フォグ ゲーミング。 SEGAの「フォグゲーミング」は“アーケードの救世主”となるか? 海外メディアからは賛否両論|Real Sound|リアルサウンド テック

西川善司、セガのフォグゲーミングを語る #backspacefm 345

フォグ ゲーミング

セガの新クラウドゲーミングサービス「フォグゲーミング」を発表しました。 ファミ通最新号からのセルカン・トトが報じたところによると、この新サービスは「Fog Gaming」と呼ばれており、業務用ゲーム機のCPUやGPUを利用してコストを削減し、超低遅延を実現するという。 セガは 日本のローカルアーケードやゲームセンターを、実質的にサーバーファームとして利用して、低遅延のゲームストリーミングサービスを作ろうとしているようです。 クラウドからストリーミングするのではなく、ローカルのゲームセンターのCPUやGPUからストリーミングすることで、パフォーマンスを向上させるという考え方です。 そして、 アーケード側では、店のオーナーは、店が開いていなくても自分のマシンを使ってお金を得ることができるということになります。 これは、、興味深いアイデアですが、もしあなたがクロスブランドの超大作発表を期待していたとしたら、これは間違いなくそうではなく、私には 古いブランドが新たな関連性を模索しているように見えてしまいます。 Article now with info: — yes, "Fog Gaming" is the "scoop" — Sega will use arcades in Japan as the technical backbone — CPUs and GPUs housed in arcade machines are mentioned specifically — ultra-low latency is touted — commercial idea is to use arcades outside business hours — Dr. serkantoto セガの「Fog Gaming」については、今のところ他に情報が出ていないので、ゲームセンター以外でもアーケードゲームを楽しめるようになるのか、それともライブラリが充実してくるのか、まだはっきりしたことはわかっていません。 欧米ではアーケードゲームが日本ほど普及していないことを考えると、北米やヨーロッパではFog Gamingは見られないかもしれません。 数時間前、セガはでコンソールの製造に多少なりとも復帰していることも確認しました。 このコンソールは日本向けにのみ発表されており、10月6日に発売されます。 クラウドサーバーではなく、店舗に置くことで、店のオーナーは営業時間外でも収益を得られるシステムらしいです。 しかし、正直なところ、海外ではアーケードが日本ほど市場があるわけではなく、西川氏の事前予告での「ゲーム業界を揺るがす」スクープという期待値からすると、記事の文にもある通りちょっと拍子抜けしたリアクションが多いようですw 西川氏の予告がちょっとオーバーに煽り過ぎた感は否めませんね。。 私も、アーケードはもう10数年以上は行っておらず、コンソールやPCが主軸な事もあって、正直ちょっと拍子抜けした感はありますw とりあえず、速報でした。 🔚 映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。 東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。 現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9. 1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。 映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのPanasonicの43インチ4K TVで検証しています。 様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。 尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質4KゲームプレイやPCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。 youtube.

次の

「フォグゲーミング」「Googleが買収」「マイクロソフトと提携」SEGAの気になる噂まとめ

フォグ ゲーミング

6月4日に発売された週刊ファミ通に、「セガがフォグゲーミングを研究中」とのコラムが掲載された。 フォグゲーミングはセガがアーケード向けに開発している新サービスということだが、著者はかれこれ20年以上、アーケード界隈で仕事を続けており、そのトレンドは昔も今も常日頃から追い続けている、しかし、このフォグゲーミングの情報はまったくつかんでいなかった。 そのフォグの役割を果たすのが、図のように全国各地にあるゲームセンターに設置された、セガ製アーケードゲームに使用されているシステム基板、すなわちPCであり、これをサーバーとして活用しようという構想だ。 そもそも、なぜセガはフォグゲーミングのシステム、およびサービスの研究を進めているのか。 フォグゲーミングの中身に迫るべく、さっそくセガに直接取材を試みたところ、その結果判明したのは、発表するには時期尚早の、開発中どころか、まだ基礎研究レベルのサービスであり、具体的な内容を語れる段階にないということだ。 今回の取材では、フォグゲーミングに対する基本的な質問に加えて、筆者自身経験のあるオペレーターサイドの質問も多数用意して取材に臨んだが、現時点では満足のいく回答は得られなかったという点は最初にお断りしておきたい。 本稿では、セガからなんとか回答が得られた範囲内でフォグゲーミングを解説してみたい。 ゲームセンターの設備を活用した新しいオンラインサービス フォグゲーミングとは、いわゆるクラウドゲームの一種だ。 現在さまざまなメーカーがクラウドゲームのサービスを行なっているが、運営するにあたっては2つの課題がある。 まず1つ目がコスト。 クラウドゲーミングのサービスを提供するためには、データセンターと契約するか、クラウドサービスを提供している会社と契約し、その一部を借りる必要があるが、クラウドゲーミングのためだけにデータセンターを常時利用するのは非常に大きなコストがかかり、ビジネスとして成立させるハードルが高い。 2つ目の課題がネットワーク上の遅延だ。 1ミリセカンドは1,000分の1秒)、ゲームで言えば数フレームの遅延が発生するとみられ、これではアクション性の高いゲームをクラウドゲーミング上で提供するのはかなり難しい。 事実、とあるネットワークゲームの開発者から、「最初からクラウドを使用することを前提に開発されたゲームであればいいが、既存のゲームを移植して配信するのは難しい」というお話を伺ったことがある。 現在、GoogleがクラウドゲームサービスStadiaを欧米で展開しているが、自社のGoogle Cloud Platformが使えるという圧倒的なアドバンテージがあり、なおかつAAAタイトルを数多く揃えながらかなり苦戦しているのを見ても、クラウドゲームビジネスが依然としてハードルが高い存在なのは明らかだ。 昨今は5GやWi-Fi6など、ユーザーに近い部分でネットワークの遅延をできるだけ減らす技術は出てきているが、そもそもクラウドゲーミングで発生する遅延はそのほとんどがインターネット上で起こっており、たとえ5Gで基地局までの通信遅延が小さくなったとしても、結局基地局からデータセンターまでの通信遅延は残ってしまうのだ。 それらに対する解決策の1つがセガのフォグゲーミングとなる。 セガは全国のゲームセンターに多数のアーケードゲーム機を提供しているが、それらのゲーム機の中には最新のGPUが搭載されたシステム基板が使用されている。 フォグゲーミングは、店舗の客がそれほど多くない午前中や、営業していない深夜などの空いた時間を使って、アーケードゲームのGPUを活用することにより、先の2つの課題を解決しようというものだ。 冒頭でも紹介したように、フォグゲーミングはまだ研究段階ではあるが、実現する多恵の技術的な障壁は特になく、世の中にある技術と設備の組み合わせで十分に実現できるものだ。 もしフォグゲーミングのサービスが実現すれば、市場のアーケードゲーム機を活用することにより、ユーザーから見て数十キロ以内、レイテンシー(遅延)で言えば数ms以内の場所にあるゲームセンターから、低遅延のサービスを受けることが可能となる。 ちなみにセガのアーケードゲーム機に関するネットワークインフラは、以前のIPv4によるネットワークからIPv6への移行がすでに始まっており、現在では多くの店舗でIPv6への移行が完了している。 その結果、実効速度が約1Gbps、近い将来には10Gbpsに対応できる高品質なネットワーク環境が整備されている。 IPv6なのでピアツーピアの通信もしやすく、ゲーム機からゲーム機へ最短ルートでの通信ができる環境も整っている。 現時点では、まだ基礎研究レベルで、実際の店舗のテストもこれからという段階のようだが、技術面ではそう遠くない時期に、フォグゲーミングを実用化できるインフラが整っていると言えるのである。 システム基板の性能が向上したからこそ可能になったフォグゲーミング ところで、セガのアーケード事業の総本山であるセガ・インタラクティブ(現セガ。 アーケードゲームの開発・販売を行っていた会社。 この戦略は、同じコンテンツを複数のプラットフォームに展開する「マルチプラットフォーム」や、異なるプラットフォーム間をつないで対戦などを行なえるようにする「クロスプラットフォーム」とは異なる考え方で、一つのコンテンツを複数のデバイスで楽しめるようにして、TPOに応じてデバイスごとに異なる楽しみ方ができるというもの。 たとえば、麻雀ゲームの「MJ」シリーズは、アーケードでもスマートフォンでもそれぞれのデバイスにおいて最適化されたコンテンツが提供されていることがその一例だ。 今回の取材でセガの担当者から繰り返し念押しされたが、フォグゲーミングは、まだ技術研究の段階であり、具体的な開始時期やサービス内容などは全く決まっていないということで、ビジネスモデルやサービスの全容など、気になる部分についてはほとんど回答を貰うことができなかった。 だが、もしフォグゲーミングが実現すれば、ゲーセンまで出掛ける時間がないときでも、手元のスマホやPCでゲームが遊べるようになるだけでなく、今まで体験したことのない新たな遊び、あるいはコンテンツサービスが生まれることも十分期待できるだろう。 また、従来のクラウド上では遅延が大きく不可能であったVRやARなども、超低遅延のフォグゲーミングであれば実現の可能性が高まるのではないかと予想される。 さらには車の自動運転やリアルタイムでの翻訳のような、AIの判断に遅延が許されないような分野においても、これまでは端末側でAIを処理することで対応するしかなかったが、フォグゲーミングの超低遅延を活かすことにより、さらに高度なAIの活用方法などが出てくるかもしれない。 今後もフォグゲーミングの続報にはぜひ注目しておきたい。

次の

西川善司、セガのフォグゲーミングを語る #backspacefm 345

フォグ ゲーミング

その前にフォグコンピューティングという技術について 最近一般的に利用されてきている「クラウド」という技術。 リモートワークをしていた人たちは、ここ数ヶ月この技術を活用していたかもしれませんし。 ゲーム業界でも、ゲームストリーミングサービスのために利用されていたりしますよね? このクラウドコンピューティングは、例えば、Googleさんやマイクロソフトさん、Amazonさんなどの大企業がサーバーを抱えていて。 インターネットを通じて、自分の端末からそのサーバーにアクセスしてファイルをやり取りしたり。 そのサーバーで動作しているコンテンツを楽しむことができるというものでしたな。 ネットさえ繋がっていれば、ハードディスクやゲーム機を必要とせずに、どこでもファイルのやり取りやゲームをすることができるわけなのですが。 ただ、そのサーバーにみんなが集中するため、処理スピードが遅くなったり、セキュリティ部分に不安が出てきたりといった問題がありました。 じゃあ、 フォグコンピューティング はというと、フォグ・・・霧ということで、クラウド 雲 よりも近い存在でもあり、雲が 分散する という意味も兼ねた言葉みたいですね。 仕組み的にはクラウドコンピューティングと似ていますが、もっとローカルエリアレベルの距離にサーバーやクライアントを配置する構成となっています。 例えば、Googleさんは海外にあるわけですが、クラウドコンピューティングの場合は、直接Googleさんのサーバーにみんなが一斉につながるのに対して。 そのクラウドコンピューティングの途中・・・例えば、東京都世田谷区の更にA店とB店というお店にそれぞれサーバーを設置して。 また、各々のローカルエリアにサーバーが設置されるため、遅延が殆ど無くなるほか。 じゃあ、セガのフォグゲーミングとは? ということで本題・・・セガさんが、 フォグゲーミング という構想を研究開発しているそうです。 このフォグゲーミングとは、 全国のゲームセンターをクラウドとして転用する という構想だそうで。 ゲームセンターにあるアーケード筐体のCPUやGPUを転用することで、一般的なクラウドゲームよりもコストを抑えることができるほか。 プレイヤーは低遅延で高品質なゲームを遊べるようになるんだとか。 また、ゲームセンターは営業時間は通常のゲームセンターとして。 営業時間外はフォグゲーミングのクライアントとしてお金を稼ぐことができるようになるらしいです! 最近、オンラインゲームが当たり前になったことでゲームセンターが潰れていますが。 概要としては、ファミ通誌面の スペースの関係でわかりにくいところもあったと思うので、少しその補足説明も出来たらと思っています。 ご興味のある方はどうぞ。 いちおう、舞台裏も話せるかも? — 西川善司 zenjinishikawa.

次の