ドラパルト でんじは。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【変幻自在のトリックスター!なんでも屋の厨ポケ】

デンチュラ

ドラパルト でんじは

このは前に育成論としても投稿している襷 です。 基本的に初手に出して、1体目は確実に処理し、2体目に「おにび」をいれたり、ダメージを削って、残りの手持ち2体の負荷を減らすという役割で使います。 技構成は、こいつの最大打点である「りゅうせいぐん」、2つ目は「ゴーストダイブ」と「シャドーボール」の選択、3つ目は「ふいうち」で確定とし、4つ目は、「おにび」or「でんじは」などの補助技です。 2つ目の「ゴーストダイブ」と「シャドーボール」の選択の話ですが、A4ゴーストダイブと、C252シャドーボールの場合、わずかではありますが、A4ゴーストダイブの方が火力指数は高いです。 HP1でも残っていれば仕事ができるため、1体目を処理した後に、まだ相手のパーティ次第では何かしらできる仕事がありそうな場合はそのために温存するのもありです。 このは冒頭でも少し説明した、あくび残飯型 です。 の欄でも説明した通り、ステロと組み合わせてあくびステロループで相手のサイクルを疲弊させるか、このポケモンも初手でが処理できないポケモンと対面した際にクッションとして扱います。 努力値のS20はミラー意識でS12振り抜きまで調整しています。 技構成の、からげんきとあくびは確定枠で、残りの2つに関しては選択枠です。 私はやてんねんが重いと感じたため、じわれで無理やり突破していました。 珠ダイナックルならギリギリ耐えるため、「カウンター」をいれるのもありだと思います。 役割としては、シンプルに特殊アタッカーで、1匹目のエースです。 おくびょうだと、H252に珠ダイロックを乱数で耐えられてしまうため、確定で落とすために性格は「ひかえめ」にしていました。 技3の「かえんほうしゃ」については、「だいもんじ」のくそ外しを嫌って「かえんほうしゃ」を採用していました。 珠かえんほうしゃでもH252D41撃でふきとばせるので、私は「だいもんじ」にする必要は感じられませんでした。 役割については、と基本的に同じで物理アタッカーで、2匹目のエースです。 技構成に関しては弱保アーマーガアとしての基本的なものです。 他のポケモンでは重めなに強いのと、特にを「ちょうはつ」を打つことにより「ビルドアップ」の完起点にできるのがよかったです。 耐久振りでSにそこまで努力値を割いていない弱保とも打ち合いで勝てるのも良いと感じました。 このポケモンもアタッカーで、3匹目のエースです。 あくびを撒いてくるやに対して、「ダイフェアリー」をうつによりあくびループからは脱出できますが、あくびループから抜け出すために無理矢理ダイマックスを切るという行為を私の中では嫌っていたため ダイマックスを切らずにあくびループから抜け出すという点で「ラムのみ」を持たせていました。 また、これを持たせることにより剣舞の回数も増えて意表がつけたのもよかったです。 技構成のなかの「ダイナックル」に関しては、や、、に対して少しでも強く出れるようにすることと、にたいしても上からも抜群をついて攻撃するために、この技を採用していました。 Aをあげながら攻撃をするため、最後の「かげうち」の火力も上がるのも良いと感じました。 戦術と解説 立回り方 選出パターン このパーティでの勝ちにいく選出パターンとしては大きく3つあります。 1つ目は、初手に、2体目にクッションとしてor、3体目にororという選出です。 初手ので1体目を処理し、2体目に「おにび」or「でんじは」or削りを入れて退場した後、エースを通すという動きです。 この動きが私的には一番扱いやすい動きだと思います。 2つ目は、との2体と3体目にororという選出です。 にたいしても炎技をうってきそうな相手に対してあついしぼうで受けながら、あくびステロループでサイクルを回して最後にエースを通すという動きです。 3つ目は、ととの3体で、対面的な選出です。 初手はで1体目を確実に処理してから動くか、で初手からダイマックスを切って相手のサイクルを半壊しにいくかの2択になります。 特にこのに関しては、最近はやりのにも対面から勝つことができ、初手にでて来やすい、やにも対面から勝つこともできて、選択技となる、「おにび」や「でんじは」により手持ちの負担を減らす動きもできるためかなり魅力的です。 メインウェポンを「りゅうせいぐん」にすることで「ドラゴンアロー」では無理だったのがを襷まで削ることができ、次の「ふいうち」により無傷突破できることが多くなったのも「ドラゴンアロー」をメインウェポンとするとの大きな差別化点とも言えます。 最後に ここまで自分が使っていたパーティ構築を紹介してきました。 何度も言いますが初めての投稿となるため、かなり不具合を感じる方が多いかと思います。 それでもこのパーティを実際に使ってみてほしいという思いがあったため投稿させていただきました。 指摘ポイントや、質問などありましたらコメントの方で是非お願い致します。

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトのおすすめ育成論&好相性なポケモンまとめ【ポケットモンスター(ポケモン)】

ドラパルト でんじは

タイプは ドラゴン・ ゴーストの複合タイプとなっていて、今作では過去作から続投しているポケモンの種類が制限されているため、この複合タイプを持つのは現在ドラパルトのみです。 ドラパルトが出現するのは ワイルドエリア。 進化元である ドラメシヤや ドロンチを げきりんの湖で捕獲するか、 うららか草原や、 キバ湖の瞳の マックスレイドバトルで捕獲する等の入手方法があります。 ドラパルトは、その優秀な 種族値や 覚える技の幅広さから多くのプレイヤーが採用するポケモンであり、現通信対戦環境の トップメタの一角となっています。 マジカル交換にて、孵化余りのドラパルトが流れてくることもそう珍しくはないでしょう。 ドラパルトの種族値 トップクラスの素早さを持つ超高速アタッカー やっとドラパルトに進化。 無駄に必要レベル高いんだよね。 図鑑もだいぶ埋まってきた。 まだ図鑑埋まってない人は気軽にリプライしてね。 手伝います。 いわゆる 合計種族値600族の1体で、全ての能力が高い水準となっています。 特にSの値が142と非常に高く、今作登場のポケモンでドラパルトより早いポケモンは「 テッカニン」と「 アギルダー」の2体のみです。 中でも「 とんぼがえり」は苦手な相手から逃げたり、「 りゅうせいぐん」の撃ち逃げを手助けする等、ドラパルトの高い素早さを十全に生かせる技です。 とはいえ、他の600族のポケモンと比較するとドラパルトの耐久力は低く設定されており、後出しで攻撃を受けるという立ち回りは苦手な様子。 更にタイプ一致技で抜群を取れる相手も多くはないので、持ち物や立ち回りでの補佐が必要となります。 ドラパルトの特性 A post shared by itsgonnablegenwait4itdary on Dec 25, 2019 at 6:21am PST ドラパルトは2つの通常特性と1つの夢特性を持ち、それぞれ「 クリアボディ」「 すりぬけ」「 のろわれボディ」となります。 クリアボディは相手に能力を下げられることがなくなり、「 いかく」やダイマックス技での攻撃能力下降に悩まされることが多い物理アタッカー向けの特性です。 すりぬけの方は、特殊型で対策しにくい「 みがわり」を無効化できる利点があります。 のろわれボディは壁貼り型や、鬼火たたりめ型等で採用される場合があります。 しかし、今作ではダイマックスすると かなしばりが一時的にではありますが無効化されてしまうため、他の2つの特性に比べて採用例は少ない状態です。 A post shared by on Nov 24, 2019 at 7:28am PST ここからは実戦的なドラパルトの型を説明していきます。 ドラパルトは出来ることが多く、様々な役割を持たせることができます。 どんな型でドラパルトを使いたいのか、育成論を参考にしながら考えてみましょう。 ドラパルトの育成論その1. 物理アタッカー型 ドラパルトの高い素早さと専用物理技である「 ドラゴンアロー」を活かす型です。 努力値はAS252、余りはHに4振っていいでしょう。 性格は ようき推奨です。 一応 むじゃき等のBかDに下降補正のかかる性格で特殊技の火力を落とさないようにもできますが、そちらは両刀型の項目にて説明します。 技は2回攻撃によりタスキを事実上無効化する「 ドラゴンアロー」、ゴーストタイプの一致高火力技「 ゴーストダイブ」まではほぼ確定枠です。 残る枠としては「 はがねのつばさ」「 ふいうち」「 とんぼがえり」等から選択になります。 補助技を入れたいのなら「 りゅうのまい」「 みがわり」「 でんじは」等が考慮に入るでしょう。 持ち物枠は火力アップとして定番の「 いのちのたま」、相手の耐久調整を狂わせる「 こだわりハチマキ」、ドラパルト対面に強く出れる「 こだわりスカーフ」があります。 アタッカーを強く意識するのなら、ドラパルトは火力が少し控えめなので火力アップアイテムを持たせたいところです。 ドラパルトの育成論その2. 特殊アタッカー型 ドラパルトはAの値がCよりも20大きく、専用技も物理であることから物理アタッカーとしての採用が多いですが、特殊型も優秀です。 こちらの型では「 だいもんじ」もしくは「 かえんほうしゃ」を採用することで、はがねタイプに対して明確な打点が持てる強みがあります。 技構成としては定番の「 りゅうせいぐん」「 シャドーボール」までは確定。 ほのお技枠として「 だいもんじ」か「 かえんほうしゃ」の選択になります。 命中率の気になる方はかえんほうしゃにした方がいいでしょう。 残りは「 10まんボルト」「 ハイドロポンプ」「 なみのり」等から選択になりますが、Aに下降補正が入っていたとしても「 とんぼがえり」は選択肢に入ります。 性格は おくびょう推奨。 努力値はCS252H4が基本です。 持ち物に関しては物理型と大きく変わりませんが、とんぼがえりの威力が上がらず、りゅうせいぐんからのとんぼがえりができなくなってしまうので、「 こだわりメガネ」でとんぼがえりを採用していると、ドラパルトが少し使いにくく感じるかもしれません。 ドラパルトの育成論その3. 両刀アタッカー型 こちらはドラパルトの性格を むじゃき、もしくは せっかちにすることで、物理と特殊の両方の火力を保つタイプです。 ただし、純アタッカー型よりも若干耐久力は下がりますので、より慎重な立ち回りが求められます。 努力値はS252を固定に、AとCには自身の構築単位での仮想敵を考えて努力値を割きます。 ちなみに、ドラパルトは前述の通り環境に非常に多く、ドラパルトミラーで先手を取れないのは非常に危険なので、明確な理由がなければ性格・努力値を合わせての最速が基本となります。 技構成はここまで物理・特殊型で紹介してきた技の中から選択となります。 この場合、努力値振りによっては極振りでは倒せていた、という相手が倒せなくなったりしますので、仮想敵をしっかりと見定めていきましょう。 主に ギャラドスや ナットレイ等、環境に多い4倍弱点を持つポケモンを特殊技で狙うのが定石です。 ドラパルトの育成論その4. ダイマックスエース型 今作で登場した新バトルシステム「 ダイマックス」を活かして戦う型です。 ダイマックスするとダイマックスレベルに応じてHPが上昇し、最大で2倍になるため、ドラパルトが持つ「 じゃくてんほけん」との相性が良好です。 ひこうタイプの技が変化し、自身の素早さを1段階上昇させる「 ダイジェット」。 はがね技からの変化で、防御が1段階上昇する「 ダイスチル」が特に強力で、上手くじゃくてんほけんの発動と合わせれば火力・防御・素早さを上昇させ、ドラパルトが圧倒的な抜きエースへと成長します。 基本的には物理型と同じ性格と努力値振りです。 技は確定枠のゴースト・ドラゴン技に加えて、上記のダイマックス技を発動するための「 はがねのつばさ」「 そらをとぶ」でほぼ固定となります。 ドラパルトの育成論その5. 鬼火たたりめ型 この型は「高い素早さから先手で おにびを撒く」ということに主眼を置いており、ドラパルトを倒しに来た物理アタッカーに対して強く出ることができます。 また、相手をやけど状態にするため「 たたりめ」の効果を活かした特殊アタッカーになることも可能となります。 性格は、物理技を受けられるように ずぶといがいいでしょう。 Aに下降補正をかけるのは、物理型対策で増えてきた「 イカサマ」用です。 この場合のSの努力値は最速ではなく最低限Sに割り振って、残りを耐久に回します。 性格無補正でもSに28割り振れば、最速の サザンドラを抜くことができます。 ドラパルトの育成論その6. 壁貼り型 「 リフレクター」と「 ひかりのかべ」を覚えることも、ドラパルトの長所の1つです。 先手で壁を貼って、後続の抜きエースに有利な状況を整える、という役割を持つ型がこの壁貼り型となります。 ゴーストタイプを有していることで、貼った壁を「 かわらわり」で破壊されにくいですが、「 サイコファング」というエスパータイプの壁破壊技もあるので注意は必要です。 壁貼り役と言えば持ち物は普通「 ひかりのねんど」ですが、後続に負担をかけにくい交代用アイテム「 だっしゅつパック」「 だっしゅつボタン」も候補に入ります。 この型の場合、先手での壁貼りが前提のため、素早さは最速になるように育成します。 残りの努力値は、壁込みで仮想敵からの弱点技を受けられるようにHに振り、余りをCに振ることになります。 Aに振らないのは、鬼火たたりめ型と同じく「 イカサマ」対策です。 ドラパルトと相性のいいポケモン 通信対戦の構築を考えるのは、ポケモンの醍醐味の一つです。 使いたいポケモンが決まったら、他にどのポケモンを採用すればパーティを盤石なものにできるのか。 ドラパルトと相性のいいポケモン達を見ていきます。 ドラパルトと相性のいいポケモンその1. かくとう4倍という弱点を持ちますが、ドラパルトはゴーストなのでかくとう技を無効化することが可能で、ドラパルトが弱点のあく技は半減で受けられます。 しかし、両方とも フェアリー弱点が共通しているので、3体目の選出で上手く補完するようにしましょう。 ドラパルトの苦手なポケモン では相手のドラパルトにはどう対処するべきなのか。 ドラパルトは上記の様に取れる戦術が非常に多く、全ての型を1体で対策することはほぼ不可能です。 よって今回は、対面から比較的有利の取れるポケモンを紹介します。 ドラパルトの苦手なポケモンその1. ミミッキュ.

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトのおすすめ育成論&好相性なポケモンまとめ【ポケットモンスター(ポケモン)】

ドラパルト でんじは

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。 この型では、起点作りのための状態異常技と状態異常で火力が出せるようになるたたりめを採用している。 育成論と使い方 速さを活かして起点を作る ドラパルトの圧倒的な速さによって先制でやけどやまひを撒く起点としての役割を持っている。 様々な型があるドラパルトの中で 現在使用率を伸ばしている型となっている。 たたりめで火力も出せる 状態異常相手のたたりめは威力が130もありタイプ一致技でもあるため火力が高い。 また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 Cに努力値を振ればドラパルトの最大火力になる。 特性はすりぬけがおすすめ 特性の選択肢はクリアボディ以外の2つ。 すりぬけならみがわりを貫通してでんじはやおにびが当たる。 基本的にはすりぬけがおすすめだ。 のろわれボディであれば相手の行動を縛れる。 型や対策したいポケモンに合わせて自由に技を入れ替えよう。 育成論と使い方 AとSに252がおすすめ 最速にしない理由はほぼないのでS252。 火力もなるべく出したいのでAにも252振ろう。 余りをHに振ってしまうと偶数になり、定数ダメージを余分にうけてしまうので、BかDに回すといい。 特性はクリアボディかすりぬけ 特性はいかく対策のクリアボディか、壁対策のすりぬけがおすすめ。 環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。 ミミッキュはダイスチルで対処 物理運用だとはがねのつばさが使えるので、苦手な ミミッキュもダイスチルでばつぐんを狙える。 防御も上がり受けられる技の範囲も増える。 大文字や呪いもおすすめ 物理技ではないが、だいもんじやのろいを採用するのもおすすめだ。 だいもんじでアーマーガアやナットレイ、のろいでカバルドンやドヒドイデなどに対抗できる。 だいもんじを採用する場合は性格を無邪気にすると良い。 持ち物の選択肢が多い 耐久を補助するタスキ、スカーフ持ちポケモンに勝てるスカーフ、火力を高めるいのちのたま、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんなど、 持ち物の選択肢は多め。 他に使うポケモンに合わせて技を選ぼう。 育成論と使い方 CとSに252がおすすめ 物理型と同様の理由で、CとSに252振り、余りはBかDに回そう。 調整次第では耐えられる攻撃は多いが、アタッカーで運用する場合は、なるべくCとSに振っておきたいところ。 特性は好みで すりぬけなら 身代わりやひかりのかべを無視して攻撃できる。 クリアボディならダイマックスわざなどの能力ダウンを防げる。 ミミッキュが辛い… ミミッキュとはタイプ相性が悪いうえに、ばけのかわがあるせいでタイマンだと絶望的。 対面してしまったときは、とんぼがえりでばけのかわを剥がしつつ交代させよう。 持ち物の選択肢は多い やはり持ち物の選択肢が多い。 行動保証になるタスキ、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんのほか、スカーフ持ち対策のスカーフ、純粋な火力上げにメガネなどが挙げられる。 ほとんどの相手から先手を取れるため、壁貼り役としても優秀だ。 耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。 高い攻撃力で自衛もできる ドラパルトで壁を貼る利点は、 自身の攻撃性能も高い点。 有利対面では自ら倒しに行く動きができるため、相手としては厄介この上ない。 耐久調整も有効 壁さえ貼れれば良いと割り切るなら、素早さを削って耐久調整するのもおすすめだ。 スカーフサザンドラのあくのはどう、ドラパルトのドラゴンアロー、珠ミミッキュの剣の舞後のかげうちなどは調整すれば耐えられる。 選出段階と戦闘中に相手のドラパルトの型をある程度推測できれば、立ち回りがしやすくなる。 ダイマックス状態では慎重に行動 ドラパルトは最速100族抜きにSを調整して耐久に振っている型も多い。 HP満タンでダイマックスになると大抵の弱点攻撃は耐えてしまうため、弱点保険を発動+ダイジェットで手がつけられなくなる。 持ち物が全く分からない場合は、確定で倒せる保証が無い限り弱点を突くのはオススメしない。 ブラッキーが後出しで勝ちやすい ドラパルトの型次第になってしまうが、特殊・物理のどちらでも、後出しから持ち直すことが可能。 HB特化で特殊・物理を受け切ることができ、返しのイカサマで物理の場合は確1・特殊は高乱数で倒すことができる。 ブラッキーで対策なら弱保・命の珠は警戒 弱点保険を発動させなければ、ダイマ状態でも後出しで受けてあくびで流せる。 特殊型の珠ダイドラグーン りゅうせいぐん であっても、余裕は無いが後出しからあくびを入れることは可能。 オーロンゲもおすすめ オーロンゲはフェアリーなのでドラゴン技は完封できる。 さらに特性いたずらごころにより でんじはを先に撃つことができ、とんぼがえり前にまひにできる。 先制技のふいうちを覚える点も優秀で、ふいうち圏内に入れられれば相手を縛りやすい。 スカーフ持ちで上から攻撃する こだわりスカーフ持ちのポケモンで上から一撃で倒すのもおすすめの対策方法。 ただし、スカーフ持ちに上を取られないためのスカーフドラパルトも存在するので、過信は禁物だ。 相手のパーティから誰がスカーフを持っているかを予想しつつ動かそう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の