楽天 モバイル 端末 紛失。 楽天モバイルの解約方法や違約金を徹底解説!SIM返却は必要?

楽天モバイル: お問い合わせ

楽天 モバイル 端末 紛失

楽天が第四のキャリアとしてスタートし、楽天アンリミットという料金プランを発表しました。 料金やサービスも気になるところですが、端末を安心して使えるのかというのもチェックしておくべき項目のひとつ。 スマホを日常使っていると、落としたり水没させたり故障のリスクは常に付きまといます。 電話としての機能だけだったガラケーの時代と違い、スマホがこわれてしまうとデータ通信が利用できなくなったり、キャッシュレス決済ができなくなったり、ネットバンクができなくなったり・・・。 もはや生活がなりたたなくなってしまいます。 そこで、楽天モバイルは端末の故障時に役に立つ スマホ交換保障プラスというオプションがあります 一体どんなオプションなのか? いざという時焦らないように内容をよく確認し、必要な人は必ず加入しましょう。 今回は楽天モバイルの スマホ交換保障プラスの内容について、申し込み方法・利用方法も含めて解説していきます。 Contents• 楽天モバイルの端末補償とは? 前述したとおり楽天モバイルが提供する、端末故障時における保障オプションは 『スマホ交換保障プラス』です。 月額は650円。 一番悩ましいのはこの保障オプションは、端末購入時(新規・機種変更)にしか加入することができないことです。 端末持ち込みで契約したひとは加入できません。 また、端末を購入しても最初に入らなければいけません。 途中から『やっぱオプション入ろう!』ということはできません。 よく補償内容を確認して端末を購入する際は事前にオプション加入するか、しないか決めておきましょう。 スマホ交換保障プラスの内容 では詳しい補償内容を確認していきましょう。 対応は端末の交換でおこなう まず、この保障サービスを利用する場合は端末の修理は行いません。 新品同等の同一機種と交換することが出来るサービスです。 修理での対応は行っていませんので、ご注意ください。 なお、基本的に同一機種での対応になりますが在庫の状況によってはメーカー・型番・色などが希望通りにならない場合もあります。 交換にかかる費用は・・・。 オプションで毎月費用を払っているからといって、故障時端末をタダで交換してもらえるわけではありません。 交換費用として一律6,000円がかかります。 でも交換費用は機種・販売価格には左右されないよ。 どんな機種でも一律6,000円なんだ! 楽天モバイルはミドルスペックと呼ばれる機種の販売が多いですが、なかには10万円をこえるハイスペックなものもあります。 高価な端末であればあるほど、交換サービスを利用した時の差額が大きく得をすることができます。 ハイスペックな端末を購入した場合は加入することをおススメします。 保障の範囲は 故障のときのオプションではありますが、故障だけではなく盗難・紛失した時も保障の対象になります。 なお、盗難・紛失の場合は交換品とともにSIMカードも再発行されます。 SIMカードの再発行手数料として3,000円がかかりますので注意しましょう。 最短で当日のスピード対応 一部関東圏にお住いのかたなら、12時までの受付の場合、最短で当日中に交換品をとどけてくれます。 (東京・神奈川・埼玉・千葉) さらに東京23区内なら4時間で届けてくれる 『4時間スピード配送』というオプションもあります。 別途3,000円費用がかかりますが、とにかく急いでいる!というひとにはもってこいのサービスです。 利用には回数制限あり。 1契約につき年間3回まで対応してくれます。 盗難・紛失の場合は年間2回までの対応となります。 スマホ交換保障プラスの申込方法 申込方法は普通に申し込みを行ったうえで、端末の購入画面でオプションを選択するだけです。 購入する製品を選択して進んでいくと、製品保証・アクセサリーの画面に進みます。 『購入する』を選択して会計にすすみましょう。 冒頭でも紹介しましたが、このオプションに加入できるのは端末を購入した時のみになります。 後になってやっぱり加入したい! というわけにはいきませんので、よく最初に検討する必要があります。 スマホ交換保障プラスの利用方法 きっちり申し込んであれば安心してスマホを利用することができますね。 つづいて実際に故障してしまったときにどのように、スマホ交換保障プラスを利用するのかをみていきましょう。 申込はmy楽天モバイルか電話で 受付は故障・紛失・盗難など事案が発生してから30日以内に申請する必要があります。 申込手段は• my楽天モバイルからWeb上で申し込み• 受付専用電話に連絡 のいずれかになります。 保障対象製品と同等の楽天モバイル指定機種の中から、交換品を選択します。 交換品は宅配便で配送されます。 受け取りはコンビニや指定の宅配ロッカーでも可能です。 スマホ交換保障プラス利用についての注意点 スマホ交換保障プラスを利用する上での注意点を抜粋していくつか紹介します。 端末内のデータ、バックアップについて 端末内に保存されているデータを移行したり、保存したりするのは自己責任です。 楽天モバイル側では一切バックアップ等の対応はしてくれませんので、注意してください。 故障によってはデータを確認したり保存したりすることが出来なくなってしまう場合もありますので、普段からデータのバックアップをこまめにとっておきましょう。 故障した機器の返却期限は? あくまで交換というサービスなので、新しい機種が来たら故障してしまった機器は楽天に送らなければなりません。 (盗難・紛失の場合は除きます。 ) 交換品の受領後14日を経過しても返却がないと違約金として40,000円が請求されます。 メチャクチャ高額なので、かならず期限ないに送りましょう。 セキュリティについて 対象の商品に暗証番号・PINロックなどのセキュリティロックがかかっている場合は、解除してから楽天に送ります。 セキュリティが解除できない場合には交換サービスが提供されませんので、注意してください。 解約について 月の途中でこのオプションを解約した場合は、月額料金が日割りになります。 なお、このオプションは製品に対しての契約なので、楽天モバイルで利用している電話番号を解約しても利用することができます。 電話番号を解約しても請求が続いてしまいますので、不要な場合は電話番号を解約したらオプションも解約しましょう。 結論:オプション加入はしておくべきか? 楽天モバイルのオプション スマホ交換保障プラスについての記事でした。 すべて対応を交換にして、迅速な対応を可能にしたオプションです。 スマホが使えない期間を最短にすることは可能なので、スマホが使えなくなると困るひと、以前に落としたり水濡れで故障させた人など不安がある場合には入っておくと良いかもしれません。 結論オプション加入するべきかどうかは、利用する端末の料金によるでしょう。 高額な端末であればあるほど、オプションを利用した時の費用対効果が大きいオプションです。 ただ、月額650円は結構高額なオプションです。 1回オプションを利用すればかならず6,000円かかります。 この時点で費用は13,800円。 2年間払うと、さらに7,800円で21,600円になります。 楽天モバイルの取り扱い機種では、2万円弱の機種から10万円を超える機種まで取り扱いがあります。 もともともっている機種が2万円弱の機種で、これから使う機種もミドル機種くらいで大丈夫ということであれば、このオプションをずっと払い続けるのは費用として無駄でしょう。 2年間払っても何もなければ、解約してその後は故障などあった場合は新規機種に機種変更してしまったほうがお得です。 私は以前仕事中に雨でスマホが壊れてしまったことがあったので、今回は楽天モバイルでOPPOのRenoA128GBを購入しました。 一括価格35,273円。 10,000円分のポイント還元で実質25,000ほどなので、防水・防塵対応したこの機種で注意して利用していくことで今回オプション加入はしませんでした。 利用する端末の価格・性能を考えながら、オプション加入を判断しましょう!.

次の

楽天モバイル(MNO)への問い合わせ方法

楽天 モバイル 端末 紛失

格安スマホを紛失しても見つかるようにしよう 紛失してしまった場合にも見つけることができるように 紛失用のアプリをONにしておきましょう。 iPhoneの場合はiPhoneを探すアプリが初めから備わっています。 iPhoneを探すアプリをいつもONにしておきましょう。 iPhoneを探すアプリは「設定>iCloud>iPhoneを探す」から設定できます。 その他にGPS機能をONにしておく必要もあります。 Androidの場合は、Androidデバイスマネージャーアプリが備わっています。 「設定>セキュリティ>端末管理機能>Androidデバイスマネージャー」から設定できます。 GPSを使ったGoogle位置情報サービスもONにしておきましょう。 格安スマホを紛失してしまったら? もしも、スマホを紛失してしまったことに気づいたらそのまま探していたのではいけません。 きちんと対処しましょう。 スマホをアプリからロック、GPSを使って探す もしも スマホを紛失した場合は一番にスマホをロックしましょう。 ロックをすることでスマホを勝手に使われることを避けることができます。 スマホのロックはiPhoneを探す、Androidデバイスマネージャーを利用します。 iPhoneを探すを使う場合は、iCloudへパソコンからアクセスします。 失くしたiPhoneを選択して紛失モードを選択するとロックがかかります。 その他にも音を鳴らしたり位置を追跡することもできます。 AndroidスマホはAndroidデバイスマネージャーにパソコンや他のスマホからアクセスしスマホでも使っているGoogleアカウントでログインします。 Androidデバイスマネージャーでは位置情報からスマホを探したり、スマホの着信音を鳴らしたり、スマホをロックしたりすることができます。 警察に紛失届けを出す 近くにないことがわかったらすぐに 警察に紛失届けを出します。 最寄りの警察署まで行って届けを出しましょう。 おサイフケータイを利用している人はサービスを停止する スマホにおサイフケータイを設定している場合やスマホケースに電子マネーカードやクレジットカードを入れている場合はカードを止めます。 すぐに実行してください。 クレジットカードはカード発行会社に連絡します。 おサイフケータイの場合はおサイフケータイに電子マネーサービスが集約されているので使っている電子マネーサービスすべてに連絡を入れます。 楽天Edy WAON nanaco 0570-071-555(ナビダイヤル) 0422-71-2266 モバイルSuica iD 0120-300-360(dカード会員の方) 0120-700-360(dカード GOLD会員の方) 0120-159-360(24時間受付) Quick Pay サイトに「各発行会社まで至急ご連絡ください。 」とあるとおり、紐付けされたクレジットカード会社のコールセンターに連絡する必要があります。 MVNOに連絡して格安SIMの通信を止める なかなか見つからない場合は格安SIM会社に連絡をしてSIMカードの通信を止めます。 契約した格安SIM会社に連絡をいれましょう。 WEBサイトから会員専用メニューでSIMカードをストップすることも可能な格安SIM会社もあります。 ただし、格安SIMの通信を止めてしまうと、スマホからの通信は途絶えてしまうので探すことができなくなります。 ですが、SIMカードを抜かれて別のスマホで電話を使われてしまう危険もあります。 迅速に探して通信をストップする決断も早くしましょう。 mobile 他社の携帯電話、固定電話などから 0120-921-156 Y! mobileの電話から 116 24時間受付 年中無休 My Y! mobileからも手続き可能 IIJmio IIJサポートセンター 0570-09-4400 03-5205-4400 9:00〜19:00 年中無休 会員専用からも手続き可能 BIGLOBEモバイル マイページ「モバイル契約情報」にログインし手続き LINEモバイル カスタマーセンター 0570-087-275 またはメール 10:00〜19:00 年中無休 OCN モバイル ONE 0120-047-860 またはお問い合わせフォーム 10:00〜18:00 年末年始を除く イオンモバイル お客さまセンター 0120-025-260 10:30〜19:30 年中無休 nuromobile 0570-099-041 03-6831-1943 10:00〜18:00 1月1日、2日およびメンテナンス日を除く NifMo niftyカスタマーサービスデスク 0570-03-2210 03-5860-7600 10:00〜19:00 年中無休.

次の

楽天モバイルのsimを紛失した!再発行できる?

楽天 モバイル 端末 紛失

楽天が第四のキャリアとしてスタートし、楽天アンリミットという料金プランを発表しました。 料金やサービスも気になるところですが、端末を安心して使えるのかというのもチェックしておくべき項目のひとつ。 スマホを日常使っていると、落としたり水没させたり故障のリスクは常に付きまといます。 電話としての機能だけだったガラケーの時代と違い、スマホがこわれてしまうとデータ通信が利用できなくなったり、キャッシュレス決済ができなくなったり、ネットバンクができなくなったり・・・。 もはや生活がなりたたなくなってしまいます。 そこで、楽天モバイルは端末の故障時に役に立つ スマホ交換保障プラスというオプションがあります 一体どんなオプションなのか? いざという時焦らないように内容をよく確認し、必要な人は必ず加入しましょう。 今回は楽天モバイルの スマホ交換保障プラスの内容について、申し込み方法・利用方法も含めて解説していきます。 Contents• 楽天モバイルの端末補償とは? 前述したとおり楽天モバイルが提供する、端末故障時における保障オプションは 『スマホ交換保障プラス』です。 月額は650円。 一番悩ましいのはこの保障オプションは、端末購入時(新規・機種変更)にしか加入することができないことです。 端末持ち込みで契約したひとは加入できません。 また、端末を購入しても最初に入らなければいけません。 途中から『やっぱオプション入ろう!』ということはできません。 よく補償内容を確認して端末を購入する際は事前にオプション加入するか、しないか決めておきましょう。 スマホ交換保障プラスの内容 では詳しい補償内容を確認していきましょう。 対応は端末の交換でおこなう まず、この保障サービスを利用する場合は端末の修理は行いません。 新品同等の同一機種と交換することが出来るサービスです。 修理での対応は行っていませんので、ご注意ください。 なお、基本的に同一機種での対応になりますが在庫の状況によってはメーカー・型番・色などが希望通りにならない場合もあります。 交換にかかる費用は・・・。 オプションで毎月費用を払っているからといって、故障時端末をタダで交換してもらえるわけではありません。 交換費用として一律6,000円がかかります。 でも交換費用は機種・販売価格には左右されないよ。 どんな機種でも一律6,000円なんだ! 楽天モバイルはミドルスペックと呼ばれる機種の販売が多いですが、なかには10万円をこえるハイスペックなものもあります。 高価な端末であればあるほど、交換サービスを利用した時の差額が大きく得をすることができます。 ハイスペックな端末を購入した場合は加入することをおススメします。 保障の範囲は 故障のときのオプションではありますが、故障だけではなく盗難・紛失した時も保障の対象になります。 なお、盗難・紛失の場合は交換品とともにSIMカードも再発行されます。 SIMカードの再発行手数料として3,000円がかかりますので注意しましょう。 最短で当日のスピード対応 一部関東圏にお住いのかたなら、12時までの受付の場合、最短で当日中に交換品をとどけてくれます。 (東京・神奈川・埼玉・千葉) さらに東京23区内なら4時間で届けてくれる 『4時間スピード配送』というオプションもあります。 別途3,000円費用がかかりますが、とにかく急いでいる!というひとにはもってこいのサービスです。 利用には回数制限あり。 1契約につき年間3回まで対応してくれます。 盗難・紛失の場合は年間2回までの対応となります。 スマホ交換保障プラスの申込方法 申込方法は普通に申し込みを行ったうえで、端末の購入画面でオプションを選択するだけです。 購入する製品を選択して進んでいくと、製品保証・アクセサリーの画面に進みます。 『購入する』を選択して会計にすすみましょう。 冒頭でも紹介しましたが、このオプションに加入できるのは端末を購入した時のみになります。 後になってやっぱり加入したい! というわけにはいきませんので、よく最初に検討する必要があります。 スマホ交換保障プラスの利用方法 きっちり申し込んであれば安心してスマホを利用することができますね。 つづいて実際に故障してしまったときにどのように、スマホ交換保障プラスを利用するのかをみていきましょう。 申込はmy楽天モバイルか電話で 受付は故障・紛失・盗難など事案が発生してから30日以内に申請する必要があります。 申込手段は• my楽天モバイルからWeb上で申し込み• 受付専用電話に連絡 のいずれかになります。 保障対象製品と同等の楽天モバイル指定機種の中から、交換品を選択します。 交換品は宅配便で配送されます。 受け取りはコンビニや指定の宅配ロッカーでも可能です。 スマホ交換保障プラス利用についての注意点 スマホ交換保障プラスを利用する上での注意点を抜粋していくつか紹介します。 端末内のデータ、バックアップについて 端末内に保存されているデータを移行したり、保存したりするのは自己責任です。 楽天モバイル側では一切バックアップ等の対応はしてくれませんので、注意してください。 故障によってはデータを確認したり保存したりすることが出来なくなってしまう場合もありますので、普段からデータのバックアップをこまめにとっておきましょう。 故障した機器の返却期限は? あくまで交換というサービスなので、新しい機種が来たら故障してしまった機器は楽天に送らなければなりません。 (盗難・紛失の場合は除きます。 ) 交換品の受領後14日を経過しても返却がないと違約金として40,000円が請求されます。 メチャクチャ高額なので、かならず期限ないに送りましょう。 セキュリティについて 対象の商品に暗証番号・PINロックなどのセキュリティロックがかかっている場合は、解除してから楽天に送ります。 セキュリティが解除できない場合には交換サービスが提供されませんので、注意してください。 解約について 月の途中でこのオプションを解約した場合は、月額料金が日割りになります。 なお、このオプションは製品に対しての契約なので、楽天モバイルで利用している電話番号を解約しても利用することができます。 電話番号を解約しても請求が続いてしまいますので、不要な場合は電話番号を解約したらオプションも解約しましょう。 結論:オプション加入はしておくべきか? 楽天モバイルのオプション スマホ交換保障プラスについての記事でした。 すべて対応を交換にして、迅速な対応を可能にしたオプションです。 スマホが使えない期間を最短にすることは可能なので、スマホが使えなくなると困るひと、以前に落としたり水濡れで故障させた人など不安がある場合には入っておくと良いかもしれません。 結論オプション加入するべきかどうかは、利用する端末の料金によるでしょう。 高額な端末であればあるほど、オプションを利用した時の費用対効果が大きいオプションです。 ただ、月額650円は結構高額なオプションです。 1回オプションを利用すればかならず6,000円かかります。 この時点で費用は13,800円。 2年間払うと、さらに7,800円で21,600円になります。 楽天モバイルの取り扱い機種では、2万円弱の機種から10万円を超える機種まで取り扱いがあります。 もともともっている機種が2万円弱の機種で、これから使う機種もミドル機種くらいで大丈夫ということであれば、このオプションをずっと払い続けるのは費用として無駄でしょう。 2年間払っても何もなければ、解約してその後は故障などあった場合は新規機種に機種変更してしまったほうがお得です。 私は以前仕事中に雨でスマホが壊れてしまったことがあったので、今回は楽天モバイルでOPPOのRenoA128GBを購入しました。 一括価格35,273円。 10,000円分のポイント還元で実質25,000ほどなので、防水・防塵対応したこの機種で注意して利用していくことで今回オプション加入はしませんでした。 利用する端末の価格・性能を考えながら、オプション加入を判断しましょう!.

次の