守った。 を抜けてホズニアン星系に到達したファントム・エネルギーは、新共和国の首都を直撃し、コアを爆発させて惑星を小型のに変化させた。 ホズニアン星系はもろともされ、レジスタンスは攻撃の出どころを探るため即座に偵察機を送り出した。 新共和国に壊滅的なダメージを与えた後、カイロは部隊を率いてタコダナへ向かい、カナタの城をした。 ソロ、フィン、BB-8は一時的にファースト・オーダーのストームトルーパーによって拘束されたが、ポー・ダメロン率いるレジスタンスのが戦場に駆けつけ、彼らを救出した。 その頃、カイロは古城の近くにあるのなかで、ひとりきりになっていたレイを追い詰めた。 レイはの引き金を引いたが、カイロはライトセーバーでビームを偏向し、フォースを使って彼女の動きを封じた。 レイの心の中を探ったカイロは、彼女がルーク・スカイウォーカーの地図を見たことを知り、もはやBB-8を捕まえる必要はないと判断した。 彼はこのゴミ漁りの少女をフォースで気絶させてコマンド・シャトルに運び込み、部下にタコダナからの撤退を命じた。 レイからルーク・スカイウォーカーの地図の情報を引き出そうとするカイロ・レン カイロはレイをスターキラー基地へ連れていき、尋問用の椅子に拘束した。 目を覚ましたレイが仲間たちの安否を尋ねたとき、カイロはあえて嘘はつかず、自分は何も知らないと正直に告げた。 カイロが自分に向けられる殺意について指摘すると、彼女はマスクをつけた怪物に追い回されれば誰だって殺したくなると答えた。 するとダークサイドの戦士はマスクを外して素顔をあらわにし、あらためてドロイドの情報を尋ねた。 技術的なスペックを列挙して答えをはぐらかそうとするレイを遮り、カイロはBBユニットが運んでいた情報、ルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図が重要なのだと告げる。 彼女があくまで答えるのを拒んだため、カイロは再びフォースを使ってを行った。 最初、彼はレイの心のなかに孤独と恐怖心を見出し、次にと島を見た。 また、カイロは彼女がハン・ソロを父親のように思っていることを知り、彼を慕ったところで失望するだけだと警告した。 ここまできてレイはしだいに精神探査に対する抵抗を強めていき、カイロの侵入を寄せつけなくなった。 最終的に彼女は逆にカイロの心の中を読み、彼が抱いている恐怖、ヴェイダーのように強くなれないのではないかという恐れを言い当てた。 カイロは衝撃のあまり何も言い返すことができず、唖然としながら尋問室を後にした。 父親との再会 「お前の息子は死んだ。 父親と同じく、弱虫で愚かだった。 だから俺が滅ぼした」 「スノークがお前にそう信じ込ませた。 だがそれは真実ではない。 スノークはたかが小娘が精神探査に抵抗したことに懐疑的だったが、カイロは彼女が強い力を備えており、本人もまだそのことに気づいていないと語った。 最高指導者がBBユニットの件を尋ねたとき、ハックス将軍がカイロの背後から入室し、カイロがタコダナで犯した過ちを告げ口した。 カイロは女さえ捕まえればドロイドは必要ないと考えたのだと釈明したが、最高指導者は地図がレジスタンスの手に渡ってしまった状況を懸念し、即座に対応策を講じる必要があると判断した。 スノークはのある惑星に対して超兵器を使用するようハックス将軍に命じる。 ホズニアン・プライムを破壊した後、ハックスはレジスタンスの基地がにあることを突き止めていたのである。 ハックスはイリーニウム星系全体を破壊する必要性を疑い、カイロも今一度レイの尋問をしたいと申し出たが、最高指導者は2人の提案を却下し、レジスタンスの重要人物が一箇所に集まっていると思われる今しかチャンスはないのだと告げた。 ハックスが命令を実行に移すため退室した後、スノークはレイを自分のもとへ連れてくるようカイロに命じた。 父親との再会 しかし、レイは既に尋問室から脱出していた。 自らに備わっているフォースの力に気づいた彼女は、をで欺き、拘束を解かせたのである。 カイロは怒りのあまりライトセーバーを起動して尋問室の設備を破壊したが、間もなく落ち着きを取り戻し、ストームトルーパーに基地内をパトロールさせた。 部下の将校に格納庫の封鎖を命じたとき、カイロはフォースを通して父親の存在を間近に感じとる。 このとき、ハン・ソロはスターキラー基地の惑星を解除するためチューバッカやフィンとともに施設内に忍び込んでいた。 彼らがキャプテン・ファズマを脅迫してを解除させた直後、ダメロン率いるレジスタンスのスターファイター隊がスターキラー基地への奇襲を開始する。 一方、ソロのチームは施設内でレイと合流し、スターファイター隊の手助けをするために基地の弱点であるに潜入した。 彼らはを使ってオシレーターの外殻を吹っ飛ばし、スターファイター隊の突破口を開くつもりだった。 侵入者の意図を察知したカイロは、ストームトルーパーにオシレーター内を捜索させ、自らも1人で父親の姿を探した。 父親を手に掛けるカイロ・レン 広大な吹き抜けの空間に架けられた通路を歩いていたとき、カイロは背後にいるソロから「ベン」という名で呼び止められた。 吹き抜けを見渡す上層階にいたチューバッカ、フィン、レイ、ストームトルーパー数名がこの状況に気づいたが、2人の邪魔をする者はひとりもいなかった。 スターキラー基地に来る前、ソロは息子をファースト・オーダーから取り戻すとオーガナに約束していた。 しかしソロはカイロのもとへ歩み寄り、ベン・ソロが死んだというのはスノークの嘘だと語りかけ、彼の力を利用しようとしているだけの男を信じてはならないと告げる。 カイロは一緒に家に帰ろうと誘いかけてくる父親の言葉に動揺して涙を流し、本当は苦痛から逃れたかったが、そうする勇気がなかったと告白した。 自分を助けるためなら何でもすると語る父親に、カイロは腰に下げていたライトセーバーを差し出した。 ソロはセーバーを掴んだが、カイロは手を離さず、2人はしばらく身動きせずに見つめ合った。 このとき、スターキラー基地がエネルギーの充填を完了し、オシレーター施設に差し込んでいた光も消えた。 次の瞬間、カイロはライトセーバーを起動してソロを突き刺し、感謝の言葉を告げた。 致命傷を負ったソロは、最期の瞬間に息子の頬をなで、眼下に広がるオシレーターの深奥へと落下していった。 上階から一部始終を見守っていたチューバッカは激怒の咆哮を上げ、でカイロの腹部を撃ち抜いた。 ストームトルーパーはすぐに侵入者に応戦したが、チューバッカがオシレーター各地に仕掛けたのスイッチを入れ、多数の兵士が爆発で命を落とした。 オシレーター施設の一部が崩れ始める中、カイロは施設の上階から外へ逃げようとしていたフィンやレイと一瞬目が合い、脇腹の負傷に耐えながら彼らを追跡した。 一方、ポー・ダメロン率いるスターファイター隊は、チューバッカの爆弾によってオシレーターの外殻に亀裂が生じたのを見逃さず、施設内への直接攻撃を試みた。 森林の決闘 フィンとレイを待ち受けるカイロ・レン フィンとレイは<ミレニアム・ファルコン>へと急いだが、カイロはオシレーターの外に広がるのなかで2人の行く手を阻んだ。 カイロはライトセーバーを起動し、にやられた傷の痛みに耐えながら、ハン・ソロが死んだ今2人を救ってくれる者はいないと言い放った。 レイはブラスターに手をかけたが、カイロは彼女をフォースで投げ飛ばし、後ろのにぶつけて気絶させた。 1人でダークサイドの戦士と戦うことになったフィンは、かつてアナキンやルーク・スカイウォーカーの所有物だったを起動する。 フィンはタコダナでマズ・カナタからこのライトセーバーを受け取ったのである。 カイロはその武器は自分が持つべき物だと宣言し、ストームトルーパーの裏切り者と激しく切り結んだ。 カイロは傷の痛みに苦しみながらも優位に立ち、鍔迫り合いのさなかにクロスガード型のブレードでフィンの肩に傷を負わせた。 カイロはフィンの反撃で腕を斬りつけられたが、最終的に敵の手からライトセーバーを払い飛ばすことに成功する。 無力になったところを背中から斬られたフィンは、意識を失って倒れ込んだ。 カイロは自分のライトセーバーのスイッチを切り、地面に落ちたフィンのセーバーをフォースで手元に引き寄せようとした。 しかし、セーバーは弧を描いてカイロの脇を通り過ぎ、カイロの後ろに立っていたレイの手の中に収まった。 レイとの対決 カイロとレイはそれぞれライトセーバーを起動し、対決に臨んだ。 レイはライトセーバーで戦うのは初めてだったが、ダークサイドの戦士と一進一退の戦いを繰り広げた。 この時、スターキラー基地はオシレーターの爆発によって不安定になり、カイロたちの足元も大きく揺れて崩れ始めた。 カイロは地割れによって生じた崖の端にレイを追い詰め、自分なら彼女にフォースの使い方を教えてやれると語りかけた。 ところがレイはフォースという言葉を聞いて落ち着きを取り戻し、カイロのセーバーを防ぎながらしばらくのあいだ目を閉じた。 目を開いたレイはそれまでにない激しさで反撃に転じ、カイロは防戦一方に追いやられる。 彼は最終的にライトセーバーを取り落とし、顔面に切り傷を負った。 カイロは武器を失って倒れたが、足元の地面が割れてレイとのあいだに深い裂け目ができ、とどめを刺されずに済んだ。 レイは溝を挟んで向こうにいるカイロに背を向け、重傷のフィンを連れてチューバッカの操縦する<ミレニアム・ファルコン>に乗り込んだ。 その頃、スターキラー基地の状況を知らされた最高指導者スノークは、カイロの訓練を完了すべき時が来たと判断し、彼を自分のもとへ連れてくるようハックス将軍に命じた。 ハックスはカイロのベルトについた小さな位置センサーを使って彼の居場所を突き止め、ストームトルーパーに命じてシャトルに運び込ませた。 彼らが脱出を果たした後、スターキラー基地は爆発を起こして新星に変わり果てる。 戦いが終わった後、レジスタンスはBB-8が運んできた地図とが所有していた帝国の記録を組み合わせ、ルーク・スカイウォーカーの行き先を突き止めた。 レイは水の惑星オク=トーで最後のジェダイを見つけ、かつて彼のものだったライトセーバーを差し出した。 制作の舞台裏 カイロ・レンのビジュアルはに公開された『』のティーザー・トレーラー第1弾で初めてお目見えした。 がこのキャラクターを演じる。 登場エピソード.

次の

めっちゃ消すやん!最高指導者カイロレン入りのセレクトBOX開始!【こうへいさん】【ツムツム】 │ ツムツム まとめ動画ナビ

ツムツム 最高指導者 カイロレン

演: 日本語吹き替え: 概要 エピソード7「」にて登場。 にしての理念を受け継ぐ新勢力 『』の指揮官の一人。十字型の赤い(設定的にはクロスガード・ライトセーバーまたはフォークド・ライトセーバーと呼ばれる)を武器とするほか、フォースグリップやマインドトリックによる読心術などの技に長けている。 レン騎士団なる組織に身を置き、姿を晦ましたの発見と抹殺という目的の為に暗躍している。 人物像 フリッツヘルメットに似た漆黒のマスクをかぶり、同系色のローブを着用。 マスクには声を電子的に加工する機能が備わっており、かのを彷彿とさせる出で立ちとなっている。 エピソード6で燃やされたダース・ベイダーのヘルメットの残骸を所有しておりその後継者を自認するなど、カイロ自身もダースベイダーに対して崇拝に近い並々ならぬ思い入れがあるようだが…? 捕虜とした罪のない村人を殺戮するなど冷酷な性格で、日頃は冷徹に振舞っているが、その本性は激情家であり、怒りに身を任せてヒステリックに暴れる場面がある。 その際、普通に機械音痴であることが判明した。 基地で陣頭指揮を執るとは険悪な関係にある。 関連タグ これより下は深刻なネタバレを含んでいるため閲覧注意 ネタバレ その正体は、かつて、ルークと共に帝国と戦った盟友 と、ルークの双子の妹 の間に生まれた、実の息子である。 本名 ベン・ソロ。 そのため、ことと、その妻のであり、アナキンの母のひ孫にあたる。 経歴 幼少期、彼はなんの訓練も受けずともフォースを使うことができ、しばしば家のものを壊してしまっていた。 この才能は両親を喜ばせるより恐怖させ、ドアの向こうで話し合う両親の姿に彼の心は傷ついていった。 そして彼の両親は最終的に、伯父のもとへと弟子に出すことを決意する。 また、この時点ではレイアの要望により祖父がダース・ベイダーであることは秘密とされていた。 「やつの中のベイダーが強すぎた」からルークに預けたとのセリフは、あくまで当人の粗暴性を言っていたと思われる。 しかし皮肉な事にそのルークでさえも彼の力は手に余るものであり、適切な指導ができず、やがてその力を危険視するようになる。 彼が祖父について知るのは成人を迎えた後のことであった。 しかも両親や伯父から直接知らされたのではなく、 元老院の政争でレイアの父がダース・ベイダーであると全銀河に暴露され、さらには母レイアがこの事で激しい非難と共に元老院から追放されるという衝撃的な場面を報道で見せつけられるという形でこの事実を突きつけられたのである。 この時を境にレイアは完全に失脚して独自にファースト・オーダーの脅威に対抗するレジスタンスの結成へと動き出し、家に不在がちではあってもまっとうな職についていたハン・ソロも密輸業者に逆戻りしている。 この事を機に、祖父であるダース・ベイダーに惹かれるようになり、ルークが自分を殺そうとした(が思い止まった)様を目の当たりにした事がきっかけとなって離反。 ルークが立ち上げたジェダイ新体制を崩壊に追い込んだ後、ファースト・オーダーの へ師事して暗黒面を学ぶようになった。 その際、かつての弱い自分と決別する為に カイロ・レンを名乗るようになった。 ルークはこのことに大きなショックを受け、仲間たちの前から姿を消す要因の1つとなってしまった。 なお、セリフの上では 離反の際に数人の弟子が彼についていったとされ、一瞬の回想ではあるものの おそろいの黒尽くめ仮面ルックが6人存在し、またファースト・オーダーのポジションとは別に レン騎士団なる組織のマスターを兼任しているはずである。 もし、これが事実なら師匠としてのルークは12人弟子を育てて7人が暗黒面堕ち、残り5人を殺害とかなり厳しい成績となっている。 特徴 素顔は暗黒面に堕ちる前のアナキンと似ており、激情家である性格やフォースグリップの使用など、内面においてもと似た面が多い。 生命維持に二重のマスクが必要だったアナキンとは異なりマスクは変声機を兼ねた一つのみで、エピソード7の後半ではほぼマスクなしで活動し、エピソード8の冒頭では スノークに馬鹿にされた怒りに任せて破壊してしまう。 恐らくダース・ベイダーへの憧れから着用していたに過ぎないと思われる)。 9では破壊したマスクを修復。 修復の結果マスクの割れ目に沿って赤いラインが入るようになった。 監督曰く、日本で茶器等の修復の際に使われる金継ぎという技術を参考にしたとの事 実は暗黒面へ完全に染まりきっておらず、ダークサイドへの恐怖とライトサイドからの誘惑の狭間で苦悩する弱さを抱えている。 また日頃は冷徹に振舞ってはいるが、上記のように思い通りに事が運ばなかった時には激昂して暴れるなど、心身ともに未熟な面が目立つ「キレる」である。 使用する十字形ライトセーバーの柄は一部の配線が剥き出しになっており、これも製作者である彼の未熟さを表している。 光刃の形が乱れているのはカイバー・クリスタルにヒビが入っているため。 エピソード8でも母親であるレイアの存在を感じ取ると攻撃を躊躇したりスノークからレイを救出して共闘したりと未だライトサイドの残り香が存在している。 しかし彼が開眼した目的はスノークを殺して最高指導者となり、ジェダイもシスも存在しない世界を創り上げることであった。 最高指導者の座を簒奪してファースト・オーダーを率い、レジスタンスを追撃するが、追い詰めた惑星クレイトでかつての師ルークと遭遇。 怒りに任せてルークを総攻撃するが…… 一言でいえば、 『親の因果が子を飛ばして孫に来た』状態。 とても祖父似である。 レジェンズでは スター・ウォーズの版権がルーカス・フィルムごとに買い上げられ、「エピソード1~6の映画六部作、等ごく一部の以外の従来作品の内容は今後ディズニーが制作する作品で描く歴史とはとして扱う」というディズニーの方針によってレジェンズ(非正史)扱いに降格され、全て打ち切りになってしまった拡張世界にはカノン(正史)におけるカイロ・レンに極めて近い立ち位置のキャラクターが存在する。 その名はハン・ソロとレイア・オーガナ・ソロの長男「 ジェイセン・ソロ」。 9ABY(の9年後)に生まれた。 ジェイナ・ソロという女性との双子で、活動的なジェダイであり優秀なのパイロットでもあるジェイナとは対照的に、どちらかと言えば思索的なジェダイであった。 彼はルーク・スカイウォーカーが創設したニュー・ジェダイ・オーダーに加わり、ジェイナと弟のアナキン・ソロとともに数多の戦いを勝利に導いた英雄となった。 しかし戦争ではほぼ一標準年をユージャン・ヴォングの捕虜として過ごす事となり、その間壮絶な拷問(ユージャン・ヴォングは痛みと死を神聖視する文化を持ち、ただ痛みを与え肉体を損壊するためだけの拷問や処刑を是とする)を受け続け、またヴァーゲアという異端の元から教えを受けた。 このヴァーゲアはルークの教えとは一風変わった独特のフォース観を持ち、それはジェイセンにも大きな影響を与えたが、実は彼女はであった。 (後に発表されたレガシー時代を舞台とした作品で明かされた。 なお、最期にはライトサイドに復帰して自身を犠牲にジェイセンを救っている) ユージャン・ヴォングとの戦いが終結してからは既知銀河を離れ、ジェダイやシスとは別の形でフォースを操るフォース・センシティブ達の下を転々として修行を続けたが、後に出現するダース・クレイト(暗黒面に堕ちた元ジェダイのアシャラド・ヘット)の存在を予見し、その実現を防ぐために「より大きな善の為ならば犠牲を受け入れる」という冷徹な考えを信じるようになった。 40ABYに暗黒面に堕ち、シス卿ルミヤの弟子として ダース・カイダスというシス卿になる。 この際に瞳の色が茶色から黄色に変化した。 ルークの妻であるを殺害し、元弟子であるベン・スカイウォーカー(ルークとマラの息子でジェイセンにとっては従弟に当たる)を拷問するなど数々の悪行を働き、元ジェダイのタヒーリ・ヴェイラをシス・アプレンティスとしたが、41ABYに双子の姉であるジェイナとの決闘に敗れ命を落とした。 前述の通り「ベン」という名前はルークの息子として登場している。 また「祖父アナキンに強い影響を受ける」というのは、ジェイセンの弟アナキン・ソロが「ダース・ヴェイダーと同じ名前を持つ自分はいつか同じように堕落するのではないか」と苦悩するというやや異なった方向で影響を受けている。 なおこちらは後に「ヴェイダーではなく、偉大なジェダイであるアナキンにあやかった」という結論に達する事で納得している。 さらに特徴的な十字のライトセーバー(クロスガード・ライトセーバー)は2004年に発表されたコミックの「スター・ウォーズ:リパブリック」61話が初出である。 というのも、偶然の一致ではなく、「レジェンズ作品はパラレルワールドとして扱うしもう続編は作らないが、正史作品のネタ元として流用する」という方針がある為である。 (他にもの役職やスローン大提督など、設定リセット後にレジェンズ作品から改変・流用された例は多い) pixivでの扱い カップリングはノーマル・BLと色々ある。 だがしかし、ピクシブにおける彼の最大の立ち位置という物体とは pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 23:28:16• 2020-07-18 23:27:52• 2020-07-18 23:27:42• 2020-07-18 23:27:33• 2020-07-18 23:27:30 新しく作成された記事• 2020-07-18 23:18:17• 2020-07-18 23:05:51• 2020-07-18 23:05:06• 2020-07-18 23:04:48• 2020-07-18 23:02:26•

次の