デレステ レゾナンス。 【Vol.37】永石P、レゾナンスについて考える【ゲーム】|永石 匠|note

宮本フレデリカSSRフェス限定フレ・デ・ラ・モード>の画像と特技と評価アピール値3D【デレステ】

デレステ レゾナンス

特訓後のフレちゃんは本物のパリコレモデルのようだ。 ここから先は一部は以前のコメントの丸写しだが、 1. ライパのチチ自チレ部屋でのライフ振りリーダーがかなり強い ライフ振りリーダーが一番アピール値を出せるため、特にマッチングルームではほとんどリーダーになっている。 ライパではレゾナンスの制約が緩いこともあり、チャームとシナジーの重複効果で凄まじいファン数効率になる。 更に、貢献度の計算では特殊な補正がかかるため1位を取り易い。 ホールド系の始点でMISSになり終点が消えてしまうと、コンボ数不足でフルコンできなくなるため、しっかり拾うなりスキブ+パフェサポに拾ってもらう必要がある。 7中オバロよりは若干カバー率が落ちるが、11中チューニング2人でも同様のことが可能。 こちらならライフ減少のリスクはなく、ホールド系の始点を拾い損ねても終点までMISSがPERFECTの効果が持続していれば良い。 ・8高スキブ+9高シンフォニー+12高パフェサポ+11中チューニング+13高チューニング+ゲストレゾナンス こちらは編成難易度が一気に上がるが、最強のズルコン編成とされている。 11秒で揃っているのもポイント。 レゾナンス発動時は総じて「特技ポテが重要」である。 このように特化が揃った上で、シンフォニーやアンサンブルの秒数に合っていれば尚良い。 ただし、特訓前を入れるとアピール値が下がるので、曲との相性によっては特訓後を入れた方が良い場合もある。 計算機を使うなどして確かめる必要もあるだろう。 カーニバルで1種類のアピール値のみが適用されるブースで ここでならセンター効果のデメリットは皆無に等しい。 ゲストを呼べないため、シナジー枠が1人空いた所には、特技ポテ10かつ特化一致させた上でオバロなどのスコア系、コンボ系が候補だろう。 精度に自信があるならコンセも有りだが… 6. グルーブでもハイスコアを狙える編成が!? ・センターレゾナンスフレデリカ+フォーカス有香+コーデ卯月+アンサンブル響子+9秒スコア系orコンボ系 と組めるのが一番良い。 シナジーは入らないがバースト補正が効くため意外とハイスコアを狙える。

次の

7高の逆襲 レゾナンスの可能性

デレステ レゾナンス

レゾナンスの最高構成は換えが効かないので下記のSSR5枚全てがない時点で人権ありません。 ・paレゾナンスひなこ(センター) ・paチャーム夕美 ・paユニゾン茜 ・paコーディネート輝子 ・cuチャームしき ・ゲストはトリコvoのcoしぶりんのみ 通常Liveにおいてレゾナンスは構成が非常に難しく、上記が組めないならはっきりいって弱いです。 ダブルシナジーレゾナンス構成でも170万すら行きません。 キュート理想のほうがずっとスコアでます。 なお、daレゾナンスは上記と同じ構成が組めないので、daではダメです。 GRANDのtrust me Lv32ならvo、daはダブシナレゾナンス。 viはトリプルシナジーが1番スコアが出ると思います。 grooveイベントは曲によりけりですが、1つ言えることは今の時代、ゲストがないイベントでライスパがはいることはもうほぼないかと思われます。 ユニゾン単色において、ライスパはもう殆ど理想に入りません。 いまはコンボナの時代です。

次の

宮本フレデリカSSRフェス限定フレ・デ・ラ・モード>の画像と特技と評価アピール値3D【デレステ】

デレステ レゾナンス

今回のレゾナンスの効果内容を振り返ってみましょう。 喜多日菜子さんのスキルの例ですが、 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 はい、まずこの「 5種類の特技編成時」がなくなります。 素晴らしいですね。 ボーカル特化のシナジーアイドルで編成したら、スコアはすごい事になる訳です。 (シシレシ自) 」 この意味は、 「センターにレゾナンスを設置して、レゾナンス効果に合う特化シナジーを3人、リーダーは自由にどうぞ」 といった意味になります。 デレステ玄人プレイヤーが目指すランクSSS「アイドルマスター」 デレステには、プロデューサーランクというものがあり、 プロデューサーランクとは、「どれだけのファン数を稼いだか」で決定されます。 ランクSSまでの対応表は以下の通り。 ランク 名称 必要ファン数 F 見習いプロデューサー 0 E 駆け出しプロデューサー 1,500 D 新米プロデューサー 30,000 C 普通プロデューサー 150,000 B 中堅プロデューサー 600,000 A 敏腕プロデューサー 1,500,000 S 売れっ子プロデューサー 6,000,000 SS 超売れっ子プロデューサー 15,000,000 このように、ランクが上がるに連れ必要ファン数が指数関数的に増え、 この中のランクSS、「超売れっ子プロデューサー」がプレイヤー達の一つの目標になっています。 ですが、プロデューサーSSの更に上のランクSSSというものがあります。 このランクになる為には一ヵ月の間に全プロデューサーの中で 月間獲得ファン数ランキング1000位以内と、いった条件になっています。 ちなみに、私はまだ達成しておりません! 今回ご紹介した方法は、このランクSSSを目指す上で一番効率のいい方法だと言えます。 通常Liveでも活躍!?レゾナンス編成の可能性を解説! 冒頭では、LivePartyでのファン活を行う方法を解説しましたが、 更に調べてみると 通常の楽曲Liveでもレゾナンス編成でシナジー編成より高スコアが出せる方法が ある事が分かりました。 その方法を解説していきたいと思います。 レゾナンス編成で高スコアを出す方法 新センタースキルの効果を再度おさらいします。 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 この 5種類の特技編成時といった箇所がネックとなり、 あまり使えないセンタースキルになっていましたが、 ここで今までのタブーを逆手に取る方法で高スコアが出せるようになります。 特技の秒数が同じアイドルで編成する いままでは、編成時に特技発動秒数が被る事は避けていました。 ですが、今回の編成はそれを逆手にとって全部の特技の発動時間を同じアイドルで固める、といった編成方法を取ります。 一番スコアが出る編成は以下になります。

次の