オークス 2020。 【オークス】AI予想 適性証明済みリリーが接戦制す― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

【オークス2020】予想|高速馬場対応可能な馬が上位台頭する

オークス 2020

着 順 枠 番 馬 番 馬名 性齢 負担 重量 騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり 3F 通過順 1 2 4 牝3 55. 0 栗 466 0 2. 4 1. 6 1 33. 5 7 34. 6 クビ 60. 5 13 34. 0 栗 474 -4 2. 8 8 33. 0 美 422 -2 2. 6 14 33. 0 美 462 -4 2. 9 クビ 249. 9 17 33. 0 栗 468 -2 2. 9 クビ 13. 1 4 34. 0 美 476 -2 2. 0 クビ 37. 4 10 34. 0 栗 430 -8 2. 4 6 33. 0 美 434 -6 2. 1 アタマ 51. 2 12 34. 0 栗 460 -8 2. 1 ハナ 5. 9 2 33. 0 栗 456 -4 2. 9 15 34. 9 5 34. 0 栗 424 -10 2. 6 16 35. 0 栗 440 -2 2. 0 3 35. 8 クビ 36. 3 9 35. 0 栗 478 -2 2. 1 2 51. 1 11 35. 0 美 402 -4 2. 6 18 34. 3 - 11. 1 - 12. 0 - 12. 3 - 12. 1 - 12. 7 - 13. 0 - 12. 6 - 12. 1 - 11. 2 - 11. 2 - 11. 8 前半 12. 3 - 23. 4 - 35. 4 - 47. 7 - 59. 8 後半 58. 9 - 46. 3 - 34. 2 - 23. 0 - 11. 8 土曜日の東京芝のレース結果、近年のオークスの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。 予想の際にお役立てください。 この中間は月曜日から水曜日にかけて、まとまった降雨があり、金曜日の明け方にも少量の雨が降った。 だが、その後の天気に恵まれたことや、気温の上昇も手伝って、土曜日の芝コースは良馬場(JRA発表)でスタートした。 土曜日の結果をみると、枠順こそ内~中枠が優勢の反面、これまでのスピード決着に伴う馬場の酷使に加え、先週の雨中開催によるダメージもあってか、内ラチ近くを運ぶ馬の勢いが衰えつつある様子。 対照的に直線で中~外めに出した馬の好走頻度が高まっている。 馬群が未だ内中心に回っていることを踏まえると、レースが重なるにつれ、内と中~外の状態差が拡大する可能性もある。 となれば、日曜日は前日に増して、直線で中~外めへ進路をとる馬に有利な状況と化すかもしれない。 枠順についても同様で、真ん中より外の2ケタ馬番に対する意識を強めたほうがいいのではないか。 血統面については、近5年のオークスを振り返ると、父方ではディープインパクトが3勝、2着1回、3着2回と断然の存在。 後継種牡馬を含めた系統産駒には徹底マークが必要だ。 また、大系統に視点を向けると、父もしくは母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の活躍が目立つ。 条件を満たす馬には十分な注意を払いたい。 ただ、今回のメンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。 もうひとつフィルターをかけて、近5年の2着以内10頭のうち9頭を占める、近2走内にオープンクラスで勝利経験のある馬に的を絞りたい。 いずれも4番人気以下の伏兵で、配当妙味は十分にある。 この3頭のうち最低1頭が馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのもひとつの手だ。 日曜日に行われるオークスの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。 予想の際にお役立てください。 反応を確かめる程度の内容ながら、頭を低く保って歯切れのいい身のこなしを見せた。 しまいにかけて、少しバランスを崩す場面もあったが、許容範囲の類。 及第点のデキにある。 道中はしっかりと折り合いをつけ、しまいはサッと伸ばすメリハリの利いた内容。 頭の位置は高めだが、それほど追っていない割にスピード感はある。 いい仕上がり具合ではないか。 しまい重点の内容だったが、馬が我慢できないのか、頭が高く首の使い方もイマイチ。 脚取り自体は悪くないものの、もう少し落ち着きが欲しい印象を持つ。 折り合い重点の軽めのメニュー。 気配は地味だが、そもそも稽古映えしないタイプ。 リラックスしてリズム良く運んでいる様子から、問題は少ないものと思われる。 好調維持と判断したい。 相手のザダルが掛かり気味だったこともあり、ゴール前では体勢不利も、楽な手応えで間もなく盛り返した。 オンとオフの切り替えができている点や、ザダルの圧に屈しなかったことは高く評価できる。 前回以上のデキとみていい。 首でリズムをとれているし、蹴り込みも力強い。 その一方で、頭の位置が高く前肢の動きも硬め。 速いタイムこそ出ているが、レースで大幅な変わり身となるとどうか。 積極的には手が出ない。 やや前肢が浮き上がるような走りではあるが、気合い乗りは悪くなく、制御もしっかり利いている。 持ち味のしぶとさを生かせるようなら、面白い存在になるかもしれない。 頭を低く保っている点は評価できるが、コーナーを回る際の手前が逆で、直線に入ると最後まで右手前。 どうも常識にかからないところがある。 一気に距離が延びる今回は、期待よりも不安のほうが大きい。 マルターズディオサ、ウインマリリンとほぼ並んで直線へ。 しまい促すも2頭に後れをとってしまった点はいただけない。 現状維持の範囲内という感が強く、上位争いまではどうか。 意図的に手前を替えさせず、時計を抑える内容。 それでいて最後まで脚いろは衰えず、ラスト2Fは25秒1-12秒2。 僚馬をアッサリ突き放した。 弾力性に富んだフットワークは光るものがある。 いい雰囲気で本番を迎えることができそうだ。 頭が高く首の使い方も今ひとつ。 加えて、前肢の捌きが硬く、なかなかスピードに乗り切れないように映る。 距離延長自体は歓迎だろうが、G1で上位争いに絡むには、展開や馬場など何らかの恩恵がほしい。 僚馬と歩調を合わせる折り合い重点の内容。 首を上手に使って、リズム良く駆け上がった。 攻め巧者なので過度の評価はできないが、気配は決して悪くない。 良い意味での平行線だろう。 鞍上が抑えていたこともあるにせよ、前肢の動きが硬く、見映えは今ひとつ。 しまいの伸びも平凡で、復調途上の感は否めない。 今回も厳しい戦いになりそうだ。 四肢の可動域こそマズマズだが、全体的に硬さが残っているように映る。 それもあってか、伸びそうで伸びきれない印象。 大きな期待をかけるのは酷かもしれない。 ハミ受けが良く、手前の切り替えもスムーズ。 以前に比べると走りに安定感が出てきた。 とはいえ、加速に時間を要する点は相変わらず。 よほどの展開利がないと、出番は回ってこないのではないか。 3頭並んで直線に入り、外のマルターズディオサにやや優勢、内のインターミッションに先着する形でゴールした。 前膝を効果的に使った走りをみるにデキ落ちはなさそう。 いい状態をキープしている。 軽く促すとマズマズの反応を示し、真ん中のウインマリリンに対してはやや体勢不利も、内のインターミッションには先着を果たした。 少しハミの当たりが硬いように映るが、脚元の動きは悪くない。 力を出せる態勢とみる。 直線はクビ差ほどの追走から、じっくりと折り合いをつけ、ほぼ並んでゴール。 その後は前に出た。 軽い内容ながら、柔らかい身のこなしと、弾むようなフットワークは目を引くものがある。 好仕上がり。 また、2012年ジェンティルドンナ(2分23秒6)、2019年ラヴズオンリーユー(2分22秒8)、とオークスのレコードタイムを更新しているのもディープインパクト産駒であり、昨今の高速馬場を鑑みても最右翼と言えるだろう。 ほか、近年はKingmambo(=Monevassia)の血を引く馬も活躍が目立ち、2019年ラヴズオンリーユー、2018年アーモンドアイ&リリーノーブル、2017年モズカッチャン、2016年チェッキーノ、と4年連続で連対中だ。 母は2014年に仏1000ギニー-仏G1、仏オークス-仏G1を制したフランスの牝馬クラシック2冠馬で、母が仏オークス勝ち馬といえば2017年ソウルスターリングを挙げられる。 同じ友道厩舎の管理馬として出走したヴィルシーナとも配合がよく似ており、最少キャリアVの偉業を成し遂げても何ら不思議ないポテンシャルは秘めていそうだ。 父は東京芝2400mで行われた2014年ジャパンCの勝ち馬で、2013年日本ダービーでも2着とコース相性は折り紙付き。 なお、母の父がKingmambo直仔であることから近年のトレンドも抑えている。 桜花賞の内容から世代屈指の実力は示しており、距離延長にも不安はないだけに初の関東圏への輸送を熟せれば。 Greeley)。 全兄にマウントロブソンやポポカテペトルがいる血統で、母はクロフネの半妹。 自身は今年のクイーンCを制しているが、直近の同重賞勝ち馬ではクロノジェネシスやアドマイヤミヤビがオークスでも好走しており、2頭においてはいずれも母の父がクロフネで、ディープインパクトの3代母Highclereの血を引くなど血統的な共通点も多い。 2代母Path of Thunderは、2000年BCディスタフ-米G1など重賞を7勝したSpainの全妹。 母の父Storm Cat系は昨年ワンツー決着を果たしている勢いがあり、桜花賞で善戦していた父の産駒はオークスでも好走している強みがある。 前走は3~4角で挟まれて位置取りが悪くなる不利があったことを思えば前進の余地もありそうだ。 (文・シンヤカズヒロ) 2012年の優勝馬ジェンティルドンナ 3歳牝馬のみに出走が許される、うら若き乙女たちによる頂上決戦。 牝馬クラシックの2冠目にあたり、全馬ほぼ未経験となる2400mの距離で世代トップの座を争う。 勝ち馬の多くはその後も活躍し、第40回(1979年)のアグネスレディー、第44回(1983年)の、第54回(1993年)の、第57回(1996年)の、第66回(2005年)のなど、競走馬としてはもちろんのこと、引退後の繁殖牝馬として成功を収めた名牝が多数誕生している。 2010年に行われた第71回は、とによるJRA史上初のG1同着決着となり、場内が騒然となった。

次の

【オークス2020】予想|高速馬場対応可能な馬が上位台頭する

オークス 2020

全国の競馬ファンの皆さんおはこんばんにちは。 サイン派競馬ブロガーの鳩胸男です。 ダービーがどの様な形で行われようと競馬ファン、ジョッキーや関係者それぞれその人だけのダービーがあります。 そしてレースが終わった後のそれぞれの気持ちは不思議と一致し、ダービー馬とダービージョッキーを祝福している。 本当に素晴らしいですよね。 馬券の結果に関わらず、何とも言えない緊張感から解放されてホッとしているからか、皆同じ様なドラマの終わり方になる。 この特別な時間を味わうために、日本ダービーまでのこの時間を予想に費やす訳なんですよ。 毎年同じセリフですがダービーまでのこの2週間はホンマに仕事になりまへん。 今年はバシバシ宣伝してサインたっぷりな感じで、サインが溢れて溺れかけてますけど先使いの情報の見分けだけはしっかりとやっていくマン。 まずは牝馬の2冠目オークスでございます。 もうとりあえず一頭コレちゃう?ってお馬さん発表したいくらいドンピシャなお馬さんが現れたんですけどね。 ツイッターで単勝予告でもしましょうか。 大胆な戦法。 間違いなくダービーで使われるネタではなくて、先使いである事。 オークスで使われるネタとしてもちょっとショボいでしょ。 サンクテュエール買わせようとしてる? 厩務員さんがみんな黒帽子。 みんな輪になっているって事。 2枠のデアリングタクトを買わせようとしてる? 突如としてアップされたウィークエンドメモリーズという動画。 オークス篇とあるのでオークスも視野に入れつつ、平安ステークスも視野に入れつつ。 動画の内容は、ゆけ!を4回発する人達がいて1番のお馬さんが先頭。 結果が分からないが、4番、6番、最後10番が交わそうとする感じ。 行けっ!ではなくゆけっ!というのも気になりますが。 英語で言うと、ゴー!ですからまずは平安ステークスのゴールドドリームとダンツゴウユウの結果次第って感じでしょうか。 ゴールドドリームとダンツゴウユウが飛んだ場合、オークスで使われるネタと判断していいでしょう。 [配置サイン] 競馬ラボ様からチョイスさせていただきました。 この見やすい枠順。 鳩胸男があみ出した配置サインを使って怪しいお馬さんを探していく。 今記事の目玉と企画していたのですが。 さぁいつも鳩胸男の配置サインを見てくれているあなたなら分かるでしょう。 今回の配置サインは激ヤバでっせ! 難しすぎて訳がわかりません。 同系馬主&生産牧場並び 1枠1番デゼル 社台&社台 8枠18番サンクテュエール キャロット&ノーザンファーム 同枠同生産牧場並び 3枠5番ホウオウピースフル ノーザンファーム 3枠6番リアアメリア ノーザンファーム 同枠同系馬主並び 4枠7番ウインマイティー ウイン 4枠8番スマイルカナ 岡田繁幸 同厩舎並び 5枠10番ミヤマザクラ 藤原厩舎 6枠11番リリーピュアハート 藤原厩舎 同枠同馬主並び 6枠11番リリーピュアハート 社台 6枠12番マジックキャッスル 社台 同系生産牧場並び 5枠10番ミヤマザクラ ノーザンファーム 6枠11番リリーピュアハート 社台ファーム 6枠12番マジックキャッスル 社台ファーム 同枠同生産牧場並び 7枠14番フィオリキアリ ノースヒルズ 7枠15番チェーンオブラブ ノースヒルズ 同枠同厩舎並び 8枠16番ウインマリリン 手塚厩舎 8枠17番マルターズディオサ 手塚厩舎 やはり見たところ、間違いなく社台系の運動会!とまではいかなそうですが枠の両端にしっかりと社台系の主要ジョッキーが配置されてます。 個人的には岡田旋風は終わってほしくないので、岡田系も今回は応援しているんですけどね〜。 [今週の注目記事] それでは参考にしてみて下さい! ボアソルチ.

次の

オークス2020サイン考察

オークス 2020

全国の競馬ファンの皆さんおはこんばんにちは。 サイン派競馬ブロガーの鳩胸男です。 ダービーがどの様な形で行われようと競馬ファン、ジョッキーや関係者それぞれその人だけのダービーがあります。 そしてレースが終わった後のそれぞれの気持ちは不思議と一致し、ダービー馬とダービージョッキーを祝福している。 本当に素晴らしいですよね。 馬券の結果に関わらず、何とも言えない緊張感から解放されてホッとしているからか、皆同じ様なドラマの終わり方になる。 この特別な時間を味わうために、日本ダービーまでのこの時間を予想に費やす訳なんですよ。 毎年同じセリフですがダービーまでのこの2週間はホンマに仕事になりまへん。 今年はバシバシ宣伝してサインたっぷりな感じで、サインが溢れて溺れかけてますけど先使いの情報の見分けだけはしっかりとやっていくマン。 まずは牝馬の2冠目オークスでございます。 もうとりあえず一頭コレちゃう?ってお馬さん発表したいくらいドンピシャなお馬さんが現れたんですけどね。 ツイッターで単勝予告でもしましょうか。 大胆な戦法。 間違いなくダービーで使われるネタではなくて、先使いである事。 オークスで使われるネタとしてもちょっとショボいでしょ。 サンクテュエール買わせようとしてる? 厩務員さんがみんな黒帽子。 みんな輪になっているって事。 2枠のデアリングタクトを買わせようとしてる? 突如としてアップされたウィークエンドメモリーズという動画。 オークス篇とあるのでオークスも視野に入れつつ、平安ステークスも視野に入れつつ。 動画の内容は、ゆけ!を4回発する人達がいて1番のお馬さんが先頭。 結果が分からないが、4番、6番、最後10番が交わそうとする感じ。 行けっ!ではなくゆけっ!というのも気になりますが。 英語で言うと、ゴー!ですからまずは平安ステークスのゴールドドリームとダンツゴウユウの結果次第って感じでしょうか。 ゴールドドリームとダンツゴウユウが飛んだ場合、オークスで使われるネタと判断していいでしょう。 [配置サイン] 競馬ラボ様からチョイスさせていただきました。 この見やすい枠順。 鳩胸男があみ出した配置サインを使って怪しいお馬さんを探していく。 今記事の目玉と企画していたのですが。 さぁいつも鳩胸男の配置サインを見てくれているあなたなら分かるでしょう。 今回の配置サインは激ヤバでっせ! 難しすぎて訳がわかりません。 同系馬主&生産牧場並び 1枠1番デゼル 社台&社台 8枠18番サンクテュエール キャロット&ノーザンファーム 同枠同生産牧場並び 3枠5番ホウオウピースフル ノーザンファーム 3枠6番リアアメリア ノーザンファーム 同枠同系馬主並び 4枠7番ウインマイティー ウイン 4枠8番スマイルカナ 岡田繁幸 同厩舎並び 5枠10番ミヤマザクラ 藤原厩舎 6枠11番リリーピュアハート 藤原厩舎 同枠同馬主並び 6枠11番リリーピュアハート 社台 6枠12番マジックキャッスル 社台 同系生産牧場並び 5枠10番ミヤマザクラ ノーザンファーム 6枠11番リリーピュアハート 社台ファーム 6枠12番マジックキャッスル 社台ファーム 同枠同生産牧場並び 7枠14番フィオリキアリ ノースヒルズ 7枠15番チェーンオブラブ ノースヒルズ 同枠同厩舎並び 8枠16番ウインマリリン 手塚厩舎 8枠17番マルターズディオサ 手塚厩舎 やはり見たところ、間違いなく社台系の運動会!とまではいかなそうですが枠の両端にしっかりと社台系の主要ジョッキーが配置されてます。 個人的には岡田旋風は終わってほしくないので、岡田系も今回は応援しているんですけどね〜。 [今週の注目記事] それでは参考にしてみて下さい! ボアソルチ.

次の