ナウファス。 ナウファス波浪データ

全国港湾海洋波浪観測年報

ナウファス

気象庁保有の観測データについて 気象庁の保有する検潮所や巨大津波計によって観測された津波の情報は、週間地震概況や、で発表されています。 ここでは、津波警報・注意報、津波情報の発表状況や、津波を観測した津波観測施設名、到達時刻、最大波の高さなどが公開されています。 また、平成28年11月22日に発生した福島県沖地震の際のように、暫定結果がで公開される場合もあります。 これらの資料で用いられている気象庁が保有する観測情報は、気象庁地球環境・海洋部海洋気象課海洋気象情報室長宛に、「気象庁保有情報の提供申請書」に、• 提供を受けたい情報の種類・範囲(期間及び地点)• 利用目的• 連絡先 を記載して申請すると電子データを提供して頂けます。 観測点の位置については、国土地理院が運用する海岸昇降検知センターの、もしくは、地震調査研究推進本部が管理するの「検潮・津波観測施設」で確認することが出来ます。 また、申請時には、県単位での指定も可能とのことです。 観測期間は、検潮所(又は巨大津波計)によって異なり、例えば、釧路地方気象台によって管理されているでは、1950年以前の観測記録もあるようです。 具体的には、に電話でお問い合わせ下さい。 インターネット経由でオンラインでデータをリクエストする窓口はありません。 申請様式などを電子メールでお送りいただけます。 なお、これらのデータの申請先は、気象庁地震火山部ではありませんので注意が必要です。 また、データの取り扱い(二次配布の許諾など)については、都度ご確認下さい。 ナウファス(全国港湾海洋波浪情報網:NOWPHAS) 国土交通省港湾局・各地方整備局・北海道開発局・沖縄総合事務局・国土技術政策総合研究所および港湾空港技術研究所によって構築・運営されている沿岸の波浪情報網の観測データ 全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)波浪観測データについて は,国土交通省港湾局・各地方整備局・北海道開発局・沖縄総合事務局・国土技術政策総合研究所および港湾空港技術研究所によって構築・運営されている沿岸の波浪情報網で,有義波実況,周期帯波浪実況,潮位実況,毎分沖平均水面のリアルタイムデータが提供されています.古くは,1970年の観測データが公開されています。 例えば,青森東岸沖の毎分平均海水面(沖合)リアリタイムデータは,で見ることが出来ます。 「過去データ」からがダウンロードできます。 その他,もダウンロードできるが,20分間隔で津波解析には不適であるため,別途申請手続きを行う必要があります。 申請先:国土交通省 港湾局 技術企画課 技術監理室長 申請内容:• データ使用目的• データの提供を受ける観測地点と期間 この時,GPS波浪計,USW,湾内の潮位計を区別すること。 提供データ ナウファスのGPS波浪計、海象計、USW及び潮位計で観測された波高(海面高)の生データ(1秒または0. 5秒サンプリング)• 提供データの使用・公表について• 連絡先(氏名,所属,電話番号,メールアドレス) 連絡先: 申請様式等は,まで電話でお問い合わせ下さい。 その他,利用条件等は,ホームページや利用申請書を利用者で責任を持って確認して下さい。 国土地理院 国土地理院が保有する験潮場で観測された潮位データ 国土地理院潮位データについて 国土地理院が保有する験潮場で観測された津波の情報の一部は気象庁に提供され、地震・火山月報(防災編)などで発表されています。 これらの資料で用いられている。 国土地理院が保有する観測情報は、国土地理院のからダウンロード出来ます。 観測潮位もしくは、TP換算潮位が指定可能で、任意の日付(1日分)の30秒毎の潮位データをダウンロード出来ます。 最も古い観測点は、宮崎県の細島と石川県の輪島で、1894年1月に開設されているが,オンラインで指定できるのは2006年1月以降となっている。 ダウンロードした輪島の2016年1月(1ヶ月間)の観測記録の例 海上保安庁 日本海洋情報センター(海上保安庁・海洋情報部)の観測データ 海上保安庁保有の観測データについて 日本海洋情報センター(海上保安庁・海洋情報部) URL: (日本語) (英語) 2つのデータ提供システム ・オンラインデータ提供システム: J-DOSS URL: 日本近海域での水質・流速観測等の多種多様な観測情報を収録 ・NEAR-GOOS 遅延モードデータベース RDMDB URL: 海上保安庁の検潮所の30秒潮位観測データは、遅延モードデータベースにて公開。 1ファイル1月分のデータとして収録。 jodc. html へ移動 2 初めて使用する場合、ユーザー登録を行う。 メールアドレス,所属機関,氏名,電話番号,利用目的を記入。 3 再びデータ取得ページに戻り、登録した e-mail アドレス入力し、データ取得ボタンを押下 4 データ検索は3通り。 データ収録期間(年月): 特定の年月の複数の項目のデータをまとめて取得可能 データ種別: 観測項目を1つ選び、対象年月のデータを選択。 複数地点の潮位観測データを同時にまとめて取得できない。 旧データ種別:津波関連で該当するデータはなし。 5 項目にチェックを入れてダウンロードを押下すると、データ利用申し込みフォームが表示され、利用目的・所属機関の種類を選択。 (機関名・メールアドレスは任意入力)2回目以降は、フォームの入力は省略。 DART アメリカ海洋大気庁(NOAA)が構築した海底水圧計ネットワークの観測データ DART Deep-ocean Assessment and Reporting of Tsunamis データについて は, NOAA National Oceanic and Atmospheric Administraion's PMEL Pacific Marine Environmental Laboratory が構築した海底水圧計ネットワーク。 から必要な観測点をクリックし,期間を入力すれば水圧(水深)データが得られる。 最新の観測点位置などのメタデータは,で確認できる。 古い観測点(例えば,)は,2006年からデータが提供されている観測点もある。 通常は,15分毎のデータ(7カラム目が1)が提供されている.トリガがかかると,1分もしくは15秒サンプルのデータが提供される。 図は,2016年3月2日12時49分48秒(UTC)にスマトラ島沖で発生した M7. 8の地震時のインド洋のの記録。 平常時は青点の15分間隔のデータが記録されており, 何かイベントが発生すると,遡って1分間隔(緑腺)のデータが提供される.もっと変化が激しい時間帯は15秒間隔のデータ(赤)が提供される。 津波痕跡データ 津波痕跡データベース 東北大学災害科学国際研究所および原子力規制庁が整備を進めている日本沿岸の津波痕跡高および津波堆積物のデータベースであり、「津波痕跡高情報」と「津波堆積物情報」で構成される 津波痕跡データベースについて は、 東北大学災害科学国際研究所および原子力規制庁が整備を進めている日本沿岸の津波痕跡高および津波堆積物のデータベースであり、 「津波痕跡高情報」と「津波堆積物情報」で構成されています。 は、 既往文献に収録された既往津波の痕跡高(浸水高、遡上高、浸水深など)を整理したデータベースであり、 国内の津波痕跡高の情報をほぼ網羅しています。 データはWeb-GIS上で表示出来るとともにダウンロードが可能となっています。 また、データには津波専門家の精査により独自にデータの信頼度が付与されており、使用目的に応じたデータの抽出が可能です。 は、 既往文献に収録されたイベント堆積物の情報を整理したデータベースであり、 津波痕跡高情報と同様にWeb-GIS上で表示出来ます。 津波堆積物情報のデータベースは2017年8月に公開されましたが、公開時点では主に2011年までに出版された査読付き文献のデータが掲載されています。

次の

海象情報研究グループ

ナウファス

海象情報研究グループは、全国港湾海洋波浪情報網 ナウファス で観測された波浪・潮位等の観測データの解析を行っています。 ナウファスで観測されたデータは、気象庁による波浪予報に活用され海の安全に貢献するとともに、蓄積された長期間のデータの統計解析を通じて、港湾・海岸・空港事業の計画・調査・設計・施工をはじめとした、沿岸域の開発・利用・防災に、幅広く活用されています。 メンバー紹介 研究分野 ごあいさつ グループ長 川口浩二 2011年4月から海象情報研究グループのグループ長を拝命しました。 当グループでは、ナウファスで観測された日本沿岸の海象観測データの処理解析という、一見、地味? な研究業務を長年に渡って実施していますが、港湾の仕事に携わる者にとって、波浪などの海象情報は最も重要な情報です。 歴代の偉大な諸先輩方の良いところは真似つつ、新しいことにも取り組んでいきたいと思っています。 主任研究官 田村 仁 主任研究官 藤木 峻 研究員 吉田 勘一郎 主な研究内容 NOWPHASによる日本全国の波浪統計 NOWPHASの波浪計 海象計、GPS波浪計など で観測したデータから全国の各港湾の波浪の出現特性を明らかにしています。 波浪推算による日本沿岸の波浪特性の解明 第3世代波浪推算モデルWAMを用いて日本沿岸の波浪特性を検討しています。 気候変動に伴う海岸・港湾施設に作用する海象外力の変化 確率台風シミュレーションによって気候変動による海象外力の変化を推定し、海岸・港湾施設の安全性に及ぼす影響を検討しています。 研究施設 研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。 お問い合わせ ここからこのページに関連するメニューです.

次の

ナウファスのあゆみ

ナウファス

気象庁保有の観測データについて 気象庁の保有する検潮所や巨大津波計によって観測された津波の情報は、週間地震概況や、で発表されています。 ここでは、津波警報・注意報、津波情報の発表状況や、津波を観測した津波観測施設名、到達時刻、最大波の高さなどが公開されています。 また、平成28年11月22日に発生した福島県沖地震の際のように、暫定結果がで公開される場合もあります。 これらの資料で用いられている気象庁が保有する観測情報は、気象庁地球環境・海洋部海洋気象課海洋気象情報室長宛に、「気象庁保有情報の提供申請書」に、• 提供を受けたい情報の種類・範囲(期間及び地点)• 利用目的• 連絡先 を記載して申請すると電子データを提供して頂けます。 観測点の位置については、国土地理院が運用する海岸昇降検知センターの、もしくは、地震調査研究推進本部が管理するの「検潮・津波観測施設」で確認することが出来ます。 また、申請時には、県単位での指定も可能とのことです。 観測期間は、検潮所(又は巨大津波計)によって異なり、例えば、釧路地方気象台によって管理されているでは、1950年以前の観測記録もあるようです。 具体的には、に電話でお問い合わせ下さい。 インターネット経由でオンラインでデータをリクエストする窓口はありません。 申請様式などを電子メールでお送りいただけます。 なお、これらのデータの申請先は、気象庁地震火山部ではありませんので注意が必要です。 また、データの取り扱い(二次配布の許諾など)については、都度ご確認下さい。 ナウファス(全国港湾海洋波浪情報網:NOWPHAS) 国土交通省港湾局・各地方整備局・北海道開発局・沖縄総合事務局・国土技術政策総合研究所および港湾空港技術研究所によって構築・運営されている沿岸の波浪情報網の観測データ 全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)波浪観測データについて は,国土交通省港湾局・各地方整備局・北海道開発局・沖縄総合事務局・国土技術政策総合研究所および港湾空港技術研究所によって構築・運営されている沿岸の波浪情報網で,有義波実況,周期帯波浪実況,潮位実況,毎分沖平均水面のリアルタイムデータが提供されています.古くは,1970年の観測データが公開されています。 例えば,青森東岸沖の毎分平均海水面(沖合)リアリタイムデータは,で見ることが出来ます。 「過去データ」からがダウンロードできます。 その他,もダウンロードできるが,20分間隔で津波解析には不適であるため,別途申請手続きを行う必要があります。 申請先:国土交通省 港湾局 技術企画課 技術監理室長 申請内容:• データ使用目的• データの提供を受ける観測地点と期間 この時,GPS波浪計,USW,湾内の潮位計を区別すること。 提供データ ナウファスのGPS波浪計、海象計、USW及び潮位計で観測された波高(海面高)の生データ(1秒または0. 5秒サンプリング)• 提供データの使用・公表について• 連絡先(氏名,所属,電話番号,メールアドレス) 連絡先: 申請様式等は,まで電話でお問い合わせ下さい。 その他,利用条件等は,ホームページや利用申請書を利用者で責任を持って確認して下さい。 国土地理院 国土地理院が保有する験潮場で観測された潮位データ 国土地理院潮位データについて 国土地理院が保有する験潮場で観測された津波の情報の一部は気象庁に提供され、地震・火山月報(防災編)などで発表されています。 これらの資料で用いられている。 国土地理院が保有する観測情報は、国土地理院のからダウンロード出来ます。 観測潮位もしくは、TP換算潮位が指定可能で、任意の日付(1日分)の30秒毎の潮位データをダウンロード出来ます。 最も古い観測点は、宮崎県の細島と石川県の輪島で、1894年1月に開設されているが,オンラインで指定できるのは2006年1月以降となっている。 ダウンロードした輪島の2016年1月(1ヶ月間)の観測記録の例 海上保安庁 日本海洋情報センター(海上保安庁・海洋情報部)の観測データ 海上保安庁保有の観測データについて 日本海洋情報センター(海上保安庁・海洋情報部) URL: (日本語) (英語) 2つのデータ提供システム ・オンラインデータ提供システム: J-DOSS URL: 日本近海域での水質・流速観測等の多種多様な観測情報を収録 ・NEAR-GOOS 遅延モードデータベース RDMDB URL: 海上保安庁の検潮所の30秒潮位観測データは、遅延モードデータベースにて公開。 1ファイル1月分のデータとして収録。 jodc. html へ移動 2 初めて使用する場合、ユーザー登録を行う。 メールアドレス,所属機関,氏名,電話番号,利用目的を記入。 3 再びデータ取得ページに戻り、登録した e-mail アドレス入力し、データ取得ボタンを押下 4 データ検索は3通り。 データ収録期間(年月): 特定の年月の複数の項目のデータをまとめて取得可能 データ種別: 観測項目を1つ選び、対象年月のデータを選択。 複数地点の潮位観測データを同時にまとめて取得できない。 旧データ種別:津波関連で該当するデータはなし。 5 項目にチェックを入れてダウンロードを押下すると、データ利用申し込みフォームが表示され、利用目的・所属機関の種類を選択。 (機関名・メールアドレスは任意入力)2回目以降は、フォームの入力は省略。 DART アメリカ海洋大気庁(NOAA)が構築した海底水圧計ネットワークの観測データ DART Deep-ocean Assessment and Reporting of Tsunamis データについて は, NOAA National Oceanic and Atmospheric Administraion's PMEL Pacific Marine Environmental Laboratory が構築した海底水圧計ネットワーク。 から必要な観測点をクリックし,期間を入力すれば水圧(水深)データが得られる。 最新の観測点位置などのメタデータは,で確認できる。 古い観測点(例えば,)は,2006年からデータが提供されている観測点もある。 通常は,15分毎のデータ(7カラム目が1)が提供されている.トリガがかかると,1分もしくは15秒サンプルのデータが提供される。 図は,2016年3月2日12時49分48秒(UTC)にスマトラ島沖で発生した M7. 8の地震時のインド洋のの記録。 平常時は青点の15分間隔のデータが記録されており, 何かイベントが発生すると,遡って1分間隔(緑腺)のデータが提供される.もっと変化が激しい時間帯は15秒間隔のデータ(赤)が提供される。 津波痕跡データ 津波痕跡データベース 東北大学災害科学国際研究所および原子力規制庁が整備を進めている日本沿岸の津波痕跡高および津波堆積物のデータベースであり、「津波痕跡高情報」と「津波堆積物情報」で構成される 津波痕跡データベースについて は、 東北大学災害科学国際研究所および原子力規制庁が整備を進めている日本沿岸の津波痕跡高および津波堆積物のデータベースであり、 「津波痕跡高情報」と「津波堆積物情報」で構成されています。 は、 既往文献に収録された既往津波の痕跡高(浸水高、遡上高、浸水深など)を整理したデータベースであり、 国内の津波痕跡高の情報をほぼ網羅しています。 データはWeb-GIS上で表示出来るとともにダウンロードが可能となっています。 また、データには津波専門家の精査により独自にデータの信頼度が付与されており、使用目的に応じたデータの抽出が可能です。 は、 既往文献に収録されたイベント堆積物の情報を整理したデータベースであり、 津波痕跡高情報と同様にWeb-GIS上で表示出来ます。 津波堆積物情報のデータベースは2017年8月に公開されましたが、公開時点では主に2011年までに出版された査読付き文献のデータが掲載されています。

次の