いくよくるよ。 いくよ・くるよのはりきりフライデー

女性漫才師の今いくよさん死去 67歳(1/2ページ)

いくよくるよ

いくよ・くるよのはりきりフライデーは、のである。 4月からまで883回にわたり放送されていた。 放送時間は、金曜日の朝7:30-12:00であった。 コンビのを中心にKBSアナウンサーのらと共に番組を進行していた。 9時台の『パンチみつおの不幸自慢』はタレントのが担当するコーナーだが、肝心のところをいくよ・くるよに話を突っ込まれて、彼自身が題名どおりになるのがほとんどであった。 毎週、葉書やメールで読まれた人には、いくよ・くるよとその他出演者の似顔絵が書かれている番組オリジナルのを5名にプレゼントしていた。 パンチみつおの不幸自慢のコーナーでは、毎週パンチがネタ切れの心配も無く、楽しい(笑える)不幸ネタを「これでもか!」と言う程話すので、毎週共演者やリスナーはパンチみつおの不幸ネタに期待していた。 また不幸ネタに突っ込みのメールFAX・「自分の不幸」を不幸自慢に投稿するとパンチみつおのクオカードやトランプをもらえた。 等と並んで、KBS京都の歴代の看板番組であった。 、約16年間883回の放送にピリオド(終止符)が打たれた。 の10時から11時50分と13時から17時に1日限りの復活。 、「いくよ・くるよのはりきりフライデー60」。 2012年3月、2013年3月、2014年3月、2015年3月にもスペシャル番組を放送した。 梶原、パンチ、東村は毎回出演した。 番組内容 [ ]• パンチみつおの不幸自慢• おしゃれ専科• 知っとこ滋賀• スポーツアナ講座• クイズいくよ・くるよ• いくよ・くるよのおきばり• いくよ・くるよのええやんかいさ!• いくよ・くるよのこんなんどやさ!• 若手芸人のネタ見せのコーナー メインパーソナリティ [ ]• 地方公演などで出られない時には、、がピンチヒッターとして出演したことも有った。 アシスタント [ ]• (2005年まで出演、その後KBS京都を退職)• (2005年4月から番組終了時まで) 他の出演者 [ ]• 大石良一(1990年~1998年頃まで)• 大石こいし(1995年~1998年頃まで) 番組内のミニ番組 [ ]• 「」(4月から放送) 番組時間の移り変わり [ ]• 1992年4月~2003年3月(7:00~12:00)• 2003年4月~2006年3月(7:30~12:00) 歴代ラジオカーレポーター [ ]• 、(1992年当時)• (2002年当時)• (~2005年3月まで)• 放送時間は10:00~12:00と13:00~17:00の2部構成で放送された。 放送時間は10:00~12:00と13:00~17:00の2部構成で放送された。

次の

今くるよ仕事復帰 相方いくよさん死去で年齢判明!?

いくよくるよ

男性 会員登録無料+新規登録で最大80ptプレゼント中! 完全前払い制を採用している為、 後から料金を請求する事は一切ありませんのでご安心ください。 出会う 内容 利用ポイント 募集一覧を見る 無料 募集内容を見る 1pt プロフィールを見る 無料 メッセージを送る 5pt 掲載画像を見る 2pt お返事を読む 無料 募集に書く 各ジャンル 1日1回無料 最新に掲載 5pt 日記 内容 利用ポイント 日記を書く 無料 日記を読む 無料 日記にコメントを書く 無料 マイページ 内容 利用ポイント プロフ画像登録 無料 プロフ画像閲覧 2pt プロフィールを見る 無料• 投稿画像 内容 利用ポイント 画像を投稿する 無料 画像を見る 3pt コメントを書く 無料 投稿動画 内容 利用ポイント 動画を見る 5pt コメントを書く 無料 WEBコン 内容 利用ポイント 投票する 2pt~ タイプ 内容 利用ポイント タイプする 1pt タイプされた 相手のプロフを見る 無料 両想い 相手のプロフを見る 無料• 銀行振込• ゆうちょ• ジャパンネットバンク決済• PayPal クレカ・銀行決済• クレジットカード• コンビニダイレクト• BitCash• 楽天Edy おサイフケータイ• C-CHECK• セキュリティーマネー• G-MONEY• Yahoo! ウォレット イクヨクルヨの決済システムはSSLを導入していますのでお客様の情報は完全に保護され他に流出することは決してありません。 安心してご利用いただけます。 当サイトは完全前払い制ですので料金を後から請求することはありません。 運営サイトはイクヨクルヨだけなので、違うサイトの広告 勧誘 メールが次々と来る様なこともありません。

次の

中川家と今くるよ、奇跡のコラボ漫才にネット上が感動の嵐 「泣ける」「いくよさんも天国で笑ってる」

いくよくるよ

漫才コンビ、として活躍し、28日に胃がんのため亡くなった漫才師のさん(本名:里谷正子さん、享年67)の葬儀・告別式が30日、京都市内で営まれた。 家族・近親者のほか、相方の、間寛平、宮川大助・花子、西川ヘレン、西川忠志、西川かの子、シルク、さゆみ・ひかりら、ゆかりの深かった芸人仲間ら約120人が参列した。 いくよさんの戒名は「萬華院喜香正蓮大姉(まんげいんきこうしょうれんだいし)」。 告別式でくるよは、棺に眠るいくよさんに紙コップに入れたビールを口づけ、涙ながらに「ビールもたばこも我慢してたから」と話しかけた。 献花の際には、最後に棺の上に花束を置き、「いくよちゃん、ありがとう! 大好きな花やで! (天国に向かって)真っすぐ! 真っすぐ行って!」と呼びかけた。 棺には、たばこ(「KENT」)、舞台衣装、洋服、帽子、マスク、メイク道具、愛用のハンドクリーム、ポーチ、どん兵衛(ミニサイズ)が収められ、午前11時20分ごろ出棺。 宮川大助は棺を担ぎ、宮川花子は「ありがとうございました! いくよ姉ちゃん、日本一や」と声を振り絞った。 くるよは親族と一緒に斎場に向かった。 今いくよさんは、京都市出身で、高校卒業後、会社勤務を経て、1970年に高校の同級生だった今くるよさんとともに女性漫才師の今喜多代さんに弟子入り。 73年、女性漫才コンビ「今いくよ・くるよ」を結成した。 男性中心の漫才界で、お互いの体型や派手なファッションなどをネタにし、体を張ったギャグや軽妙な掛け合いで人気を集め、80年代の漫才ブームに乗って一世を風靡(ふうび)した。 1984 年上方漫才大賞の大賞など多くの賞を受賞し、女流漫才のパイオニアとしてテレビや舞台などで活躍、長年にわたって幅広い人気を集めた。 いくよさんは昨年9月、胃がんであることを公表。 手術のために休養していたが同年12月に舞台に復帰、治療を続けながら活動を継続し、今月上旬まで舞台に立っていたが再び体調を崩し、28日午後、大阪府内の病院で亡くなった。

次の