ミッキー コーエン。 映画界の事件・スキャンダル史 (12) ー 20世紀・シネマ・パラダイス「

LAギャングストーリーはどの位実話なのでしょう? 又、エンデ...

ミッキー コーエン

コンフィデンシャル 現代:L. Col とは、に発刊されたの『L. 四部作』の三作にあたる、及びそれをとした開のである。 題名の意味は「極秘」。 概要 代の警。 のの、酔った警官が容疑者に暴行した「血の事件」などの騒然としたの世相をにし、で元を含む6人が殺された「ナイトアの」の捜をする3人のと、彼らが捜の中で直面する内部の腐敗、の裏側。 はこの三人を中心とし、混沌としたL. を描いている。 版は、が。 ス・ソンが・・脚色を兼任した。 本作は・と・ピの出世作となった。 は本作後、『』や『ビュー・ド』でやを受賞。 ・ピは『』や『の条件』、『王のス』に出演し、Oで放送された・『ド・ピ の代償』で・賞助演賞を受賞した。 映画版ストーリー 代の。 の幹部である・のをきっかけに、が手中に収めて手裏のを巡り、血みどろの抗争が勃発。 の部下が次々と殺され、彼らが手中に収めていたはいずこかへ消えて行った。 そんなある日、で客とが皆殺しにされる事件が発生。 者の1人は、血の事件のを問われ警を懲免職になった、元のステンドであった。 彼のであったバド・(・)はを誓い、昇進したばかりのエド・エクスリー警部補(・ピ)、署で「・」と呼ばれている・ヴィン(・スペイ)とともに捜を始めていく。 やがてと思われる男の三人組を追い詰め、の末に三人はエドに射殺される。 これで事件は解決したと思われたが・・・。 受賞 第回協会賞、第回協会賞で作品賞を受賞。 第回では9作品にノミネートされ、作品賞の最有補だったが、同年の末に開された『』が11部門を受賞したため、本作は助演賞と脚色賞の2部門のみを受賞した。 史実とのリンク 自体はだが、当時の世相を交えるために実際に発生した出来事や人物を巧みに織り込んでいる。 ・の の冒頭でグの・がされているが、本物の・もにでされている。 バドやステンド達が留置中の被疑者にを振るい騒ぎを起こすが、の・にLDは同様に騒ぎを起こしている。 これは官のを端的に表す事例として、当時も騒がれた。 ・スパナート ラナ・ エドがそっくりの高級婦と間違えて、本物のラナ・を婦呼ばわりする場面。 でラナはと一緒にいるが、本物の二人も関係にあった。 史実のはラナに的にを振るっていたため、後にのに刺殺されている。 と アドザー ・ビンがアドザーを務めていた「名誉の」。 は代から放映されたである。 これは実際にLDが扱った事件を基にが作られていたのだが、と同様に現役官のアドザーがいた。 LDの課に勤務する・がその人。 彼は紀課や課勤務で勤務した経験も有する。 賄賂のだったかどうかは知らん。 新しい本部 ので新しい本部に移る旨がより伝えられるが、この新しい本部とはに実際に工したロス警本部のこと。 当初は管理ビル B と称されていた。 後に病死した・H・の名前にちなみ、と名された。 ・H・はLD化のと呼ばれており、腐敗と対策に取り組んだ。 に工した新警本部はと命名されている。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 本作と時代設定とに共通している• 同時期に開された•

次の

ミッキー・コーエン を スウェーデン語

ミッキー コーエン

映画自体に文句はないです。 面白かったです。 まずミッキーコーエンの人柄とその裏の顔を描くべき。 特典映像をみて思ったのも 彼自身「ゴットファーザー」のビトー・コルネオーネみたいな 温厚で人望も厚いギャングだということ。 ギャングとマフィアの違いも コーエンが人生半ばあたりから少しあいまいになっており 彼自身の生き方を否定されていく感じもかわいそうに思えた。 彼自身の敵はいつも「権力者」にあったとのこと。 警察、政治家、ギャングのボス 劇中にジャック・ドラグナとの抗争にほぼ費やされて 彼が50代過ぎたあたりから国税庁の脱税容疑で 何度も逮捕され牢屋にぶちこまれていくあたりから 彼自身が元ボクサーとしての闘志が奪われていった感じがしています。 強迫神経症で苦しんでレストランや紳士服店に入るたびに トイレにいき手を洗い続けたというエピソードからすると 相当な潔癖症であり、お風呂も何時間も入り 毎日違うスーツを着続けたことから神経質なタイプだということもわかります。 劇中にそこらへんを描かれずに警察視点で コーエンギャング撲滅にかかる視点からすると ちょっとこの映画が「ビバLA警察」みたいな視点で描かれてることに 違和感があります。 当時のLA警察ですらコーエンから賄賂をもらって 判事や支局長ですら買収されていたのだから この映画を作った意味が正直わからない。 他の作品でもミッキーコーエンの映画があるみたいなので 忠実に実話を再現するならしっかりとした作品にしてほしかった。

次の

ミッキーコーエンを忠実に描くべき

ミッキー コーエン

経歴 [ ] 生い立ち [ ] 市のの家庭に生まれる。 本名は マイアー・ハリス・コーエン Meyer Harris Cohen。 に一家でに移住。 父はドラッグストアを営んでいた。 彼はこのことを利用して、の工場(兄が経営していた)からをくすね、、9歳にして逮捕されたが、兄のコネによっては免れた。 プロボクサー [ ] 10代の時、として懸賞試合に出場し、やがてとして修業するために東海岸へ移住。 に到着する前、中西部で世界チャンピオンのに挑んで敗北を喫した。 ニューヨークでは、労働争議ゴロとして悪名高いの兄弟にあたると交際。 もこの時期の友人である。 容疑で逮捕されたをダラス警察署の地下で射殺したとも友人関係にあった。 ギャング [ ] やがて彼は犯罪組織の用心棒としてギャングの世界に入った。 このころ短期間ではあるがにも会っている。 アルのことを「彼は大物だが、人を見下すことはなく、親切だった」と語っている。 彼の家で食事に呼ばれたり、アル・カポネのことを慕っていた。 しかし、彼の下で働きはじめた直後、コーエンは、トランプ賭博の最中に発生した乱射騒ぎ(数人のギャングが死亡)で逮捕された。 まもなく釈放されると、アル・カポネの弟と組んで、トランプ賭博やその他の違法なの胴元となった。 の子分をしていた頃、ギャンブル相手との口論が原因でシカゴからの逃亡を余儀なくされたこともある。 グージックともいざこざがあった。 逃亡先のではやの仲間であるの手下となった。 ほとんど仕事がないコーエンのために、ロスコフはシーゲルの用心棒の仕事を世話してやった。 ロサンゼルスへ [ ] こうしてコーエンはに舞い戻った。 にシーゲルが殺されたときは、下手人たちが潜んでいる(とコーエンは信じていた)ルーズヴェルト・ホテルに飛び込むと、45口径のセミオートマチック拳銃を二挺とりだしてロビーの天井に向けて乱射し、「10分以内に表へ出て来い。 ツラを貸せ」と要求したが、誰も出てくる者はいなかった。 が現場に到着すると、コーエンはほうほうのていで逃げ出した。 ロサンゼルスの犯罪シンジケートがドラグナ犯罪一家のに掌握された後も、コーエンはカーボの下で賭場を支配しつづけた。 しかしコーエンの暴力的なやり方が州と連邦政府の注意を惹いた。 こうしてドラグナ犯罪一家は捜査の対象となった。 このころ、コーエンはたびたび命を狙われ、自宅を爆破されたこともある。 警戒した彼は要塞のごとく警備厳重な家(投光照明や警報システムから兵器庫まで備えていた)に移った。 このとき用心棒として雇われたのはだが、ストンパナートは間もなく情婦の娘に殺されてしまった。 ストンパナートの葬儀費用はコーエンが負担したものの、コーエンが買ったのは安物の棺だけ。 そしてラナ・ターナーがストンパナートに送ったラブレターは、抜け目ないコーエンが新聞社に売ってしまった。 逮捕 [ ] 、コーエンはの調査を受け、の罪で懲役4年の実刑判決を受けた。 に再び脱税で有罪となり、刑期の一部をで服役した。 アルカトラズでは、同房の囚人から鉛管で殺されかけたこともある。 にアトランタ連邦刑務所(彼はこの刑務所で受けた虐待を公然と批判した)から出所。 に睡眠中死去。 登場作品 [ ] 映画・小説 [ ]• の小説『ビッグ・ノーウェア』• 映画『』 - 脇役として登場する。 演じたのは。 『』 映画版 - コーエンの役をが演じている。 映画『』-コーエンの役をが演じている ゲーム [ ]• - コーエン役は。 外部リンク [ ]• by Mark Gribben•

次の