アルコール pet。 アルコール液のメーカーに聞いてみた!100円容器に入れていい?ないときの代わりは?

消毒用のエタノール(アルコール)スプレーを入れる容器の素材は何がいい!?100均で探してみた。

アルコール pet

目次 なぜ100均の詰め替え用ボトルはアルコール消毒液が入れられないのか? なぜ100均の詰め替え用ボトルにはアルコール消毒液が入れられないのでしょうか? 理由は100均の詰め替え用ボトルのほとんどがPET素材でできているからです このPETはアルコールに対応していません。 容器にひびが入る• 色が変わる• 穴が開く などがPET素材にアルコールを入れると起こる可能性があります。 100均コーナーを探していると、たまにPET素材以外のPE素材、PP素材のボトルが売っていることもあります。 しかしついている注意書きを読むと、 アルコールが入っているものは入れないでくださいと書かれていることがほとんどです。 つまり100均ではアルコールに対応している物を見つけるのはなかなか困難です。 そのため100均以外で詰め替え用ボトルを探すのをお勧めします。 ネットで買えるアルコール対応の詰め替え用ボトル 割れたりする危険性を考えると完全アルコール対応している物をネットで購入するのがおすすめです。 持ち歩きやすいスプレータイプのものがおすすめです。 容量は10mlと少量からあるので、自分に合ったものも探してみてください。

次の

無水エタノールと消毒エタノールの違いと用途。

アルコール pet

アルコールを入れてもOKな容器 エタノールなどを使ったアルコール消毒液を入れる場合には以下に紹介する素材の容器であれば問題ありません。 製品によっては、高濃度アルコール不可との表示があるものがありますが、 高濃度アルコールが何%以上という明確な規定はありません。 購入時にはパッケージの表示や注意書きなどをよく見て確認してください。 ・本製品は医薬品や医薬部外品ではありませんが、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能です。 引用: ガラス容器 ガラス製の容器であればアルコールを入れても大丈夫です。 プラスチック容器 プラスチック容器にも材質によってアルコールを入れても大丈夫なものと入れられないものがあります。 お~!!ママ、これうちも頼もうよ。 ねっ!ねっ!あれ?ママ~どこ行っちゃった~?? ママ~! 用途に合った容器 ここでは、消毒用アルコールなどを入れて携帯できるものやロック付きでノズルを引いて使うトリガータイプ、置き型タイプを紹介します。 携帯しやすいサイズなので消毒スプレーなどの持ち歩き用にもおすすめです。 引用: 【素材】 ボトルPET 、 スプレーPP 、キャップPP 【容量・サイズ・重さ】 10ml 全長:8. 2cm 直径:2. 2cm 重さ:9g 15ml 全長:8. 8cm 直径:2. 2cm 重さ:9g 20ml 全長:9. 3cm 直径:2. 4cm 重さ:9g 30ml 全長:10. 0cm 直径:2. 9cm 重さ:10g 空き容器を水筒代わりなど他の用途に使うことはおやめください。 ペットボトルは、繰り返し使用することを想定した設計になっておりません。 耐久性、衛生面や安全面などの問題から再利用はお勧めできません。 高濃度アルコール 高濃度アルコールはペットボトルを溶かしてしまう恐れがあります。 (アルコール対応はOK ペットボトルは何からできているの? ペットボトルはとても軽くてちょっと落としても傷つかず、フタを閉めて持ち運ぶにはとても便利ですよね。 その便利さから 飲料の容器の中ではペットボトルが74. 6%を占めているそうです。 PETボトル、缶、紙、びん等の容器の中で、2018年最もシェアが高かったのはPETボトルでした。 PETボトルのシェアが74. 6%に達しました。 引用: では、そんなペットボトルが何からできているのかご存知でしょうか? 引用: ペットボトルは、以下のようにプラスチックと同じ原料から作られています。 ペットボトルは「 ポリエチレンテレフタレート」という樹脂から作られていて、素材としてはワイシャツやブラウスなどの繊維や食品包装フィルムと同じものです。 ポリエチレンテレフタレートは、化学反応させて作られる樹脂のひとつです。 この樹脂を溶かして糸にしたものが繊維、フィルムにしたものが食品包装フィルム、ふくらませたものがPETボトルなのです。 引用: POLY ETHYLENE TEREPHTHALATE との頭文字を取って PET(ペット)と呼びます。 ペットボトルのラベルには下記のマークが付いているのを見たことがあるかと思います。 ペットボトルもプラスチックの一種です。 プラスチックには、ポリエチレン、ポリプロピレンやプラモデルなどに使われているポリスチレン、繊維に使われるナイロン、ポリエステルなどがあります。 取り扱いの参考にしてください。 耐性について ペットボトルは強くて丈夫ですが、熱や有機溶剤のような薬剤には弱い弱点もあります。 軽度のへこみであれば自ら元に戻る性質を持っています。 そのため高温になった車内に放置して変形することもあります。 もちろん熱湯などは入れることはできません。 メーカーによっては耐熱性のありなしを表示しているものもあります。 (一例:KIRINの場合) 引用: 耐寒性 耐寒性はビンや缶に比べると低いですが、耐寒性では飲料には問題ありません。 注意 凍らせると内容物の凍結により膨張してペットボトルが変形、破損する恐れがあります。 飲料メーカーではペットボトル製品の 冷凍は避けるようにと呼び掛けています。 耐薬性 耐有機溶剤性は低く、アルコール濃度は20%が限度ですが、最近ではそれに対応できる製品も開発されています。 強酸・アルカリ性薬品への耐性はないのでそれらの薬品を入れることは危険です。 耐酸性は食酢くらいなら大丈夫です。 保存について ペットボトルは実はどんなに密閉していても若干の空気を通す性質があります。 そのため賞味期限もあり、長く経過すると風味や中身が変質する恐れもあります。 もちろん保存する際にも直射日光などから避けなければなりません。 保存性 密閉性に欠けており、光や微量な空気も通してしまいます。 酸素がペットボトルを通過して内容液が酸化することから 長期保存には適さないのでワインや日本酒には向いていませんでしたが、近年では改良されてワインや日本酒、ビール、焼酎などのペットボトル入りがあります。 また 匂いの成分を通してしまうので強い匂いを放つモノの近くでの保存は匂いが移ってしまう可能性があります。 賞味期限 上記の保存性の理由によって一般的な金属缶飲料の賞味期限が1年なのに対して、ペットボトル飲料の 賞味期限は半年~9ヵ月に設定されています。 (1年に設定されている商品もあります) ペットボトルの種類 ペットボトルの9割はお茶、ジュース、ミネラルウォーターなどの清涼飲料に使われており、他にはしょうゆなどの調味料や酒類、化粧品類に使用されています。 引用: 一般的なペットボトル ジュースやお茶などの炭酸でない飲料、常温品に適しています。 炭酸用ペットボトル(耐圧用) 炭酸飲料のペットボトルを開けるとプシュって音がしますよね。 あの音はペットボトルにたまった炭酸ガスが勢いよく抜ける音です。 そしてその飲料をコップに注いだ時に出る泡も炭酸ガスなんです。 メーカーによっては 炭酸飲料用の耐圧ペットボトルとそうでないものと表示を変えているものもあります。 (一例:KIRINの場合) 引用: 炭酸飲料から発生するガス圧によるボトルの変形を防止しているのが耐圧用のペットボトルです。 内圧に対して強度を保つのに最適なガスボンベのような形状をしています。 炭酸ガスによる内圧に耐えられかつ自立性のある5本足の底部形状 ペタロイド形状 が主に採用されています。 引用 : 開栓前の炭酸飲料は、内圧が高い状態にあり、開栓時にキャップが飛ぶ危険性があるため、圧力を逃がす機構 ベントスリット を施し安全に開栓する事が出来ます。 引用: 耐熱用(ホット対応)ペットボトル 缶入り飲料が主だった頃に「ホットの缶は手に持ったままでは熱すぎる」という消費者からの声でペットボトル入りのホットドリンクが開発されました。 暖かいお茶や紅茶、コーヒー飲料などがあります。 品質上の問題から、通常のペットボトルをそのまま温めるわけにはいかず、温めても品質上の問題がない、ホット対応のペットボトルができました。 ホット飲料の味や香りを損なわないようになっています。 高温充填によるボトルネック(本体の口の部分)の変形を防止しています。 高温充填に対応出来る 耐熱性に優れたペットボトルです。 ペットボトルには、飲料に合わせて特化した種類がある• 高濃度アルコールはペットボトルを溶かしてしまう恐れがある• DLC加工されたペットボトルにはアルコールOK• リサイクルでまたペットボトルやさまざまな日用品に生まれ変わる いかがでしたか? 便利で身近なペットボトルにはいろいろな特性がありましたね。 ペットボトルの飲み物を飲むときにはその特性を思い出してちょっと観察してみると何か発見があるかも… そしておいしく飲み終わったらリサイクルも忘れずに! 以下の記事ではアルコール消毒液を入れられる容器についてやアルコール除菌液の作り方などをとてもわかりやすく解説しています。

次の

普通のPET容器に高濃度アルコールを入れると、容器が溶けるよう...

アルコール pet

「エタノール」はエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名です。 そして、 「エタノール」は「アルコール」の一種です。 一方、「アルコール」は「エタノール」を含めたアルコール類の総称のことです。 「エタノール」とは エタノールはエチルアルコールの国際化学命名法での呼び名で、アルコールの一種です。 ちなみに、日本語では酒精 しゅせい と呼ばれています。 そして、アルコール類の中では唯一、飲んでもあまり害になりません。 ただ、もちろん飲みすぎると毒になってしまいます。 ちなみに、お酒に入ってるアルコールがエタノールです。 ここからはエタノールの性質、原料、種類について詳しく見ていきましょう。 エタノールの性質 エタノールの性質として一番大きいのは、やはり消毒作用でしょう。 エタノールには細菌を殺す性質があるため、消毒用としてよく使われます。 その上、 水にも油にも混ざりやすいという性質があるため、幅広い色々な汚れを除去する能力が高いです。 特に、キッチンなどの油汚れを除去する時にエタノールは有効でしょう。 カビ対策をする時にも役立ちます。 ちなみに、100%のエタノールは速く蒸発してしまい効果が弱く、エタノールの濃度が80%くらいのものが一番、汚れを落とす能力が高いです。 また、これはあまり知られていませんが、エタノールにもアレルギーがあります。 これは消毒液を使った時の発疹やかゆみ、化粧品による肌荒れなどで発覚することが多いですが、それがアレルギーだと判断しにくく、あまり有名でもないため、見過ごされがちです。 また、 エタノールは蒸発してすぐに乾いてしまう、揮発性の高い液体です。 そして、燃えるため燃料として使われることがあるでしょう。 ちなみに、燃えた時には青白く見えにくい色の炎になります。 また、燃えても悪臭やすすを出しません。 エタノールの原料 エタノールには2種類の原料があります。 発酵エタノール 発酵エタノールは糖質とでんぷん質で作られたエタノールです。 ちなみに、糖質の原料は糖蜜やさとうきびであることが多いでしょう。 また、でんぷん質の原料はトウモロコシやさつまいもなどであることが多いでしょう。 合成エタノール 合成エタノールとは石油から得ることができるエチレンを原料とするエタノールのことです。 エタノールの種類 消毒用エタノール 消毒用エタノールは文字通り、消毒を行うためのエタノールでドラッグストアなどに売っていることが多いでしょう。 そして、肌に直接使用するものについては医薬品の指定を受けていることも多いです。 ちなみに、消毒用のエタノールはエタノールと水だけでできているものと、他のアルコール類も含まれているものに分けられます。 まず、エタノールと水だけでできているものは一応飲むことができるので、酒税がかかり、少し値段が高めです。 なぜなら、酒税がかかる条件はアルコール濃度が1%以上であり、かつ飲むことができるというものだからです。 ただ、消毒用のエタノールを飲むと食道や胃などが荒れてしまうので、あまりおすすめはできません。 次に、エタノールと水だけでなく、他のアルコール類が入っているものは飲むことができないので、酒税はかかりません。 ちなみに、含まれているアルコール類はイソプレパノールであることが多いでしょう。 そして、これが入っているものは消毒用エタノールIPとして発売されていることが多いです。 ちなみに、このタイプの消毒用エタノールは傷口などには使うことができないので注意が必要です。 手指消毒用エタノール 手指消毒用エタノールの代表としては手ピカジェルがあげられます。 エタノールは蒸発する時に肌の油を奪ってしまうので頻繁に使用すると肌が荒れてしまいます。 しかし 手指消毒用のエタノールにはそれを予防するための保湿成分が入っています。 ちなみに、これは医薬品ではないため多少の不純物が含まれていると考えられますが、日常で手指に使う分には問題ないでしょう。 無水エタノール 無水エタノールとは、水が含まれていないタイプの純粋なエタノールです。 これは精密機械など、水に触れるとよくないものの洗浄に使われます。 エタノールはすぐに蒸発するため、精密機械への影響がないのです。 また、自家製の化粧水を作る時にも使われます。 これは飲用不可ではないため酒税がかかり、なおかつ純度の高いエタノールであるため、値段はかなり高いです。 キッチンなどの掃除用エタノール これは肌などに使うものではないため、純度の基準が厳しくなく、お手頃な価格で手に入れることができます。 ちなみに、 エタノールの濃度が80%の時、一番消毒の効果が高いので、掃除用エタノールを買う際にはエタノール濃度が80%に近いものを買うのがおすすめです。 そして、このタイプのエタノールに他の用途はありません。 「アルコール」とは アルコールは広い意味ではエタノールを含むアルコール類の総称のことです。 そして、アルコール類にはエタノールのほか、メタノールやイソプレパノールなどが含まれます。 ただ、 一般的にはエタノールを指していることも多いです。 ここからはメタノールとイソプレパノールの詳細について解説していきたいと思います。 メタノール メタノールとはアルコールの一種で、メチルアルコールと呼ばれることもあります。 これは体に害があるため他の用途には適していません。 そして、 毒物劇薬取締法で劇物として指定されています。 純粋なメタノールだと30g~100gほどが致死量になります。 ただ、この量を超えなければいいというわけではありません。 メタノールは神経に作用するので致死量に達していなくても失明したり、嘔吐したりする危険性があるのです。 そして、メタノールはランプの原料として用いられることが多いでしょう。 イソプレパノール イソプレパノールはアルコールの一種で、強力な消毒剤などに用いられます。 まとめ 以上、この記事では、「エタノール」と「アルコール」の違いについて解説しました。

次の