たんぽぽ 種類。 タンポポの季節や種類!セイヨウ・カントウタンポポと似た花の見分け方や花言葉

タンポポの種類

たんぽぽ 種類

画像引用:Wikipedia 「」おそらくフランス語で「たんぽぽのサラダ」ということだと思います。 ビタミンA、タンパク質、カロチン、鉄、カルシウムなどを多く含み、たんぽぽの根はコーヒーにして飲むこともあります。 上の写真を見る限りフランスでは野菜として食べられていて、更に結構美味しそうじゃないですか。 知らなかったよ、たんぽぽの見分け方 この記事を書くにあたりたんぽぽの事を調べたら、主に日本で見られるたんぽぽには2種類ある事を知りました。 在来種の「カントウタンポポ」• 外来種の「セイヨウタンポポ」 カントウタンポポは外来種のセイヨウタンポポに駆逐されて、かなり数が減っているそうです。 セイヨウタンポポはいわゆる「侵略的外来種」という奴で、野菜として持ち込まれたものの食用としては根付かず、全国に広がっていったという説があります。 日本では1904年に北アメリカから北海道の札幌市に導入され、全国に広がった(札幌農学校のアメリカ人教師W. Brooksが野菜として持ち込んだという説がある) 引用: 食用として持ち込まれたものの根付かず、野生化したと言う点では、かつて私が食べたアメリカザリガニと一緒ですね。 2つのたんぽぽの見分け方は「がく」のような「総苞片(そうほうへん)」が反り返っているかどうか。 総苞片が反り返っていない左がカントウタンポポ。 反り返っている右がセイヨウタンポポ。 画像引用:東京都東部7公園 タンポポです。 どこにでも咲いている雑草ですが、在来種と外来種があります。 外来種は セイヨウタンポポ(写真 右) 在来種は カントウタンポポ(写真 左) セイヨウタンポポの方が繁殖力が強いので、勢力を拡大しています。 カントウタンポポは街中ではあまり見ることが出来なくなりました。 そんなカントウタンポポが公園にある事を、尾久の原愛好会の方より伺いました。 上の写真です。 がく(赤い丸の中)が反り返っているのがセイヨウタンポポ、反り返っていないのがカントウタンポポです。 引用: カントウタンポポは春にしか咲かないらしいので、夏や秋に咲いているたんぽぽを見たらそれはセイヨウタンポポで間違いないみたいです。 あまり季節を問わず、黄色い舌状花を長い期間にわたって咲かせる。 萼のように見える部分(総苞片)が開花時に反り返ることで、花に沿って固く閉じる在来種とは区別できる。 引用: 確かに秋に咲いてるたんぽぽとか見ますよね。 本日とってきたたんぽぽの葉。 おそらくほとんどがセイヨウタンポポ 葉一枚のみで撮影。 これを見せられて「なんの葉だ?」と言われたらきっとたんぽぽだって気付かないなぁ よーく洗って、水に浸します。 少しでもアクが抜けるかと思って 茹でてー マヨネーズもどきをかけて食べます 茹でてみて、「自作マヨネーズもどき」をかけて食べてみました。 「もどき」と言ったのは、自作マヨネーズに初挑戦して、失敗(うまく乳化しなかった)したのですが、味は悪くないので捨てるのも勿体ないので、たんぽぽにかけて食べてみました。 写真の見た目だと、ほぼほうれん草って感じですが、お味はどうかな? うん、食べれる食べれる 「凄く美味しくて、バクバク食べたい」と言うものではないですが、確かに野菜と感じられる食感と味です。 たんぽぽの葉だけを食べるのではなく、味のアクセントとして使う方が生きる食材かなと感じました。 「たんぽぽの花の三杯酢」と「生たんぽぽサラダ」を食べてみる 後日違う食べ方も試してみようと、近所の土手で再度たんぽぽを採取してきました。 たんぽぽの花びらも食べてみよう 食用の菊の花は三杯酢で食べることもあるので、それにならってたんぽぽの花の三杯酢を作ってみる事に。 花弁をむしって、花びらだけを集めてみました。 葉の方は、前回は茹でましたが今回は生のままサラダに。 たんぽぽの葉のサラダとたんぽぽの花の三杯酢 ここで失敗。 たんぽぽの花を茹でるのを忘れました。 三杯酢と和えた後に気づきましたが、後の祭り。 捨てるのもなんなんで、まぁ食べれるでしょう、実食! たんぽぽの炒め物はオススメ! 初挑戦のたんぽぽの葉でしたが、噂通り苦いは苦いですが、食べれない苦さではありませんでした。 たんぽぽは欧米では「自然の薬局」と呼ばれ、解熱、強壮などの目的で使われてきたそうです。 好き好んで食べるものではないでしょうが、話のネタに挑戦してみるというのはいかがでしょうか? セイヨウタンポポは都会の路傍など、どこにでも生えているので入手しやすいですしね。 今はコロナの影響でなかなか難しいですが、この騒動が収まったら屋外でのバーベキューとかで摘んできて、仲間内で食べるのも面白いと思うんですよねぇ。 外出自粛が続きますが、散歩のついでなんかに摘んできて、ご自宅でいろいろな調理法を試してみても良いのでは? 森でノビルも大量に生えてたので、持って帰って食べました。 また早く外を自由に出歩けるようになって欲しいですね.

次の

タンポポ の 種類

たんぽぽ 種類

たんぽぽは食べられますか? そもそも、たんぽぽは食べても問題がない植物なのでしょうか? 残念ながら日本ではあまり知られていませんが、 たんぽぽは一定の栄養効果が認められていて、食用に適した植物なのです。 しかも食用としての歴史はかなりあり、ヨーロッパではかなりメジャーな食品として重宝されています。 食用のものもよく栽培されていますが、なんと道路や公園に咲いているたんぽぽでも食べられるんです!葉や根にもたくさん栄養が含まれるので、優れた食品です。 たんぽぽの美味しいおすすめの食べ方 たんぽぽを使ったおいしい料理を紹介します。 たんぽぽは葉にそのまま酢やドレッシングをかけることで、生でサラダとして召し上がることができます。 しかし、 たんぽぽは焼くことや揚げることで、その独特な苦みやクセを取り除くとが可能です。 苦みやクセを除去する定番の調理法はやはり 天ぷら。 ほんのりとした苦みがあり絶妙な味となります。 その他にも、しめじとのバターソテーや落花生和えなど、たんぽぽとの組み合わせでおいしくなるものは多数存在します。 食用たんぽぽの栄養について 食用たんぽぽにはどれほどの栄養が含まれているのでしょうか? たんぽぽには多くの種類の栄養が含まれており、 葉や茎には特にビタミンAや鉄分、カルシウムが多いのが特徴。 炎症を抑える効果があることから、 たんぽぽの根は漢方の生薬としても用いられていて、 「蒲公英根 ほうこうえいこん 」の名で知られています。 葉や茎にも根と同様に炎症抑制の効果があることが知られており、具体的にはニキビや喉の腫れ、結膜炎、発熱などに対する効能です。 また、たんぽぽの根を利用して作られる「たんぽぽ茶」や「たんぽぽコーヒー」はカフェインの含まれないやさしい飲み物となっています。 たんぽぽは万能薬品として重宝しているのですね。 食用たんぽぽと食用菊の違い 「食用菊」と呼ばれる種類の菊が流通しているのをご存知ですか? この食用菊はたんぽぽと姿や形がかなり似ていて、しばしば混同されます。 それもそのはず。 たんぽぽはなんと「キク科」に分類される植物なのです。 「キク科」の中に「タンポポ属」という分類があり、「たんぽぽ」という呼び名はこのタンポポ属に分類される植物の総称になります。 一方の食用菊は食用として栽培されている菊のことであり、たんぽぽとは種類も生い立ちも全く異なるものです。 食用菊はもともと商業用に生産されている植物であるのに加えて、 殺菌効果も期待できることから、料理の「つま」として多くの料理に添えられます。 刺身の上に乗っているのは、たんぽぽではない!? 実は刺身の上に乗っているあの花は、たんぽぽではありません。 その花が何かというと、先ほど紹介した 「食用菊」なのです。 食用菊は商業用に大量生産がなされており、 殺菌効果も認められていることから、刺身の上に装飾品として乗せるには持ってこいの花となります。 この食用菊は、黄色のものや紫色のものまで、かなり多くの品種が育てられているのです。 その中でも黄色のものは、たんぽぽと姿や形がとても似ているため、よく混同されがちです。 見た目のみならず、実際にたんぽぽは「キク科」に分類されるため、生物学的にも似ているということになります。 どちらにしても毒があるわけではなく、 食用には向いているので安心して召し上がることが可能です。 食用たんぽぽ人気おすすめ10選 リンク 香ばしくまろやかな香りの無添加健康茶 ノンカフェインですから、授乳中の方や胃腸の弱い方、お年寄りまで幅広くの方が飲むことができます。 たんぽぽ根・黒大豆・ハトムギ・大麦を配合。 体に優しくすっきり飲みやすい。 まろやかな香りの健康茶です。 まとめ 今回は食用たんぽぽについての記事でした。 たんぽぽは公園に綺麗に咲いていて可憐なだけではなく、ビタミンAをはじめとする栄養素に恵まれています。 さらにたんぽぽは薬効も認められており、抗炎症作用をもつ漢方の生薬としての利用が有名です。 たんぽぽは日本ではメジャーではありませんが、隠れたパワーの秘められた食品なので、ぜひ食事に取り入れてみてください。

次の

タンポポの種類

たんぽぽ 種類

名称 [ ] 属名のタラクサクム属(: Taraxacum)は、ギリシャ語を起源とする「苦痛を癒やす」という意味に基づく。 別説には、アラビア語で「苦い草」に基づくともいわれている。 和名「タンポポ」の由来は諸説ある。 花後の姿が綿球のに似ているので、「タンポ穂」とよばれたとする説。 花茎を切り出して、その両側を細く切り裂いて水に浸けると反り返り、の形になるので、タン・ポン・ポンという音の連想からという説。 タンポポが鼓を意味する小児語であったことから 、にツヅミグサ(鼓草)と呼ばれていたものが、転じて植物もタンポポと呼ばれるようになったとする説がある。 では古くはフヂナ、タナと呼ばれていた。 地方によっては、ツヅミグサ、フチナなどの方言名がある。 名のダンディライオン は、で「の」を意味するダン=ド=リオン dent-de-lion に由来し、これはギザギザしたがライオンのを連想させることによる。 また綿毛の球状の部分を指し、崩れるように散っていく様から、英名ブローボールス()ともいう。 現代のフランス語ではピサンリ pissenlit というが、piss-en-litで「ベッドの中のおしっこ」という意味である。 これはタンポポに作用があると考えられているためである。 の「蒲公英」は、である。 特徴 [ ] 道ばたや野原、草原に多い多年草で、広く一般によく知られている。 草丈は15 cm 内外で、花は一般に黄色であるが、白花もある。 都市部に多いのはである。 生命力の強い植物で、の裂目から生えることもある。 50以上もの太く長いのようなを持ち、長いもので1以上にもなる。 葉は生い茂って羽状に裂けるか、不整鋸葉がある。 花は、黄色から白色の頭状花を一つ付け、花茎は分岐しない。 花が咲き終わると、花茎は一旦倒れ、数日後に再び立ち上がって、花を付けていたときよりも高く伸びる。 立ち上がった花茎の先端にできる果実は、綿毛()の付いたを作り、湿度が低いときに綿毛を球状に展開して、風によって飛び散る。 茎葉を傷つけると、白い乳液が出る。 が地面近くに位置する型の生育型で、茎が非常に短く葉が水平に広がっている。 このため、表面の花や茎を刈っても容易に再び生え始める。 ()の頻発する、他の植物が生きていけないような厳しい環境下で生えていることが多い。 の一つで、には園芸化され、数十のがあった。 種蒔でも根からも繁殖でき、日当たりが良く、水はげが良い場所であれば栽培も容易である。 根を長さ1センチメートルほどの長さに切って、土中に埋めておくと発根発芽し、種子でも容易に増殖できる。 なお、タンポポに酷似する野草にがある。 花の特徴 [ ] 花のつくりは非常に進化していて、植物進化の系統では、頂点に立つグループの一つである。 タンポポの種類を問わず、花は朝に開き、夕方に閉じる。 雨が降らなければ、花は3日連続して、規則正しく開閉する。 舌状花と呼ばれる小さな花が円盤状に集まり、頭花を形成しているため、頭花が一つの花であるかのように見える。 舌状花1つに計5つの花びらを付けるが、1つに合着したであるため1つの花びらを付けているように見える。 舌状花の中央部はが伸び、が計5本合着している。 舌状花の下端には子房があり、その上部から白い冠毛が生えている。 この冠毛は後に発達し、風によって種子を飛散させる役割を担う。 日本における在来種と外来種 [ ] 日本でよく知られるタンポポには、古来から自生していた在来種(日本タンポポ)と、以降に外国から持ち込まれた外来種がある (現在は帰化種といわれている)。 在来種は外来種に比べ、開花時期が春の短い期間に限られ、種の数も少ない。 また、在来種が種子をつくるためには、他の株から花粉を運んでもらって実を結び子孫を増やす必要から、同じ仲間と群生している。 一方で外来種は、一年中いつでも花を咲かせ、かつ一個体のみで種子をつくることができるため、在来種に比べて小さな種子をたくさん生産する。 夏場でも見られるタンポポは概ね外来種のである。 見分け方としては、花の基部を包んでいる緑の部分である片を見てみると、反り返っているものが外来種(写真左)で、反り返っていないものが在来種(写真右)である。 在来種は総苞の大きさや形で区別できる。 しかし交雑(後述)の結果、単純に外見から判断できない個体が存在することが確認されている。 日本における分布は、人間が土地開発を行った地域に外来種が広がり 、在来種は年々郊外に追いやられて減少しつつある。 より個体数が多く目に付きやすいことから、「セイヨウタンポポが日本古来のタンポポを駆逐してしまった」という印象を持たれるが、実際には誤りであることは、在来種の生き方から理解されている。 セイヨウタンポポは在来種よりも生育可能場所が多く、かつ他の個体と花粉を交雑しなくても種子をつくることができる能力を持っているため繁殖力は高いが 、相対的に種子が小さくて芽生えのサイズも小さくなるため、他の植物との競争に不利という弱点を持っている。 そのため、他の植物が生えないような都市化した環境では生育できるものの、豊かな自然環境が残るところでは生存が難しくなる。 在来種はセイヨウタンポポよりも種子をつける数が少なくなっても、大きめの種子をつくる戦略を選んでいる。 また、風に乗って飛ばされた種子は、地上に落下しても秋になるまで発芽しない性質を持っている。 在来種が春しか花を咲かせない理由は、夏草が生い茂る前に花を咲かせて種子を飛ばしてしまい、夏場は自らの葉を枯らして根だけを残した休眠状態(夏眠)になって、秋に再び葉を広げて冬越しするという、日本の自然環境に合わせた生存戦略を持っているからである。 外来種と在来種の見分け方• 経口 識別 別名 西洋タンポポ、Dandelion 遊び [ ]• - タンポポの茎を笛として吹く。 薬用 [ ]• ・ - タンポポに含まれる成分には、健胃・利尿・催乳などの効果がある。 根に、、として・・を含んでいる。 茎葉から分泌する白乳液の成分は、、、などである。 なども含んでおり、は、花、根、茎の順に多く、葉には、、、などが含まれる。 花の色素は、などを含む。 タンポポ属植物の開花前の根を付けた全草を、掘り上げて水洗いし、長さ2 - 3ミリメートルに刻んで天日干ししたものがになり、 蒲公英(ほこうえい)とよんでいる。 全体、特に根に苦味があり、健胃作用、解熱作用、利尿作用、および胆汁分泌の促進作用があるといわれており、健胃薬として用いられる。 民間療法として、食欲不振、胃の不調のときに、蒲公英1日量5 - 10グラムを、500 - 600 の水で、とろ火で半量になるまで煮詰めて煎じた汁を、食後3回に分けて服用する利用方法が知られている。 食用 [ ]• - タンポポの葉を乾燥させ、茶などと配合したもの。 また、を乾燥させた蒲公英を炒ったものが、の代用品()として知られている。 たんぽぽコーヒーは、カフェインを含まないので睡眠の妨げにならず、健胃に役立つと考えられている。 の葉は古くからやで食用に供されており、多少の苦味があるがなどにする。 特にでは人気がある。 の一部では、花弁を自家製(タンポポワイン)の原料として用いる。 日本では、若葉を軽くして水にさらしてし、や、汁の実にしたり、同様に花をなどで食べたりもする。 工業製品の原料 [ ] ロシアンタンポポなどの品種のに含まれるからを採集する所もあり、がタイヤの主原料となる天然ゴムを取り出し実用化を目指している。 主な種 [ ] タンポポ属の分類は非常に複雑で、学説によって60種からそれ以上に分類される。 とでは、との変異により約235種が確認された。 日本の在来種には、など20種ほどがあるが、数の上ではから帰化したが圧倒的に多い。 日本全国に分布するが、地域により種が異なる。 Koidz• Nakai• Dahlst. Dahlst. subsp. maruyamanum Kitam. Morita. Nakai• Koidz. Dahlst. Weber• Kitam. Kitam. var. shiroumense H. Koidz. Kitam. Koidz. Koidz. Nakai. (ネムロタンポポ) Kitam. Dahlst. ユウバリタンポポ H. Koidz. Diels• Watan. タンポポの画像 [ ]• 別府街角ウオッチング. 2013年6月28日閲覧。 , p. 230. , p. Li, Ph. 2000. MEDICINAL PLANTS. CRC Press. Joseph E. Pizzorno, Michael T. Murray 2013. Textbook of Natural Medicine. ELSEVIER. 1055-1056. Richards, A. 1997. Dandelions of Great Britain and Ireland Handbooks for Field Identification. BSBI Publications. 330. , p. 参考文献 [ ]• 飯泉優『草木帖 —植物たちとの交友録』、2002年6月1日、85頁。 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、230頁。 田中修『雑草のはなし』〈中公新書〉、2007年3月25日、2 - 7頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、94頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、73頁。 外部リンク [ ] で 「 タンポポ」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの コモンズで() ウィキスピーシーズの• (植物雑学事典)• (植物図鑑・撮れたてドットコム)• (倉敷市立自然史博物館)• (植物形態学).

次の