千と千尋の神隠し 裏話。 『千と千尋の神隠し』の8つの謎とは?知れば知るほど面白い!

『千と千尋の神隠し』の千尋がブサイクな理由

千と千尋の神隠し 裏話

放映後は毎回、ストーリーについて熱い意見が交わされることで有名なジブリ作品。 「 千と千尋の神隠し」もそんな作品の1つですが… 特にヒロイン・千尋を助ける美少年ハクの「 その後」については視聴者の間で頻繁に舌戦が繰り広げられる程。 千尋がもとの世界に戻った後ですが、確かに彼の行方が気になりますよね。 なので、今回は「千と千尋の神隠し」におけるハクの「その後」について筆者なりに詳しく検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」で一番の謎と言えば…ハクの「その後」 まずは余談ですが、「千と千尋の神隠し」で千尋を助けるハクの年齢は 12歳と設定されています。 千尋とあまり差がないにも関わらずだいぶ大人びて見えますね。 中性的で謎めいた雰囲気を放つ彼には女性ファンも多いのではないでしょうか? また千尋に対する振る舞いも優しく、時に献身的で同じ男性目線から見てもカッコ良く写るハク。 そんな彼の声優を務めたのは 入野自由さん。 入野さんは劇団ひまわりに所属する俳優でありながら声優としても知られています。 「千と千尋の神隠し」でのハク役は彼にとって大きな転機になったでしょうね。 声とキャラクターが上手くマッチしていたように思います。 その要因として、入野さんは当時13歳。 ハクと近い年齢だったわけです。 彼の思春期独特の声色がハクの存在を引き立てたのだと感じています。 で、話を元に戻すと… 銭婆による傷から回復したハクは湯婆婆に対して、彼女が愛する1人息子・坊を連れ戻す代わりに「 千と両親をもとの世界に戻して欲しい」と迫ります。 その願いに対し、湯婆婆は「 お前は八つ裂きになるけどいいのか?」とハクに問うのです。 彼らのやりとりはハクの「その後」がうかがえる重要な場面ですよね。 その後、銭婆から魔法の力が込められた髪留めを受け取った千尋。 彼女は湯婆婆のもとへ戻る途中、迎えにきた白竜の上で彼の正体を知ることに。 ハクの正体とは昔、千尋が溺れかけた「 川」だったのです。 湯婆婆から出された試練に見事答えた千尋は皆に見送られながらもとの世界へと帰っていき、2人は離れ離れになってそれぞれの道を歩んでいきます。 千尋は両親と共に人間世界へ、元の暮らしへと戻っていきますが…残されたハクの「その後」は一体どうなったのか? 彼の「その後」については本編で詳しく描かれていないので気になるところ。 ここで気がかりなのが、湯婆婆との契約について。 湯婆婆が言い放った「 八つ裂き」というワードから自ずと悲しい「その後」が予想されます。 ファンにとっては悲しい結末ですが、順当に考えればやっぱり八つ裂きにされた可能性が高そうです。 Sponsored Link ハクの「その後」については、色々想像できる… では肝心な、千尋と別れたハクの「その後」について。 先述の通り、八つ裂きの姿になってしまったことも考えられますが… 「千と千尋の神隠し」における「その後」。 それはズバリ、見る人によって様々だということ。 これは多様なメッセージ性を持つ宮崎作品ならではだと言えます。 なので考えようによっては、自分の名前を取り戻した2人が互いの世界で幸せに暮らす結末もあり得るでしょう。 しかし気になるのが映画のラストシーン。 最後にそれぞれの道を歩む場面や、「 自分はこの先へは行けない」「 絶対に振り向くな」といったハクのセリフは見逃せないところ。 筆者の視点から見たハクの「その後」ですが… この場面を考慮すると、やっぱり2人が再会する未来は考えられないと推測します。 まとめ 「千と千尋の神隠し」で注目を浴びた紳士な美少年・ハク。 彼はその後、あのお婆さんから八つ裂きの刑に処されたのか?気になるところですよね。 2人の「その後」については筆者もファンとして 2人の再会をただただ祈るばかりです。 もし彼らの再会が叶わなかった場合にも、せめて一緒に過ごした日々がふとした瞬間に蘇るような「その後」を期待してしまいます。 忙しい日常に疲れ果てている。 そんな時はこの淡い作品に癒されてみてはどうでしょうか?.

次の

『千と千尋の神隠し』の8つの謎とは?知れば知るほど面白い!

千と千尋の神隠し 裏話

宮崎駿監督作品としてはここが腕の見せ所と言ったように八百万の神々の造形など絢爛豪華です。 一方で、カオナシと言った化け物を登場させて現代社会を皮肉るその手腕も大変光ります。 「千と千尋の神隠し」のキャスト 「油屋」という名の湯屋は、八百万の神々がやって来るところで、その経営者の脳魔女の湯婆婆を夏木マリが演じ、ボイラー室で釜を焚く釜爺を菅原文太が演じて物語に重みを出しています。 主人公の荻野千尋 千 を柊瑠美が、千を助ける白竜の化身のハクを神木隆之介が演じています。 「千と千尋の神隠し」のあらすじのネタバレ 10歳の少女・ 荻野千尋 声:柊留美 は父親・ 荻野明夫 声:内藤剛志 と母親・荻野悠子 声:沢口靖子 と一緒に引越し先に向かう途中に道を間違え、やがて、森の中でトンネルを見つける。 父親がトンネルに入ろうと言い、母親もそれに付いて行きます。 千尋は一人で残ると言うが、奇怪な造形に彫られた岩が怖くて、仕方なく両親の後を追う。 トンネルを抜けると目の前には草原が広がっていて心地よい風が吹いていた。 父親は、バブル時代に各地で作られたテーマパークの一つと言い、どんどんと先に進んでしまう。 千尋も仕方なく付いてゆくが、川を作ろうとした跡を渡るとき、父親が美味そうな匂いに気付く。 両親がブタになる その匂いの元をたどってずんずんと進む父親と母親は、無人の街でついに匂いの元の場所である食べ物屋を見つけてしまう。 そこには御馳走が山盛りに並んでいて、店の人を呼ぶが、誰もいないのか、返事がない。 あとで、支払えばいいと、両親は食べ始めてしまうのだ。 しかし、千尋は嫌がって食べなかった。 無人の街が不思議で仕方なかったのか、千尋は無人の街を一人ふらふらと経巡り出す。 そして、八百万の神々の湯屋である「油屋」に出てしまう。 電車が走る音がするので太鼓橋の欄干から橋の下をのぞくと電車が通り過ぎていった。 と、その時にハク 声:神木隆之介 が現れ、「ここにいちゃだめだ」と千尋を帰そうとするのであるが、油屋の明かりが灯り始め、時は急を告げていて、千尋は急いで両親のところに戻る。 しかし、両親は、なんと豚に変わっていて、千尋は怖くなってそこから逃げ出すのだ。 千尋は一人で元来たところを戻るのであったが、途中、川にはなみなみと水がたたえられていて、もう、戻れないのである。 川のそばに船が着き、仮面を被った神々が次々と船から降りる。 そのそばに今までに見た事がないものばかりで、全て夢だとうずくまっていた千尋の体は透け始めてしまう。 そこにハクがやってきて、このままだと千尋は消えてしまうと言ってこの世界のものを食べると消えずに済むと言って木の実か何かの種かを千尋に食べさせる。 途中、青蛙 声:我修院達也 に人間と気づかれて、ひとまず油屋の植木の中に身を隠す。 ハクにボイラー室の釜爺 声:菅原文太 のところに行き、何を言われても「働かせてください」と言うことを告げられ、一人ぼっちになってしまう。 千尋は勇気を振り絞ってハクに教えられたとおりに油屋の外階段を通って何とか釜爺のところにたどり着くのであった。 釜爺は蜘蛛男のように手足が6本あり、寸暇を惜しんで働いていた。 千尋は初め小さな声で釜爺に話しかけるが、忙しく働く釜爺の耳には届かず、千尋は声を振り絞って「働かせてください」と言うのであった。 そこに魔法で命が吹き込まれた煤の化身のススワタリが石炭を運んでぞろぞろと巣穴から出てきて、ボイラーの釜に石炭を投げ入れられている。 「ここは人手が足りている」と言って釜爺は千尋の申し出を断る。 すると、ススワタリの一匹が石炭に押しつぶされてしまった。 千尋が石炭を持ち上げるとススワタリは元通りに復活するが、巣穴に逃げてしまう。 石炭の始末に困っていた千尋に釜爺が引き受けた以上、最後まで行え、と言い、千尋は石炭を釜へ運んで投げ入れるのであった。 それを見ていたススワタリは千尋に仕事を肩代わりしてもらおうと全員が、石炭に押しつぶされたふりをし、千尋は石炭の山に囲まれてしまう。 釜爺はそれを見て怒るのであるが、そこにリン 声:玉井夕海 がやってきて、飯を持ってきたのであった。 釜爺は「飯だ」と言って釜氏爺は天丼を、ススワタリたちは金平糖をリンからもらう。 リンと出会い、湯婆婆に面会する リンは千尋を見つけ、釜爺に湯婆婆 声:夏木マリ のところに千尋を連れて行ってくれと、イモリの黒焼きで頼むのである。 礼儀がなっていない千尋にいちいち注意するリンは仕方なく、何とか千尋を湯婆婆の執務室へと連れ出すことに成功する。 扉を開けようとする千尋。 「ノックもしないのかい」とここでも礼儀がなっていないことを注意される千尋。 湯婆婆に「おいで」と魔法で湯婆婆のいる部屋に引っ張り込まれてしまう。 千尋は「働かせてください」の一点張りで、湯婆婆に「お前に何ができるんだ」と怒りに打ち震え、机の上のものが怒りで散らかり、湯婆婆に断られてしまう。 千尋から千へ その時、坊 声:神木隆之介 がドアを蹴破り暴れ出したので、坊をなだめる湯婆婆。 すると、散らかった書類の山から一枚千尋の元にペンと共に飛んできて、契約書に名前を書くように湯婆婆に言われる。 そして、湯婆婆は、千尋が書いた「荻野千尋」という名前から千のみを除いて名前を取り上げるのであった。 「これからお前は千だ」と湯婆婆に告げられる。 千はリンの下で働くことになる。 千とリンは大釜担当になり、長年洗ってない大釜を洗うのであったが、埒が上がらず、千に番台で薬湯の札をもらってくるようにリンに言われる。 しかし、番台蛙 声:大泉洋 は札をくれないのである。 そこに千が大釜の掃除の途中、親切にしたカオナシ 声:中村彰男 が現われ、上等の薬油の札を千に渡すのである。 リンが一通りお湯の注ぎ方を千に教えると、薬湯がなみなみと大釜に注がれるのであった。 オクサレ様 一方、湯婆婆は何かとんでもないものが油屋に潜り込んだと勘づく。 ところが、ヘドロの塊のようなオクサレ様が油屋にやってくる。 湯婆婆は千にオクサレ様の相手をするように申しつけ、千は大釜へとオクサレ様を連れて行くのであった。 大釜の湯ではヘドロは洗い流せず、千は、カオナシがさっき持ってきた薬湯の札の束から薬湯の札を釜爺の元におくり、また、リンも釜爺に薬湯をありったけ注ぐように頼んだのであった。 ヘドロが洗い流されたオクサレ様には何か異物が刺さっていて、それを油屋のみんなの力を合わせて引っこ抜くと、自転車などゴミの山が溢れ出したのだ。 最後の釣りの浮きを千が引っこ抜くとオクサレ様は真の姿の翁の姿を千に見せ、ニガダンゴを千に渡して、また、大量の砂金を残して油屋から去るのであった。 カオナシの傍若無人の振舞 湯婆婆に褒められる千。 その夜、番台にはカオナシがいるのであった。 青蛙がカオナシに「お前のいるところじゃない」と注意するとカオナシは手から金を出し、青蛙をおびき寄せては呑み込んでしまう。 話し言葉を得たカオナシは、金をばらまいては贅沢三昧をするのであった。 途中、カエルの化身である兄役 声:小野武彦 と蛞蝓女を呑み込んでしまう。 それから油屋は恐怖に包まれる。 血塗れのハク そんな事態が起きているとはつゆ知らず、千は、雨で海のようになった湖面を眺めているとそこに白龍が何かの群れに追われているのを月の明かりの下、目にする。 それがハクだと自然と気付いた千は、ハクが千達が寝室にしている部屋に飛び込むと窓を閉め、ハクを追ってきた湯婆婆の姉の銭婆の魔法の紙人形をなんとか食い止める。 ハクは血を吐いていて、のたうち回りながらも湯婆婆の部屋へと赴くのだ。 千は湯婆婆の部屋へと外のハシゴを伝ってなんとかたどり着く。 しかし、千には一枚の紙人形が着いていて千が白龍の元にたどり着くと銭婆の姿を現わすのであった。 そして、坊などに魔法をかけて坊はネズミに変えられてしまう。 ハクが紙人形を力を振り絞って破ると銭婆も消えたのだ。 白龍は穴に千と共に落ちて、釜爺のいるボイラー室にたどり着くのであった。 「こりゃあひどい」と釜爺が言うと、千はオクサレ様からもらったニガダンゴを半分に割って白龍に呑み込ませる。 すると、白龍は銭婆の大切な印鑑と墨の化身を吐き出すのであった。 千は墨の化身を踏み潰し、えんがちょを釜爺とするのである。 千は釜爺に銭婆のところに行って印鑑を返し、謝ってくると言い、釜爺は電車の40年前の回数券を千に渡す。 そこにリンがやってきて、千に湯婆婆が読んでると告げるのだ。 千は湯婆婆のところに行き、カオナシの相手をさせられるのである。 カオナシは、千を喜ばせようとご馳走や金を差し出すのであるが、千はいらないと言ってカオナシを怒らせる。 千は「私を食べる前にこれを食べて」とカオナシにニガダンゴを食べさせ、更にカオナシを怒らせるのである。 しかし、カオナシは、これまで食べたものをヘドロとして吐き出しながら、逃げる千を追いかける。 途中、カオナシは兄役と蛞蝓女を吐き出し、尚も千を追うのである。 千はと言えば、リンが用意していた桶舟に乗って電車のホームへと行く。 そして、カオナシに「こっちだよ」と言う。 カオナシは最後に青蛙を吐き出し、千の後をついて行くのであった。 千とカオナシは電車に乗り込み、銭婆のところへと向かう。 銭婆のところへ 銭婆の住む「沼の底」駅につくと、一本足のランプが千達を迎えに来て、銭婆の家へと先導するのであった。 怖いと言われていた銭婆はなんとも優しい老魔女で、千達におもてなしをする。 銭婆はゆっくりしておゆき、と千に言うのであったが、千はハクが心配で帰ると言うのだ。 銭婆は千のために髪結いを編んでいたのであった。 と、そこにハクが飛んできた。 銭婆はハクを赦したのである。 銭婆に別れを告げた千はハクに乗って帰る。 ハクの角を掴むと千は幼い頃川に溺れた話を母から聞いたと言ってハクに話すのであった。 その溺れた川の名はコハク川と言い、ハクはその川の神で、本当の名を思い出す。 その名は「ニギハヤミコハクヌシ」と言い、すると、ハクの鱗が剥がれ落ちハクは竜からハクの姿へと変化する。 千から千尋に戻る 千とハクが湯婆婆が待つ太鼓橋に降り立つと、湯婆婆とハクが交わした約束である千を帰すという約束を果たすため、契約上、一群のブタから千の両親を当てるという問題を出すのである。 千がこの中に両親のブタはいないというと契約書が消え、千はめでたく解放されるのであった。 途中までハクが送ると、ここからは振り向いちゃ駄目だよ、とハクが言い、そこからは千尋一人で戻らなければならないのだ。 すると、千尋の両親が待っていて、親子共々再びトンネルを抜けるのである。 トンネルを抜けると、草は伸びていて、車も誇りだらけなのであった。 そして、千尋親子は、トンネルから遠ざかっていく。 「千と千尋の神隠し」の感想とまとめ 「千と千尋の神隠し」は宮崎駿監督の真髄がたっぷりと盛り込まれた極上のアニメ映画です。 ありとあらゆる場面で多分、あふれんばかりの宮崎駿監督の想像力が花開いた目を見張る場面の連続で、時に現代社会の皮肉たっぷりに宮崎駿監督がたどり着いた一境地と言える作品なのです。 最初の自動車の中で退屈極まりない千尋の様子など、微笑ましくあり、出だしのシーンは考えに考え抜かれたに違いないと思います。 まだまだ、甘ったれで幼さの残る千尋を印象づけるのに、最初のシーンはかなり重要内見を持っているように思います。 「千と千尋の神隠し」は怪異譚なのですが、千尋の成長物語でもあります。 最初の自動車の中での悪態をついたりする千尋は、いわゆる内弁慶で、一人では何にもできない少女として登場します。 トンネルを抜けての爽快な草原の様子など、これから始まる物語の不気味な内容とは裏腹にそのコントラストの比は、その後に千尋達が立ち入る無人の街の不気味な様を特に際立たせることに成功していると思います。 千尋の父親と母親がものを食べるシーンは宮崎駿監督の真骨頂と言え、なんとも美味そうに食べるその食べっぷりは、やはり、とても印象に残ります。 順序が相前後しますが、最初の父親が運転する自動車のシーンも宮崎駿監督作品ではおなじみです。 また、釜爺がいい味を出しています。 6本の手足を持つ釜爺は、義理人情に厚く、きっちりとした存在が大好きで、日本で一昔前の人間によく見られた性格をしています。 これがまた、非常によく、菅原文太さんの声がぴったりで、古くさいけどどうしても憎めない懐かしい親爺を体現しています。 「千と千尋の神隠し」の中でも傑出した存在感を放っているのです。 そして、「千と千尋の神隠し」ではそれぞれのキャラクターが非常に立っていて、特にカオナシは現代人の薄気味悪さを体現しているようで、カオナシという名が全てを表しています。 湯婆婆も坊もハクもリンもカエルの化身たちも全てが宮崎駿監督ならではの皮肉が効いた妙味が素晴らしく、オクサレ様の描写など、秀逸です。 初めはドジで何をやらしても駄目な千が次第にしっかりした少女へと成長して行く様は清々しくもあり、その純真な心は金の山を目の前にしても全くぶれることはないのです。 襲われたカオナシに対しても臆することない千は、凜とした少女に見事に変身を遂げ、他者を思いやる心優しい心遣いを見せるなど、その変わり様は目を見張るものがあります。 全てにおいて宮崎駿監督の魅力が凝縮した絢爛豪華な作品が「千と千尋の神隠し」なのです。 千と千尋の神隠しに関する感想の別のサイトも参考に! 関連記事.

次の

千と千尋の神隠し|動画&レンタル情報・あらすじ・感想・裏話

千と千尋の神隠し 裏話

宮崎監督のこだわりと、魔女の宅急便 宮崎監督がこだわって直していたシーンが千尋が髪を結わくこのシーン。 これは「男じゃないと描けない」と言われていて、迷い込んだ世界での千尋の変化を感じるシーンでもあります。 そして、この紫色の髪留めが後に重要な役割を持ちますよね。 そして左上の絵、刺繡かもしれませんが、これは魔女の宅急便からインスピレーションが沸いたのではないかと言われています。 千尋の魅力! 最初は階段すらも這うようにして降りていた千尋。 ハクを救おうと気持ちがあふれ出した時、危険なのにもかかわらず必死に走れるようになっているこのシーン。 「差し迫った状況に出くわした時に非常に能動的な行動に出るところ」 これは、宮崎駿監督の理想像が反映された姿のようです。 「愛というセリフをいやみなく言える人はこの人しかいない」と鈴木敏夫プロデューサーの推薦により決まったそうです。 他に表現できる人がいない・・・そう言われているわけですからね。 ググっとくるいい声です。 聞き覚えのあるような・・・。 そうです、俳優の大泉洋さんが声を担当してます! そして、このカエルには「声の良さで番台に座ることを許された」という設定があります。 従業員の名前が面白い 出勤ボードと思われるものをリンと千が札をひっくり返していくシーン。 よく見ると面白いユニークな名前が並んでいますよ^^ 「コイ」「フナ」「トロ」・・・ 「へそ」ってw とツッコミたくなるような気になる名前も 笑 「ハク」の人物像 ハクというキャラクターのイメージは、透明感。 なので少し遠くを見ているような感じ、人の内面を見ているような感じがしませんか? そう見えるよう、瞳が描かれているそうです。 言われてみれば!という方もいると思います。 「千」の本当の名前は? 【荻野千尋】 そう書かれているはずが、あれ?字が間違っている。 千尋が書き間違えただけなのか、それともわざと間違えたのか。 気になるところ。 これは、後にハクから「自分の名前を忘れてしまうと帰れなくなってしまう」と忠告されることと関係しています。 初期症状がこの契約のシーンで現れたということなのだそうです。 もうお分かりですよね?^^ 「となりのトトロ」に出てきた「マックロクロスケ」です。 ただ、全く同じというわけではなく、手足があるので仲間になります。 大事な場面で登場したのでこのキャラクター「チビ」たちは、宮崎駿監督のお気に入りのキャラクターの可能性が高いですね。 宮崎駿監督曰く「あの世界は全部夢だったというふうにしたくなかった」と。 だから、この髪留めを残したと明らかにしています。 最後に一度だけトンネルを振り返る千尋、その時輝く髪留め。 この髪留めだけが不思議な世界の出来事を知っています。 影のような存在、電車の乗客たちが意味するものとは? 海の上を走っていく電車のシーンありますよね。 海原電鉄と呼ばれるこの電車。 宮崎駿監督は次のように話しています。 「家や会社のかたわらを走る電車やトラックの行先を気にもとめない人に限って、あの電車は?ってたずねてきます。 千尋はそんなことには関心を持てないですよ。 目の前で起こっている現実だけでせいいっぱいなんです。 あの世界は我々が住む現代の世界と同じように、茫漠とした世界なんです」.

次の